BLUE SAPPHIRE このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-02-09 Sat

[]青森・ひらこ屋の「らうどん」

青森市新城にある「ひらこ屋」の冬季限定メニュー「らうどん」。さくらさんの記事(2012/12/02)を拝見して以来、ずっと食べたいと願っていましたが、ついに食べることができました! ラーメンでありながら、うどんのような風味も楽しむことができる絶品です。2月末までの限定メニューとなっています(1日30食限定)。

f:id:bluesapphire:20130208192633j:image

「らうどん」が目の前に現れると、鰹の香ばしい匂いが鼻をくすぐります。表面に魚粉が浮くほどに魚介系出汁が良く効いており、スープをすすれば何とも絶妙な旨みが口いっぱいに広がります。

湯葉の包み揚げに桜エビ、くるりと巻いたホウレン草、ざく切り玉ねぎ、刻みネギ、ナルト、海老出汁味玉、豚バラの角煮。バラエティ豊かなトッピングが色彩的にも美しく盛り付けられています。

湯葉の包み揚げはスープを吸って味わい深く、桜エビの香ばしい風味は魚介スープとの相性が良く、ホウレン草の軽い苦みはちょっとしたアクセント、ざく切り玉ねぎの甘みはスープを一段と引き立て、ナルトはラーメンのド定番らしく、刻みネギはラーメンにもうどんにも合う完璧な美味しさ、海老出汁味玉は海老の旨みに思わず唸り、豚バラ角煮の柔らかさと奥深い旨みには完全に脱帽です。一つ一つのトッピングはそれぞれに個性的でありながら、スープと麺との相性はまさに絶妙。テーマパークのアトラクションが次々と現れるような、驚きと感動の連続、連続、連続です。

f:id:bluesapphire:20130208192634j:image

「らうどん」を「らうどん」たらしめるのは、うどんと見紛(みまが)うばかりのコシの強さと喉越しの良さを兼ね備えた麺。北海道産小麦の豊かな風味が生きています。この存在感抜群の麺は、絶妙な旨みを誇るスープとバラエティ豊かなトッピングと一体化して、まさに「らうどん」になるのです。

「らうどん」の美味しさを無我夢中で味わっているうちに、無情にも「らうどん」との語らいの時間は過ぎてしまいます…。来年もまた「らうどん」に会えることを楽しみにしています。

青森の地に「らうどん」あり。もはや伝説の美味しさと言っても良いでしょう。。。

 

ひらこ屋

青森県青森市新城山田588-16

017-787-0057

10:30〜21:00 (スープなくなり次第終了)

火曜休 (祝日の場合は営業)

 

<余談> 雪深いこの季節、雪の壁で「ひらこ屋」を見つけることができず、思わず通過してしまいました(バイパスの車線が増えて流れが良すぎなのも一因)。一度通過すると、復旧に苦労します(笑) 某素敵女子○おちゃんは、「ひらこ屋」に入ろうとして間違えて「空海」に突入したという噂。信号交差点の角に位置するので、信号交差点を目印にしましょう。