Hatena::ブログ(Diary)

びわ湖一周ヨシ舟プロジェクト【公式ページ】 このページをアンテナに追加 RSSフィード

この事業は、株式会社モンベル「チャレンジ支援プログラム」と公益財団法人 京都地域創造基金「プラスソーシャルプラスファンド」から助成を受けております。 ヨシ舟の展示、見学、御支援いただける方は、左記リンクよりご連絡ください。 20111110211758 20110927104919

志団杯 参加中です。イイネ!宜しくお願いします。 びわ湖一周ヨシ船プロジェクト | F

2012-02-23

よ〜し、刈るぞ!ヨシ刈りボランティアin西の湖 2月26日(日)【参加無料】

f:id:bokushita:20120223003451j:image:w360

参加無料、申し込み不要です。

日時  :2月26日(日)10:30〜12:00?

場所  :滋賀県蒲生郡安土町下豊浦5428

集合場所:10:00に現地(B&G海洋センター)集合/MAP参照

     ※当日は「ヨシでびわ湖を守るネットワーク」の旗を

      目印にお集まりください。

     ※駐車場あり(できるだけ乗り合わせでお越しください)

持ち物 :軍手・長靴・帽子・雨具・飲み物・鎌(お持ちの方のみ)

服装  :作業のできる暖かい服装

主催  :安土町商工会・東近江水環境自治協議会

※悪天候の場合 問合せ先:0748-46-2957

http://reeden.shiga-saku.net/e746710.html


2月24日(金)午前7:45〜午前7:55 (再放送)午前11:30〜午前11:40

NHK BSプレミアム ニッポンの里山 ふるさとの絶景に出会う旅(再)

命のゆりかご ヨシ原 (2012年 滋賀県近江八幡市http://www.nhk.or.jp/satoyama/

この放送の舞台となるのが、まさにこの西の湖となります。

他の地域のヨシ刈りやお話を聞かせていただいた中で、古くからヨシ刈りやヨシ地焼きを継続してきたヨシ帯があり

今日においてなお刈り取られたヨシが産業として活用されている西の湖は大変珍しい地域だということが改めて分かりました。

さらに、滋賀県民にとって水、即ち琵琶湖という発想が根付いているため

ヨシ原を保全することが単に景観を守るというだけでなく、琵琶湖全体の環境を守るという

里山・人里・里湖との関係性のイメージを容易にさせているように感じます。

また、恥ずかしながら改めて「入会地」や「結い」という概念に着目しているのですが

入会権(いりあいけん)とは、村落共同体等(入会集団)が、一定の主として山林原野において土地を総有し、伐木・採草・キノコ狩りのなどの共同利用を行う慣習的な物権であり、民法が定める用益物権である。入会権が設定された土地のことを入会地(いりあいち)という? http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%A5%E4%BC%9A%E6%A8%A9

26日に刈り取るであろうヨシ原もそうです。

人と自然の心地いい関係がここにあると実感しています。

まだまだ僕自身、葦の髄から天井を覗いている状態です。

500年も前から代々守り育ててこられた西の湖のヨシ原

時代の変遷の中で、その役割は変わってきているのかもしれませんが

毎年毎年、善意で葦刈りに参加してくだる方々に、いつか私自身の手で

楽しかった来年も来たい

そう思ってもらえるような取り組みが出来たらと思います。

今年は、そのキッカケとして皆さんに刈り取っていただいたヨシを活用して

西の湖産のスダレの企画を予定しています。

昨年に引き続き節電の要請がなされると思いますが、

この夏は西の湖のスダレをご活用いただければ幸いかと存じます。

いずれまたコチラで紹介させていただきますので宜しくお願いします。

興味がございましたら是非ともお問い合わせください。

当日は100名近くの参加になるかと思いますが、これまで来たことがない若い人も

意外と色んな人が参加してることを実感してもらえるかと思います。

参加する理由は何だってかまいません、ぶらぶら見に来るだけでもOK

それくらい懐の深い場所がここにあります。

[葦の髄から天井を覗く] ヨシの中心の細い穴を通して天を見ても、天のごく一部しか見えないように、自分の狭い見識で物事を判断しようとすると大きな失敗をする、というたとえ。

2012-02-01

―自然の中で、自然のために―「2月12日西の湖ヨシ刈り体験」参加者募集

f:id:bokushita:20110213104704j:image:left




















―自然の中で、自然のために―西の湖ヨシ刈り体験

http://www.facebook.com/events/200897396673758/

葦の保全と活用、水辺の環境や景観をまもる活動、ヨシ刈​り体験ボランティアに参加しませんか?寒い時期ではあり​ますが、多くのご参加をお待ちしています。

★2012年2月12日【日曜日】集合9時00分

10時00分〜12時00分 ヨシ刈り体験

13時00分〜15時00分 和船に乗って西の湖探検(​船頭奥田さんのガイド付

               ヨシ工作(ヨシキャンド​ル作り)

※ヨシ刈り体験だけの参加もOK!!ヨシ工作参加の場合​参加費100円

★持ち物

昼食、飲み物、雨具、軍手

★服装

作業の出来る温かい服装、厚底の靴

★場所

滋賀県近江八幡市安土町下豊浦5428

http://www.bgf.or.jp/​center/0463.html 

★無料駐車場あり

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★​★

主催:東近江水環境自治協議会

共催:コープしが第5エリア協議会

ヨシは、水辺や湿地に生えるイネ科の植物。地上にでてい​る茎の部分は、春から夏にかけ一気に4.5m長いもので​は5mにも成長します。1日で30cmも成長するものも​あるとか!

この驚異的な成長の過程で、二酸化炭素をたくさん吸収し​、更に、根からは窒素やリンを吸いあげるため水もきれい​にしてくれます。他にも野鳥の営巣地、琵琶湖の在来種の​魚たちの産卵場といった一面も。

刈り取られたヨシは、ヨシズやスダレ、建具の原料にされ​てきました。また宮中や寺社などに伝わる日本古来の音楽​や舞である雅楽に使われる楽器、篳篥(ひちりき)の素材​であるといった文化芸能とも深い関係をもち、日本人にと​ってヨシはなくてはならない植物だったのです。【茅の輪​くぐりの輪っかの部分も!】

しかし今では、日本人の生活様式の変化によってヨシ自体​が使われなくなっただけでなく、ヨシ製品は中国からの輸​入が主流になり、ヨシ原のヨシは刈り取られなくなってし​まいました。

ヨシは手入れをしてあげないと、質の良いものが育たなく​なってしまいます。しかも、枯れて腐ったヨシは吸収した​チッソやリンをまた川に戻してしまう。だから、冬に刈り​取りをすることが重要なのです。

3月には、ヨシ焼き

また、今年は、西の湖産のヨシを使ったヨシズやスダレを​復活させようと、使われないまま放置されていた手編みの​ヨシ編み機の補修をおこなっています。

ますます盛り上がる安土にふるってお越しください!

2011-11-11

いよいよ出航です11月12日 · 9:00 - 13:30

f:id:bokushita:20111111053047j:image:w360

今年2011年は、びわ湖の日30周年という滋賀県の環​境を考えるにあたって記念すべき年となります。関西に住​み琵琶湖の水の恩恵を受ける自分たちも何かできることは​ないのだろうかと思いたち

自分の住む滋賀県近江八幡市安土に馴染みの深いヨシ(葦​)という植物を使ってヨシ舟を制作しました。

全長12m、重量900kg、幅2,2m、高さ5,5m

防腐・防水加工として柿渋・アマニ油を添付

ヒノキを組み合わせた木枠を直径70僂裡欧弔離茱靴梁​で結束する双胴船の形状

舵・安定板は着脱可能、マストは倒すことができる。

計算上は16名まで乗船可能。

警察の許可の関係で、当初予定していたようなほぼ人力と​風力のみに頼る形の航行は、できないかと思いますが 、今回が、そのスタートとなります。

車での伴走や、宿泊、乗船等のサポートもまだまだお願い​しているので

宜しくお願いします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

場所:滋賀県近江八幡市安土町下豊浦7598

(有)石匠近江 安土弁天工場前。一応、駐車スペースもあります。

http://bit.ly/vA2vsL

JR東海道線安土駅より徒歩20分

タクシー5分

西の湖沿いにある「やすらぎの郷」の信号を左折

もしくは、B&Gの途中にある場所とお伝えください。

時間;9時〜13時30分を予定

9時集合

9時30分出発http://bit.ly/vA2vsL

※観光船に伴走してもらうので、長命寺港まで一緒に乗船​することも可能です。また、10時頃まで乗船して岸に帰​ってくることもできますので事前にご連絡ください。

13時30分長命寺港到着http://bit.ly/9JPBua

費用:無料(伴走船のガソリン代なんかをカンパしてくだ​さると助かります。)

来ていただける方は、nakaetakac@yahoo​.co.jpまで

ヨシという植物は、毎年冬に人が刈り取って、野焼きをし​てやることによって

ヨシが持つ水質浄化作用や鳥や魚たちの営巣地になるなど​といった本来の機能を発揮し、豊かな生態系をつくりだし​ます。

また、古くからスダレや建具、茅葺屋根の材として使われ​、

最近では、アイスやうどん・ヨシ紙などの加工もされてい​ます。

しかしながら、全体的な需要や、伝統的なヨシ産業の担い​手は減少をたどる一方です。

私たち若い世代を含め、一人でも多くの方が、このヨシ舟​を通して身の回りの環境に関心をもってもらえたらと思い​ます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

協賛・助成

株式会社 モンベルhttp://www.montbell.jp/

公益財団法人 京都地域創造基金http://www.plus-social.com​/index.html


D

これから土日ごとに回っていく予定です

長命寺港→彦根港

彦根港→長浜港

長浜港→竹生島北部を通過→今津港

今津港→南小松港

南小松港→堅田港

堅田港→大津港

イイネ!宜しくお願いします。 びわ湖一周ヨシ船プロジェクト | F