適当な日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

| Page View : 60538 |  Profile |  はてなRSSに追加 | 

2010/05/03 (Mon)

[][]HIV感染した看護師病院側から退職勧告を受けた件

HIV感染の看護師「病院から退職を強要された」 病院「退職を求める意図はなかった」

医療についての見識がないので素人目線で書きたいこと書きます.まともな文章にもなっていませんし,不適切であれば素人にもわかるようにご指摘いただければ.

患者目線から見た時

このあたりは看護師プライバシーにあたる問題だから表には出てこなさそうですね.


元記事のレスには,

8 : ツチフキ(catv?):2010/04/30(金) 08:56:44.68 ID:MFb6mr7y

>HIVは輸血や性行為を介し感染するが、日常生活では感染しない

日常生活血液が付着するなんて当然ありうることだよね

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1469548.html

小学校だか中学校だかでHIV/AIDS教育を受けた際,感染経路の一つとして血液感染*2存在すると聞いた.実際どこまで本当のことかわからないし,ちょっとした傷口同士の接触でも感染するのかなど知らない情報が多々あるので,素人目線では上記を理由に今回の病院側の対応を否定することはできない.だからこの看護師がいる病院には行きたくないコメントするだろう.実際にどの看護師キャリアなのかは,患者からはわからないだろうし.

病院経営の目線から見た時

別に病院経営に詳しいわけでもないので適当ですが,病院というのは患者が来てナンボというところがあると思います.つまり患者さんはお客さんなわけですね.で,間違った知識/正しい知識のどちらにしろ風評が広がることで,この看護師がいることでお客さんである患者が来なくなるとすれば,当然ですが経営側は原因を排除しようとすると思います.それを否定するのはちょっとなぁというように僕は考えてしまいます.

で,何が言いたかったのか?

自分でも書いててよくわかっていないのでアレですが,今回の批判が僕のような一般人の見識不足が原因であるならば,教育啓蒙活動で正しい知識を持ってもらうことが大切でしょう.その際には,どのような条件で感染するのか?など,割と事細やかに書いていただきたいものですね.

ちなみに

この問題をマジメに検討されている方もいらっしゃるので参考リンクなども.

HIVキャリアを理由に看護師を解雇することは正当か?

*1:例えば手術だとか,血液が関わる部分だとか.よくわからないのでなんとなく想像で書いてますが,メスで指を切ったとか別に珍しいことじゃないと思うんです.

*2HIV感染経路に血液感染存在するのであれば,どの程度の感染力・感染確率なのか?その他にどのような病気血液感染するのか?などを教えてほしいなぁとか思ったり.

NATROMNATROM 2010/05/03 16:14 こんにちは。件の看護師の感染経路などはわかりませんが、「看護師の業務全般において,患者へのHIV感染リスクは?」についてはある程度はわかります。「事実上、ゼロ」と言っていいです。理由を3点にわけて述べます。

1. 看護師の業務で、ミスも含め、看護師→患者への感染が起こるようなことはきわめて考えにくい
 「針刺し事故」というのはありますが、これは患者に刺した針を誤って医療従事者に刺すことです。何百回、何千回も採血をやっていれば、稀にはそういうこともあります。しかし、医療従事者→患者へ感染させるには、一度、医療従事者に針を刺すという事故があった後に、さらにその針を患者に刺すという、稀なミスが二度続けて起きなければなりません。そのような事故が起きたことなんて、聞いたことがありません。

2. これまでの報告で、医療従事者から患者へのHIVの感染はきわめて稀で、しかも看護師の業務よりも感染リスクの高い医療行為によるものだった
 医療従事者から患者への感染事故の報告をまとめた論文があるのですが、HIVについては、2003年の段階で、全世界で3例のみです。こんにゃくゼリーのほうがずっと危ないです。しかも、その3例は、看護師業務だけではなく、心臓外科手術などを行う医師も含めての話です。執刀医がHIVキャリアだったら、執刀中に誤ってメスを自分の指に刺しただけで感染の可能性がありますから、「HIVキャリアの医師は外科手術はダメ」というのは合理的で差別ではないでしょう。この場合、稀なミスが二度ではなく、一度で感染の可能性が生じます。

3. HIVより感染力の強いB型肝炎ウイルスも、看護師の業務によって感染していないという事実がある
 B型肝炎ウイルスはHIVより感染力が強く、しかもキャリアの数も多いです。日本人集団の1〜2%がキャリアです。B型肝炎ウイルスキャリアの看護師は多くいます。もしHIVが看護師業務でそれほどたやすく感染するとしたら、B型肝炎ウイルスの感染がもっと多く観察されてもいいでしょう。しかし、看護師業務によるB型肝炎の感染は、私の知る限りではありません。

DursanDursan 2010/05/03 22:31 NATROMさんへ。まあ、事実はそうなんでしょうけど、その病院へ行くコスト(金銭的、非金銭的含めて)が同じと「認知」されれば病院の変更は容易になされるわけで。『わかってるけど何かいや」をなめたら困る。
かといって、怪しいからといって当人に断りなく血液検査することも、HIVの感染を理由に退職を促すことも正当とは考えにくい。
「正確なのは」というのはやはりベキ論で、さてどれがべターザンジアザーズかはもっと多くの論を語るべきかと思います。

最悪のケースを考えれば、病院の廃院→特定されない故の再就職の困難→思わぬところでの特定、元同僚から怨嗟、非難を負う。もちろんご本人は再就職できないでしょう。最小しない理由なんぞいくらでも作れますから。

ちょっと妄想が過ぎましたね。すいません

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/bookstore/20100503/1272856385
Connection: close