サウナでゴリラと二人きり このページをアンテナに追加 RSSフィード

クリックで救える命がある。
イーココロ!クリック募金

Tue, 27 Jan 2009

[][]BBCが放送しないんなら

わしんとこで見れ。

D

英国:ガザ支援広告拒否、BBCに非難 - 毎日jp(毎日新聞)

欧州総局】英国公共放送BBCと民間衛星放送スカイニューズの両テレビ局が26日、パレスチナ自治区ガザ地区への人道支援の救援金を募る慈善広告の放映を断った。両局は「報道の中立性を保つため」などと説明しているが、BBCには抗議電話が1万件以上あり、ロンドンの本部で抗議の座り込みが行われるなど、強い非難を浴びている。

 AP通信によると、広告はオクスファムなど英国の主要13救援団体でつくる「災害救援委員会」が制作ガザ破壊された家屋や負傷者を映し、寄付を呼びかけた。

 BBC幹部はウェブページで「委員会広告を過去に何度も放送したが、今回は偏った立場をとったと誤解される恐れがある。支援が市民に届く保証もない」と説明している。

毎日新聞 2009年1月27日 東京夕刊

BBCに非難集中、ガザ義援金運動の放映を拒否(AFP)

【1月26日 AFP英国放送協会BBC)が、イスラエル軍による攻撃で大きな被害をうけたパレスチナ自治区ガザ地区(Gaza Strip)市民義援金を送る運動の放送を拒否したことに非難が集まっている。

 BBCは、英国赤十字(British Red Cross)やオックスファム(Oxfam)などの非政府組織が参加する慈善団体「緊急災害委員会(Disasters Emergency Committee)」の活動を、BBC報道の公平性を損ねる恐れがあるとして放送しない方針を決めた。BBC義援金が効率的にガザ市民の手に届くかという点にも疑問を呈している。

 しかし、この決定に怒った数千人がロンドンLondon)中心部で抗議活動を行ったほか、ゴードン・ブラウン(Gordon Brown)首相を始めとする政治家からも批判の声が上がった。議会ではBBCの決定に「驚愕した」という51人の議員が、決定は「説得力も一貫性もない」としてBBCに説明を求める動議に賛成した。

 25日に英国国教会の最高指導者であるローワン・ウィリアムズ(Rowan Williams)カンタベリー大主教(Archbishop of Canterbury)が「BBCは(ガザ市民への)義援金運動を放映すべきだったと思う」と述べたことで、BBCに対する非難はいっそう高まった。

 一方、BBCのマーク・トンプソン(Mark Thompson会長は24日、BBCには「わずかでも放映の公平性を損ねる恐れがある要因を排除する義務がある。これまでに築いてきた報道の公平性を守るための決定だった」と述べた。(c)AFP


http://www.dec.org.uk/

(追記)

既にトラックバックをもらっているが、敢えてリンク

「ナチスに殺された我が祖母の死を隠れ蓑にするな」 - 読闘食闘日記

とても重要な視点。何度でも何度でも強調しておきたい。

ユダヤ陰謀論」という名の差別主義に荷担してはならない。それは分断と反目しか生まない。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。