続ドクバリニッキ このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2006-01-22 ムーブメントの死。 このエントリーを含むブックマーク

ブログ界隈をぶらーっと眺めてみると、『アイドルマスター』というアーケードゲームの話題がありまして。


『アイドルマスター』という一部の人間に熱狂的なアーケードゲームがある。

しかしその熱狂に対しゲーセンでのインカムは悪く、筐体が撤去される店や縮小される店があり、さてどうしたもんか? という話題。


『アイドルマスター』に関しては「次のコミケで盛り上がるジャンルはこれに違いない!!」という先行投資というかインサイダーというか(笑)、そういう情報があり自分もプレイしたことはあります。とりあえず興味として知っておこうかなぁという感じで。

初プレイしてそのとき感じたのが「これ、ゲーセンでプレイするのは恥ずかしいよね」と「ものすごくお金がかかるゲームだなぁ」ということ。

熱狂的なコアファンからすればその恥ずかしさを打ち捨てお金を注ぎ込んでこそこのゲームの良さがわかるんだ!! ということになるんでしょうけれど。


で、ここで気付きませんか?


自分のようにあまりゲーセンに行かない人間と、コアファンとの間でこの時点でものすごい温度差があることを。

熱狂的なコアファンが「アイマス維持のためにお前らゲームやれよ!!」と叫んでも、ゲームをプレイしない人間からすれば「それはコアファンの勝手な事情でしょう?」と。

そしてそれは今までの数多くのゲームがぶつかってきた壁なんですね。


ゲーセンのゲームに限らず、あるゲームがひとつのムーブメントとして維持していくためにはふたつのことが必要です。

ひとつは新規プレイヤーの流入があること。

もうひとつはコアなファンの流出がないこと。

この流入と流出の数がかならずプラス、あるいはイコール、はたまた緩いマイナスで、そのゲームをムーブメントとして維持できる人数が常に確保されていなければゲームはムーブメントとして維持できません。


コアなファンだけで維持できるムーブメントというのもありますが、新規流入がない限りその先に待ってるのはやっぱり緩やかなムーブメントの死です。


自分がブログ界隈の話題を読んでるとどうもコアファンからの目線ばっかりで、新規ファン獲得に目線がいかないのはなぜなんだろうかなぁと思いまして。

コアファンは「こういう改善をしてくれ!!」「ああいう改善をしてくれ!!」とたくさん改善策を掲げます。

だけどそれらの改善策は新規ファン獲得にまったく繋がらないんですね。それよりその改善策をおこなうことで新規ファンが入ってくることを妨げる要因になることすらあります。

しかしなぜムーブメントの維持を考えるとき、新規ファン獲得を第一に掲げるということがないのでしょうか。


そこには時間とお金を注ぎ込んできたコアファンと、時間もお金も注ぎ込んでいない新規ファンとがイコールであってはならないということもあるのでしょう。

差はあって当たり前だ、と。

差がつくぐらいなら新規ファンなんていらない!! と。

しかし今までムーブメントになってきたゲームはこの差をうまくリセットしてるんですね。

それは続編やバージョンアップ、新作のリリースです。

これをおこなうことでコアファンも新規ファンも(みせかけの)スタートラインは同じですよ、としてきたわけです。


そう、新規ファン獲得にはやっぱりスタートラインをみせかけだけでも同じにすることが必要だと自分は思うんですね。

一番最下層、一番最後方からスタートなんてよっぽどのドMじゃない限りやっぱりやりませんよ。


そしてネットゲームが直面している問題がこれだと思うんですね。

コアファンと新規ファンとのあいだにレベル差がありすぎる。

新規ファンを獲得するためにはスタートラインを同じにしなければいけない。

しかしスタートラインを同じにするとコアファンが逃げてしまうし、コアファンが逃げてしまえばそのゲームの面白さも損なってしまう。

(コアファンには「このゲームはこういうふうに遊べるよ」と示すことで、そのゲームの面白さを新規ファンに伝えるというチュートリアル的役割もあるので)


このコアファンと新規ファンの問題はどうすれば解決できるのか、これに目を向けない限りムーブメントの死の問題は解決しないような気がします。


『アイマス』に関して言えば、自分が冒頭に書いたように「店頭では恥ずかしい」と「お金がかかりすぎる」というのが新規ファン獲得の大きな問題点だと思うんですね。

設置店が少ないとか近所に置いてないってのもあるでしょう。

それであれば家庭用にすればまだまだ延びしろがあると思いますし、それは技術的にもできると思うんです。

もちろんそれをやればその時点でスタートラインが一緒になるわけですし。


ニンテンドーDSの『マリオカート』とかプレイしてると、『アイマス』のオーディションもこの形式でできるんじゃないかなぁと思うんですけれど。

やっぱり「アーケードのあの筐体でないとイヤっ!!」って人が多いのでしょうかね?


あ、自分はPSPかDSで『アイマス』出たらやりますよ。

Connection: close