Hatena::ブログ(Diary)

ArtLaB

2017-12-06

LPが届いた!!

f:id:blog_artlab:20171206184640j:image





ArtLaB007〜012ですが、当初は1年1作くらいのペースで

順番にリリースしていこうと考えていましたが、

既に完成しているものを出し惜しみするのも変なので

今年リリースとなりました。

014までの内容も概ね決まっていますが、

2020年くらいまでにはリリースできればと考えています。

https://yuzosuzuki.bandcamp.com



015以降ですが、とりあえず015は

1st Camouflageのセルフリミックスアルバムということで

RECAMOUFLAGEというタイトルになる予定です。

001をLP化して、LPからセルフサンプリングするような感じで

リミックスしたら面白いのではないかと考えています。

https://yuzosuzuki.bandcamp.com/album/camouflage



全ての予定は未定です。

当面は過去作のLP化を順次進めていきます。



2017年の私からの報告は以上です。

2017-12-04

冷たいアイスを食べながら

温かい珈琲を飲む



迷ったら捨てる

1個買ったら10個捨てる



自分にとってのLPで音楽を聴くことのメリットの一つは

Macの電源を入れなくても音楽が聴けること



starwars

1話も見たことがなかったので

12/15の公開にあわせて過去7作を観てみることに

May The Force Be With You



ArtLaB011 CELESTIAL GARDENのLPプレスが仕上がったらしい

2017-12-03

超三部作『超宇宙史原論


ArtLaB012 SUPER DIMENSION UNIVERSE


01. OO:Ⅳ Ⅱ (24:00)



ArtLaB013 SUPER DIMENSION UNIVERSE


01. 翳 声 音 双 重 (24:00)



ArtLaB014 SUPER DIMENSION UNIVERSE


01. 静 音 鳥 楽 (24:00)

2017-11-30

今年もあと1ヶ月というわけで、

早速、ArtLaB011 CELESTIAL GARDENのLPプレスへ

https://yuzosuzuki.bandcamp.com/album/celestial-garden



曲数分数の関係から2枚組になる

011/010/008からまずはプレスしていき、

その後、1枚で収まる001/002/003/004と続く予定。

(両面で8曲までなので001は2曲差し引く)

予算の関係もあるし、一作ずつ過程を楽しみながら

やっていきたいので、今年から来年いっぱいくらいにかけて

7作をプレスしていけたらと考えています。



ArtLaB011 CELESTIAL GARDENのLPプレスのためのデータ入稿案


片面20分以内に収まるように以下のような

割り振りでの2枚組


片面3曲づつで、アルバムの展開的にもちょうど良いところで

切り替わるように割り振れたので満足



A

01.雷篝鳥滅(6:15)

02.GAISSA(4:15)

03.HORA(4:00)

total 14:30



B

04.ULTIMA THULE(10:15)

05.KIVI(4:10)

06.CRIMSON FIRE(2:40)

total 17:05



C

07.CELESTIAL GARDEN(2:10)

08.HYETOS/HIEMS(5:00)

09.SENTA(5:00)

total 12:10



D

10.NEMUS/MUSCUS(2:50)

11.VERNA(4:30)

12.徴は至る所に(1:25)

total 8:45

2017-11-29

akariの一件

そもそも間接照明を置かなければ

全て解決するという結論に。



今年はLPを再開し、

家にあるcd/dvd/書籍を全て売り払った。

できれば来年くらいに今あるiMac

現行のMacBookProにリプレイス

しようと考えていて、そうするとcdやdvdを再生する

装置が家になくなるという理由から。

自分にとって音楽はLPもしくはApple Musicで十分。

CDのみでのリリースしかないものに関しては

もう聴くのは諦めることにした。


所有していたダウンジャケットやコート類を

全て売り払い、ユニクロシームレスダウンにリプレイス。

10年くらいかけて断捨離してきたものをさらに断捨離して

いらないものはどんどん手放していく。