Hatena::ブログ(Diary)

::SOUL:: :ブラック・ムービー:Black Movie: このページをアンテナに追加 RSSフィード


↑私の本家サイトです↑
ブラックムービーが満載...な筈

観た映画全てではありませんが、ブラックムービーを中心に、なるべく最新作品、
そしてどうしても書きたい作品を中心に書いております。
99%自腹でお金払って観ておりますので、とても自由に書いております。
映画の邦題は私が観た・書いた当時のものです。
その後に日本公開となったりDVDが発売されて邦題がついている作品もあります。
「こちら」でリンクしてある私のサイトで最新情報を確かめてください。

最近はニュースや予告編等はツイッターが早めかも?訳す時と訳さないでRTだけの時もありますが...
なので若干古めの記事もあったりかもですが、ご了承くださいませ。

*別冊映画秘宝アメコミ映画完全ガイド2018にて黒人スーパーヒーローの歴史と『ブラックパンサー』について寄稿させて頂きました。(6/27/18)
*映画秘宝 6月号にて『私はあなたのニグロではない』と『ロクサーヌ、ロクサーヌ』について寄稿させて頂きました。(4/24/18)
*映画秘宝 5月号にて『Brawl in Cell Block 99』、『Accident Man』、『ストロング・アイランド 』&『イカロス』、『クイーン・オブ・カトウェ』についてさせて頂きました。(3/20/18)
*映画秘宝 4月号にてTVシリーズ『ブラックライトニング』と『マーシャル 法廷を変えた男』について寄稿させて頂きました。(2/21/18)
*映画秘宝 3月号にて秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2017に参加させて頂きましたに参加させて頂きました。(1/20/18)
*映画秘宝 2月号にて『デトロイト』&『オール・アイズ・オン・ミー』について寄稿させて頂きました。(12/21/17)
*サイゾー12月号の映画特集にてアーロン・ウルフォーク監督にインタビューさせて頂きました。(11/17/17)
*映画秘宝EX 闘うヒロイン大図鑑にてパム・グリア&闘う黒人女優年代記を寄稿させて頂きました。(9/21/17)

過去記事

直接質問のある方はこちらこちらへ!分かる範囲で答えますので、お気軽に!

Mar 14, 18 映画『ブラックパンサー』を支えた3人の女性戦士

ワカンダの頂に陛下君臨

映画『ブラックパンサー』を支えた3人の女性戦士

ブラックパンサー』の通常の100本映画を書こうとは思っているのだけど、どこをどう書いたらいいのか、全然頭の中でまとまらない。でもその前にどーしても書きたかったのがこれ。ツイッターでは収まりきらないのもある。

ブラックパンサー』は架空アフリカ舞台し、その舞台衣装幻想的で美しいのも印象的だった。それを支えたのが3人の女性衣装担当のルース・E・カータープロダクションデザイナーハンナ・ビークラー、そして撮影技師レイチェル・モリソンだ。彼女たちがこの作品に関わるようになるまでの道のりも、やはり『ブラックパンサー』の道のり。そんな彼女たちの過去作品を紹介しながら、彼女たちの歴史を振り返りたい。

f:id:blackmovie:20180314220907j:image:w360
まずは、ルース・E・カーター。正直、ブラックムービー好きを自称するならば、知っていて欲しい名前だ。彼女衣装世界でとても有名だし、ブラックムービーとは切っても切れない関係から。『Amistad / アミスタッド (1997)』と『Malcolm X / マルコムX (1992)』という錚々たる作品オスカーに2回ノミネートされている。『ブラックパンサー』では様々なアフリカ民族衣装を上手く取り入れた今回も、オスカーを期待出来る。というか、今度こそオスカーを獲得して欲しい。『Roots / ROOTS/ルーツ (2016) (TV)』で、エミー賞でもノミネートされた。そんな彼女ボストン生まれで、ハンプトン大学を卒業し、ロサンジェルスシアターセンターで働いていた頃にスパイク・リーと知り合い、スパイクメジャー会社で初の映画となる『School Daze / スクール・デイズ (1988)』でコスチュームデザイナーとしてデビューする。そしてキーネン・アイヴォリー・ウェイアンズによる『I’m Gonna Git You Sucka / ゴールデン・ヒーロー/最後の聖戦 (1988)』やロバート・タウンゼントの『The Five Heartbeats / ファイブ・ハートビーツ (1991)』なども担当しかし、彼女と言えばやっぱりスパイク作品で、つい最近の『Chi-Raq / 日本未公開 (2015)』でもルースが担当している。珍しい所では、映画版Black Dynamite / 日本未公開 (2009)』もルースの担当だったりする。何度も書いているが、『ブラックパンサー』のこの現象とも言えるフィーバーを見ていると思い出すのが、26年前の『マルコムX』。その両方に関わっているのは偶然ではなく必然。今度こそ!
Ruth E. Carter - IMDb


f:id:blackmovie:20170116170842j:image:w360
プロダクションデザイナーハンナ・ビークラー。彼女名前を一躍有名にしたのは、ビヨンセの「Lemonade」。そしてその直後に担当した『Moonlight / ムーンライト (2016)』がアカデミー賞作品賞に輝き、歴史を作った。その『ムーンライト』のブルーレイ/DVDでバリー・ジェンキンス監督コメンタリーでとにかく褒めていたのがビークラーの細部に拘るセットの小物。

細部にも凄い拘りを見せてくれていた『ムーンライト』のプロダクションデザイナー担当したハナ・ビークラー、なんと『ブラックパンサー』も担当していると知り、嬉しさで小躍りしている。益々楽しみだなー『ブラックパンサー』!
https://t.co/nIa5JP4MT5— Lerato An$ (@LeratoAnzjp) April 6, 2017


あぁああ!思い出した。映画秘宝6月ブラックムービー最前線の『ムーンライト』の部分で書いたフアンの車(ブルーインパラ)のライセンス証拠写真。劇中は出てこないんだけど、細かい拘り。8月号で盛り上がっている中、恐縮ですが。https://t.co/6344JpLSsP
pic.twitter.com/94CMYx8DbG— Lerato An$ (@LeratoAnzjp)June 21, 2017

この辺↑で私を骨抜きにさせてくれました。『ムーンライト』ではバリー・ジェンキンス監督仕事しておりますが、元々が『ブラックパンサー』のライアン・クーグラー班で、『Fruitvale Station / フルートベール駅で (2013)』も『Creed / クリード チャンプを継ぐ男 (2015)』も担当ドン・チードル制作・主演の『Miles Ahead / MILES AHEAD/マイルス・デイヴィス 空白の5年間 (2015)』も彼女担当。先ほど書いたビヨンセの「Lemonade」でエミー賞ノミネートされた。オハイオ州生まれで、シンシナティ大学でファッションデザインの勉強をし、ライト州立大学映画勉強建築家の父とデザイナーの母の間に生まれたサラブレッド
Hannah Beachler - IMDb


f:id:blackmovie:20180314220901j:image:w360
そしてレイチェル・モリソン。今年、第90回アカデミー賞撮影賞ノミネートされ、女性として初のノミネートとなり歴史になったのも話題ブラックムービーも多く担当している。カメラオペレーターしていた時に、本編ではなくメイキング撮影で、スパイク・リーの『Bamboozled / 日本未公開 (2000)』に参加している。ライアン・クーグラー監督の『フルートベール駅で』からブラックムービーでひっぱりだこで、『Dope / DOPE/ドープ!! (2015)』や『Mudbound / マッドバウンド 哀しき友情 (2017)』などを担当。その『マッドバウンド』でオスカーノミネートされた。マサチューセッツ州生まれで、同州のコンコード大学を卒業し、ニューヨーク大学にて映画写真の両方を専攻し学位を取得。どちらにするか決められなかったが、撮影技師となり、アメリカンフィルム・インスティチュート(AFI)が設立したAFI映画学校にて学び修士を取得している。ジェニファー・アニストン主演の『Cake/ケーキ 悲しみが通り過ぎるまで (2015)』でも撮影担当話題になった。
Rachel Morrison - IMDb

ブラックパンサーを支えるドーラ・ミラージュ並に、こちらも凄腕の女性たちが『ブラックパンサー』という現象を支えているのでした。