BLUE SAPPHIRE このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-02-03 Sun

乳穂ヶ滝

[]西目屋・乳穂ヶ滝結氷

青森県津軽郡西目屋村の乳穂ヶ滝(におがたき)が結氷しています。

堀 清戸さんの乳穂ヶ滝結氷: 津軽便りを拝見し、見たい気持ちが抑えられず出かけてきました。堀さんの記事によれば、結氷したのは先月27日のことだそうです。

滝の入口には鳥居があり、日の丸が掲げてあります。本来は鳥居の向かいに駐車場があるそうですが、現在工事中で利用できません。その代わり、鳥居手前の路肩に停められるようにスペースが設けてあります。

f:id:bluesapphire:20080202210955j:image

鳥居をくぐると、杉の巨木が堂々とそびえ立っており、巨木の間から結氷した滝の姿を見ることができました。

f:id:bluesapphire:20080202210957j:image

鍾乳洞の入口のような場所に、真っ白く凍った滝の柱が立っているという印象です。近付いて見上げてみると、そのスケールの大きさに改めて驚かされます。訪れた時は青空も顔を覗かせ、光を浴びて氷の柱は一段と輝きを増しました。

f:id:bluesapphire:20080202210956j:image

よく見ると、太くて真っ直ぐな糸を束ねたような凍り方をしていました。滝の向かいにある杉の巨木も真っ直ぐに伸びています。

滝の氷柱も杉の巨木もお互いに真っ直ぐに立っていて、そのシンクロナイズドされた様子がとても興味深く感じられました。

f:id:bluesapphire:20080202210945j:image

滝を囲むような通路を進むと、不動尊が安置されています。見事な自然の造形に人間はただ驚くばかりです。

入口に書かれていた乳穂ヶ滝(におがたき)の由緒を記しておきます。

正面を仰ぐと岩が裂けたような状態で、高さ33メートル(古記では10丈)、幅10メートル弱(同5間)の滝がさらさら雨が降るように落ちる。その岩下に不動尊がまつられ、N状に橋が架けられ、容易に参拝できるようになっている。元来、この不動尊御堂は建立不明とされている。

この滝が古来から津軽の作物占いにされた古事から始まり有名になったが、藩政時代には津軽藩主が、その氷塊を正月の厳寒期に特命使者を遣わして検見させ、豊凶の手がかりとし、民間では旧正月17日その氷を参拝後持ち帰って病人に与えると、ふしぎにも快癒したという。したがって豪雪をついて津軽中の信仰者が集まり、現在でもその風習が続いている。

目屋観光協会

行き方は、弘前市内から西目屋村方面に進み、白神館の前を抜け目屋橋を越えると、まもなく左手に鳥居が現れます。鳥居の奥に滝があります。

個人的なことですが、今回西目屋村を訪問し、青森県内すべての市町村を訪問したことになりました。

堀 清戸堀 清戸 2008/02/02 22:09 乳穂ヶ滝、奥の方まで行かれたのですね。
私は、滑りやすい靴だったので断念しました。(残念)
昨日の夜からライトアップも始まっているそうです。
私が行ったときは、道路沿いのすぐ近くの木で野生の猿が3匹木の芽を食べていました。
上も見て歩くと、猿がいるかもしれません。

ESEESE 2008/02/02 22:45 お久しぶりです。ESEです。
パフェの記事から始まり今日の記事を見て完全復活なされたんだなっと思い、コメントさせていただきました。人生色々です。私がBLUE SAPPHIRE さんに啓発されているのと同じようにBLUE SAPPHIRE のブログから力をもらっている方ってきっとたくさんおられると思いますよ。

サファイアサファイア 2008/02/03 08:34 堀さん、滝の奥まで行ってきました。
普段青森で履いている靴でしたが、問題なく奥まで進めました。
地元の方が、滝に至る道と滝を囲む通路を丁寧に作っておられました。ありがたいことです。
ライトアップの準備、ありましたね。
木の上にはサルですか。さすが自然がいっぱいの西目屋ですね。

サファイアサファイア 2008/02/03 08:46 ESEさん、こんにちは。
この度はいろいろご心配をおかけしました。
あまりプライベートなことは書かないようにしているのですが、さすがに今回の件は精神的にこたえました。
おかげさまで、気持ちも明るくなりました。
当ブログを見て啓発して頂けるというのは、筆者として大変嬉しく存じます。
仕事が忙しくなったのでブログの更新は減りますが、たまにご訪問頂けたらと存じます。

tagutagutagutagu 2008/02/03 22:14 今晩は〜、
サファイアさん、青森の全市町村を踏破してしまいましたね!
その凄いフットワークに感服です。
しかしこのブログを見ただけでも「乳穂ヶ滝」神々しいと言うか、神聖な感じを受けてしまいますが、、、、
私も是非行ってみたい場所です。

サファイアサファイア 2008/02/03 23:47 tagutaguさん、遂に全市町村を訪問してしまいました。記事になっていない町も多いですが、どういう所か説明することはできますよ。
フットワークの軽さは売りですが、さすがにガソリンが高いので、遠征に躊躇することも多いです。
こちらの滝は確かに神聖な感じがしました。
なかなか行ける場所ではないと思いますので、雰囲気が伝わって嬉しく思います。

わかわか 2008/02/20 21:47 はじめてコメント致します。
乳穂ヶ滝を検索しておりましたら、
こちらのブログにたどり着きました。
こんな風に凍り付くことに、とても驚きました。
先週この滝をビデオ撮影してきましたので
宜しかったら訪問下さい。
「市民テレビ」と検索いただければ
最初にヒットすると思います。
突然の訪問失礼致しました。

サファイアサファイア 2008/02/21 08:05 わかさん、はじめまして。
乳穂ヶ滝を検索されたら、こちらの記事にたどり着かれたとのこと、大変光栄に存じます。
滝が凍るというのは、私も驚きました。見事な自然のアートですね。
わかさんのビデオも早速拝見しました。滝周辺の雰囲気がよく伝わってきます。プロ並みの編集もなされていて、見事な映像作品だと思います。
http://www.citv.org/
一応URLも書いておきます。ご紹介ありがとうございました。

Sadistic YUKISadistic YUKI 2011/03/23 12:23 今年見に行ったら・・・・折れてました(笑)

サファイアサファイア 2011/03/23 13:11 Sadistic YUKIさん
今年は結構寒くて、結氷確実と言われながら敢え無く折れましたね。残念でした(笑)
完全に滝が凍るのを見るのは案外難しいのかもしれませんね。