BLUE SAPPHIRE このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-07-02 Wed

[]青森グルメの最高峰・寿司一 (1)

青森グルメの最高峰、「寿司一」を紹介しましょう。「寿司一」の鮨のレベルは間違いなく全国区。銀座の名店の味に全く引けを取らないと言われています。

店主の鮨に対する姿勢は真剣そのもの。素材に対する目利き、鮨を握る技、鮨のすべてに一切の妥協を許さない本物の鮨職人の姿を見ることができます。本物の鮨の世界を青森で堪能できることに、ただひたすらに感謝したい。

f:id:bluesapphire:20080704012022j:image:w300

青森港のほど近く、本町のはずれにひっそりと暖簾は掲げられる。入口の佇まいは素朴の一言。禁欲的な外観から否応なく緊張に襲われる・・・。

店の中に入ると、これまた素朴な雰囲気で、つけ場を囲むようにわずか八脚の椅子が置かれるのみである。

先に価格のことを少し申し上げると、一流のネタ、一流の仕事、贅を極めた鮨を堪能できるお店ということで、潤沢な資金を持ってお出かけ下さい。

以下料理の紹介は、供されたものの一部に留めることにします。こちらの鮨の写真を堪能したい方は、「食べログ」記事をご覧下さい。

最初にビールを注文し、しばし肴を楽しむことにする。

f:id:bluesapphire:20080704011318j:image:w300

ウニとカニ身を蒸したもの。ウニの旨味とカニの旨味が渾然一体。贅沢極まれる前菜である。

f:id:bluesapphire:20080704011326j:image:w300

夏の風物詩じゅんさいを三杯酢で頂きます。爽やかな酸味と共にツルツルとした食感が心地良い。

f:id:bluesapphire:20080704011325j:image:w350

以下握りを紹介してみましょう。こちらはヒラメ江戸前らしく煮きり醤油で供される。大きすぎず小さすぎない美しき流線型。魚本来が持つ甘味と旨味がフワリと広がる。

f:id:bluesapphire:20080704012750j:image

マグロの赤身。鮮やかできめの細かいマグロ。食べるのがもったいないくらい美しいです。素材へのこだわりを感じる一品でした。

f:id:bluesapphire:20080704011323j:image

今の季節はシャコ(ガサエビ)が美味しい。旨味たっぷりで大好きな鮨ネタです。後ろにホタテが見えていますが、あえて紹介はしないことにします。

お店の紹介は、次回に続きます。

 

寿司一

青森市本町4丁目4-15

017-773-3835

18:00〜翌1:00

日曜・祝日休

f:id:bluesapphire:20060717072144g:image

完全禁煙

Connection: close