Hatena::ブログ(Diary)

::SOUL:: :ブラック・ムービー:Black Movie: このページをアンテナに追加 RSSフィード


↑私の本家サイトです↑
ブラックムービーが満載...な筈

観た映画全てではありませんが、ブラックムービーを中心に、なるべく最新作品、
そしてどうしても書きたい作品を中心に書いております。
99%自腹でお金払って観ておりますので、とても自由に書いております。
映画の邦題は私が観た・書いた当時のものです。
その後に日本公開となったりDVDが発売されて邦題がついている作品もあります。
「こちら」でリンクしてある私のサイトで最新情報を確かめてください。

最近はニュースや予告編等はツイッターが早めかも?訳す時と訳さないでRTだけの時もありますが...
なので若干古めの記事もあったりかもですが、ご了承くださいませ。

*映画秘宝 6月号にて『私はあなたのニグロではない』と『ロクサーヌ、ロクサーヌ』について寄稿させて頂きました。(4/24/18)
*映画秘宝 5月号にて『Brawl in Cell Block 99』、『Accident Man』、『ストロング・アイランド 』&『イカロス』、『クイーン・オブ・カトウェ』についてさせて頂きました。(3/20/18)
*映画秘宝 4月号にてTVシリーズ『ブラックライトニング』と『マーシャル 法廷を変えた男』について寄稿させて頂きました。(2/21/18)
*映画秘宝 3月号にて秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2017に参加させて頂きましたに参加させて頂きました。(1/20/18)
*映画秘宝 2月号にて『デトロイト』&『オール・アイズ・オン・ミー』について寄稿させて頂きました。(12/21/17)
*サイゾー12月号の映画特集にてアーロン・ウルフォーク監督にインタビューさせて頂きました。(11/17/17)
*映画秘宝EX 闘うヒロイン大図鑑にてパム・グリア&闘う黒人女優年代記を寄稿させて頂きました。(9/21/17)

過去記事

直接質問のある方はこちらこちらへ!分かる範囲で答えますので、お気軽に!

Nov 02, 13 サタデー・ナイト・ライブと黒人問題

In Living Color♪

サタデー・ナイト・ライブと黒人問題

あの有名な「サタデー・ナイト・ライブ(以下SNL)」のレギュラーである黒人コメディアンキーナントンプソンが先日「なんでSNLには黒人女性出演者が少ないのか?」という問いに、「準備出来ている黒人コメディアンヌ・女優が居ないから」と答え、黒人女性たちからバッシングを受けた。ちなみに彼と同じく現在レギュラーである黒人コメディアンのジェイ・ファロアはその前に別のインタビューで同じ事を聞かれ「(SNL制作側は)多様性に注意し関心を持って、黒人コメディアンヌのダーミリア・ブラウソン(モノマネが得意なコメディアンヌ)を雇うべきだと提案したんだ」と答えている。

Kenan Thompson Addresses Lack Of Diversity On 'SNL': 'They Just Never Find Ones That Are Ready' | HuffPost

SNL38年の歴史黒人コメディアンヌ・女優レギュラーに選ばれたのは、たった4人。イヴォンヌ・ハドソン (1980-81)*1ダニトラ・ヴァンス (1985-86)、エレン・クレゴーン (1991-95) 、マヤ・ルドルフ (2000-2007)だ。シーズン35となる2009年から現在までの90エピソードの中で、黒人女性ホストを勤めたのは、2010年4月のガボリー・シディベ、2012年2月マヤ・ルドルフのみ。

no title

黒人コメディアンヌに限らず、昔からSNL黒人に冷たかった。1985年シーズンからレギュラーとなったデーモン・ウェイアンズは、ずっとその不満を抱えていた。面白くないと思っても、やらなきゃいけないストレス。そして突然そのストレスを爆発させ、用意された台詞ではなくアドリブで答えた。それはプロデューサー達の逆鱗に触れ、解雇させられた。デーモン・ウェイアンズの兄キーネン・アイボリー・ウェイアンズはそれを聞いて制作したのが「イン・リヴィング・カラー(以下ILC)」。「才能あるデーモンが埋もれては残念、デーモンには好きな事を俺がさせてあげよう」と願ったのだった。彼等の情熱は、番組をヒットさせ、あの黒人が受賞するのはもっと難しいと言われているエミー賞で受賞までしたのだった。

そして1990年からレギュラーになったクリス・ロックは、そのILCに出演したくて、SNLを去った。「理由はまだSNL白人のショーだからだよ。それに比べてILCヒップでホットで、俺がやりたい事やっていた」と語っている。



1975年から5年もレギュラーを務めたギャレット・モリスは、目立たないレギュラーとして有名で、それをジョークにすらされた。本人もSNLの日々を余り良く思っておらず、ステレオタイプな役ばかりやらされて嫌だったと語る程である

ティム・メドウズは1991年から9年間もレギュラーだったが、映画The Ladies Man / レディース★マン (2000)」を置き土産に、その後はあまりパッとした活躍を見せていない。

逆にSNLに出たことで有名になったのは、エディ・マーフィトレイシー・モーガンの2人がいる。エディ・マーフィ活躍は説明不要。しかしトレイシー・モーガンSNL出身というよりも、「30 ROCK/サーティー・ロック」で有名。

SNL制作者ローン・マイケルズは「起こると思うよ」と答えている。

Something's Gone Terribly Wrong | HuffPost

そしてこのニュースが流れて数日後に、ケリー・ワシントンホストを務める事が発表された。

D

と、コメディが大好きな私だけど、SNLは見ていない。理由は簡単だ。面白くないからであるSNL面白い時は実に少ない。私にとってSNL面白かったのは、ジョン・ベルーシが出ていた頃、エディ・マーフィが出ていた頃、クリス・ファーレイが出ていた頃、そしてウィル・フェレルティナ・フェイの頃だけ。「イン・リヴィング・カラー」は違う。ずっと面白かった。確かにキーネンとデーモンが去った後は、完全にパワーダウンしたけれど、それでもジェイミー・フォックス等が番組を盛り上げていた。

いちよう黒人に聞いてみた。「SNLILCのどっちが面白い?」と。「はあ?イン・リヴィング・カラーに決まってるでしょ!ILC白人ジム・キャリーだって面白かったからね!」。

リンク元