bogus-simotukareの日記

2018-11-28

今日の産経ニュース(11/28分)ほか

| 21:58 |

ちきゅう座『不思議でわけの分からぬアベ政権の継続』澤藤統一郎*1

http://chikyuza.net/archives/89333

 詳しい引用は省略します。確かに澤藤氏が言うとおり「まともな人間にとってはモリカケの安倍など論外」であり「安倍政権6年」という現状には「日本も劣化した」という嘆きしか出てきません。まあ、澤藤氏も言うように「諦めたらそこで終わり」ではありますが。


【ここから産経です】

■「気候変動止めようがない」中川毅*2立命館大教授講演

https://www.sankei.com/west/news/181128/wst1811280052-n1.html

 まあ産経なんで、記事タイトル「気候変動止めようがない(本気で言ってるなら温暖化防止の国際的取り組みを否定する暴論です)」から、この講演が

・本命「温暖化CO2原因説を否定。温暖化は自然現象で人為的なものではないとする」

・対抗「温暖化CO2原因説は認めるが、『無理にCO2を減らしたら経済が破綻する』と主張」

のどっちかだろうなと言うことは想像がつきます。記事を信じれば、本命「温暖化CO2原因説を否定。温暖化は自然現象で人為的なものではないとする」のようですが(ただし産経捏造、曲解の疑い、後に中川氏が産経に抗議する可能性が全否定は出来ません)。

 言うまでもなく、こんなんはえせ科学の暴論であり、世界広しといえども自称全国紙がこれとは産経くらいじゃないか。「昨今の温暖化の大きな原因はCO2排出であり、それを減らすことで温暖化是正できる」つうのが通説です。

 もちろん安倍政権ですら「CO2原因説」です。

 確かに「CO2以外にも温暖化の原因はありますが」、CO2の問題をこのように無視することは「飲酒や喫煙以外にも癌の原因はある」といって飲酒や喫煙の発がんリスク肺がんや肝臓癌など)を否定するくらい馬鹿げています。

 まさに日本の汚点「産経」です。


秩父市姉妹都市韓国・江陵との相互派遣中止 抗議殺到で

https://www.sankei.com/life/news/181128/lif1811280030-n1.html

 こういうときこそ、嫌韓国や歴史修正主義排外主義に対し、行政として毅然とした態度を見せてほしいので非常に残念です。とはいえ、交流中止していいとはいいませんが「右翼テロなど不測の事態を避けたい」「いずれ交流は再開したい」ということらしいので、慰安婦銅像を理由に、サンフランシスコ市との姉妹都市をやめた「維新大阪」より、ずっとましですが。

 

■【主張】ウクライナ艇拿捕 この国と平和条約交渉か

https://www.sankei.com/column/news/181128/clm1811280001-n1.html

 早速ロシア悪口雑言の産経です。


■アサンジ氏と密会か トランプ選対本部長

https://www.sankei.com/world/news/181128/wor1811280003-n1.html

 「マナフォートは元本部長」でアサンジ(ウィキリークス創設者)はロシア亡命してるとはいえプーチン政権とは別人格」ですのでよほど堅い証拠(マナフォートがアサンジとともに不正を働き、それをトランプも了承していたという堅い証拠、出来ればそれプラス「それにプーチン政権も加担していたという証拠」)がないとトランプは「アサンジはプーチンとは別人格」「マナフォートはもう首にした」等と居直るだけでしょう。


■「異様な宗教裁判」と米紙 ゴーン容疑者処遇を批判

https://www.sankei.com/affairs/news/181128/afr1811280001-n1.html

 善意に解釈すればWSJには「ゴーン逮捕は無法とかえん罪とか言い切れるだけの証拠がある」、悪意に解釈すれば「ゴーンとズブズブで、黒を白と強弁してる」でしょうが果たしてどうなることか。

*1:著書『岩手靖国違憲訴訟』(1992年、新日本新書)、『「日の丸君が代」を強制してはならない:都教委通達違憲判決の意義』(2006年、岩波ブックレット)など

*2:著書『人類と気候の10万年史』(2017年講談社ブルーバックス)など

アンドリュー・バルトフェルドアンドリュー・バルトフェルド 2018/11/28 23:00 昨日今日の出来事も含めて投稿します。
長くなりますが、宜しくお願いします。

秩父市の件は、上田も流れに棹を挿しているので、タチが悪いですね。
ウヨの抗議が50件あったのですが、毅然とした対応が取れない市の情けなさを感じます。
新聞記事では、朝日の牧野という記者が書いたのが酷いと聞いています。

昨日の入管法改悪も、最悪で文句を言い続けるべきことです。
水道民営化や漁業法改悪による大手資本への叩き売りもそうですが、「野党がだらしない」という思考停止が見られることに怒りがわきます。

上念司が「檻の中のライオン」という立憲主義擁護の書籍を捻じ曲げて、「左巻き云々(使いたくない言葉ですがツィートした内容ですので)は国民を檻に入れたがっている」というデマを吐いています。

勝谷誠彦が亡くなりました。マスコミは毒舌で有名などと持ち上げていますが「誹謗中傷を撒き散らしたと書けよ」と思いました。

bogus-simotukarebogus-simotukare 2018/11/28 23:52 アンドリュー・バルトフェルドさん
>毅然とした対応が取れない市の情けなさを感じます。

 まあその点は同感ですね。大阪市のように韓国を誹謗しない点はいくらかましですが。

>「野党がだらしない」という思考停止

 野党に問題が全くないとは言いませんが、もはやそういうレベルではないでしょう。自民の無法を容認するのか、つう問題でもあるし、テレビ局が特にそうですが、まともに批判報道しないメディアの問題もあります。

>マスコミは毒舌で有名などと持ち上げ

 誹謗中傷と毒舌は違いますよねえ。「死もまた社会奉仕(山県有朋死亡時の石橋湛山の発言とされる)」「先生と言われるほどのバカじゃない」「暖室で酒飲みながら主戦論(戦前の反戦川柳)」のようなのが毒舌でしょう。

リベラルリベラル 2018/11/29 09:52 勝谷はウヨ系でしたが、有田芳生や辻元清美、田中康夫らリベラル系とも親しかったですね。
それと、勝谷が読売テレビ「そこまで言って委員会」を降板させられた理由が、勝谷が小沢一郎シンパになったからと言われてます。
この番組は、陸山会事件(小沢は無実だったのに)以降小沢バッシングを辛坊治郎を筆頭に繰り広げており、小沢を礼賛する勝谷が気にくわなかったと言われています。
そのせいか、本日の読売テレビ「す・またん」でも辛坊は勝谷死去のニュースでも勝谷の事にあまり触れませんでした。
「そこまで言って委員会」の功労者といっていい勝谷なのですが。

bogus-simotukarebogus-simotukare 2018/11/29 18:15 リベラルさん
 むしろ「過去の人」であり「たいした業績もない勝谷」のことなど触れない方が正しいと思いますね(辛坊の思惑が何であれ)。