bono2の日記

2005-05-05

[] HotTime for WristPDA Ver1.0正式公開

 ひぐちさんのHotTime for WristPDAがVer1.0として正式公開されました。こちらになります。bono2はVer0.7から変えてなかったので早速Ver1.0を入れてみました。

 なぜ、変えていなかったかというとひぐちさんのサイトにも書いてありますが、バージョンが変わると壁紙も作り直さないといけないからです。bono2は調子に乗っていろいろつまらない壁紙を作っていたので面倒くさくて変えてなかったのです。ひぐちさんがこのVer1.0以降は基本的にはバージョンアップしないとのことをサイト上でアナウンスしています。これならばっと思い、Ver1.0にしてみました。

 さて、壁紙を作り直します。とりあえずお気に入りの「ぼのぼの」の壁紙を作ろうと思って、元になるBitmapファイルを探してみました。あれれ、ありません。160×160、グレースケールに変更してたのがないです。消してしまったみたいですね。気を取り直して、JPEGから作り直します。bono2は、ViXを使っています。これが一番手軽です。最新版は、Ver2.21のようですね。これを使って次のように変換していきます。

1.変換するファイルを選択する。

2.「編集」→「トリミング」で、160×160のサイズで切り取る。サイズが合わないときはこの前に「編集」→「リサイズ」でサイズを適当の大きさにしておく。

3.「編集」→「色調変換」→「モノトーン」でモノクロ画像になる。

4.WristPDA上で表示されると色がかなり薄く表示されるので元データが薄い場合は、「編集」→「明るさ・カラー」で調整しておく。

5.「編集」→「減色」→「16色」でグレースケール16階調にする。

6.最後にこれをBitmapで保存します。

 これで元データの完成です。後はこれをひぐちさんからもらった壁紙変換ツールで変換します。出来たprcファイルをWristPDAにインストールします。

 何回もやっている作業なので何も問題ないと思っていたのですが、時計表示させてみてびっくり。壁紙がおかしいです。変換でミスったのでしょうか。以前はViX Ver1.35を使ってました。とりあえずそのバージョンで作ったBitmapを変換させてみました。ちゃんと表示されます。ViXのバージョンの違いの影響のようです。

 ここでHALさんのサイトでひぐちさんの変換ツールを使わないで壁紙データを作る方法が紹介されていたのを思い出しました。詳しくはこちらです。bono2が説明するより、HALさんの説明の方が分かりやすいです。手抜きではありません・・・。

 ここの説明のとおりにPRCeditにViX Ver2.21で作った元データをコピペしてみました。これをセーブしてWristPDAにインストールしました。表示されます・・・。ひぐちさんの壁紙変換ツールのバグかな。そういえば、以前も色の変化が少ない薄いデータを変換させたとき、ネガ変換されてたような気もします。

 このPRCeditを使うと、prcファイルに変換された後でもその画像を見ることができます。ひぐちさんの変換ツールを使っていておかしなデータが出来てしまった人は、PRCeditを試してみたらいかがでしょう。

 最後になりますが、ひぐちさん、HotTime for WristPDA Ver1.0正式公開おめでとうございます。次のソフトを楽しみにしています!! 例えば、Largeフォントが使えるDocリーダーとか・・・。なんてつぶやいてみる・・・。

ひぐちひぐち 2005/05/06 20:15 いつもご紹介ありがとうございます。ひぐちです。

>ひぐちさんの壁紙変換ツールのバグかな。

はい、その通りです(^^; 申し訳ありませんでした。
先ほど、対処版のダウンロードURLをメールでお送りいたしました。

>例えば、Largeフォントが使えるDocリーダーとか・・・。

あれ?J-OS for Fossil と何種類かのDOCリーダを組み合わせて
みれば、できそうですけれど。後で、試してみますねー。
どの組み合わせもNGだったら、開発を検討してみます(^^

bono2bono2 2005/05/06 22:02 そうなんです。J-OS+PooK、J-OS+J-DOCを試しましたが、Largeフォントは使えなかったとです。他だと使えますかね?
bono2には見つけられなかったです。
見つかったら教えてください・・・。

ひぐちひぐち 2005/05/07 10:27 Crs-MeDocやHaut-MeDoc(どちらもフリーウエア)を使えばLargeFontが
選択できますね。>Largeフォントが使えるDocリーダー
これよりさらに大きなフォントを使いたい、というのであれば、Fossilの
SDKを利用して新たに作らないとダメかもしれません。
取り急ぎ、ご参考までに...

bono2bono2 2005/05/07 11:25 一番大きなフォントで見れるDocリーダーということです。通常のPalmでいうLargeフォントだと目が疲れます・・・。5分と見ていられないです。一番大きなフォントだと表示文字数はかなり少なくなりますが、読みやすくはなると思うのですが・・・。
WristPDAをPalmらしく使うのに一番いいのは、読み物としてだと思うのです。大変だと思いますが検討してみてください。

HALHAL 2005/05/07 15:16 横から失礼します。CSpotRun<http://32768.com/bill/palmos/cspotrun/index.html>というDOCリーダーのソースコードが公開されていたのでちょっといじってみたら,とりあえずFossil特有の6種類のフォントを選ぶダイアログを表示させることができ,その選択結果も反映される(大き目のフォントで表示される)みたいです。
よかったら私がビルドしたものを試して見ますか?もしご希望でしたらbono2さんのメールアドレスを教えてください。私のメールアドレスはHalLaunchのアーカイブに同梱したReadmeに書いてありますのでそちらに送ってください。

Connection: close