Hatena::ブログ(Diary)

若かった/バカだった

2015-04-30

GM Vietnam 悦楽編

19:16 | GM Vietnam 悦楽編を含むブックマーク

またもや一行は統一鉄道に乗り、今度は17時間かけて北はベトナム首都ハノイへ。


14時12分ダナン発の列車に乗り込む。おおっ、サイゴンからダナンまでの車両より広いじゃないか!優雅な気持ちで席に着くなり3人さらさらシートで顔なり体なりを拭いていると、後ろからトントン。にこやかなジェントルメンが英語で「それ僕たちにもくれない?2シート!」。よっぽど気持ち良さそうに見えたんだね。


何せ17時間乗っているので途中何度か停車し、大勢が乗り降りする。その度

「ここは私の席だよ」

「いや私もこの席だよ」

らしきやりとりが見受けられ、私たちもおばちゃん軍団に

「あれ〜ちょっと乗車券見せてよ」

的なことをジェスチャーで言われてわたわたしていると、後ろのジェントルメンが仲介に入ってくれて、よく分からないけれどよしなにしてくれた。さらさらシートが紡いだペイフォワードだ!それちょっと違うけど、ありがとうって思います。まあさらさらシートは私のじゃないけど。じゅりちゃんのだけど。


前回の移動と大きく異なること。

それは通路に人が寝ていないことだ!

ちょうど南ベトナム解放40周年で国民全体が連休中&ダナン花火大会初日ということで今回の方が混雑が予想されていたにも関わらず、今回は前回あった通路の補助席(というより屋台によくあるプラスチックのイス)がない。これでちょいちょい SAY HELLO! する黒いGメンと誰かがこぼしたであろうビールが流れてブランケットが濡れなければかなり快適でした。あれっ、全然快適さが伝わらない。


ハノイからはホーチミンまでは飛行機で一気に戻るので、夢の統一鉄道に乗るのはこれが最後。カートで回ってくるご飯も多くて美味くて安かったし、これ寝台列車だったら結構快適なのでは?とも思うので、時間があって一人遊びが得意でタフな人にはおすすめです。この旅路の運賃は3,678,000VND(2万円ちょい)。あっ、大事なこと!トイレは期待できません。


そして一行がハノイに着いたのはなんと午前5時半だ!早い!

早速タクシーに乗ってハノイ名物にこれからなるのか!?ならないのか!?早朝公園で繰り広げられている笑いヨガを見に行きました。わあっ!笑ってる!!


D


笑いながら歩いたり手を叩いたりしてる!動画の元ネタはこちらの記事(兄著)なのでこの日見たものそのままではありませんでしたが、動きと笑い声は概ね同じです。ベトナムに来てから度々感じている由来不明の強烈なパワーを感じる。朝の。5時台に。公園で。ひとしきり見たところで、さーてと!そろそろ…


…まだ6時半だな。

ベトナム人の朝は早い。この時間でも空いているカフェがあり、客は私たち3人しかいないにも関わらず店員は既に6人ぐらい出勤しているのだ!そこで優雅にカフェスァダー(アイスコーヒー)をたしなみ、きれいなトイレに感動し、8時に近くの古民家改装カフェへ移動。「千と千尋の神隠し」 meets 大阪中崎町といった味があって可愛らしいお店で、店員に促されて最上階に向かうと妙に人間じみた無愛想なでぶ猫ちゃんがお出迎え。「耳をすませば」でもあるのか!そこでハノイ名物ベトナムエッグコーヒーを注文。兄曰く「コーヒーと玉子かけご飯を混ぜた感じやで」。


う、

うわあ…

ほんまやわ…


日本人のみなさんなら分かってくださるかと思いますが、コーヒーと玉子かけご飯を混ぜた感じです。美味しい人には美味しいのかもしれませんが、私はこの後強烈な胸焼けと車酔いでぐったりしました。その後、兄が初めて食べた時に美味しくて感動したというフォー屋さんへ。

私「い、いけそう?」

胃袋「ちょっと心配…でも、食べたいんでしょ?」

私「うん…ごめんね」


う、

うわあ!

美美美、美味ーーー!!!!


表でおっちゃんたちがわらわらと慌ただしくフォーを作っているのですが、フォー屋さんで中華料理のようにフライパンから火柱をあげてるのは初めて見ました。きっとこの葱たち、そして牛肉たち、そしてほんのり香るにんにくを豪快に炒めてからフォーの上にどさっとかけてるのでしょう。スープもだしが効いている!うまーい!!本当に美味しいとき人は「まいう」って言わない!お店の中は凄まじい混雑で「お昼時だもんな〜」と思ってたけど、お店出たらまだ9時半だった。ベトナム人の朝は早い。そして濃い。


その後、ハノイにいる間お世話になるシェアハウスにようやくでっかいバックパックを置き、少しばかり軽くなった体をより軽い体にするべく健康ランドに向かう。昨夜を狭い車両で過ごした私の顔も前髪も言わずもがな体も、さらさらシートではもうごまかせないぐらいにぎっとぎと。75分200,000ドンのコースを注文し、促されるままに女性のコインロッカー室に。そして促されるままに全裸になり、促されるままにシャワーに入り、促されるままにぬるい薬の湯が入った一人用の樽に入れられ、促されるままに緑色の飲み物を飲む。


何だか注文の多い料理店のようだな…


また促されるままにジャグジーで泡ぼこに埋もれ、促されるままに真っ白で前が見えないスチームサウナに閉じ込められる。暫くして、促されるままに別の部屋に移動し、ベッドに横たわり、以下詳細は女の子の秘密の花園だゾ!とりあえず途中で何度か「ぶへへへへ」って笑ったことと、鳴ったことのない骨がペキパキ鳴ったのと、顔に大量のスライスキュウリを乗せられたことだけは記しておきます。あ〜最高に気持ちよかった〜


すべて終わるとお粥、ジンジャーティー、フルーツがふるまわれ、いよいよ私の体が健康的で美味しくなって来て、「注文の多い料理店」だったらこれからが恐怖なんだけどすんなり帰れました。まあ帰れると思ってましたよ。ここに心残りがあるとしたら、マッサージのお姉さんにチップを払うべきだったと後で知ったことですね。「最高だった!最高!」と連呼して出ていく私たちを見てお姉さんたちは「テメエは最低な客だよ」と思ったことでしょう。メンゴ!その後はカフェで4時間ほど各々作業。私は今これを書いている訳です。兄と一緒にYouTubeガキ使見てる時に「ここどこだよ」って思いました。ベ〜ト〜ナ〜ム〜


今日はあと鶏鍋食べて!〆!!

2015-04-27

GM Vietnam ギネス編

16:04 | GM Vietnam ギネス編を含むブックマーク

知ってました?私高所恐怖症なんですよ。そんな私に今日課せられたミッションは「世界一の高低さがあるとしてギネスブックにも登録されたロープウェイに乗る」。とは言えロープウェイでしょ?今まで何回も乗ったことあるっつーの!ツアーガイドのヴーさん「いける?」オッケーオッケー大丈夫だっつーの!


f:id:bobbiiiiie:20150428193956j:image:w360


大丈夫じゃねえっつーの。

このよく見るとある黒い粒が隣のロープウェイです。だって高低さが何?1100mだか1300mだかとかですよ?よう知らんけど…よう知らんけどもやで!しかもラッキーだか何だかしらないけどゴンドラがスケスケっていうかアミアミっていうか…めちゃくちゃ風感じれるやつ。


f:id:bobbiiiiie:20150428194332j:image:w300


誇張抜きで雲の上です。そんな(私だけ)死ぬ思いをして一行が辿り着いたのは、フランスでした。


f:id:bobbiiiiie:20150428193804j:image:w360


あれおかしいな?


ベトナムはダナンにあるギネスブックにも登録された世界一高低さのあるロープウェイに乗って辿り着いた先はフランスでした。


うん、あってるな。


そう、ここバナヒルズはフランス村と呼ばれるフランスがテーマになっているようでなりきれていないテーマパークなのです!ちなみに山の向こうの方には中国風の建築物大仏が見えます。ヴェルサイユ風の衣装に身をまとって踊るのはもちろん…全員ベトナム人だ!お客さんもほとんどがアジア人。だけれども建物は一貫して「フランスですけど」。と思うと唐突に「ヘーチーマ、ヘチマッ!」と国籍不詳の(多分ベトナム)陽気な歌が大音量で流れ出す。ちなみにベトナムの街中で音楽が流れている時は基本クラブばりに音がでかい。音の出所を探ると電気屋だったり服屋だったり屋台だったりします。ロープウェイの中ではものすごく静かでゆったりした音楽が流れていた気がしますが私は覚えてません。ああしかし、なんつーでたらめな空間。


ここの入場料は行き帰りのロープウェイ含めて550000ドン。

ヴーさんがその値段を発した時に一行の3人はざわっ!

「手持ちがねえわ…」

カードで払えたのでそこは大丈夫でしたが、しかし高い。でも登ってみれば結構な満足度だったのでこれぐらいかな〜って気もします。ちなみにダナン在住の方の話によるとテーマパークが出来た当初は食事代込みで300000ドンだったらしく、その後徐々に値段が上がっていってこの値段だそうで。ダナンには建設中のホテルやビルが多々ありまだまだ発展の伸びしろだらけなので、これからもどんどん上がっていくことでしょう。


ひとしきり回ったところでお昼だ!ビュッフェ180000ドン。

ヴーさんがその値段を発した時に一行の3人はざわっ!

すかさず「他のお店も見てみましょう」と言ってくれたものの他も大概高かったので、結局そのビュッフェへ行くことに。これまた結構な満足度で、種類は多いわ ベトナム料理はもちろんあるわ 寿司もあるわ中華はあるわデザートにケーキにフルーツまで食べれるとな。そして全部美味い。そして高い。そして食べ放題。親の仇と言わんばかりに食べまくりました。もし日本に帰って太っていたとしたらここも大きな要因でしょう。


バナヒルズの中には色々とアトラクションがあったのですが、値段を聞いてはざわつく私たちを気遣ってかヴーさんは「ここはお金がかかります…こっちはタダです!」と無料の方に案内してくれて、まあ乗る気もなかったけど乗らずじまいです。違うんです…ダナンの物価の安さに慣れすぎてしまったんです!まあだから別に何も違いませんよっと。ひとしきりバナヒルズを満喫し、当然ながらもう一度ロープウェイに乗り(帰りはスケスケじゃなかったので割と平気でした)その後はダナンの街中に戻り、


あ〜

何だか髪の毛が鬱陶しくなってきたなあ。

カラーも落ちて内田裕也って言われるようになってきたしなあ。


そうだ、髪の毛を切ろう。

ダナンに日本刀でヘアカットをするというイロモノカリスマ美容師がいるとのことなので、挑戦してきました。お店に入って左を見ると、あ、あの人だ…。


日本刀の次は目隠し、ダナン名物美容師のヘアカット新記録

http://www.viet-jo.com/news/sanmen/141110080458.html


59秒に11本のハサミでヘアカットしたことでギネスにも登録されているらしい。完全にイロモノカリスマだ!そんな彼に丹精込めて2年伸ばしたロングヘアーを委ねる。委ねるといってもトリンドル玲奈の画像を見せて「こんぐらいにしてくれ」と注文。

「オ〜〜ケ〜〜オ〜〜ラ〜〜イ」

胡散臭いけどここまで来たらよろしくお願いします!


f:id:bobbiiiiie:20150428193920j:image:w360


日本刀といってもすきバサミのようになっている特注品で、最初に長い刀でブワサッ

ってえ!!!!!

めっちゃ髪の毛引っ張られる。

ある程度切ったあとに短い刀を二刀流でシャシャシャシャシャッ


f:id:bobbiiiiie:20150428193917j:image:w360


いててててててて!

写真には写ってませんがこの時私の金髪が飛び散りまくってたそうです。

レイヤー、オーケー?」と言われた時の髪型が…往年のアムラーだ!

「ノーレイヤー!ノーレイヤー!」と必死に訴え、

「オー、ノーレイヤー」と応じてくれて事なきを得ました。

なので仕上げはハサミで。ハサミなんや、とは思いましたが、多分イエスレイヤーであれば日本刀だけでいけたっぽいです。


その後も「ノーレイヤ〜、ノーレイヤ〜」と私を安心させる為の歌を歌いながら切ってくれたカリスマ美容師。しかしガイドとしての仕事が終わったものの「見てみたい」と付いてきたヴーさんが通訳してくれていなかったら、私は日本にアムラーで帰らなきゃいけなくなっていたんだな…よかった…本当に…


内田裕也の足跡のようだね

f:id:bobbiiiiie:20150428195058j:image:w360


私の髪の毛がゴミ箱に行き、燃やされ、ベトナムの土となることを願います。

ちなみにカリスマ美容師ベトナムの俳優や歌手のヘアカットも 手掛ける本物のカリスマ美容師です。500000ドンとベトナムにしては超カリスマ価格ですが、一生経験できないであろう思い出価格ということで!でもなぜか400000万ドンに負けてくれました。サムライの国出身だからかな…。

2015-04-23

GM Vietnam (驚)編

14:42 | GM Vietnam (驚)編を含むブックマーク

ベトナムには政治の中心都市・ハノイと商業の中心都市・ホーチミンを結ぶ統一鉄道なるものが南北に走っています。今回の旅のメインディッシュは、これを利用してベトナムを縦断すること!まあ既にスイティエンパークという前菜でお腹いっぱいになってるけど。


22日夜にサイゴン駅発の列車に乗り、23日昼にベトナム中部最大の都市・ダナンに到着。つまりは列車の中で夜を越える。もっと言えば15時間以上を過ごすことになります。おお、憧れの寝台列車…私はこれに乗って、たまに窓から星空を覗いたりしながらベトナムを縦断するのがずっと夢だったんだ!


「ダナンの花火大会が近いのもあって、寝台のシートは取れなかったから」

「上から3番目のソフトシートにしたけど、日本人は普通乗らんねんて」

おおおぅ…わかりました!

サイゴン駅でモリモリ晩御飯を食べ、兄はモリモリお菓子を買い込んでました。ウキウキ!している兄を横目に、もちろん私もウキウキはしているのですが、私の胸には一抹の不安が…。


ベトナム人にとってのソフトって日本人にとってのハードなんじゃ…


そんな予感はいい意味で裏切られ、日本で言うところの新幹線新快速の間ぐらいのゆったりした席で「いいイスじゃなーい!」って感じでした。途中めちゃくちゃ寒くて「冷凍みかんってこんな気持ちかな」って思ったけど、東京から新潟へ向かう夜行列車の冷凍庫奴隷船の悲劇を思えば全然快適でした。車内にはお菓子、飲み物、ご飯の販売が定期的に回ってくるし、ブランケットの貸し出しもしています。ただし、


f:id:bobbiiiiie:20150426010228j:image:w360


みんな普通に床で寝るんだね。

それを笑いながらぴょんと飛び越える人。みんなが寝静まっている中、大音量でスマホゲーム(パズドラっぽかった)に興じる人。大声で壁をドンドン叩きながら電話に何かをがなっていると思いきや、急に大爆笑する人。おもむろに大音量で始まるテレビドラマ。はあ…何て言うか…みんなちがって、みんないいね…。覚悟してたよりはずっと快適でしたが、カオスカオスでした。


前に座っている兄の横の席にはおばちゃんと子供が二人で座っていて、おばちゃんが床に座って子供が席の上で立ってはしゃいでました。何なら席もかなり侵食されていた模様。兄が先程ウキウキ気分で買っていたお菓子を手渡そうとすると

「この子を刺激しそうだからそっちで持っといて…」

あんなに列車で食べるの楽しみにしていたのに…

かわいそうなお兄ちゃん!

でも子供が寝静まった後におっとっとのパチもんをボリボリ食べてました。

よかったね、お兄ちゃん!


冷凍みかんの夜を越えて、車窓の田舎の風景を眺めつつ、寝たり起きたりして、全然風景に合わないけどBOATを聴きながら、物思いに更けたりして、ふと心の底から「あーーー気持ちええーーーーー」とつぶやく。を、繰り返し繰り返ししているとダナンに到着。兄の高校時代の美術の先生が経営している「ええなホテル」に向かい、「いい部屋じゃなーい!」とひとしきり言ってお昼にダナングルメのミークアンを食べに行きーの、言っても15時間以上の旅路でおしり爆発寸前GIGだったので部屋に戻って爆睡。ブログ書いたり翌日行くフエについて調べたりして、晩御飯にベトナム一美味いと言われるバインセオを食べに行く。


ちょっと待ってよ…

ベトナム料理でダントツ一番好きなのバインセオよ?

ベトナム一ってことは世界一ってことじゃないの!!!???

その称号に恥じない美味でした。どれぐらいかっていうと、口に入れた後に「お前は本当にバインセオか?」と二度見して、再び口に入れた後に「お前は本物のバインセオだ!」って震えるぐらい。ホーチミンでは黄色い透明のたれ(あれはヌクマム?)を付けて野菜でくるんで食べたのですが、こちらでは担々麺っぽいたれに付けて野菜と一緒にライスペーパーにくるんで食べる方式でした。基本、食べ方は決まってない!美味しいが正解!ですけどね。地方によって違うのか、お店によって違うのか。何かこの文書いてたらめちゃくちゃお腹すいてきましたね…。


ウンメー!ウンメー!と連呼してホテルに帰り、しっかりしたベッドの上でふっかふかの枕を抱いて執心。今日からダナンを拠点に、フエ、ホイアン、ミーソン遺跡を観光し、花火大会を楽しんでからハノイに移動します。GM Vietnamu中部編、スタートです!ちなみにしれっと使ってるけどタイトルは映画「Good Morning, Vietnam」から拝借してます。ベトナム戦争時のラジオDJの映画です。


f:id:bobbiiiiie:20150426005930j:image:w360


f:id:bobbiiiiie:20150426010223j:image:w360


f:id:bobbiiiiie:20150426010226j:image:w360


f:id:bobbiiiiie:20150426005928j:image:w360

2015-04-20

GM Vietnam 奇界編

19:37 | GM Vietnam 奇界編を含むブックマーク

普通の感覚を持つ私なら、ここには行くでしょう。


狂気のディズニーランドこと、

世界のテーマパーク12選にも選ばれた、

スイティエンパーク、スイティエンパークですよ!!!


f:id:bobbiiiiie:20150423193936j:image:w360


奇界遺産の表紙になっているので日本の「こういうもの」マニアの方々の中では有名かと。


そんな場所に一人で行く気には到底なれないので、ゲストハウスで出会ったスタッフのニーナちゃんに「行きたくない?行きたい?あ、行きたい?じゃあいつ行く?いつなら行ける?」とグイグイ誘ってお供してもらいました。

ホーチミンの中心地からバスに揺られて1時間と少し。バスはどこまで行こうと一律6000ドン(30円ぐらい)。19番のバスで一本で行ける上に、乗る際に運転手さんに「スイティエンパーク」と伝えて前の席に乗っておけば、着いた時に「ここよ」的なジェスチャーで教えてくれます。まあ教えてくれなくても窓の外を見てれば上の写真の人の頭が街からごっそりはみ出してるので、すぐに気付きます。


ありとあらゆるものがとにかくでかい。

よく見ると写り込んでいる私やニーナちゃんや通りすがりの人々と比較してもらえればよくわかるかと。


f:id:bobbiiiiie:20150423194108j:image:w360


f:id:bobbiiiiie:20150423194110j:image:w360


f:id:bobbiiiiie:20150423194112j:image:w300


f:id:bobbiiiiie:20150423202059j:image:w360


f:id:bobbiiiiie:20150423203453j:image:w360


あと、これはスイティエンパークに限った話じゃないけどめっちゃ人が寝てる。あなたはこの中に何人みつけ見つけられますか?

f:id:bobbiiiiie:20150423202819j:image:w360


気持ち良さそう…

f:id:bobbiiiiie:20150423201959j:image:w360


ハリーポッターのアトラクションがありますが、私ハリーポッター見たことないけどこんなキャラクターいたっけ?という死神の人形しかなく、ハリーポッターはいませんでした。中には入ってませんが、ただのお化け屋敷だそうです…だから入らなかった訳だけども。ベトナムオカルト事情がちょっと気になってたので入ってみたかったけど、目前にして「やっぱええわ…」ってなりました。私あるある!


f:id:bobbiiiiie:20150423202002j:image:w300


ハリーポッターから引き返そうとしたところで出会ったおっさん


f:id:bobbiiiiie:20150423201808j:image:w360


だっせー!

ボビーだっせー!

うるさいよ!


しかしこの日はとても暑かった。

汗だらだらで前髪ぴっちゃぴっちゃで、「北斗の拳」第1話のケンシロウのように終始「み、水…」ってなってました。冷えてるの買ってもすぐにお湯になるしね…。どれぐらい暑かったのかはこの顔を見てくれればわかると思います。


f:id:bobbiiiiie:20150423201734j:image:w360


f:id:bobbiiiiie:20150423201805j:image:w360


f:id:bobbiiiiie:20150423201810j:image:w360


一通り圧倒されたところでお昼休憩!30000ドン(150円程度)のコムガー(コムが米でガーが鶏肉)を食べることに。


イメージしてたコムガー

f:id:bobbiiiiie:20150423203450j:image:w360


実際に出てきたコムガー

f:id:bobbiiiiie:20150423203552j:image:w360


思ってた以上に米と鶏肉でした。

食べながらガールズトークして、さて行くかと席を立ったら


うわあ…

そういえばここスイティエンパークだったわ…

夢から覚めた夢って感じでした。

その後は噂のワニ釣りにレッツらゴー!


f:id:bobbiiiiie:20150423201737j:image:w360


ワニ多ない?

10匹ぐらいを想像してたんだけど。

100匹はくだらないんだけど。

生肉のついた釣竿で釣ります。


f:id:bobbiiiiie:20150423201649j:image:w360


ぶーらぶーら

f:id:bobbiiiiie:20150423201713j:image:w360


ガブーッ!

f:id:bobbiiiiie:20150423201710j:image:w360


ヒエエエエーーーー!

ベトナム人のおっちゃんはこれでずっとワニをおちょくっては大爆笑、おちょくっては大爆笑してましたが、「このおっちゃん、この柵が壊れたら真っ先に食べられるんやろなあ…」と思うと怖くて私はあまりおちょくれませんでした。


f:id:bobbiiiiie:20150423201652j:image:w360


こんな風に食に無関心なワニもいる。私も寝てる時に背中に生肉置かれたら嫌だと思う。


その後はジェットコースターに!ビビりすぎて写真は撮ってません。ただのシートベルトの上によくある安全バーを下げるのですが、乗って動き始めた所で安全バーが固定されてないのに気付き、ニーナちゃんが

「これ回転しませんよね?したらアウトですよ」

と言った辺りで思考回路が止まりました。

結果としては回転はせず、ジェットコースターとしては相当しょぼい部類のものでしたが、わ〜きゃ〜おお〜言って十分楽しめました。乗り放題だったらまだ乗りたかったけど、こちらのアトラクションは一回60000ドン(300円程度)なので一回こっきりで終了。


その後ホテホテと歩きつつ、ざっと一周したしいい時間だったので出口に向かって歩きながら…

やっぱ暑い…

あれ何かな…


f:id:bobbiiiiie:20150423201628j:image:w360


雪のアトラクションかな…

蜃気楼かな…

吸い込まれるように近付き、

ニーナちゃん「入ります?」

私「入ります…」


入るやいなや「靴を脱げ、これを履け、これを着ろ」とジェスチャーで指示され、言われるがままに脱ぎ、履き、着て、連れて行かれた部屋はまさに氷の世界 by 井上陽水


f:id:bobbiiiiie:20150423204126j:image:w360


めっちゃ暴力的な寒さ。しかもここはクラブですけどと言わんばかりの照明、大音量で流れるクラブミュージック(なのだろうか)。その中にあるのは雪だるまペンギンのオブジェ、そして坂。その坂を上って、タイヤ製のソリに乗るだけというアトラクションなのだ!


f:id:bobbiiiiie:20150423204124j:image:w360


ヒャッホー!

5歳児かよ!


暑さにやられてた私とニーナちゃんははしゃぎ倒すも、笑いながら坂を滑っていったニーナちゃんが振り返って

「寒い…」

我に帰り

「私も寒い…」

出ました。


12時に到着して17時に出て、そこからは昨日の東日クラブで出会った日本語ペラペラの素敵なベトナムガールことリンさんとインさんがスイティエンパークの近くに住んでいるとのことで、学校帰りに街を案内してくれました。

バスで5〜10分ぐらいいくとそこは大学が集まっている学生街で、確かに行く人来る人みんな若い。大学のグラウンドでサッカーをしてたり、凧上げをしてたり、ここもホーチミン市ではあるけれど中心地のような喧騒もなく、バイクもうじゃうじゃしてなく、湖もあって(インさんが「うみみず」って間違って言って照れててハイパー可愛かった)木々も生い茂っていて、すごくのどかで良い街でした。こっちに来てやっと心の底からほっと出来た気がする。


凧上げをさせてもらってるニーナちゃん。


f:id:bobbiiiiie:20150423201605j:image:w360


ニーナちゃんが持った瞬間凧がひゅいーんと落ちて、インさんに「素人!」と罵られてました。

その後、私たちの「甘いもん食べたい!」とのリクエストに答えてくれて、学生たち御用達の甘味処に連れて行ってくれました。写真はドリアンのケムソイ(おこわとアイスのパフェ)と普通のケムソイ。マンゴーのシントーとアボガドのシントー。美味い!そして、1人12000ドン(60円程度)。安い!


f:id:bobbiiiiie:20150423201602j:image:w360


そして市場に連れていってもらい、すごい密集!すごい人!写真撮る暇なかった。ここは靴、服、アクセサリーなどなどファッション系のお店が多く、その脇に食べ物系の屋台がずらりと並んでいる感じ。見たことない美味しそうなものがたくさんあって、見とれてたら「これから鍋を食べに行きますよ」と制される。制される続けるニーナちゃん。私はここで14000ドン(700円程度)で小鳥柄のTシャツを購入。安い上に、日本に無さそうで可愛いデザインの服がたくさんありました…ジュルリ。


その後は食堂で晩ご飯をモリモリ食べる。食べたことない料理ばかり!そして美味い。全部美味い。美味いばっかり言っててごめん、でも美味い。とくにこのアサリのガーリック炒めはベトナムに来て食べたものの中で一番美味い。貝の磯臭さを全部排除して旨味だけが残った感じ。


f:id:bobbiiiiie:20150423201524j:image:w360


また会いたい…。鍋もめっちゃ美味しかったけど、中心地に戻る最終バスの時間が迫っていたので、早食い大会みたいになってあまり落ち着いて味を堪能出来ませんでした…それもこれも私が服を買おうか買わないか優柔不断してたせい!

突如として店内でカラオケ大会が始まって、無視して黙々と食べ続けていると、おっさんが気持ちよさそうに歌いながらうまい棒みたいなものを差し出して来る。


何なん…


多分歌聞いてるしこれ買えよってことなんだろうけど、目を合わせるとしつこそうなので下を見ながらひたすら黙々と食べる。まだ歌ってるし、目の前にはうまい棒がある。でも食べる。


何の時間だよ…


しばらくするとニーナちゃんの方に行き

「ほれ!歌!ほれ!うまい棒!」

とばかりにしつこく迫り、インさんが何かをきつめに言って(いらない!って言ったののかな)ようやく解除された。ベトナムの学生街にはあんなおっさんがいるのか…。


美味しいベトナム料理早食い選手権を終え、慌ただしく最終のバスに乗り、そこでリンさんとお別れ。インさんとはバス停1つ分だけごご一緒して、そこでお別れ。私は鉄道旅行後にもう一度学生街のマーケットに連れていってもらいたい…と目論んでます。


二人とも本当にかわいかったなあ…しかも2年であんなに日本後ペラペラになるなんて相当努力家なんだろうなあ…何か、頑張らないとなって、本当に思います。いい刺激もらえてます。

2015-04-19

GM Vietnam 不安編

02:29 | GM Vietnam 不安編を含むブックマーク

あんまりにも居心地が良かったので、あとひたすら一人で文章を書く時間が欲しかったので、二日間だけゲストハウスに出戻りです。2泊しても2500円だものな…ホーチミンにいる間にまた2泊ぐらいするんだろうな…今はおでん風の煮物を作ってくれていて、牛すじのかほりがたまらんです


f:id:bobbiiiiie:20150420021055j:image:w360


兄の勧めで、今朝は9時半からサイゴン教会前にある公園で日本語を勉強しているベトナム人が集まって交流会をしているとのことなので参加してきました!


ベトナム人10人ぐらいの中にぶっこむと、「本物の日本人だ!」と言わんばかりに

ベトナムにはいつからいますか?」

ベトナムにはいつまでいますか?」

ベトナムのどこが好きですか?」

「好きなベトナム料理を教えてください」

とみんな遠慮しつつも質問攻め。

ひな祭りにはどんなものを食べますか?」

ちらし寿司を食べます」

「それはどんな寿司ですか?」

「…(何て言えばいいんだ)美味しくてカラフルです。」

ひな祭りの人形はどうやって作りますか?」

「ごめんなさい、わかりません。人形作りのプロがいます」

私ここにいていいんだろうか…。


f:id:bobbiiiiie:20150420020948j:image:w360


全員ベトナム人かと思ってゆっくりはっきり発音するようにしてたら、ニヤニヤしながら一人の男性が

大阪ですか?僕は京都ですよ」

日本人かよ…!!!

はずい!超はずい!!!

というのを日本語で言ってたら、みんなポカーンとしてました。


神戸牛は食べたことありますか?」

「二回だけですが、ありますよ。」

「「「おお〜!!!!」」」

「どんな味でしたか?」

「柔らかいですか?」

「いくらしましたか?」

「牛に音楽を聴かせるというのは本当ですか?」

「ちょっと待って、神戸牛ってそんなに有名なんですか?」

「とっても有名です!」

不思議だ…日本語の先生が神戸出身だったのかな…。

そのサークルの運営をしているリンさんという女性が何度も通訳で入ってくれたけど、みんな総じて一生懸命で、実際に上手いし(聞き返したのは聞き取れないというよりも後ろでやってるパレードがうるさかったのがほとんど)私は他の国の言語をこんな風に喋れないなあとただただ敬服するばかりでした。すごい。


リンさんが

大阪の人と話したことがあるけど、みんなフレンドリーで熱心に話してくれます。」

と言ってくれて、なんだか地元が誇らしく思えました。

その後はみんなでお昼ご飯を食べに行って、メニューを見ながら少しベトナム語を教えてもらったり、私が日本語を教えることは…ほとんどなかったです!

「日本では偉い人が奥の席に座りますよね?えーと…」

「上座ですね!」

ぐらいかな。レベル高!会話で困ることはまずない。日本に留学したくて、今結果待ちなんだそう。

「どこの大学ですか?」

筑波大学東京外大、千葉大学です。でも難しかった…」

受けれる時点ですごいんじゃ…すごい才女なんじゃ…


その後近くにあるCDショップを教えてもらって、2枚ほどジャケ買いしてみました。何か分からないものに自分のセンスだけで出会えるのは海外の醍醐味ですね!

CDを聴ける状況になったらまたディスクレビュー書きます!

書けんのか…2行で終わるかもしんねえぞ…


ニコニコ気分でゲストハウスに着いて、スタッフの女の子とおしゃべりして、そうだ!お金おろさなきゃ!と思い日本と同じ感覚でATMにカード挿して暗証番号を打ったら何かエラーになった。何でやと思い、3回繰り返して「はてな?」と思いながらゲストハウスに戻って他のお客さんに聞いたら、どうやらこっちでは暗証番号の後ろに00を足さないといけないらしい。じゃあもう一度行ってくる!と次は言われた通りやってみたら、「YOUR CARD HAS BEEN BLOCKED」と一瞬出てカードが返って来た。


あ…

暗証番号3回間違えたから…

うわ…

あ…


地獄から来たボビーみたいな顔でゲストハウスに戻り、状況を説明したところみんなが一緒に色々と調べてくれて、


,箸砲く明日の営業時間になったらカード会社の海外のキャッシングについての問い合わせ先に電話してみよう。

IP電話なら日本にかけても3分8円で安いよ。

スマホインストールしなよ!


の時点でなかなかうまくいかなくて、これまた色々助けてもらって、何とか登録出来たっぽいので試しに大阪の家にかけてみよう!


プルルルル…ガチャ

「はい〜」

「あ、お父さん?あたしあたし。」

オレオレ詐欺かよ

ベトナムからかけてきてんのか?高いやろ」

「ちゃうねん、安いねん。でもただ日本にかけれるかテストしたかっただけやから切るな」

「ん?おう…はーい」

おお…繋がったわ。我ながら荒い電話だったわ。

海の向こうのお父さんからしたら頭上に?マーク浮かびまくってることやろうけども、とりあえずこれで明日カード会社に電話できるわ。


ちょっとだけ気は楽になったけど、それでも状況は変わってないので、本当は気持ちはとても重い。でも今後誰かが同じ目に遭わないように、もしくは遭った時の対処法として、結果対処法になるのかわからないけれど…リアルタイムでここに残しておきます。はあ、本当に反省。


色々助けてくれた人が

「何でも便利になってる世の中、不便を経験できる方が学べることが多くて貴重だよ。」

的なことを言ってくれたので、正直まだそんな気持ちにはなれないけれど日本に帰る頃には思えてると…思う。この件に関しては追って報告します。


f:id:bobbiiiiie:20150420020951j:image:w360


f:id:bobbiiiiie:20150420023906j:image:w360

Connection: close