Hatena::ブログ(Diary)

bogus-simotukareの日記

2017-09-13

今日の産経ニュース(9/13分)(追記・訂正あり)

| 23:45 |

■自民都連、次期会長選び結論出ず 主流・非主流派が対立

http://www.sankei.com/politics/news/170913/plt1709130042-n1.html

 都議選惨敗で下村*1が都連会長辞意を表明したのに未だに後任が決まらないというのもすさまじい。

 これが野党なら散々バカにしてるであろう産経も自民には全く甘いもんです。

 なお、主流派というのが下村一派、非主流派というのが「小池*2都知事に近いと言われる鴨下一郎*3」を会長にし小池とごろごろニャンニャンしたいという連中のようです。


■「答えない権利ある」 菅義偉官房長官記者会見対応でパウエル*4元米国務長官に勇気づけられ

http://www.sankei.com/politics/news/170913/plt1709130041-n1.html

 やれやれですね。パウエルがどんな話をしているのかにも寄りますがもし菅のような無法を正当化してるのならそれは単にパウエルが馬鹿なだけです。

 一方でそうでないなら、「菅がパウエルを悪用してる」わけで菅が馬鹿な事になります。

 どっちにしろ菅の無法な態度が正当化出来るわけもない。

 しかし「ニッポン放送の番組」ねえ。ニッポン放送も本当にどうしようもないラジオ局です。


■【正論】中国共産党は戦争を躊躇しない…今や戦争をする条件は満ちた 東京国際大学教授・村井友秀

http://www.sankei.com/column/news/170913/clm1709130007-n1.html

 中国は1949年の建国以後、朝鮮戦争*5、中印戦争、中ソ国境紛争、中越戦争、南沙海戦など主として国境の外で戦ってきた。

 ここで村井が名前を挙げてる戦争は一番新しい「南沙海戦(スプラトリー諸島海戦)」ですら1988年です。つまりは最近の中国は小競り合いならまだしも本格的な戦争などまずしないし、しないからこそ村井も最近の戦争名が上げられないわけです。

 それで

中国共産党の戦争体質を検証する。

というのはデマも甚だしいでしょう。つうか戦争体質つうなら「朝鮮戦争(1950〜1953年)」「ベトナム戦争(1964年のトンキン湾事件から1973年の米軍撤退まで)」「グレナダ軍事介入(1983年)」「パナマ軍事介入(1989年)」「湾岸戦争(1991年)」「タリバン政権打倒アフガン軍事介入(2001年〜)」「フセイン政権打倒、イラク軍事介入(2003年〜)」「シリア内戦軍事介入(2011年〜)」など年中戦争ばかりやってる米国の方がよほど戦争体質でしょうに。

 あるいは「台湾出兵(1874年)」「江華島事件(1875年)」「日清戦争(1894年)」「台湾征服戦争(1895年)」「義和団事変鎮圧(1900年)」「日露戦争(1905年)」「義兵闘争鎮圧(1905〜1914年)」「第一次世界大戦参戦(1914年)」「シベリア出兵(1918〜1922年)」「日中15年戦争(1931〜1945年)」「太平洋戦争(1941〜1945年)」などと年中戦争ばかりやってる戦前日本の方がよほど戦争体質でしょうに。

 1980年代、党総書記は胡耀邦*6、趙紫陽*7であり、最高指導者のトウ小平*8は共産党のトップではなかった。肩書は党中央軍事委員会主席である。すなわち、党中央軍事委員会主席は党総書記よりも権力があった。

 まるで中国が先軍主義であるかのような物言いですが、まあ誰が考えても詭弁ですね。トウ小平は「党中央軍事委員会主席、国家中央軍事委員会主席」だったから「胡耀邦や趙紫陽(党総書記)」より偉かったわけではない。毛沢東*9党主席、劉少奇国家主席、周恩来首相と同格の長老政治家だから偉いわけです。

 トウは「党総書記(党トップ)や国家主席(国家トップ)」の立場ではなく「ご隠居的な立場」で院政をしたかったから党総書記や国家主席にはならず、とは言え無役だと格好がつかないので「軍トップ(党中央軍事委員会主席、国家中央軍事委員会主席)」の地位に就いただけでしょう。

 むしろトウが軍トップというのは「建前ではやはり一番偉いのは党総書記や国家主席だ」といっていいでしょう。

 「構造的暴力」とは自然災害や伝染病、政治的弾圧などによって多数の死者が発生する状況*10をいう。戦争以外の原因で多数の死者が発生するような国では、多数の死者の発生を防ぐために戦争を避けるという思想は希薄になる。

(中略)

 「構造的暴力」も存在している。建国後、共産党は経済不振を脱却する「大躍進」(1958〜61年)を唱え、その後「文化大革命」(66〜76年)を開始した。「大躍進」では非現実的な農業政策や工業政策によって1千万人から4千万人が餓死し、「文化大革命」では多くの国民を巻き込む権力闘争によって数百万人から1千万人が死亡した。他方、戦争による死者は朝鮮戦争が50万人、中越戦争は2万人である。

 おいおいですね。構造的暴力として持ち出すのが40年前の文革、戦争の例として持ち出すのが38年前の中越戦争(1979年)というのでは「今の中国」について語ってることには全くなりません。

現在、対外貿易が国内総生産(GDP)に占める比率は3割である。戦争になって対外貿易が縮小すれば中国経済は深刻な打撃を被る。

 戦争の規模や内容にも寄りますが、もちろん対外貿易云々だけでなく「外資の逃亡」「外国人観光客の減少」も危惧されるわけです。しかしこう書きながらも

中国共産党は戦争を躊躇しない…今や戦争をする条件は満ちた

なのだから絶句します。全然筋が通っていない。大体何処の国と何を巡って戦争するのか。

 インドと国境紛争か。南シナ海問題フィリピンベトナムと戦争か。はたまた尖閣問題で日本と戦争か。具体的なことは書かないこと自体、村井も自分の主張がデマだと自覚してるのでしょう。


■【斉藤由貴さん不倫報道】斉藤さん、ニッポン放送オールナイトニッポン」出演中止に

http://www.sankei.com/entertainments/news/170913/ent1709130007-n1.html

 そんな事で出演中止にするのかと呆れます。

 まあ小生が斉藤ファンであることは否定しませんが、率直に言って宗教家や政治家ならまだしも、芸能人にそこまで高い道徳性なんか俺は求めてませんし、むしろやしきたかじんなんぞの差別暴言の方がよほど腹立たしい。


■【山上直子の誘惑する京都】世界に誇る皇室…吉田茂首相も応援“碧い眼の神道学者*11”ポンソンビ博士展、下鴨神社

http://www.sankei.com/west/news/170913/wst1709130048-n1.html

 実に産経らしい気持ち悪い記事です。別に皇室を不当に貶める気もないですが「英国、デンマークなど外国の王室と比べて」どのあたりが「世界に誇れる」んですかね。

「照南神社」「マーシャル神社」など、かつて日本統治下にあった南洋諸島のもの

 つまりは神社なんてのは日本国内でしか通用しない代物のわけです。

 そう言う意味では神社なんてのは世界宗教である仏教、キリスト教イスラム教と比べたらある意味「格下のレベルの低い宗教」といえるでしょう。


■【矢板明夫の中国点描】毛沢東の孫の落選が語るもの… 習近平氏*12は軌道修正したのか

http://www.sankei.com/premium/news/170913/prm1709130007-n1.html

 毛沢東の男系唯一の孫、中国人民解放軍の少将、毛新宇氏が10月に開かれる共産党大会の党代表に選出されなかった。このことが党内で大きな波紋を広げている。「これまで毛沢東路線を突き進んできた習近平政権が、ついに軌道修正を始めたのか」と深読みする党関係者もいる。

 そもそも習氏は毛沢東路線なんかとってないでしょうに。

 それはともかく

1)毛新宇氏*13が党代表に選出されるほど有能である

2)有能ではないが彼をそうした地位に就けるメリットが「彼の支持者」にはあり、支持者にはそうするだけの力がある

のどっちかでなければ党代表にはならないでしょう。それだけの話でしょう。

 あるいは彼個人がどうこう言うより「彼の重用によって文革美化など毛沢東の負の側面が曖昧になる事」を恐れてるのかも知れません。

 中国共産党の指導指針として「毛沢東思想」が規約に明記されている。習派は今秋の党大会で、その指導指針に「習近平思想」を新たに加えることを目指している。実現すれば、習氏は毛沢東と同等の歴史的地位を手に入れることになる。

 しかし、党総書記に就任して5年しかたっておらず、実績もほとんど残していない習氏が毛沢東と並ぶことに党内から強い反発が起きている。

習氏の実績が「習近平思想」とやらを認めることができるほど巨大かどうかはともかく「AIIB」「一帯一路」などの実績は残してるでしょう。

*1:第一次安倍内閣官房副長官、第二次安倍内閣文科相などを歴任

*2小泉内閣環境相、第一次安倍内閣防衛相、自民党総務会長(谷垣総裁時代)などを経て都知事

*3:第一次安倍、福田内閣で環境相

*4レーガン政権大統領補佐官(国家安全保障担当)、ブッシュ父、クリントン政権統合参謀本部議長ブッシュ子政権国務長官など歴任

*5朝鮮戦争の主役は北朝鮮ですし、脇役としては中国の他にソ連もいるので「中国の戦争」と表現するのは相当に問題があるでしょう。

*6:党中央組織部長、中央宣伝部長などを経て党総書記。1987年、保守派の批判で総書記を解任され失脚。後任の総書記には趙紫陽首相が就任した。

*7:広東省長、四川省長、副首相、首相などを経て党総書記、党中央軍事委員会第一副主席、国家中央軍事委員会第一副主席。1989年の天安門事件の対応を批判され全ての役職を解任され失脚。後任の総書記には江沢民・上海市党委員会書記が就任した。

*8:党副主席、副首相、人民解放軍総参謀長などを経て党中央軍事委員会主席、国家中央軍事委員会主席

*9:ウィキペ「毛沢東」によれば彼は死ぬまで「党中央軍事委員会主席」として軍トップでしたが、これにしたってむしろ大きい意味を持ってるのはそう言う事よりも「死ぬまで党トップ(党主席)だったこと」でしょう。

*10:正確な表現ではないですね。構造的暴力とは「大量の死者が発生する必要」は必ずしもないからです。「日本の在日朝鮮・韓国人差別や部落差別」「米国の黒人差別、イスラム差別」「いわゆる格差問題、貧困問題」などだって立派な構造的暴力です。従って「規模の大小」はともかく構造的暴力のない国はどこにもないでしょう。「差別も貧困もないユートピア」なんてどこにもないからです。

*11:そもそも神道学て「学問の名前に値する」んでしょうか。産経の記事を読む限り「旧ソ連におけるマルクス研究」「江戸時代における朱子学」的な「御用学問」臭を感じますね。それは本当の学問とは言えないでしょう。

*12:福州市党委員会書記、福建省長、浙江省党委員会書記、上海市党委員会書記、国家副主席、党中央軍事委員会副主席、国家中央軍事委員会副主席などを経て党総書記、国家主席、党中央軍事委員会主席、国家中央軍事委員会主席

*13:毛沢東の次男・毛岸青の息子

Bill_McCrearyBill_McCreary 2017/09/13 07:21 そもそも論として、教科書問題なんて、国家基本問題研究のが触れる問題なのかよと思いますが、そういう常識はないんでしょうね。ここって自称では、日本の安全保障を基本に考える組織でしょ。

>その中でハガキの発案者である近現代史研究家の水間政憲氏

水間の悪質さも相当なものです。連中が学校に抗議するときの一つのパターンです。

>まあ、日本会議とつながりがあると言われると嫌らしいのは産経や安倍も同じようですが。

この間の「ダイヤモンド」の記事で、神社本庁はすでに政治的な力はない、っていう話がありましたが、それとこれとは別ですが、一応そういう主張にも事実かどうかの検証は常にしなければいいけないんでしょうね。少なくとも安倍も産経も藤岡も、日本会議の評判が世間では極めて悪いというくらいの認識はあるのでしょう。

>バックに日本会議や安倍晋三首相がいることを匂わせることで、灘中教科書採択問題を学校法人・森友学園への国有地払い下げ問題と加計学園の獣医学部新設問題に続く安倍政権倒閣運動の第三のネタにしようとする悪質な意図があったことを暗示する事実である。

藤岡の嘘つきぶりも気合が入りましたね。プロ右翼の連中はともかく、昔は藤岡にそれなりに協力していた人も、さすがに呆れかえっているんじゃないんですかね。

しかし藤岡も、最初は自主勉協会のレベルだったのかもですが、途中で「こいつは使える」と右翼からみなされて、それでご当人もその気になった、っていうことなんでしょうが、なんとも無様で無残な姿です。「商売右翼」とはこういう人間でしょう。実際彼は、櫻井よしこや福島香織らとちがい、この路線で大儲けしたはず。

>「その後」を考える集い(仮称)

荒木といい上の藤岡といい、ほんと詐欺師ですね。荒木の場合、北朝鮮崩壊するする詐欺、自衛隊で拉致被害者を救出できるできる詐欺です。

>北朝鮮の引き延ばしが成功して時間を稼ぎ、ミサイルが本当に使えるようになったなら、それを撃ち込む場所として一番可能性があるのは日本です。韓国は近すぎるし通常兵器で済む

マジ論をすれば、日本に核ミサイルを撃つのなら韓国にも撃つでしょう。撃たないわけがない。

> やれやれですね。そもそも荒木が北朝鮮拉致扱いする特定失踪者には北朝鮮拉致だという根拠は何もないですが

まさにこれも北朝鮮に拉致されたされた詐欺ですね。さすがに荒木も、民社党の職員やっていたころはここまでひどい人間じゃなかったのでしょうが、藤岡同様自分がやっていたことが宝くじ並みの幸運で当たっちゃったから、それで狂ったんでしょうね。狂うこいつらがクズなだけですが、いろいろな意味で困ったものです。

コルカタに行きますので、しばらくコメントできません。無事に帰れたらまたさせていただきます。

Bill_McCrearyBill_McCreary 2017/09/13 07:42 >2)有能ではないが彼をそうした地位に就けるメリットが「彼の支持者」にはあり、支持者にはそうするだけの力がある

安倍晋三もまさにこれでしょう。

bogus-simotukarebogus-simotukare 2017/09/13 19:45 id:Bill_McCrearyさん
>藤岡の嘘つきぶりも気合が入りましたね。

 もともとは共産党員ですからねえ。まともな人間なら離党するにしてもデマ極右にはならないでしょう。こうなると党員になったのも「そうすることが利益になると思ったから(たとえば藤岡の恩師が党員であるとか)」という欲得ずくと疑われても仕方がないでしょう。

>日本に核ミサイルを撃つのなら韓国にも撃つでしょう。

 そりゃあ撃つでしょうね。そして米国にも撃つでしょう。「韓国や日本に撃てば」確実に米軍の報復が予想されるわけですからね。

>無事に帰れたらまたさせていただきます。

 無事に帰国した上で是非コメント頂ければと思います。

アンドリュー・バルトフェルドアンドリュー・バルトフェルド 2017/09/13 21:39 >斉藤由貴
彼女がCMに出ている企業に抗議電話をしている連中がいますが、「強い者に当たれぬバカさ加減」や「綺麗ごとが嫌いなくせにそういうときだけ喚くなよ」という感じです。

>神社本庁
神社を擬人化をしたキャラクターで遊ぶスマホゲームを規格したメーカーに猛抗議をして諦めさせたそうです。

それに関しては「ゲームメーカーは安倍の広告塔にならなくて良かった」、「表現の自由を叫ぶオタクはダンマリだね」という意見が見られました。

私の場合は後者に寄っています。ツィッター社に対するデモに関しても「差別し放題の追認」をしているのばかりでしたので。

bogus-simotukarebogus-simotukare 2017/09/13 22:24 アンドリュー・バルトフェルドさん
>「強い者に当たれぬバカさ加減」
 
 まあ、彼女が「メディアタブーなら」そんなこともないのでしょうね。

>「表現の自由を叫ぶオタクはダンマリだね」

 まあお粗末ですよねえ。「表現の自由第一」なら神社本庁を批判すべきだし、本庁を批判しないなら「表現の自由」を金科玉条として振り回せないはずです。

Bill_McCrearyBill_McCreary 2017/09/26 23:02 >梅澤昇平(尚美学園大学名誉教授)

こういう民社党系の政治活動家を、「大学教授」とかで食わしてあげるのは勘弁してほしいですよね(苦笑)。だいたい梅澤氏にこれといった学問業績があるのか。まともな講義すらできるか怪しいものです。

ところで

>『皇室を戴く社会主義』(2013年、展転社)、『ドキュメント民社党』(2014年、ココデ出版)、『安部磯雄と西尾末廣:日本民主社会主義の系譜』(2016年、桜町書院)、『“革新”と国防:民社党防衛論争史』(2017年、桜町書院)

という書籍を見ると、この人はいまでも民社党にずぶずぶのようですね。荒木といい、民社党なんてそんな懐かしがったりありがたがったりするようなものなのかよという気はします。それで「展転社」は荒木の本を出しているくらいで、やはり民社党系の人脈と関係があるのでしょうね。それで「ココデ出版」「桜町書院」というのは、全然知らない出版社ですが、HPを見ると、

https://eshop.yoshida-printing.co.jp/

は、どうも自費出版の会社のようだし、

http://sakuramachi-shoin.com/

というのもあまり定検がある出版社のように思えませんね。まあこれも金を出して出版してもらったという感じじゃないですかね。

bogus-simotukarebogus-simotukare 2017/09/26 23:08 id:Bill_McCrearyさん
>まともな講義すらできるか怪しいものです。

 ですよねえ。

>民社党なんてそんな懐かしがったりありがたがったりするようなものなのかよという気はします。

 まあレベルの低い極右政党ですからねえ。

>金を出して出版してもらったという感じじゃないですかね。

 そうなんでしょうねえ。

Bill_McCrearyBill_McCreary 2017/09/28 18:39 すでにお読みかもしれませんが、地村さんの北朝鮮での生活が地元の新聞で報じられていますね。

http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/243162

まだ始まりですけど、読んだ限りでは北朝鮮側は最大限地村さんたちを丁重かついろいろ慎重に扱っていますね。拉致しておいて丁重もないもんですが、荒木らがほざくようにそんなにたくさんの日本人を拉致したなんてこともなさそうですね。記事で

http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/242574

>北朝鮮で保志さんは日本の新聞の翻訳の仕事などをさせられており

とあるくらいで、これは報じられていましたから私も知っていますが、正直北朝鮮側も、拉致日本人の対応には苦労していたように思いますね。拉致する部門と日本人の世話をする部門が違うのでしょうが、はっきり言って世話する側からすれば迷惑だったでしょう。

Bill_McCrearyBill_McCreary 2017/10/03 22:31 >ICOの代表の本多一夫氏

本多氏について調べて見ましたら、けっこうおもしろい記事がありますね。すでにお読みかもですが。

http://nippon-senmon.tripod.com/hantou/kitachousen/rati_satou.html

>佐藤克巳「救う会」会長に北朝鮮問題を聞く 来年 金正日の悪運尽きる

名前を間違えるなんて失礼極まりないですが(苦笑、指摘もあったんじゃないんですかね)。こちら。

>8.横田めぐみさんに関する真相を知っている筈の橋本、野中

山田 コメ支援で河野洋平外相と共に最も積極的に動いた野中は、橋本派の番頭ということもあって橋本龍太郎元首相もそうだが、横田めぐみさんに関する真相を知っていると思う。

佐藤 ほう、それは。

山田 橋本の密使、本多一夫氏が平成9年2月に平壌で金容淳書記から、めぐみさんの住居を教えられたという話がありますね。本多は、朝鮮人といわれている佐川急便の佐川清会長の懐刃として、佐川と政界との橋渡しを行っていました。佐川急便は金丸信副総裁に巨額の資金を提供する。これが判明して金丸は脱税で訴追される。その時、北から貰った金の延べ棒も出てきます。平成2年9月、金丸は社会党の田辺誠書記長と共に金日成を訪ね、経済支援と戦後補償の密約を交わす。金丸と田辺の女房は共に北出身といわれ、親しい間柄らしい。

佐藤 山田さんと本多との関係は。

山田 本多さんと私は特に親しく、熱海や大洗の観光旅館に6、7回一緒に行ったり、赤坂、六本木界隈を良く飲み歩きました。彼の事務所は六本木にありましたが、部屋には応接セットしかなく、ファッションモデルのようなスレンダーな美人がいつも傍にいました。彼女はどうも朝鮮人だったらしい。まさか、北と関係しているとは、私に言いませんでしたけれど、米大統領直属の情報機関の仕事をしていると言っていました。表向きには、本多氏は故児玉誉士夫系の愛国団体「青年思想研究会」の副議長でしたが、本当は米国の要請で動いていたと思います。

佐藤 米国と本多氏の接点は。

山田 彼はベトナム戦争に米軍人として従軍しました。平成10年8月に癌を患って亡くなりましたが、それ迄、横田基地から米軍機に乗り、米本土の米陸軍病院で治療をしていました。彼が北と密接なコンタクトを持っていたと知っていたのなら、私はもっと色々と聞きたかった。今、そのことが悔やまれます。

佐藤 本多氏の団体葬に橋本元総理が出席したらしい。橋本氏や野中は、北に関する情報を正確に伝えて欲しい。教えるべきだ。

山田 西村眞悟議員によると、3年前に北朝鮮政府の者が横田めぐみさんの写真と引換えに1億円を要求してきたことがあったと言っています。

バリバリの名誉棄損ですが、たぶん右翼連中も、本多氏が亡くなったからこういうことを言えるんじゃないんですかね。たぶん

>私はもっと色々と聞きたかった。今、そのことが悔やまれます。

というのは、存命中は怖くて聞けなかったということでしょう。

ところでbogus-simotukareさんも紹介されている

http://www.sukuukai.jp/mailnews/item_740.html

に、

>●基調講演 佐藤勝巳全国協議会会長
   ●レバノン拉致について(高世仁・ジンネット代表)
   ●北朝鮮の人権問題について(高英起・RENK東京事務局長 三浦小太郎・
北朝鮮帰国者の声明と人権を守る会東京支部長)
   ●米国の対北朝鮮政策について(島田洋一全国協議会幹事)
   ●北朝鮮側発表の虚偽について(西岡力全国協議会幹事)
   ●「その他」の拉致被害者及び拉致疑惑について(荒木和博全国協議会事務局
長)

と、貴ブログおなじみの連中のオンパレードですね(苦笑)。まあ15年間代わり映えがない、逆に言うとあんまり後継者もいないのかもですね。高世もねえ、この間も書いたように、なまじ取材して変な使命感や正義感を持っちゃったのでしょうが、佐藤も島田も西岡も荒木も、高も三浦氏(彼には、多少付き合いがあるので敬称をつけます)も、そういう使命感や正義感があって付き合えるのかよです。

bogus-simotukarebogus-simotukare 2017/10/03 23:08 id:Bill_McCrearyさん
>本多は、朝鮮人といわれている佐川急便の佐川清会長の懐刃として、佐川と政界との橋渡しを行っていました。

 「佐川氏及び在日に対する偏見」は論外としてまあ佐川清と言えば「皇民党事件の黒幕」と噂される御仁ですからねえ。右翼とのつきあいはあるのかも知れません。

>佐川急便は金丸信副総裁に巨額の資金を提供する。

 提供したのは佐川清・佐川急便会長ではなく、佐川清と当時対立関係にあったと言われる「渡辺広康・東京佐川急便社長」ですがこの発言だと佐藤たちは「佐川清が提供した」と勘違いしてそうですね(苦笑)。
 また渡辺は皇民党事件の解決に「広域暴力団稲川会会長・石井隆匡」の力を借りたことで、石井に借りを作り、石井に言われるがママに資金提供したことで会社の経営は悪化するわ、あげく特別背任で逮捕されるわなんですが、渡辺が石井に提供したカネについてはさすがに「北朝鮮に一部流れたと思います」とは佐藤や山田も言わないわけですね。まあウヨ連中もさすがに稲川会は怖いのでしょう(苦笑)。

>存命中は怖くて聞けなかったということでしょう。

「青年思想研究会」の副議長なんて大物右翼はやはり怖いのでしょうね(苦笑)。

>金丸と田辺の女房は共に北出身といわれ

 よくもまあこんな「在日差別」のデマカセが言えるもんです。マジレスすれば二人が親密になったのはお互い国対委員長経験があるから(いわゆる国対政治)つうのが通説的見解ですよね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/bogus-simotukare/20170913/5640158721