クッキーと紅茶と(南京事件研究ノート) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005-03-03 [南京事件]勝谷誠彦氏はなぜこんな愚かな文章を書いたのか? このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

結局2月は仕事インフレエンザで終わってしまいました。

さて、たまたま目にした勝谷誠彦氏の文章に関して、多少の考察。


勝谷誠彦氏が「SPA」05年3月8日号の巻頭頁にて、「大地震と南京事件」と題したコラムを発表している。リードには「津波の犠牲者30万人。同数の遺体を南京市内に埋めたらどうなるか?」とある。

勝谷氏の発言を引用する。

南京市の城壁は総延長34キロ。数キロ四方の街の中にスマトラ沖地震で生じた遺体全てを入れたらどうなるか。それこそ枡に遺体を盛ったような状態であり、それが事実であれば前代未聞の光景としてその様子はもっと世上に流布したであろう。

以上、遠慮がちに言ってみた。読者諸兄の想像力を喚起するためである

これは旧東京市内で30万人死んだとして、山手線の中に30万人遺体を入れたらどうなる?と述べているのに近い。旧東京市には隅田川河畔もあれば荒川河畔も佃島も大森区・蒲田区もある、それらを無視して「どうなる?」と問いかけているのに等しい珍妙な話だ。


エントリーでは、基礎知識を確認した後、勝谷氏の発言の珍妙さを指摘し、なぜこのような発言がなされたか推論する。




はじめに;基礎知識

(1)当時の「南京市」の空間範囲

このサイトに略図があります。

http://www.geocities.jp/yu77799/jinkou.html

京城の数倍の面積があります。

(20:45補足 当時の南京市は、南京城の内側である城内地区、下関など南京城に隣接した城外地区、さらに3つの郷区(燕磯区、孝陵区、上新河区)で構成されています。決して南京城の内側だけが南京市ではない)

(2)中国の言う「虐殺事件」の空間範囲

南京軍事法廷で中華民国側が「虐殺が行われた」と主張した地点は、このサイトを参照。

http://www.jca.apc.org/JWRC/exhibit/China23.HTM

上で紹介した「南京市」のほぼ全域に重なります。

とりわけ、13カ所の大規模虐殺地点が掲載されていますが、そのうち12カ所が南京城の外側です。

(3)中国の言う「埋葬地点」

南京軍事法廷で中華民国側が「虐殺が行われた」と主張した地点は、このサイトを参照(注;ここでは主な2団体の埋葬表を紹介。この他南京市衛生局、紅十字など中小規模の埋葬記録あり)。

http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/maisou/koumanjikai.html

http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/maisou/suzendou.html

城内埋葬数よりも城外埋葬数のほうがずっと多い。城内約1万体に対し城外約14万体。これら以外に、日本軍が揚子江に流したというのが中華民国(南京法廷)の主張。

おさらい。

・南京市の空間範囲は南京城内よりずっと大きい。南京城の内側は南京市の一部にすぎない。

・中国側は、虐殺が南京城の内側だけで行われたと主張していない。

・中国側は、埋葬の大部分が南京城の外側で行われたと主張している。


本論;勝谷氏の発言の珍妙さ

南京市の城壁は総延長34キロ

「城壁の総延長34キロ」自体は事実

ところが、城壁は南京市内と南京市外を区切る境界ではない。南京城内は南京市の一部にすぎない。南京市の城壁という表現は適切とは思えない。普通は「南京城の城壁」と書くところだし、「南京市」という表記にこだわるなら「南京市内にある城壁」と書くべきだ。

しかし、そもそも南京城の城壁の長さを持ち出すのは、限りなく無意味に思える。

「数キロ四方の街の中にスマトラ沖地震で生じた遺体全てを放り込んだらどうなるか。それこそ枡に遺体を盛ったような状態であり、それが事実であれば前代未聞の光景としてその様子はもっと世上に流布したであろう。」

数キロ四方の街=南京城内=南京市の一部でしかない。

しかも中国(南京軍事法廷)の提出した資料では、大部分が城外で埋葬したとある。

つまり、京城内に20万30万の遺体を放り込むというシミュレーション自体、中国の主張の真偽の検証にはまったく意味をなさない。

以上、遠慮がちに言ってみた。読者諸兄の想像力を喚起するためである」

どうみても間違った方向に喚起していると思う。


まとめ;推論

勝谷氏の発言がなぜこのような可能性になったのか、考えられる可能性は2つある。

【可能性その1】

勝谷氏は、「南京市は南京城よりずっと広い」「虐殺地点は南京市全域」「埋葬の大部分は城外」という基礎知識がなかった。

基礎知識を欠いたまま「読者諸兄の想像力を喚起」すべく「シミュレーション」を提示した。しかし基礎知識を欠いていたため、結果として的はずれのシミュレーションとなった。

この場合、勝谷氏は愚かだというしかない。

さらに、結果として「印象操作」がなされたと言えるだろう。

【可能性その2】

勝谷氏は、「南京市は南京城よりずっと広い」「虐殺地点は南京市全域」「埋葬の大部分は城外」という基礎知識を知りつつ、あたかも南京市=南京城内、虐殺地点おか=南京城内、埋葬=南京城内というモデルを前提に、「読者諸兄の想像力の喚起」を試みた。

この場合、確信犯的な「印象操作」が行われたと言える。

そのような印象操作を確信犯的に行った勝谷氏は、やはり愚かだと思わざるをえない。


どちらの場合であっても、勝谷氏の責任、そして掲載したSPA編集部責任が問われるのは避けられないように私には思える。

ちなみに、私は30万人説を支持する者ではない。犠牲者の数は検証困難だと認識している。

bluefox014bluefox014 2005/03/04 13:17 上のエントリー、緊急エントリーという感じで取り急ぎ書いたという感じです。いろいろ補論として思いつくことはありますが、まとまり次第本欄や別エントリーにて発表します。

bluefox014bluefox014 2005/03/04 13:29 まず補足したいのは、勝谷氏が秦郁彦「南京事件(中公新書)」笠原十九司「南京事件(岩波新書)」の2つの概説書どちらかを読んでいれば(ちなみに秦氏は「つくる会」メンバー)、「殺害・埋葬の多くが城内ではなく城外である」という、この事件の「基礎知識」を知ることができたはずなのに…という点です。
この程度の基礎知識を知らない一方、南京城の城壁の長さを知っている、ということは彼は南京事件について何か読んでいると思われます。読んでいるはずなのに基礎知識を知らないで発言している、これはいったいどうしたことかと。

bluefox014bluefox014 2005/03/04 19:28 南京市の空間範囲について、リンク先の地図だけでは不十分かもしれません。若干補足します。
当時の南京市は、南京城の内側である城内地区、下関など南京城に隣接した城外地区、さらに3つの郷区(燕磯区、孝陵区、上新河区)で構成されています。

しかし、勝谷氏のコラムではこのうちの「南京城の内側(城内)」だけが南京市であり、南京事件の舞台であるかのような空間概念のすり替えが行なわれているわけです(リード文と本文との呼応関係に注目。実際は南京市の一部なのに、リード文の「南京市」という表現は明らかにすり替え)。

名無しさん名無しさん 2005/03/05 00:04 _

 勝谷氏にはこのHPからメールを送れます。
http://www.diary.ne.jp/user/31174/
 スマトラの地震と比較して南京大虐殺の30万という数字を持ちだす。
 つまり短期間に殺傷したというなら、それこそ小林よしのりが言い出した「原爆を落とさない限り無理」なんですがね。
 ラジオでは送られたメールには絶対に返事を出すと言っておりましたが、さてさて?

_

カッツンカッツン 2005/03/05 01:18 >それこそ小林よしのりが言い出した「原爆を落とさない限り無理」なんですがね。

無理だという根拠を示さずに、勝手に無理だと断定したところでただの決め付けでしかない。10万人規模の日本軍が侵攻して、6週間で30万殺すのが無理という根拠あるの?

あのあの 2005/03/05 01:22 勝谷が言ってるのは30万体の死体をめぐる話だ。30万人殺せるかという問題提起はSPA記事ではやっていない。SPA記事と直接関係のない論点は他の場所でやらないと収拾つかないぞ。

bluefox014bluefox014 2005/03/05 03:44 ブログ主です。当欄では、勝谷氏のSPA!記事内容とは直接関係ない「南京事件論争」はご遠慮ください。勝谷氏の発言そのものに関連ある事項に限定していただくようお願いします。

clawclaw 2005/03/05 05:38 「南京大虐殺なかったで厨」のバイブル(「コピペ元」の意味)であるグース氏のサイトでは、こんな記述が。

>南京の人口といった場合、通常は「南京市」の人口を指します。南京市とは「南京城」とその周辺地区(郷区)を含んだ地域で、城と周辺地区を合わせて「南京城区」と呼ばれています。南京城とはその名の通り周囲を城壁で囲まれており、その総延長は山手線に匹敵するといいます。総面積は「約40平方キロ」、これは鎌倉市の面積に相当し「世田谷区の80%」とほぼ等しいということです。計算上約6.5キロ四方ですからさほど広大な面積ではなく、城の中には山があり、飛行場ありといった感じですから居住面積は意外と限られていると考えてよいでしょう。
>中国が「30万〜40万虐殺を主張している範囲」は、概ねこの範囲です。死体の埋葬場所に城外も含まれるという理由と、幕府山(南京城から4キロ程度)事件などがあるため、虐殺範囲は城内に限られませんが、南京城内にいた住民だけで、20万程度は殺害されたというのが中国側主張ということになります。

・・・ですってさ(@∀@)
どうやら何かネタ本があると見えますね。

clawclaw 2005/03/05 05:58 これかな?

http://www.geocities.co.jp/CollegeLife/7154/12-2.html
>昭和12(1937)年12月8日、南京が陥落する5日前の日、重要な決定が2つ出ます。
>まず城門が全て閉門されます。
>南京の城壁は東京の山手線と同じ34キロなんです。

・・・え、誰の言葉かって?

>東中野 修道 亜細亜大学教授

(@∀@)

愛知ら愛知ら 2005/03/05 07:00 勝谷誠彦氏は無関心で居るな。
大事な問題だから疑問に思ったら自分で調べろって言ってるんですよ。
奴は南京の城壁の長さを調べるぐらいだから、中国の言い分も当然知ってますよ。
おそらく確信犯だと。

pippopippo 2005/03/05 21:58 ところで、東京の山手線の内側の中間人口(或いは夜間人口)は、何百万人だろうか? 山手線の内側に30万人の死体を「放ったら」「枡に遺体を盛ったような状態」に、本当になるかしら? 因みに概算してみます。

周34キロの円なら直径約34÷Πキロ、
その面積は(34÷Π÷2)×(34÷Π÷2)×Π=(17×17÷3.14)平方キロ=92平方キロ=9千2百万平方メートル
つまり、死体一体あたり
9千2百万平方メートル÷30万人=約300平方メートル
およそ100坪当たり死体1体です。

とうてい、「枡に遺体を盛ったような状態」にはなりません。

※「枡に遺体を盛ったような状態」とは、城門の外の堀にうず高く死体を積み上げてつくったといわれる「死体橋」を連想させる表現です。「死体橋」があったか無かったも、論争の種だったかと。

また因みに、3月10日の東京大空襲では、
40平方キロの逃げ出せない絨毯爆撃で、10万人以上が殺されました。

pippopippo 2005/03/06 10:59 全周34キロの円は、最大の面積を得る形です。同じ全周でも形が変われば勿論、面積は変わります。
南京城域を地図で見ますと、
http://www.geocities.jp/yu77799/jounai.jpg
城壁を紐のように膨らませて円をつくってみると、実際の地形の倍くらいになりそうです。すなわち、面積は円であったときの半分くらいでしょうか?
そうすると、
総面積は約46平方キロ、1死体あたり約50坪になります。

名無しさん名無しさん 2005/03/06 22:39 _

 たかじんのなんでも言って委員会での放送からちょいと前の資料を見ていたのですが。こんな一文が。

「南京大虐殺」本で名誉毀損、中国人女性の勝訴確定 (読売新聞)
http://www.asyura2.com/0502/war66/msg/570.html
>正式な命令のないまま強行された南京攻略は、日本国民の期待とあいまって、一二月一日正式に決定された。南京の特別市の全面積は東京都、神奈川県及び埼玉県を併せた広さで、一一月末から事実上開始された進軍から南京陥落後約六週間までの間に、数万人ないし三〇万人の中国国民が殺害された。

 これは地裁の判決文で、最高裁でこれが認められたかどうか調べられなかったのですが。最高裁で訂正がなかったら国が南京特別市の広さと被害を認めたことになりますな。

_

bluefox014bluefox014 2005/03/07 00:08 >名無しさん
念のために申し上げると南京市≠南京特別市、です。特別市は南京市より数段大きな空間範囲をもちます。

bluefox014bluefox014 2005/03/08 02:33 >pippoさん
コメントありがとうございます。作成中のレスを明日書き込むつもりです。

十条十条 2005/03/08 13:57 >グース氏のサイトhttp://www5b.biglobe.ne.jp/~nankin/page003.html
これもひどい印象操作してますね。』

名無しさん名無しさん 2005/03/08 23:01 _

 グースのHPにも掲示板があるのですが。
 都合の悪い質問が来ると返答済みだとか言って掲示板から書き込みを消すという、無敵君ぶりをさらけだします。

_

bluefox014bluefox014 2005/03/09 00:31 >十条さん
重複投稿をひとつ削除しました。

bluefox014bluefox014 2005/03/09 00:35 >pippoさん
レス遅れて申し訳ありません。立法米ではなく平方米で計算しても同じ結論のようですね。
「立って半畳・寝て一畳」というか旅館の大部屋の就寝時のように死体を一畳ごとに並べると、30万体でも30万畳=15万坪=50万平米=50ヘクタール=0.5平方キロしか面積を占めないのです
ね。だから、この程度の量では到底「枡に盛った状態」にはなりえないわけで、もともとの「勝谷流たとえ」自体が極めて稚拙なのは確かだと思います。

「東中野流」については、あらためてエントリーを考えます。

bmwbmw 2005/03/10 13:15 簡単にいえば、東京ドーム6個分で33万人収容できますね。不謹慎な感じもしましたが計算すると、
(1) 東京ドームの収容人数は55000、建築面積 は46,755平米ですから6個で330000人収容できます。6個分は530メートル四方で、山手線の内側はその250倍の広さです。でもこれは座った状態でやや窮屈です。
(2)ドア(90x180cm)。ドア30万枚の面積は486000平米で、およそ697メートル四方で、山手線の内側はその144倍の広さです。遺体は戸板に載せるのにぴったりです。
もしどうしても積み重ねて山盛りにしたいというなら面積はさらに狭くなりますね。

Connection: close