Hatena::ブログ(Diary)

bokuju とか tabe1hands の日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2011-03-18

[][] Fedora14 x86_64にSkypeをいれる。

Fedora用のSkyepのRPMを入れるが、 libasound.so.2 がなくて、起動しない。

# rpm -ivh skype-2.1.0.81-fc10.i586.rpm
# /usr/bin/skype                                                                                                                                             
/usr/bin/skype: error while loading shared libraries: libasound.so.2: cannot open shared object file: No such file or directory
# ldd /usr/bin/skype                                                                                                                                         
        linux-gate.so.1 =>  (0xf77a4000)
        libasound.so.2 => not found
        libXv.so.1 => not found
        libXss.so.1 => not found
        librt.so.1 => /lib/librt.so.1 (0xf7782000)
        libQtDBus.so.4 => not found
        libQtGui.so.4 => not found
        libQtNetwork.so.4 => not found
        libQtCore.so.4 => not found
        libpthread.so.0 => /lib/libpthread.so.0 (0xf7765000)
        libstdc++.so.6 => not found
        libm.so.6 => /lib/libm.so.6 (0xf773a000)
        libgcc_s.so.1 => not found
        libc.so.6 => /lib/libc.so.6 (0x4af0c000)
        libdl.so.2 => /lib/libdl.so.2 (0xf7735000)
        /lib/ld-linux.so.2 (0x4aee8000)
        libX11.so.6 => not found
        libXext.so.6 => not found

以下の、パッケージをインストールすると良い。

# yum install glibc.i686 alsa-lib.i686 libXv.i686 libXScrnSaver.i686 qt-x11.i686

2011-02-13

[][]tmuxでsshしたサーバーを新しいウィンドウで開く

bash環境。

以下を.bashrcに仕込む。

function ereg(){
    local _reg=$1
    local _text=$2
    echo "${_text}" | grep -E -q "${_reg}"
    if [ $? -ne 0 ]; then
        return 1
    fi  
    return 0
}

function check_ipaddres(){
    local _text=$1
    ereg '[0-9]+\.[0-9]+\.[0-9]+\.[0-9]+' "${_text}"
    if [ $? -ne 0 ]; then
        return 1
    fi  
    return 0
}

function ssh_screen(){
    eval server=\${$#}
    check_ipaddres "${server}" 
    if [ $? -eq 0 ]; then
        server=$(echo ${server})
    else
        server=$(echo ${server} | cut -d . -f 1)
    fi
    eval tmux new-window -n "'${server}'" "'ssh $@'"
}

if [ "$TERM" = "screen" ]; then
    alias ssh=ssh_screen
fi    

2011-01-18

[]Fedora14 on MacbookAirで、ファン回転数を変更する

# echo 1 > /sys/devices/platform/applesmc.768/fan1_manual 
  • ファン回転数を変更する
# echo 3000 > /sys/devices/platform/applesmc.768/fan1_output
#!/bin/sh

# 初代MacbookAirのFanを操作するスクリプト

RPM=$1
if [ "$RPM" == "" ]; then
    # fan control off
    sudo su -c 'echo 0 > /sys/devices/platform/applesmc.768/fan1_manual'
else
    # fan control on
    MAX_RPM=`cat /sys/devices/platform/applesmc.768/fan1_max`
    MIN_RPM=`cat /sys/devices/platform/applesmc.768/fan1_min`
    [ $RPM -lt $MIN_RPM ] && RPM=$MIN_RPM
    [ $MAX_RPM -lt $RPM ] && RPM=$MAX_RPM
    sudo su -c 'echo 1 > /sys/devices/platform/applesmc.768/fan1_manual'
    sudo su -c "echo $RPM > /sys/devices/platform/applesmc.768/fan1_output"
fi
  • 環境

初代Macbook Air

Fedora14 32bit

  • 参考

http://ubuntuforums.org/showthread.php?t=969183

2010-12-02

[]Pythonのstr.stripで拡張子を除くと意図しない挙動

こんなかんじ

>>> 'detail.xml'.strip('.xml')
'detai'

対策はこんな感じや

>>> 'detail.xml'[:-len('.xml')]
'detail'

こんな感じです。

>>> import os
>>> os.path.splitext('detail.xml')[0]
'detail'

で、これはバグなの?いや、仕様です。

4. Built-in Types — Python 3.6.1 documentation

the chars argument defaults to removing whitespace. The chars argument is not a prefix or suffix; rather, all combinations of its values are stripped:

そもそものstr.stripの挙動は、こんな感じです。

>>> ' spacious '.strip()

'spacious'

>>> 'www.example.com'.strip('cmowz.')

'example'

よくよく考えるとあたりまえですね(^^;

環境

Python 2.7

参考

http://docs.python.org/library/stdtypes.html#str.strip

http://bytes.com/topic/python/answers/845353-strip-module-bug

2010-12-01

[][][][]bitlbee + pidginTwitterをみる

bitlbee は、いろいろなIMネットワークプロトコルIRCで繋げるようにするゲートウェイです。

bitlbeeはTwitterにも対応しているらしいので、Pidginからbitlbee経由でTwitterをみてみました。

使ってみて、メインのTwitterクライアントとしては正直使えないと思いました。

今後に期待です。

環境

Fedora 14 x86_64

bitlbee-3.0-1

pidgin-2.7.5-2

bitlbeeの導入

bitlbeeはxinetd経由で起動させるため、bitlbeeに加えてxinetdも導入します。

# yum -y install xinetd bitlbee

プロキシを使用している場合は以下を設定します。

# vim /etc/bitlbee/bitlbee.conf
以下を追加
Proxy = http://Proxyサーバー名:Proxyポート番号
例) Proxy = http://192.168.0.10:8080

bitlbeeをxinetd経由で起動します。

# vim /etc/xinetd.d/bitlbee
以下を編集
disable = yes
↓
disable = no
# chkconfig xinetd on
# /etc/init.d/xinetd restart

pidgenの設定

bitlbeeに接続します。

プロトコル:IRC
ユーザー名:任意
サーバー  :localhost
パスワード:任意 ※いらないかも
パスワードを保存する:チェック ※いらないかも

接続すると&bitlbeeというチャットルームが開きます。

ここでメッセージを入力することでbitlbeeに対してコマンドを発行することができます。

PidginTwitterに接続

tiwttter用のアカウントをbitlbeeに追加します。

account add twitter Twitterユーザー名 Twitterパスワード
例) register account add twitter tabe1hands hogehoge

アカウントを有効にして、TwitterOAuthします。

account on

アカウントを有効にすると、&bitlbeeのチャットルームにtwitter_Twitterユーザー名のユーザーが表示されると思います。

そちらにOAuth用のURIが表示されるのでPINを取得して、twitter_Twitterユーザー名にPINを送信すると、接続終了です。

#twitter_Twitterユーザー名のチャットルームが開くと思います。

Twitterアカウント情報を保存する

Pidgenを終了したら、アカウント情報が消えてしまいます。

&bitlbeeのチャットルームでアカウント情報を保存します。

アカウント情報を保存するにはbitlbeeで使うパスワードを設定します。

register bitlbeeで使うパスワード
例) register hogehoge

そうすれば以下のコマンドでアカウント情報を保存することができます。

save

Pidgin再起動したときは以下のコマンドでアカウント情報を呼び出すことができます。

identify bitlbeeで使うパスワード
例) identify hogehoge

あとはaccountをonにするとTwitterに接続できます。

account on

面倒くさいですね。

使い方

つぶやく

#twitter_Twitterユーザー名のチャットルームで書きこむとつぶやけます。

フォロー

&bitlbeeのチャットルームで以下のコマンドを実行します。

add bitleeの自分のTwitterアカウントID フォローしたいTwitterのユーザー名
例) add 0 tabe1hands

TwitterアカウントIDは以下のコマンドで確認できます。

account list

アンフォロー、ブロック、リツイート、リスト対応

まだできないみたいです。

リツイート、リプライは2010-08-08以降のソースだとできるようです。

参考

http://princessleia.com/bitlbee.php

http://wiki.bitlbee.org/HowtoTwitter

http://www.nofuture.tv/index.rb?TwitterBitlBee