Hatena::ブログ(Diary)

Space Fighter Now

2005-11-10 ネタ帳

今日もはやぶさ

 はやぶさの今後の計画が発表されたようです。降下は11/12、11/19および11/25。まずは12日に向けてワクワクしましょう。あと着地点名もよろしく!

  • 「はやぶさ」のリハーサル降下再試験について | JAXA
    まとめると
    ジェットによる姿勢制御では大きな並進加速度の外乱を受け軌道分散が非常に大きな量に達していた。
    ・自律機能だけでは回避することは難しく、地上からの補助が必要。
    ・ウーメラ域は着陸&試料採取には適当でないと判断
    ・11/9は近距離レーザ距離計とターゲットマーカの分離およびその画像処理と認識機能の確認だった。
    試験で分離されたターゲットマーカは署名入りではない。
    ・マーカはイトカワには命中しなかった。
    ・11/12はウーメラ域上空を通過してミューゼス海へ降下&ミネルバ放出
    ・11/19は署名マーカの投下&1回目のサンプル奪取。
    ・11/25は2回目のサンプル奪取。
    ・2回ともミューゼス海でサンプルを奪取。
    NASA DSNを使用予定で現在調整中。
    って感じ。11/9に取得した画像も多数あるので、JAXAページは必見である。ワクワクすること間違いなし!
  • 「はやぶさ」着陸点地名応募フォーム
    まだまだ応募総数が少ないようです。つまり、あなたの付けた名前が採用されるかもしれません。あと、集めるだけ集めて使えませんでしたと言える根性者もいないと想像できます。そう、今がチャンスなんです。
  • 庭師のゴミ袋(リサイクル不可) - MON.:はやぶさとハゲワシ
    「だから、本番でまた中継をするなら、誰かに解説をしてもらうのがいいのでは?(古館除く)それこそ、SF作家だとかサイエンスライターを拘束して取材させてやる代わりにしゃべれとか。(笑)打ち上げみたいな「はっきりした」わかりやすさっていうのがないから、それを見せてやらないと。先日の中継を見ててもなんだかわからない。おっちゃんたちが右往左往しているだけ。ちょうど中止指令をだしたころに人垣ができてたのでなんかあったんかと思ったぐらいだもの。テキストベースの中継も頻繁じゃないし。」らしい。「なんてここに書いてもJAXA中の人には届かないと思うのだが。メールしろ?しない。きっとそんなことは頭のいい彼らだから考えているさ。出来ないのは頭の固い上司のせいでってことで。」と言うことで、試しにココに曝してみた。

JAXA:ALOSプロモーションムービー

MPEGで5.93MB。悲しいけど見なくても良いビデオ、つーかプロモーションって言うか中身が全然無し。なんで6MBあんの?ってくらいのもの。このページ見た目だけで中身がないページに進行中かも。入札で決まるのもいいけど、小手先の技術だけじゃ駄目だと思うんですよね。また逆も駄目なんですけどね。今後が凄く心配。

劣化ウラン発見・届け出、業者に文科省が23万円請求 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

輸入したスクラップの中に劣化ウランが入ってたって話。「専門家は「正直な発見者が損をする法律では、不法投棄や悪用につながりかねない」と、危機感を募らせている」らしい。全くその通りだ。規則かもしれんが、お役所仕事だなと言えばそうかもしれない。しかし、たかが申請になんで23万円も掛かるのだろうか?

QHQの独り言:高槻日吉台小学校ARISSリハーサル

子供たちの活気のある態度がすばらしかった・・・質問の時間があったのですが、普通ならだれも質問しない方が多いのですが、質問がどんどん出てきてビックリしました。その質問も、的を得た質問が多かったです。」らしい。

宇宙ステーションの輸送、NASAが民間ロケット活用 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

NASAによると、人員、物資の輸送のほか、ISSで難問となっているゴミの持ち帰りなどで民間利用を想定。NASAが行っているほかの宇宙開発でも、低軌道への輸送に民間企業を活用したい考え」らしい。日本もHTV売り出したいね。最終的に宇宙飛行士までも民間で!ってどうだろうか?そしたらベンチャー作りたいね。外人部隊っぽくて俺は好きだ。

河北新報ニュース 星はぐくむ宇宙の「山脈」 NASAが赤外線画像公開

カシオペヤ座の方角に地球から約7000光年離れた「W5」と呼ばれる領域。質量が太陽の10倍を超える近くの星から出たプラズマの風が薄いガスを吹き飛ばし、ガスやちりの濃い部分が山のような形に残ったとみられる」らしい。赤い山脈。

つなぐ総合学習(7) 塾で伸ばす「考える力」 : 教育ルネサンス : 教育 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

「9月からの後半は「宇宙」。宇宙食を食べたり、惑星の並び順通りに「宇宙すごろく」を作って遊んだりする。今月5日の土曜は太陽について考えた」らしい。

ITmediaニュース:SONY BMG、DRMソフトのrootkit問題で新パッチ、批判は収まらず (1/2)

CA援護射撃をしている模様。「顧客は(音楽)コンテンツを買ったのであって、ソフトを買ったわけではない。彼らは、20ドルのCDメディア拡張ソフトのせいで、自分の2000ドルのPCが思いどおりにならなくなるなどとは思っていない」全くその通りだ。俺もDRMには賛成だが、エンジニアとしてrootkitを選択したことは理解できない。何が起きるかくらい分かっただろうに・・・。

デルのOptiPlex問題、リコールではなく当該製品のみを交換へ - CNET Japan

「時間が経つことでコンデンサが膨張する可能性があり、その場合、PCが起動しなくなる」らしい。俺メモ

STEREO衛星2基、最終試験へ | 宇宙 | DICE-K.com

「現在の太陽観測衛星2次元でしか太陽を観測できないため、太陽フレア放出方向などを予測することは難しいが、STEREO衛星は、太陽の活動状況や太陽フレアの警戒予測など、宇宙の“天気予報”を提供」らしい。

11月10日付・読売社説(1) : 社説・コラム : YOMIURI ONLINE(読売新聞)[会計検査院]「国会と連携し無駄に切り込め」

「各省庁から分離された研究教育機関などの独立行政法人について取り上げた。人件費削減が進まず、研究成果も上がらない独法が少なくないと指摘し、より効率的な運営を求めている。・・・・これまでのように、年末に1年間のスケジュールを決め、幅広い分野に一律に網をかぶせていては、メリハリの利いた検査を実施するのは難しい。問題が大きい分野などを重点的に取り上げる「選択と集中」が肝要だ。」らしい。そういうのも良いが、俺は減点法をやめるできだと思う。メリケンの場合、減らせと言うだけでなく、なぜもっと予算要求をしないのだと突っ込むことがある。選択と集中&緩急それが必要だと思う。今回の場合、なぜ南米に地球局がないのだと迫って欲しいし、なぜ、広報に予算が廻らないのだと迫るべきだ。 が、一番の大きな問題は○検担当者研究成果が理解できるかどうかだ。

NIKKEI NET:三菱レイヨン、炭素繊維7割増産・航空宇宙分野に本格参入

「近く欧州のエアバス向けに航空機の機体に使う炭素繊維を供給、手薄だった航空宇宙分野に本格参入」らしい。宇宙って感じでは無いみたいだね。

livedoor ニュース - 【ファンキー通信】世界一遠い宇宙を感じられる場所が、日本に!?

オープンして1年、新規のお客さんはもちろん、リピーターとして何度も訪れる人も増えているという」らしい。今、俺も宇宙を感じてます。たぶん・・・

ソラソラ 2005/11/11 00:29 「※画像航法試験のために降下を開始します。」とISAS広報へ送りましたが、
PMからまったが掛かりました。プレッシャーを感じず慎重に降下試験を行い
たかったということです。すみません隠すつもりはありませんでした。

black_knightblack_knight 2005/11/11 01:20 了解しました。PMも将来のことを考えての判断だと思います。ハヤブサは今、世界に誇れることをしています胸を張っていきましょう。これからが正念場です。体調に気をつけてください。