BLUE SAPPHIRE このページをアンテナに追加 RSSフィード

2014-02-24 Mon

[]海鮮創作 海坊厨(うみぼうず) (1)

青森市古川にある「海鮮創作 海坊厨(うみぼうず)」で頂いた、ある日のコースメニューを紹介します。裕ちゃんがすでに記事にされている料理と同じものです。過去記事(2008/04/07)を書いた時より移転して、現在はニコニコ通りに面した場所にあります。店内は明るい雰囲気で、訪問した時もワイワイと賑わっていました。

「海鮮創作 海坊厨」は、和洋様々なテイストを活かした創作料理で楽しませてくれるお店。新鮮な素材を惜しみなく使っているので、味わいも抜群です。コース料理を選択すると、価格以上のボリュームで圧倒されてしまいます。

こちらのシェフは、たかぎなおこさんの『浮き草デイズ』で紹介されたことから、ファンの間では大変有名な方。知る人ぞ知るフレンチトーストは、前日までの要予約となっています。

f:id:bluesapphire:20140224151303j:image:w450

最初に登場したのは、カリフラワーのペーストで作ったクラムチャウダー。カリフラワーの優しい甘みと、アサリの旨みが口の中で溶け合います。グリッシーニ(棒状のクラッカー風パン)を添えてあるのもオシャレですね。

f:id:bluesapphire:20140224151304j:image:w450

続くは、前菜の盛り合わせ。茄子のタルタルとイクラの橙ゼリー、真つぶの肝和えぬるぬるシャーベット(昆布のシャーベット)、干し大根のビールピクルス、胡瓜の糠漬けピクルス、子和えのテリーヌ、鮮魚のカルパッチョ。モリモリと盛り合わせてあるので、酒飲みはこれで十分…かもしれませんね。お酒との相性も考えて、色あい的にも味わい的にも多彩な前菜です。

f:id:bluesapphire:20140224151306j:image:w250

特に美味しかったのが、茄子のタルタルとイクラの橙ゼリー。焼き茄子の香ばしい風味と甘みが利いたペーストに、旨みタップリのイクラがプチプチと優しく弾けます。ジュレが瑞々しく輝いて、見た目も鮮やかな逸品です。

f:id:bluesapphire:20140224151305j:image:w350

真つぶの肝和えぬるぬるシャーベット(昆布のシャーベット)。真つぶの旨みと磯の香りがシャーベットで楽しめるのですが、昆布を活かした不思議なヌルヌル感が何とも心地良いです。この驚きの食感と美味しさは、創作料理の醍醐味ですね。

料理はまだまだ続きます。

 

f:id:bluesapphire:20140224151325j:image:w200:left

海鮮創作 海坊厨(うみぼうず)

青森県青森市古川1-3-12

11:30〜15:00

17:00〜23:00

日曜休