bogus-simotukareの日記

2017-08-15

今日の産経ニュース(8/15分)(追記・訂正あり)

| 23:45 |

日経『「人づくり革命」 霞が関が狙うアイドルの発信力 』

http://www.nikkei.com/article/DGXMZO19883610Q7A810C1000000/

「タレントの芦田愛菜さん*1の名前も挙がっていた」。関係者が明かすのは、9月上旬にも初会合を開く有識者会議「人生100年時代構想会議」の人選だ。

 悪い冗談としか思えませんがそれはさておき。頭痛がするのは日経がこれを批判記事ではなく、「面白記事」として書いている疑いが濃厚なことです。

 2015年10月に立ち上げた一億総活躍国民会議には、タレントの菊池桃子さんを招いた。同会議の後身として16年9月に立ち上げた「働き方改革実現会議」では、アイドルグループおニャン子クラブ」出身の女優の生稲晃子さんを起用した。

というのもどうかと思いますが、それ以上に芦田云々なんて変でしょう。


【ここから産経です】

■【風を読む】「革命」は血塗られた歴史を纏う言葉 政権の使用に違和感 論説副委員長・榊原智

http://www.sankei.com/column/news/170815/clm1708150003-n2.html

 安倍の「人づくり革命」に「ロシア革命ガー(スターリン粛清)」「文化大革命ガー(劉少奇らが不幸な死を遂げる)」といういつもの産経です。まあそれは分からないでもない。

 しかし

 日本は、天皇陛下を戴(いただ)く立憲君主国であるという点だ。

 革命は、帝政、王政の倒壊も意味する。易姓革命なら王朝の交代を指す。125代の今上天皇まで一系でつないできた日本にとって、革命は決して好ましい言葉ではない。

というのはあまりに非常識でしょう。万世一系なんて明らかにウソですから。


香港民主党員を逮捕、中国当局者に監禁されたと主張 香港警察「虚偽」と判断、「自作自演」か

http://www.sankei.com/world/news/170815/wor1708150072-n1.html

 香港警察が林容疑者の説明に基づき、車に無理やり押し込まれたとする九竜地区の繁華街監視カメラを調べたところ、監禁の事実はなかったと判断した。

 まあ現時点では何とも言えませんね。「香港警察=中国当局みたいなもん」ですのでこの逮捕を鵜呑みにはできませんが、一方で「中国のやることだからウソだ」とも決めつけられないでしょう。「中国叩きのために捏造する」ということも充分考えられます。

 それは民主党側が

 民主党の胡志偉主席(党首)は15日、記者団に対し、「傷跡と証言からみて林氏の身の安全を図る必要があると考え、公表に踏み切ったが、今後は捜査当局や司法の判断を待って党として判断する」と述べて慎重な姿勢を示した。

としていることでも明白かと思います。「逮捕は不当だ」と断言できる根拠があればこういう事は言わないんじゃないか。

 なお、小生は「吉田証言の虚偽性だけで慰安婦の違法性を全否定する日本ウヨ」ではないので,仮にこれが自作自演でももちろん「だから中国が100パー正しい、香港中国批判派は100パー間違ってるデマ屋だ」なんてことは言いません(皮肉のつもり)。まあ、今後、民主党の主張は相当堅い根拠がないと皆眉唾で見るようになるかも知れませんが。


台湾モンゴルチベット委を廃止へ 中国反発の可能性も

http://www.sankei.com/world/news/170815/wor1708150002-n1.html

 フィクションに過ぎないのでなくすことはある意味当然ですが、なるほど、蔡英文では、確かに「台湾独立の動き」という可能性はあるかも知れません。


■【正論・戦後72年に思う】「平和」の中に滅びた日本人の徳 「戦争」と同様に「平和」も危険なのだ 文芸批評家、都留文科大学教授・新保祐司

http://www.sankei.com/column/news/170815/clm1708150005-n1.html

 戦没者は、世界史の必然の中で国家の運命に殉じたのであって、決して犠牲者などではない。

・避ければ避けられた戦争による死者を「必然」だの「運命」だのふざけるにもほどがありますね。

 しかもこういうことを言う一方で「ソ連北方領土侵略が許せない」だの言い出すのだから全くデタラメです。

地震や水害のような天災脳梗塞やがん、心臓病のような病気*2ならともかく人災、それも一個人でも実行できる「通り魔事件」のような防ぐことが難しいものとは違う「国家による行為=戦争」による死が必然だの宿命だのの訳がないでしょう。

茨木のり子の詩「内部からくさる桃」の中に「内部からいつもくさってくる桃、平和」という一行がある

 茨木の詩はおそらく「平和を守るためには日々の努力が必要だ。そうでなければ平和は戦争屋によって腐らせられ、戦争の日々になるだろう」と言う意味でしょうが「平和それ自体が無価値であるかのように強弁する」産経と新保です。茨木に対して失礼でしょう。

 つうか「今の日本において」腐敗と言えば誰しも連想するのは「森友・加計疑惑」でしょうがそうした重大な腐敗疑惑を「疑惑でない」と強弁する産経新聞とその類友・新保がよくもまあ道徳なんか口にできるモンです。道徳云々と偉そうな事を抜かすなら森友・加計疑惑で安倍をきちんと批判したらどうなのか。

 なお、あの戦争において

インパール作戦失敗の責任をとらなかった牟田口廉也・第15軍司令官

「同僚(河村参郎・シンガポール警備隊長、大石正幸・シンガポール憲兵隊長)がシンガポール華僑虐殺事件*3で裁かれ死刑判決が下される中、自分一人だけ逃亡した辻政信*4

「『俺も後から特攻する』などと放言しながら特攻するどころか、フィリピン戦線から無断で撤退した富永恭次・第4航空軍司令官

など不道徳きわまりない連中がいる事で分かるように戦争だろうと平和だろうとクズはクズな生き方をします。

 産経や新保が言うほど現実の戦場はきれいではない。


■【主張】終戦の日 「名誉」は守られているか 真の歴史知り危機に備えたい

http://www.sankei.com/column/news/170815/clm1708150001-n1.html

 タイトルだけで内容は予想がつくでしょう。

 「あの戦争がアジア解放の戦争だった」「南京事件慰安婦捏造」という「真の歴史」を知り、名誉を守ろうと。

 まあ不戦の誓いというモノが何処にも出てこないのは予想の範囲内とは言え酷すぎます。

新刊紹介:「経済」9月号

| 00:24 |

経済」9月号について、簡単に紹介します。

 http://www.shinnihon-net.co.jp/magazine/keizai/

■巻頭言「好機到来」

(内容紹介)

 もちろん好機とは

1)森友・加計疑惑での安倍政権支持率の低下

2)その後の自民都議選惨敗、仙台市長選での敗北

ですね。

 もういい加減、安倍政権を終わりにしたいモンです。もちろん「都議選での自民敗北」は「共産議席増があった」とはいえ、「第二自民都民ファ圧勝&最大野党・民進惨敗」とセットなので手放しでは喜べませんが。


■世界と日本

核兵器禁止条約の採択】(梶原渉)

(内容紹介)

 赤旗の記事紹介で代替

赤旗

核兵器禁止条約が採択、ついに歴史動いた、核なき世界へ新たなスタート、国連会議に参加 志位和夫委員長に聞く

http://www.jcp.or.jp/web_policy/2017/07/2017kakuheiki-kinshi-shii.html

■「国際署名」で完全廃絶へ前進を:日本共産党 緒方靖夫*5委員長の発言(原水爆禁止世界大会議長団)

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-08-05/2017080505_01_1.html


総選挙後のイギリス政治】(宮前忠夫*6

(内容紹介)

 与党保守党圧勝のもくろみでメイ首相が行った解散総選挙は「政権交代まではもたらさなかった」ものの保守党議席減、最大野党労働党議席増でメイの思惑は挫折しました。

 また「スコットランド国民党議席を大幅に減らしたこと(まあ、前回が好成績すぎたという面はあります)」「EU離脱を主張してきた英国独立党が議席ゼロになった事」も今回選挙のポイントでしょう。

 今後の英国政治がどうなるかが注目されます。


特集「どうする日本経済 実感なき「景気拡大」」

■日本経済の現局面をどう見るか(経済情勢研究会)

(内容紹介)

 株価、企業収益は好調だが、賃金は増加せず、一方税金社会保障費の負担増で、消費支出が減少していることを指摘。

 アベノミクス批判している。


■「人手不足社会」下の雇用と働き方の貧困:「不本意型就業」に注目して(伍賀一道*7

(内容紹介)

 求人倍率根拠に「人手不足」とされるが求人の多くは不安定非正規就業であり手放しでは喜べない。「正規就業を増やす政策」「正規と非正規を均等に扱う政策(いわゆる同一労働同一待遇の原則など)」が強く求められる。


■対談「地銀大再編と地域金融を考える」(櫻田氾、斉藤正)

(内容紹介)

 都市銀行だけでなく地方銀行経営統合が進んでいることを紹介。その上で、地域中小企業を切り捨てず支援していくことを地銀に求めると共に、そうした方向性金融政策を主張している。


中小企業命綱を守る:政策金融、信用保証制度の拡充を(岩渕友)

(内容紹介)

 赤旗の記事紹介で代替

赤旗

■中小の保証引き下げ、岩渕氏 貸し渋り懸念の声示す

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-06-18/2017061807_14_1.html

■信用保証の改悪案可決、共産党反対 “中小の命綱断つ”、参院委 岩渕氏が質疑

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-06-07/2017060706_01_1.html


地方財政は豊かなのか?:地方交付税の削減へ圧力(大島和夫*8

(内容紹介)

 赤旗の記事紹介で代替

赤旗

地方交付税の拡充を、山下氏 法定率引き上げ求める

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2017-03-11/2017031104_02_1.html

地方交付税削減筋違い、田村貴氏「使途判断自治体に」

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-06-07/2017060704_05_1.html


■水道事業と公共性:「水」管理行政にみる民営化路線(永山利和*9

(内容紹介)

 赤旗の記事紹介で代替

赤旗

■水道事業 世界は“再公営化”、大阪市民営化計画 山下氏が批判

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-11-24/2016112402_02_1.html

■水道民営化中止求める、衆院委 田村議員が推進政府批判

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2017-02-22/2017022204_02_1.html

■水道広域化を批判、田村氏 「自治体事情考慮を」

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-04-14/2017041404_05_1.html

■施設の民間一任は危険、コンセッション方式 住民に被害、宮本岳議員

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-05-22/2017052205_11_1.html

*1:2012年(平成24年)に、映画『うさぎドロップ』、『阪急電車 片道15分の奇跡』で「ブルーリボン賞新人賞」を史上最年少で受賞。2013年(平成25年)には、映画『パシフィック・リム』でハリウッドデビューした(ウィキペ芦田愛菜」参照)

*2:まあ天災や病気の被害は「免震建築や堤防」「飲酒や喫煙をしないこと&適度な運動&バランスのとれた食事」などである程度軽減できますが人力の及ばない範囲は当然あります。

*3:なお、シンガポール華僑虐殺事件の中心人物の一人である山下奉文虐殺事件当時、第25軍司令官)は第14方面軍時代のマニラ虐殺事件により別途死刑になっている。

*4:辻(当時、作戦参謀)は虐殺事件の中心人物の一人であり、逃亡しなければ確実に死刑判決が出たと見られる。

*5日本共産党委員長(国際局長兼務)。著書『日本共産党野党外交』(2002年、新日本出版社)、『イスラム世界を行く:中東湾岸六カ国の旅』(2003年、新日本出版社)など

*6:著書『企業別組合は日本の「トロイの木馬」』(2017年、本の泉社)など

*7:著書『雇用の弾力化と労働者派遣・職業紹介事業』(1999年、大月書店)、『「非正規大国」日本の雇用と労働』(2014年新日本出版社

*8:著書『日本の構造改革と法』(2002年、法律文化社)、『世界金融危機と現代法』(2009年、法律文化社)、『企業の社会的責任』(2010年、学習の友社)など

*9:著書『公共事業再生』(編著、2010年、自治体研究社)、『現代中小企業の新機軸』(編著、2011年、同友館)など