七角形の小部屋

2018-07-16

[]2018年4〜6月期ドラマ

コンフィデンスマンJP」

長澤まさみ最強!彼女の女優魂が爆発してます。あんなかわいくてスタイル良いうえに、あんなに振り切った演技できる若手女優いる?

まあ彼女も30歳を迎えて、若手女優から円熟した女優に変貌してきているのかもしれないけど。とにかく、まさみちゃんはコメディがイチオシ!

詐欺師集団が、悪いヤツを懲らしめるという“ねずみ小僧”的な展開が痛快で。結末も予想外だったりしておもしろかったです。特に最終回は見応え十分でしたね。


「あなたには帰る家がある」

よくある不倫ドラマなのかな〜と思ったら・・これはコメディ?それともホラー?常にオロオロする玉木宏には笑わせてもらったし、暴走する木村多江にはゾッとしたし。

ユースケ・サンタマリアの演技のうまさも再認識。安定感ある中谷美紀の演技は女性の共感を呼ぶものでした。

お話自体もおもしろかったけど、この4人のキャスティングの勝利といったところ。


「崖っぷちホテル!」

ホテルを舞台にした群像劇ってありがちで新鮮味はなかったけど、このオーソドックスな感じが、逆に日曜の夜に落ち着いて観ることができるドラマでした。

主役の岩田剛典がとにかく爽やかで、笑顔が癒し系で目の保養でした(笑)

このドラマもキャスティングがぴったり。お酒ばかり飲んでる役の、りょうが色っぽくて特に印象的でした。

2018-07-03

[]日本代表、おつかれさまでした!

W杯ロシア決勝トーナメント、ベルギーとの闘い。残念ながらまたも8強に届かなかったけれど、日本の闘いは世界から絶賛されてるみたいですね。

私はあまりの時間帯の悪さに諦めて寝ていましたが、5時ごろ暑さで目を覚ましテレビを付けてみたら長友の「悔いはない」というインタビュー。「2点先制して、その後3点取られて逆転された」と聞いて、こりゃ選手や監督はもちろん、観ていた人は相当、悔しかっただろうなと思いました。

そんな中で「悔いはない」という長友の言葉は、何度もW杯に出場した中でも負けたけれど満足のいく試合ができたということなのかな。

そして、本田や長谷部が代表を引退すると。思えば8年前のW杯。世代交代して新たに出てきた選手が本田や長谷部、長友でした。時が流れて、また世代交代なんだね。

W杯の時しかサッカーの話題書きませんが・・

2018-06-30

[]「万引き家族

ちょうど一週間くらい前に鑑賞した映画。いろいろ思うところがありましたけど、何をどう言っていいのかわからなくて、ここまで放置していました。

胸に突き刺さる映画です。映画で描かれている「家族」はニセモノの家族かもしれない。では、ただ血がつながっていれば無条件に「本当の家族」と言えるのか・・

リリー・フランキー演じる“お父さん”は小学生くらいの“息子”に万引きを教示し、生計の一部を担っている。そんな“仕事帰り”、親に虐待されているらしい小さい女の子を見かねて家に連れて帰る。捜索願も出さない親の元には帰さず、そのままその家の子として暮らし始める・・

この後も色々なことが起こるのですが、この「家族」の人たちが犯罪者であることは間違いないです。現実にこんなことが起こったらマスコミや世論は面白おかしく叩くだろうし、私も非難するかもしれない。

ただ、物事には二面性があり親に虐待されていた女の子にとっては、あの家族と過ごした日々は安らかで幸せだったし、彼女にとっては大切な家族だったんだろうと思う。

あのニセモノ家族の生活には切ないくらい「子供」に対する「愛」が溢れていたんですよね。特に安藤サクラ演じる”お母さん”の母性には泣かされました。素晴らしい女優さんです。

実の親の元に帰された女の子が果たして今後どういう人生を歩むことになるのか。最後のシーンの意味をずっと考えています。

万引き家族「オリジナル・サウンドトラック」

万引き家族「オリジナル・サウンドトラック」

2018-05-30

[]Ken's Bar 20th Anniversary Members Special !! in TOKYO DOME CITY HALL (5月29日)

本日は「Ken's Bar 20th Anniversary Special !! vol.1 」が開催されましたが、私は昨日開催のファンクラブ限定「Members Special!!」の方に参加いたしました。執拗に好きなファンばかりのライブの方です(笑)

まずは、平井堅サマ。Ken's Bar20周年おめでとうございます!20年前は私はあなたの存在は存じ上げませんでしたが・・・2002年のZepp Sendaiでの初Ken's Bar以来16年。ほぼ毎年参加させてもらってます。素敵な思い出、たくさんたくさんありがとう!(執拗に好きなファンです)

昨日のBarで一番嬉しかったのは、リクエストコーナーでボールをゲットすることができたらお願いしようと思っていた曲「ゆびきり」を他の方がリクエストしてくれたことです!

私がリクエストできなかったのは残念だけど、私の他にもあの曲を好きでリクエストしてくれる方がいた!ということが嬉しかったです。ブレイク前のアルバムの中の曲だけに、これまでライブで一度も聴いたことがありませんでした。最後のゴスペル調のところ、生歌最高でした。いつかフルバージョンで聴きたいな。

ファンクラブ限定ライブだからと、リクエスト曲を6曲も歌ってくれたんだよね。古いアルバム曲とか、カップリングとか、さすがマニアックな曲が多くて楽しかった。8歳(9歳だったかな?)の男の子のリクエストが「メモリーズ」というのにもびっくり。この子の受け答えが大人顔負けで笑わせてもらいました。  

カバー曲は西城秀樹さんの「ギャランドゥ」と「The Rose」の2曲だけだったけど、どちらも良かった。「ギャランドゥ」は堅さんらしい湿った色気満点だったし。「The Rose」はスクリーンに堅さんが日本語訳した詞が出てきて。その詞の意味をかみしめながら聴くとより深い感動がありました。

最後に堅さんからメッセージ。「みなさんお気づきかもしれないけれど、ファンと接するのが苦手。ファンは優しいから何をやってもいいといってくれるけれど、そんなファンに甘えたくない。自分でいいと思うパフォーマンスができなくなったら歌手としての平井堅は終わりにする。ファンが求めてくれたとしても」というニュアンスでした。

そのあとアンコールのときかな?「今日は言いたいこと言い過ぎちゃったかな。大丈夫?」とかって言ってたけど、堅さんの言いたいことはなんとなくわかりました。固定ファンにもてはやされ、その中で安住したくないということなのかなと。

本物の歌手、パフォーマーを目指しているからこその堅さんらしい言葉だと受け取りましたよ。ファン以外の多くの人の心に堅さんの歌が届いてほしいと思ってますから。

アンコールのあと。肉声で30周年目指します!って言ってくれたしね。大きめパジャマでステージを走りまわって最後の挨拶する姿がかわいかった!


セットリスト

<ファーストステージ>

1.even if

2.楽園


〜リクエストコーナー その1〜

3.ゆびきり

4.why


5.思いがかさなるその前に・・・

6.ギャランドゥ(西城秀樹カバー)

7.魔法って言っていいかな?

8.ノンフィクション


<セカンドステージ>

9.The Rose(ベット・ミドラーカバー)


〜リクエストコーナー その2〜

10. PAUL

11.メモリーズ

12.air cameraman

13.Ring


14.トドカナイカ

15.キミはともだち

16.POP STAR

17.Love Love Love


<アンコール>

18.知らないんでしょ?

19.強くなりたい

2018-05-17

西城秀樹さん死去

新御三家」の中では一番好きだったな。ワイルドで男っぽくて、明るい。子供の頃のスターといえば、ジュリーかヒデキ!YMCAはみんなマネしてた。

脳梗塞を2回やってしまって後遺症が残っても、ステージに立つことを諦めなかった。たくさんのファンの前に立つことを諦めなかった。その頑張りが体に負担をかけていたのかも。でも、それがスターとしての西城秀樹の生き方だったのかな。

若い時の元気いっぱいの姿も、同じ病気や障害を持つ人を勇気づけてきた晩年の頑張りも、どちらも愛おしいです。

ご冥福をお祈りいたします。