Hatena::ブログ(Diary)

2014

2011.02.14.月

きゃべこをずっと聴いていた。

数週間前、twitterで知った女性ラッパーのきゃべこ。このところ、大きな転機…と言ったら些か大袈裟であるかもしれないが、それなりにダイナミックな私生活での変化の最中でずっと聴いていたのが彼女の「とか。」という曲だった。soundcloudにupされている他2曲を含めて一聴した折は、女性版yasuri?という曖昧な感触でしかなかったが、聴き込むに連れて、今の日本語ラップに彼女のようなラッパーをこそ待望していたのだと興奮しきりである。管見の限りbiography、活動拠点等は不明のようだ。個人的には早くも2011年版「Rollin' Rollin'」的クラシックに決定。『ゼロ年代の音楽 ビッチフォーク編』なんかをサブテキストに考えてみたいラッパーである。デモCD-Rやライブ、今後の活動には大いに期待している。リリックを私的耳コピメモ。

追記:光栄にも、ご本人よりリリックを教えて頂いたので転載。

http://twitter.com/kyabeko/status/36927675536773120



きゃべこ「とか。(Track HakobuNe) 」

http://soundcloud.com/kyabeko/track



(ばーす 1)

となり町までちょっと自転車こいでいこう。

こーりんぐ、こーりんぐ。

もしもしー?

電話の向こう「今ね近くの公園の向こうにいるんよ。ちょっとおいでよ」と。

なんでもない温かい昼下がりに通る最短の道

また咲いたん?

喋らない、花は。

当たり前なのにねー。

独り言つぶやいてる、心の中で。

わん 2ー、わん 2ー。

横断歩道の白黒ステップ踏んだら、暮れない日が落ち着いて

秋吹く風、空色変わるカラー、哀愁さまよって一息つく。

人で一杯の駅近い道の渋滞にあって身を任せ家まで。


(ふっく)

たそがれ、風ふく、まちに

たそがれ、雨ふる、まちに


(ばーす 2)

同じ場所ばかりをぐるぐる回って

きっといつも、そうしてきたのに。。

いつからかわからないけど、手と足がかくれんぼ。

ずっとずっと素直には、なれんよ。

砕けたあとの着ぐるみパーツ 静かに再建してく背景のビルディング

広がる世界の裏側で、今日の夕飯考えて。

そんな毎日は布のようで針と糸でつながってる

縫い合わされてるパッチワークに、心でつながってるよ人間も。と

またひとりごと喋って、部屋のあかりをつけた。

ぱちん。


(ふっく 2)

暗い暗い場所にあかりがともって、綺麗と言う言葉で足りない。

夢の中に落ちて、またあした。また会えるよ、と繰り返して。