いつも月夜に本と酒

2017-04-19 「ツンデレベートさんちぃーす!」

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア8」大森藤ノ(GA文庫)

| 17:52

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア8 (GA文庫)

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア8 (GA文庫)

「言っただろ、雑魚は足手纏いだってな」

ベート・ローガ。【ロキ・ファミリア】の中でも過度なほど実力主義を謳う一匹狼。 人造迷宮撤退を受けて死者にさえ嘲笑を向けたベートは派閥から孤立するが……

「いたぁー! ベート・ローガ!」

突如アマゾネスの少女レナから猛烈な求愛により、なし崩し的に同居生活が始まってしまう! 戸惑うベートだたが、彼女との交流が『牙』にまつわる記憶を喚起させ、己の過去と向き合うことになる。

一方、その裏で静かに暗躍する死神の眷族達。仲間を奪った凶刃が今、再びベートのもとに迫ろうとしていた――。

これは、もう一つの眷族の物語 ――【剣姫の神聖譚】――



予告通りのベート回。

出会った不幸な少女を守る為、ぼろぼろになりながら勝利を掴む。いつもはベル君がやる役をベートがやる外伝8巻。合間で過去が語られていくのが外伝仕様。

二度も“家族”を失う憂き目に会い、失うことを過度に怯えたまま戦う強さだけを手に入れてしまった哀れな子犬。そんなイメージを受ける生い立ちに、ベートを見る目が変わった……ところも無きにしも非ずだけど、「やっぱこいつ嫌いだわ」という結論に達した。彼は「第一印象は大事」という事と「どんなに好きな作品でもキャラクター全てを好きになれるわけではない」という事を教えてくれました。まあ当たり前のことなんだけど。何せ今回のヒロインのレナは、途中まで何らかの復讐のために近付いてきたんだと思ってたくらいだからなあ(苦笑)

彼の性格と叱咤の意味での罵倒は理解したが、それが不器用で済む問題とも思えないし、弱者を笑いものにした過去は消えない。団員同様「ツンデレさんちぃーっす」くらいの扱いで十分だ。

ベルが主人公の時と同じくらい熱い物語ではあったと思う。でも主人公が違うために大きく印象が違った、悪い意味で。直前が大好きなリューのエピソードだったの災いしたかな。