Hatena::ブログ(Diary)

::SOUL:: :ブラック・ムービー:Black Movie: このページをアンテナに追加 RSSフィード


↑私の本家サイトです↑
ブラックムービーが満載...な筈

観た映画全てではありませんが、ブラックムービーを中心に、なるべく最新作品、
そしてどうしても書きたい作品を中心に書いております。
99%自腹でお金払って観ておりますので、とても自由に書いております。
映画の邦題は私が観た・書いた当時のものです。
その後に日本公開となったりDVDが発売されて邦題がついている作品もあります。
「こちら」でリンクしてある私のサイトで最新情報を確かめてください。

最近はニュースや予告編等はツイッターが早めかも?訳す時と訳さないでRTだけの時もありますが...
なので若干古めの記事もあったりかもですが、ご了承くださいませ。

*別冊映画秘宝アメコミ映画完全ガイド2018にて黒人スーパーヒーローの歴史と『ブラックパンサー』について寄稿させて頂きました。(6/27/18)
*映画秘宝 6月号にて『私はあなたのニグロではない』と『ロクサーヌ、ロクサーヌ』について寄稿させて頂きました。(4/24/18)
*映画秘宝 5月号にて『Brawl in Cell Block 99』、『Accident Man』、『ストロング・アイランド 』&『イカロス』、『クイーン・オブ・カトウェ』についてさせて頂きました。(3/20/18)
*映画秘宝 4月号にてTVシリーズ『ブラックライトニング』と『マーシャル 法廷を変えた男』について寄稿させて頂きました。(2/21/18)
*映画秘宝 3月号にて秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2017に参加させて頂きましたに参加させて頂きました。(1/20/18)
*映画秘宝 2月号にて『デトロイト』&『オール・アイズ・オン・ミー』について寄稿させて頂きました。(12/21/17)
*サイゾー12月号の映画特集にてアーロン・ウルフォーク監督にインタビューさせて頂きました。(11/17/17)
*映画秘宝EX 闘うヒロイン大図鑑にてパム・グリア&闘う黒人女優年代記を寄稿させて頂きました。(9/21/17)

過去記事

直接質問のある方はこちらこちらへ!分かる範囲で答えますので、お気軽に!

Feb 01, 18 Proud Mary / 日本未公開 (2018)

Proud Mary / 日本未公開 (2018)

ろーりん!ろーりん!燃え続けるタラジP姐『Proud Mary』

黒人女優が主役の本格アクション。久々。ひょっとしたら『Colombiana / コロンビアーナ (2011)』ぶりかもしれない?しかも啖呵を切らせたら黒人女優一、いや女優一のタラジ・P・ヘンソンが主役。これはテンション上がる!...が、アメリカでは何故かあんまり宣伝されなかった。それは恐らく私が一番最初に書いた「黒人女優が主役」っていう部分ではないか?と言われている。なので、黒人俳優仲間が「なんか宣伝あんまりされていないけれど、タラジの最新作が公開するから見てねー」とこぞってSNS宣伝していた。そういう所が良いよね。という訳で、この作品を。

ボストンの街。朝からびっしりとトレーニングしているメアリータラジ・P・ヘンソン)。化粧をして出かけるのかと思ったら、別のアパートに居た男を殺した。メアリー殺し屋だったのだ。そのアパートに人の気配を感じて別の部屋を確認するメアリー男の子ヘッドフォンゲームをしていて、気づかなかったようなので、そのままにして帰った。それから1年後、ダニー(ジャヒ・ウィンストン)は麻薬取引で、お金を誤魔化されそうになり、銃口を向けた。何とか難を逃れ、ボストンの街を眺めながら一人でサンドイッチを頬張った。それを見つめているメアリー。今度は、麻薬取引ボスに怒られ殴られた。ダニーが疲れてベンチで寝てしまった所に、バックパックを奪われてしまった。危機一髪な場面になぜか登場しダニーを助けるメアリー。行くあてのないダニーをアパートに住まわせるメアリー。奇妙な2人が暮らし始めるが...

ツイッターに書いてしまったのですが、ジェラルド・バトラーが主役をしてそうな渋いアクション映画。それもその筈でバトラーが主役の『エンド・オブ・キングダム』のババク・ナジャフィが監督。冒頭からザ・テンプテーションズの「Papa Was a Rollin' Stone」の曲でタラジがトレーニングし、感動的なシーンでは「Ain't No Love In The Heart Of The City」のカバー曲、そしてもちろんこの映画タイトルと同じティナ・ターナーの「Proud Mary」が一番のクライマックスシーンで流れる...のだけど、「Proud Mary」って物凄くアッパーな曲なので、この映画の渋さと見事にマッチしておらずビックリした。どうせこの曲使うのが分かっているんだし、タラジもかなりアッパー系の人なので、それに合わせたストーリーが良かったのかな?とは思った。あそこだけ急にテンション上げるのは無理。突然明るくなるからね、ビックリするよ。テンプスの曲といい、ティナの曲といい、どうやらローリン率は高い。負けじとタラジもローリン!するかどうかはお楽しみに。

そしてボストンと言えば、私にとってはニュー・エディションBET制作の『The New Edition Story / 日本未公開 (2017)』でリードボーカルラルフ・トレスヴァントの小さい頃を演じていたジャヒ・ウィンストン君が今回のタラジのお相手。ジャヒがこれまた可愛い事!目のウルウル度が小動物系。そりゃね、ああなりますわ!

クライマックスの曲が合っていない以外は、面白かった。テンション低いタラジも久々で良い。アクションも割と頑張っている。でも、やっぱりアッパー系のタラジが2丁拳銃で啖呵を切りながら、けちょんけちょんにしている所でティナの「Proud Mary」がテンション高く流れる...っていう映画も観たかたかな?

Proud Mary / 日本未公開 (2018)(3.75点:1621本目)