Hatena::ブログ(Diary)

::SOUL:: :ブラック・ムービー:Black Movie: このページをアンテナに追加 RSSフィード


↑私の本家サイトです↑
ブラックムービーが満載...な筈

観た映画全てではありませんが、ブラックムービーを中心に、なるべく最新作品、
そしてどうしても書きたい作品を中心に書いております。
99%自腹でお金払って観ておりますので、とても自由に書いております。
映画の邦題は私が観た・書いた当時のものです。
その後に日本公開となったりDVDが発売されて邦題がついている作品もあります。
「こちら」でリンクしてある私のサイトで最新情報を確かめてください。

最近はニュースや予告編等はツイッターが早めかも?訳す時と訳さないでRTだけの時もありますが...
なので若干古めの記事もあったりかもですが、ご了承くださいませ。

*別冊映画秘宝アメコミ映画完全ガイド2018にて黒人スーパーヒーローの歴史と『ブラックパンサー』について寄稿させて頂きました。(6/27/18)
*映画秘宝 6月号にて『私はあなたのニグロではない』と『ロクサーヌ、ロクサーヌ』について寄稿させて頂きました。(4/24/18)
*映画秘宝 5月号にて『Brawl in Cell Block 99』、『Accident Man』、『ストロング・アイランド 』&『イカロス』、『クイーン・オブ・カトウェ』についてさせて頂きました。(3/20/18)
*映画秘宝 4月号にてTVシリーズ『ブラックライトニング』と『マーシャル 法廷を変えた男』について寄稿させて頂きました。(2/21/18)
*映画秘宝 3月号にて秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2017に参加させて頂きましたに参加させて頂きました。(1/20/18)
*映画秘宝 2月号にて『デトロイト』&『オール・アイズ・オン・ミー』について寄稿させて頂きました。(12/21/17)
*サイゾー12月号の映画特集にてアーロン・ウルフォーク監督にインタビューさせて頂きました。(11/17/17)
*映画秘宝EX 闘うヒロイン大図鑑にてパム・グリア&闘う黒人女優年代記を寄稿させて頂きました。(9/21/17)

過去記事

直接質問のある方はこちらこちらへ!分かる範囲で答えますので、お気軽に!

Sep 05, 17 Passin’ It On / 日本未公開 (1993) 1577本目

Passin’ It On / 日本未公開 (1993)

「我々は戦う事を諦めない!」あるブラック・パンサー党員の叫び『Passin' It On』

トゥパック・シャクール自伝映画All Eyez on Me / オール・アイズ・オン・ミー (2017)』の冒頭で使われたのがブラックパンサー党員ドルーバ・ビン・ワハドのスピーチ。なぜかそれをマルコムXだと思っているバカな批評家もいる。トゥパックならマルコムの前にブラックパンサー党員スピーチ使うだろうに、本当にバカ!あの人たちは無知過ぎる。単純すぎる。何も分かっちゃいない。という訳で、ブラックパンサー党のドキュメンタリーを。

ブラックパンサー党と言っても、この映画はそのドルーバ・ビン・ワハドと、彼が属していたニューヨーク支部についてのドキュメンタリー。この作品では触れられていないが、トゥパックのママのアフェニ・シャクールもそこに属していて、ドルーバやこの映画でもインタビューを受けているジャマール・ジョセフの先輩であり彼らに教え込んだのがアフェニ。アフェニが逮捕される事になった「パンサー21」なども語られる。しかし、主役というかメインはドルーバ・ビン・ワハド。彼自身インタビューを受けている。ドルーバはブロンクスで生まれ育ち、マルコムXと同じく刑務所内で転機を迎えて、ブラックパンサー党に傾倒。ドルーバはパンサー党員となった後にも逮捕されているが、パンサー21とは無関係事件なのだ関係なくもない。パンサー21を追う地方検事を狙い、検事の家を警備していたNY市警の2人に発砲した罪。2人は重症を負った。で、ドルーバが逮捕されたのが黒人向けナイトクラブで、そのナイトクラブドルーバはマシンガンを持ち、客を全裸にして虐待していたらしい。なんでもそのクラブでは、警官たちが賄賂を貰う場所として有名で、クラックなどの麻薬売買が見過ごされていたという事で、麻薬なんかするな!という意味虐待していたらしい。分かるような分からないような... 複雑。

何はともあれ、このドルーバ・ビン・ワハドという人が、とてもナチュラルスピーチスピーカーというのは分かった。オバマ大統領もそうだったけれど、人に話を聞かせるのが上手い。恐らくアフリカ尊敬されていた語り部グリオ」とはこういう人たちなのだと思う。言葉選びから話し方が上手い。生まれ持ったもの

なんでもこれはジョン・J・ヴァラデスというラティーノ監督卒業プロジェクトだという。今もドキュメンタリーを撮り続けている。この作品には、あの『Slavery by Another Name / 日本未公開 (2012)』のサム・ポラードが制作総指揮で参加したり、『no title』の伝説的なドキュメンタリー監督ウィリアムグリーブスの撮った映像アーカイブで使われていたりする。この作品自体はPBSにて放送された。

あの時代の力を持って推し進めていく「ブラックパワー」的な革新派リーダーって、ストークリー・カーマイケルとかエルドリッジ・クリーヴァーとかみんなアフリカキューバとかに亡命したけれど、ドルーバも亡命じゃないけれどアフリカガーナに長らく住んでいたみたいで、DVDにはボーナス特典でガーナインタビューを受けている映像があった。今は、アメリカに戻っている。

で、最初に書いたマルコムX演説だと思っているアホが、続いて「(マルコムX演説使用したという事は)トゥパックがブラック・パワー英雄という事を述べており...」とか書いていて、本当に無知で嫌になる。マルコムXブラック・パワー象徴みたいに使われるけれど、実際にブラック・パワーが台頭した頃には暗殺されてこの世には居ない。なのでブラック・パワーについて公言する事はなかった。「ブラック・パワー」を連呼したストークリー・カーマイケルやブラックパンサー党でマルコムの思想が受け入れられただけの事。直接的な関係性はまるでない。何なら「ブラック・パワー」という言葉自体は、作家リチャード・ライト1954年に既に使っている。イメージとかステレオタイプだけで語らないで欲しい。という事で、いかアメリカメインストリームでも黒人映画ステレオタイプイメージだけで語られているのか、よく分かる例でもある。

Passin’ It On / 日本未公開 (1993)(4.25点:1577本目)

May 22, 17 LA 92 / 日本未公開 (2017) (TV) 1548本目

LA 92 / 日本未公開 (2017) (TV)

映画やアイス・キューブと共に見てみる1992年のLA暴動『LA 92』

ロドニーキングへの暴行ビデオからまり、その加害者である警察官たちの無罪判決によって始まった一連の出来事を、人々はLA暴動というけれど、黒人、とりわけLAの黒人は「暴動」という言葉回避しているように思える。このドキュメンタリー映画タイトルも「LA 92」。敢えて暴動という言葉使用していない。『Undefeated / アンディフィーテッド 栄光の勝利 (2011)』にてアカデミードキュメンタリー賞を受賞したTJ・マーティンダニエルリンゼイコンビによる最新ドキュメンタリー作品サンダンス映画祭で上映された後、一般的にはナショナルジオグラフィックにて放送

この映画1965年に起きたワッツ暴動から歴史を遡る。当時のニュースキャスターが伝えるワッツ暴動。当時のLA市警署長ウィリアムパーカーは、「動物園サルのようだ」とその暴動嘲笑した。そして時は経ち、湾岸戦争終結した3日後の1991年3月3日ロサンジェルス近郊にて車のスピード違反で止められた黒人ロドニーキング警官4名から暴行を受けた。それを目撃しビデオに残したのが、ジョージホリデイホリデイが撮ったビデオCNNなどを通じて全米を駆け巡った。暴行で膨れ上がった顔と目をやられて血で赤くなった眼球に、ティーザーで火傷した身体...などを見せられた黒人側は怒りを露わにした。しかし「ビデオという証拠があるのだから今度こそは正義は味方するだろう」とも思っていた。

しかし...次の年になる1992年4月29日に言い渡された4人の警官たちの評決は「無罪」だった。黒人たちはそれは仕組まれものだと理解した。色々な理由をつけて事前に裁判所白人住民が88%であるシミ・ヴァレーに移したのが大きかった。

元々、黒人側の鬱憤は随分前から明らかにされていた。N.W.Aが1988年に発売した「Straight Outta Compton」の「Fuck the Police」にその怒りは代表されている。N.W.Aメンバーのアイス・キューブは続くソロデビューアルバム「AmeriKKKa's Most Wanted」の中でも「Endangered Species」で警告している。なにしろアイス・キューブは『Boyz N The Hood / ボーイズ’ン・ザ・フッド (1991)』に出演し、LAに蔓延る暴力的鬱憤体現してくれていたじゃないか

そしてこの時、なぜに韓国系vs黒人になったか?というのもちゃんと記録映像だけで説明している。もちろんその背景にはロドニーキング暴行時間からたった13日後に起きたラターシャ・ハーリン殺人事件がある。アイス・キューブは、この事も暴動になる前の1991年10月セカンドソロアルバムDeath Certificate」の中の「Black Korea」で両者の確執も語っていた。そして映画Menace II Society / メナース II ソサエティー/ポケットいっぱいの涙 (1993)』では、ラターシャ事件の結末を真逆に描いてみせた。

このドキュメンタリー映画は、音楽や当時を知る人のインタビューなどのドキュメンタリー映画ありがちな味付けを一切回避している。記録映画という名に相応しい、ただ残っている記録ビデオ編集しただけなのだが、それが余計に当時の臨場感を感じる事なる。いま、そこで起きているかのような感覚

そうすると流石にレジナルドデニー路上トラックから引きずり出され暴行を受けた男性)への暴行や、店舗での略奪の映像を見ると、LA暴動(LA Riot)ならぬ「LA蜂起(LA Uprising)」だとは言い難い。だがしかし、LA混乱・不安(LA Unrest)だったと痛感する。

しか黒人の人々はあの時、絶望的だったのは間違いないが、それでも何か変えようと居ても立ってもいられない状況であった事も手に取って分かる。思い思いのプラカードを手にし、中にはマルコムXTシャツを着ていた人も居た。映画Malcolm X / マルコムX (1992)』の公開はもうこの暴動が治まった1992年11月だが、映画制作から随分と話題になっていて、先に原作となっているアレックスヘイリーの「マルコムX自伝」が1988年から売り上げが300倍に跳ね上がっていたのだ。その影響も随所に映像からは伺えた。

そして映画は冒頭の1965年ワッツでのニュースに戻る。一語一句の全てが1992年のLAに当てはまった。フレデリックダグラスは「我々は現在と将来に役立つ為に、過去関係しなければならない」と語った。過去から学ばない者はまた同じ過ちを犯すという事。今、アメリカで起きている無数の無実の黒人警察の手によって殺されている事件も、あの1965年ワッツニュースを伝えるニュースリポーターとまた同じな気がしてならない。最近アイス・キューブでは映画では面白おかしくやっているが、2008年アルバム「Raw Footage」では「Why Me?」という曲で銃の被害者となった人々の事をラップしている。噂では2017年アイス・キューブ新譜が出る予定だ。今度こそ彼らの声を聞いて欲しい。しかしあの人がアメリカ大統領である限り、また過去から学ぶ事は無さそうだという絶望しか見つからないのだ。

LA 92 / LA 92 (2017)(5点満点:1548本目)

Mar 03, 17 John Lewis : Get in the Way / 日本未公開 (2015) (TV) 1526本目

John Lewis : Get in the Way / 日本未

自国の歴史すら知らないアホで間抜けな人々に捧ぐ『John Lewis : Get in the Way』

今年の1月からアメリカ大統領になった男は、ジョン・ルイスにツイッターでこう噛みついた「トーク、トーク、トーク。行動も結果もなし!」と。元々、第45代アメリカ大統領”と呼ばれている男”の事はアホで間抜けだと思っていたが、ここまでバカ無知な男だったとは腹が立ってしょうがない。「アメリカを再びグレートにする」予定の男は、そんな自国アメリカ歴史を知らない。どのようにして、また再びグレートにするつもりなのか...理解に苦しむ。

そんな自国の歴史すらしらないアホで間抜けでバカ無知な人々の為に、実にタイミング良く制作されPBSという高いケーブル料を払わずにしても、アメリカに住んでいてテレビがあれば誰でも観れるチャンネルで放送されたのが『John Lewis : Get in the Way / 日本未公開 (2015)』だ。アラバマ州の小さな町の農家に生まれ育ったジョン・ルイス。牧師になる事を夢見ていた。夢を叶えるべくテネシー州ナッシュビルにある神学校に入学した事が彼の人生を変える。マーティン・ルーサー・キング・ジュニア牧師の説教と彼が指導したモントゴメリー・バス・ボイコットに感銘を受けたルイス。その頃学生たちもキング牧師に続いて何か運動をしようと度々ナッシュビルにある大学生たちが集まっていたのだ。ジム・ローソンがリーダーシップを取り、ダイアン・ナッシュやジェームス・バベル等が居た。そこにルイスは参加するようになる。そこで彼らはシット・インという運動を始める。彼らは後の学生非暴力調整委員会(SNCC)の母体となった。それ以降、ルイスは公民権活動に積極的に参加。映画Selma / グローリー/明日への行進 (2014)』にもなった「血の日曜日」では、ルイスが殴られている映像が今でも残っているし、ドキュメンタリー映画Freedom Riders / 日本未公開 (2010)』の題材である「フリーダム・ライダーズ」にも参加して、やはり殴られ血だらけになったルイスの写真は有名だ。そしてキング牧師の「私には夢がある」のスピーチでお馴染みの「ワシントン大行進」でもSNCC代表としてスピーチしている。その後ルイスは、アトランタ代表の下院議員となり、1987年から連続で今現在も在職中だ。政治家となったルイスは休む事なく、今も様々な問題と格闘中。銃規制法案を巡ってフィリバスターしたニュースなども記憶に新しい。現在76歳。公民権運動時にはあどけなさすら残っていたルイスも、正直に書くと今はもうおじいちゃんだ。それでも彼は自国での当然の権利を求めて戦い続けている。自国で起きる問題の数々は、問題を解決する「良いトラブルだ」と言い、キング牧師の意思を継ぎ平和で非暴力の解決法を見出すのがルイス。同性愛者の権利を、そして移民たちの権利を求め、今でも歩き続けるルイスの姿をこの作品は追っている。

自国の歴史すら知らないアホで間抜けでバカ無知な大統領と呼ばれる男のツイッターが如何に恥ずかしいかを、この作品は図らずも痛烈に批判しているのだ。トランプよ、ツイッターやる時間あるなら、とりあえず自国の歴史でも勉強しようか?

参考文献

WALKING WITH THE WIND

WALKING WITH THE WIND



John Lewis : Get in the Way / 日本未公開 (2015)(4.5点:1526本目)

Mar 02, 17 Birth of a Movement / 日本未公開 (2017) (TV) 1525本目

Birth of a Movement / 日本未公開 (20

映画の持つパワー『Birth of a Movement』

黒人歴史月間になると、アメリカの公共放送PBSは、黒人関連の映画やスペシャル番組に力を入れる。その1作がこの作品。60年代から権利の為に戦う俳優ダニー・グローバーがナレーション。この作品監督は2人共白人だが、スパイク・リー軍のサム・ポラードとハーバード大学で教鞭を取る黒人歴史の権威ヘンリー・ルイス・ゲイツがプロデュースしている。

映画制作映画撮影に於けるテクニックなどで、映画史に燦々と輝く『The Birth of a Nation / 國民の創生 (1915)』。ハリウッド初のブロックバスター映画としても有名だ。監督のD.W.グリフィスは、名監督として映画史に名前を残している。しかし、この映画原作は「The Clansman(ザ・クランズマン)」。白人至上主義秘密結社クー・クラックス・クランのメンバー「クランズマン」を描いた作品なのだ。公開時は、原作と同じ『ザ・クランズマン』として公開されたが、ホワイトハウスにて初めてとなる映画上映の時に『The Birth of a Nation / 國民の創生』とタイトルを変更した。

そんな映画に待ったをかけた男が居た。ボストン在住でハーバード大学卒業ウィリアム・モンロー・トロッターだった。父は有名な軍人で、恵まれた環境で勉学に勤しんだ。ハーバード大の同窓があのW.E.B.デュボイスであり、トロッターとデュボイスは同じ女性に恋をした仲である(その女性はトロッターと後に結婚)。トロッターはデュボイスと共に「ナイアガラ・ムーブメント」を設立。それは後のNAACPとなった。ボストンにて黒人向け新聞「The Gurdian」を発行していた。

このドキュメンタリーは、そのトロッターの『國民の創生』の上映中止を求めた闘いが描かれている。

南北戦争で負けた南部連合軍に属していた男たちがテネシー州で1885年頃に立ち上げたのが、クー・クラックス・クラン(以降KKK)。黒人と白人の共和党支持者を叩きのめして白人至上主義を謳った(ここで注意されたいのが、この当時の共和党は今の共和党とは全く違うという事。奴隷解放のリンカーン大統領も共和党)。しかし10年も経たないうちに衰退。1870年頃に連邦裁判でテロリストだと判決が出た事も大きい。

しかし、彼らは突如として復活する。それは1915年、『國民の創生』が上映された時だ。野蛮でどうしようもない黒人ガス(白人俳優による黒塗り演技)は、我々の無垢なフローラを襲おうとして、フローラは自らの命を絶った...そんな鬼畜なガスを懲らしめてくれたのが白い布を被ったヒーローであるクランズマン!というのが『國民の創生』なのである。1915年2月、『國民の創生』のプレミアが行われたロサンジェルスには3000人の人々が集まったという。集まった人々は、グリフィスの斬新で素晴らしい映画テクニックに酔いしれた。そして、多くの人が白い布を手にしたのだ。

トロッターは自身の新聞「The Gurdian」にて激しく映画を批判した。実はそれよりも先に「ザ・クランズマン」が舞台化された時に、ボストンでの上演の中止を求めていた。トロッターの運動は成功を収め、ボストンでの舞台上演中止となった。1915年にボストンで行われた映画のプレミアも多くのプロテスト達が駆け付け、大混乱となった。劇場が黒人へのチケットを売らなかった事もあり、プレミアやそれ以降の上映を禁止されるまでには至らなかった。しかし、その後のリバイバル上映を禁止にさせる事には成功させた。

未だに日本では『國民の創生』について「白人の視点から描かれた」と書かれているが、正しくは「白人の差別者からの視点で描かれた」であり、肝心な部分が抜けている。白人=差別主義者ではないので。「白人の視点から描かれた」は、『國民の創生』で描かれた事を賛同しない白人に対して非常に失礼な表現である

このドキュメンタリーでとある人が言っていた。「この映画(『國民の創生』)は、決して素晴らしい映画じゃない。ただ単に豪華なんだ」と。そして別の人が言っていた。「人種ポルノグラフィー」だと。

『國民の創生』制作&上映から100年もの時を経た今... 映画が持つパワーは失われてはいないが、映画自体の使い方が進歩し、少しは映画も人も成長したと思わないだろうか?

Birth of a Movement / 日本未公開 (2017) (TV)(1525本目:4点)