蛞蝓橋奇譚 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-07-01 田園に迷う・その5

[]こけしに似た人たち 00:44 こけしに似た人たち - 蛞蝓橋奇譚 を含むブックマーク

龍舞の駅前を歩いていたら、交通安全を叫びながらバス停に並んでいるこけしに似た人たちを見ました。

f:id:bonkura30roh:20060627155443j:image


龍舞という地名は、ちょっとカッコいいので以前から気になっていましたが、今回の散歩中に龍舞の休泊小学校の隣にある賀茂神社の看板に、それらしい記述があるのを見つけました。

貞観三年(861年)に羽生の方で反乱が起こり、上野の国司であった藤原長良が勅命によって討伐をしました。その戦いの際に長良は利根川の川岸にずらっと細長い陣、いわゆる長蛇の陣を布いたんだそうです。で、この龍舞の地を中心に四神すなわち青龍白虎朱雀玄武の四本の旗を立て、戦いを挑みました。すると青龍の旗が風に舞い一匹の龍に変化して空に駆け上がると、いきなり真っ黒な雷雲が現れて土砂降りの雨となりました。長良軍はその雷雨に乗じて奇襲を行い、反乱軍を蹴散らしたのです。

この藤原長良という人物、桐生の方でも蛇退治の伝説を残していて、彼を祀る神社がいくつもあります。ここで語られている蛇や龍と言うのは、おそらくは川のことなのでしょう。とすれば長良という人物は治水に関して何らかの功績があったのかもしれません。

ちなみに休泊小学校の休泊というのは大谷休泊のこと。彼は戦国時代に活躍したこの地方の行政官で、多々良沼の防風林や用水路の建設などの開拓事業に生涯を捧げた人物です。

2006-06-30 田園に迷う・その4

[]龍舞駅 23:59 龍舞駅 - 蛞蝓橋奇譚 を含むブックマーク

東武小泉線の龍舞駅は1942年(昭和17年)に建てられた趣のある木造建築の駅舎が殆どそのまま、もちろん現役で使われています。無人駅ですけど。待合室の木のベンチや改札の雰囲気はまさに私好みで、まるで映画の中に自分が入っていくような感じが味わえます。

f:id:bonkura30roh:20060627154526j:image

この群馬栃木との県境に広がる田園地帯は、岩井俊二監督の映画『リリィ・シュシュのすべて』のロケ地となったところです。岩井監督は『花とアリス』という作品でも足利で撮影しています。だいぶお気に入りのようですw。散歩の前にこの二作品をDVDで予習をしておくと、より楽しめるかもしれません。

ただ、このコースは歩くとなるとあまりに広いので、自転車の方がいいかも。

2006-06-29 田園に迷う・その3

[]塚廻り古墳第四号古墳 00:29 塚廻り古墳第四号古墳 - 蛞蝓橋奇譚 を含むブックマーク

いやあ、暑いですね。梅雨はドコいっちゃたんでしょうかw

ついでと言ってはなんですが、太田市の龍舞にある塚廻り古墳から見た碓神社の杜の写真です。

この写真だと近そうに見えたりしますが、それは周囲に何にもなくて遠近感がおかしくなってるからで、うっかり歩いていったりするとなかなか大変です。水田の上を渡る風は涼しいですが、日差しから逃げ隠れするところがありませんから、飲み物と帽子は忘れずに行きましょう。

ここには七つの古墳があって、この四号墳からはたくさんの象形埴輪が見つかっています。墳丘自体は本当に小さいものですが、出土した埴輪がリアルに再現されていて、マニア心をくすぐります。よそではあまり見られないタイプの古墳です。推定築造時期は6世紀の中頃。国の重要文化財に指定されています。

こうした小さな古墳が荒らされずに綺麗に残っていたのは、おそらく渡良瀬川や利根川の流れている場所が移動したために、人の多く住んでいる場所が時代によって変わってしまったからでしょう。

f:id:bonkura30roh:20050831162221j:image

ここから見る夕焼けはとっても綺麗ですよ。

みんなのプロフィールみんなのプロフィール 2006/06/30 10:43 ブログ開設おめでとうございます!!

アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://blog.livedoor.jp/freshman_box/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://blog.livedoor.jp/freshman_box/?mode=edit&title=%E5%7C%E5%9F%8B%B4%8A%EF%E6%9D&address=http%3A%2F%2Fd%2Ehatena%2Ene%2Ejp%2Fbonkura30roh%2F


お問い合わせはコチラから
http://blog.livedoor.jp/freshman_box/?mail

2006-06-28 田園に迷う・その2

[]神社のウス石 22:32 碓神社のウス石 - 蛞蝓橋奇譚 を含むブックマーク

まだここの使い方に慣れていなくて、オロオロしながら書いています。

昨日の続きです。

神社・・・ちょっと難しい漢字ですね。ウス神社と読みます。

その名前の通り、杜のはずれにウス石と呼ばれる丸い穴の開いた大きな石が転がっています。神社に向かう道の端にあるので、すぐに見つけられると思います。丸い穴は明らかに人工的に加工されたもので、確かにウスのように見えます。

同じような石が神社の境内にもあります。これは間違いなく、昔ここに建っていた建築物の礎石でしょう。それも、かなり大きな建物だったのではないでしょうか。

残念ながら、この石だけでは建物の規模や時期はわかりません。昨日も書いたように、現在は見渡す限りの田園風景ではありますが、碓神社の周囲には古代の遺跡が点在しています。ですから、ここを発掘してみたりすると、意外な発見があるかもしれません。

f:id:bonkura30roh:20060627151504j:image

ただ、この石を動かすと天変地異が起こると言う不吉な言い伝えが残っていたりしますw。

2006-06-27 田園に迷う・その1

[]神社の杜 01:04 碓神社の杜 - 蛞蝓橋奇譚 を含むブックマーク

某所で書いていたお散歩ブログをこっそりと復活したいと思います。

私が散歩をしながら考えたコトや見つけたモノを写真と一緒にUPしていきます。

ブログのタイトルになっている蛞蝓橋というのは、我が家の前に流れる小川に架かる木造の小さな橋のことです。近辺は自然が豊かで歴史も深く、とても楽しく散歩のできるところです。その蛞蝓橋ってドコだ!…って突っ込みが入りそうですが、それは内緒ですw。色んなお散歩スポットを紹介することで、蛞蝓橋の観光マップみたいになっていけばいいと考えています。

今日の写真は群馬県太田市沖之郷の碓神社の杜です。

沖之郷地区と言えば気が遠くなりそうなほど広大で美しい田園風景が広がるところです。神社の杜は田んぼの真ん中に、まるで小島のようにポツンと浮かんでいます。普段は農作業をしている人以外、まったく人影はありません。ただ神社の近くには国の史跡にも指定されている塚廻り古墳や藤本観音山古墳があり、古代から人々の暮らした土地だったようで、ちょっと意外な感じもします。

f:id:bonkura30roh:20060627151943j:image

梅雨の時期の貴重な晴れ間。

とても涼しげな風景です。