Hatena::ブログ(Diary)

::SOUL:: :ブラック・ムービー:Black Movie: このページをアンテナに追加 RSSフィード


↑私の本家サイトです↑
ブラックムービーが満載...な筈

観た映画全てではありませんが、ブラックムービーを中心に、なるべく最新作品、
そしてどうしても書きたい作品を中心に書いております。
99%自腹でお金払って観ておりますので、とても自由に書いております。
映画の邦題は私が観た・書いた当時のものです。
その後に日本公開となったりDVDが発売されて邦題がついている作品もあります。
「こちら」でリンクしてある私のサイトで最新情報を確かめてください。

最近はニュースや予告編等はツイッターが早めかも?訳す時と訳さないでRTだけの時もありますが...
なので若干古めの記事もあったりかもですが、ご了承くださいませ。

*映画秘宝 3月号にて秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2017に参加させて頂きましたに参加させて頂きました。(1/20/18)
*映画秘宝 2月号にて『デトロイト』&『オール・アイズ・オン・ミー』について寄稿させて頂きました。(12/21/17)
*サイゾー12月号の映画特集にてアーロン・ウルフォーク監督にインタビューさせて頂きました。(11/17/17)
*映画秘宝EX 闘うヒロイン大図鑑にてパム・グリア&闘う黒人女優年代記を寄稿させて頂きました。(9/21/17)
*映画秘宝 11月号にて『チェイサー』のレビューを寄稿させて頂きました。(9/21/17)
*別冊映画秘宝アメコミ映画完全ガイド2017にて『スパイダーマン:ホームカミング』の舞台NYクイーンズについて寄稿させて頂きました。(8/3/17)
*映画秘宝 9月号にて『スパイダーマン:ホームカミング』の舞台NYクイーンズについて寄稿させて頂きました。(7/21/17)
*別冊映画秘宝 21世紀ホラームービー年代記(クロニクル)にて『ゲット・アウト』について寄稿させて頂きました。(7/20/17)

過去記事

直接質問のある方はこちらこちらへ!分かる範囲で答えますので、お気軽に!

May 23, 15 2015年05月22日のツイッターより転送

マッドマックス 怒りのデス・ロード

Sep 22, 10 Waiting for ’Superman’ / 日本未公開 (2010)

Waiting for ’Superman’ / 日本未公

Waiting for 'Superman' / 日本未公開 (2010)

アメリカの元副大統領アル・ゴアと強力なタッグを組んで環境問題を訴えたドキュメンタリー不都合な真実」を成功させ、アカデミー賞ドキュメンタリー部門にも輝いたのがデイビス・グッゲンハイム。彼の最新作はアメリカ公立学校問題点を訴えているドキュメンタリーWaiting for ’Superman’ / スーパーマンを待ちながら (2010)」。サンダンス映画祭にて公開。今週末からは全米で限定公開だが劇場公開が決まっている。ここで取り上げたのも、その公開を前にオプラ・ウィンフィリーの「Oprah」にて取り上げられたからである。

ドキュメンタリーでは全米各地の幼稚園児から8年生(日本でいう中学2年)までの子供達とその家族を追っている。

アンソニーワシントンDC芸術学校に通う5年生の黒人学生。その学校は全米でも最低レベル芸術学校アンソニーはいい学生ではあるが、両親を続けてドラッグで亡くし、今は祖母に育てられている。祖母は今いる環境ではアンソニーにとって良くない事を分かっている。そのアンソニー環境を救えそうなのが近所に唯一あるチャーター校。しかし、アンソニーがその学校に入れるチャンスは50%。

デイジーも同じく5年生。彼女イーストロサンジェルス公立校に通っているヒスパニック系。学校では頑張っており、すでに夢を叶える為に大学に行くことを決心している。デイジーの夢は医者になる事。しかし彼女の近所では高校を卒業できるのが約6割。デイジー家族でもまだ誰も高校を卒業出来ていない。デイジーの両親も、自分達の親を助ける為に高校を中退している。両親は彼女の為に尽くしているが、父親が最近解雇されたので私立に入れるのは無理だという。幸いな事に彼女の家の目の前にロサンジェルスで一番優秀なチャーター校があるが、志願数135人中入れるのはたった10人。

エミリーシリコンバレーに住む8年生の白人学生彼女地域は全米でもレベルの高い学校が揃っていて、ゴルフコースや水球のチームまである。しかし能力別でクラスが編成されているため、もし悪い成績を取ってしまうと、下のレベルで余りいい環境でないクラスに入れられてしまう。エミリー数学が苦手な為、それが非常に不安の種である。なので能力別のクラス編成のないチャーター校への入学を希望しているが、志願数455人中で入れるのは110人。エミリーには24%の可能性しかない。

フランシスコブロンクス公立校に通う1年生。フランシスコの母マリアブロンクス公立校卒業して家族最初に大学を卒業した。そして今はソーシャルワーカーをしている。マリアフランシスコの為に精一杯頑張っており毎日勉強を手伝い、夜には大学主催読み聞かせ会などにも積極的に参加している。母はブロンクスにあるチャーター校に志願書を提出したが、全て却下された。唯一残されたのが、ハーレムにあるチャーター校。そこが唯一の望みだが、彼らの家から通うとなると45分かかる。しかも792人の志願者中は入れるのは40人。フランシスコには5%の可能性しかない。

ビアンカハーレムに住む幼稚園児。今は母の影響でカトリック学校に行っている。母はシングルマザービアンカその学校に毎月500ドル(5万円)の学費を払っている。ビアンカ環境の悪い公立校に入れたくないが、母も仕事不安定でそろそろ学費を払うのが限界に近づいている。ハーレムには無料で通えるチャーター校があるが、志願者が767人で入れるのは35人。ビアンカには5%の可能性しかない。

プラはこのドキュメンタリーをもう1人のアメリカのパワフルなアイコンであるビル・ゲイツと共に自身の番組で紹介。オプラ番組内で1億ずつをチャーター校6校に寄付をした。

タイトルスーパーマンとは大体上の説明を読んで頂けたら分かると思うのですが、チャーター校の事。

Waiting for ’Superman’ / スーパーマンを待ちながら (2010)
Waiting For Superman
no title

Feb 24, 09 Madea Goes to Jail / 日本未公開 (2009)

Madea Goes to Jail / 日本未公開 (200

お、オスカー

あはは。私がテンション下がるという通りになってしまいましたね。そのせいか、本当にテンション下がって昨日は全く動く気にもなれませんでした。某所でずっとオードリーと出川哲朗の映像を見てました。トゥース!

いきなり助演女優賞からですもの。もう嫌になっちゃう。でもペネロペ・クルスは顔小さくて可愛かったですね。英語も私みたいな聞いてる人をイライラさせる訛じゃなくって、可愛い感じで上手い具合に訛ってるのよね。でもペネロペとサルマ・ハエックの区別があんまりつきません。混乱します。まあでもヴァイオラ・デイビスもタラジ・P・ヘンソンも取れずにテンション下がりました。

今年のは長くて途中でちょっと飽きましたが、ヒュー・ジャックマンは芸達者でしたね。オープニングは、まんま「Be Kind Rewind / 僕らのミライへ逆回転 (2008)」じゃないですか!笑ったわ。主演・助演のセレモニーが良かったですよね。あれは圧巻。スピーチはケイト・ウィンスレットが一番上手かった。でもああなると益々、レオナルド・ディカプリオが可哀想だわ。

日本が2つも受賞したのが、嬉しかったかなー。ショートアニメの方は、最後に「どうもありがとう、ミスターロボット」って言ってたのが笑える。「おくりびと」のモックンはすらっとしていてカッコよかったですね。モックンにも何か言って欲しかったわ。監督とモックンと広末は分かったんですが、もう一人の女性は誰だったのでしょうか??

やっぱりオスカーのメモリアルでもルディ・レイ・ムーアは外されていた。悲しすぎるぜ。

っていうか、今年は書くことも少ないですわ。ばぁい。写真はTumblrにアップした&まだの分をアップするつもり。っていうか、私はそうしてきた。

Jul 03, 08 City of Men / シティ・オブ・メン (2008)

City of Men / シティ・オブ・メン (20

STUCK

以前話題になったアメリカニュースを覚えていらっしゃるでしょうか?
女の人が車を運転していて当て逃げした際に、そのまま死体を車のフロントガラスに乗せたまま家に帰ってしまった女性の話。
その事件がベースして映画されたのが「Stuck (2007) - IMDb」という映画
実際の女性の犯人はシャンテ・マラードという黒人女性映画で犯人を演じたのがミーナ・スヴァーリ。それに対して物言いがあったらしいが、私は別にいいじゃんと思いました。もしこの映画ドキュメンタリーとか事実に基づいた話だったら分かるけれど、事件をベースにしただけで再現した訳じゃないんだし、黒人でしかあり得ないの事実を描いた訳でもない。
ただ映画の中でミーナ・スヴァーリが、コーンロウをしている意味が分らないし、証拠隠滅を手伝った恋人黒人であってそこだけが事実と同じなのも意味が分からない。その辺の謎解きだけにこの映画を見るのもちょっと...