Hatena::ブログ(Diary)

ダイエットに挑戦♪な日々

2014-01-06

公務員の副業は法律的にOK?

公務員って副業をしていいの?との多くの声を請けまして

こちらのサイトでは公務員が副業をするのは法律的に可能なのか調査をしました。

また、公務員に人気の高い副業やおすすめの副業を紹介しているので

是非こちらのサイトを参考にしてください。

公務員 副業に興味がある方にぜひ読んで頂きたいです。

公務員であっても一人間であるのに副業を禁止するというのは

職業選択の自由に反しているのではないか、と考える方も多いはずです。

ですが、職業選択の自由が定められている同じ憲法内で公務員

国の下で働くという特殊な職ということで

いくつかのルールを定められているのです。

公務員の方々にとったらこれからどんどん生きにくい世の中になっていくことでしょう。

また、公務員に与えられていた特権の数々も見直され始め

一般の企業に働いている人と大差が無いといえるほどになりました。

それどころか公務員というだけで特権を振りかざしていた時代の

イメージから毛嫌いする国民が増えているので

気づかないうちにじわじわと肩身の狭い世の中になってきています。

簡単に言えば、「公務員としての信用を失墜させたり

秘密を漏らしたりしてはいけない。」「職務に専念しなければいけない」

営利企業への従事を制限されなければならない」ということです。

さらにわかりやすく説明すると、副業によって公務員の信用を失墜させたり

通常の職務に支障をきたすようになってしまったり

(職務中の副業はもちろんですが、副業によって

睡眠時間等が削られて職務に支障をきたすなども含む)、公務員であることを利用して営利目的で企業へ従事したりしないように、と定められた法です。

もちろん、どんな決まりごとにも例外があるのと同じように

この法律にも例外があります。

禁止されているような内容の副業でも所轄庁の長の申し出により

人事院から許可をもらえたり任命権者から許可をもらえれば

例外として副業が認められることになっています。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/blog9867/20140106/1389002389