Hatena::ブログ(Diary)

boss blog このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-09-08

仕事

最近、ほんまにつまらんなぁ。

おもろないわぁ。。。

2010-07-08

ネット上で話題騒然

JRAは何を考えているのか?

http://www.jra-jwc.jp/

2010-07-05

オグリキャップ

オグリキャップが逝った。

オグリに関して語る時、どうしてもラストランの有馬記念だけが劇的過ぎて、

クローズアップされてしまいがちだが、あの馬の強さを、1990年のあの有馬記念だけで、

集約してしまってはいけない。

オグリの本当の強さを象徴したのは、中央にデビューした1988年と1989年に

ある。特に秀逸なのは無謀とも思えるローテーションで走った、

1989年の秋6戦。秋だけで6戦なんて、今ではありえないローテだ。

その中でも、マイルチャンピョンシップを制して、1週間後に連闘で望んだジャパンカップ。

だいたいG1の連闘なんて、馬のこと考えてるのかと。。。

どれだけ馬主がカネ儲けしか考えてないんだと、

言われかねない(実際当時は相当言われてた)が、2分22秒2という世界レコードで

2着になっている。その前のマイルチャンピョンシップもどう考えても駄目だろう

というところから、ハナ差で差している。

この馬は、能力で走ると言うより魂で走る馬だったと思う。

強さだけだったら、ディープインパクトやサイレンススズカの方が

強かった。でも、ドラマ性、アイドル性ではディープの非ではない。

間違いなく日本競馬史上最も、ファンの多かった馬だ。

そして、オグリの奇跡は武豊と同時期に現れたことだ。

もし、オグリと武豊が同時期に現れなかったら、俺は競馬をやってない。

今の競馬ファンの半分が競馬をやっていない。

これはだけは断言できる。

オグリのラストランの有馬記念は、中山競馬場入場者17万7,000人。

話がちょっとそれるが、とんねるず(石橋も木梨もスタッフも競馬好き)が、

みなさんのおかげです収録の時が、

オグリのラストランの有馬記念の日で、収録を中断して、

中山競馬場に行ったらしい。

http://www.youtube.com/watch?v=bybV0_t_DnU

2010-06-23

スロベニア

がんばれよぉ。

2010-06-21

COACH「コーチ」

youtubeで、3話と6話と9話だけupされてる。。。

なんと中途半端な。。。

フジテレビ、頼むから、DVD出してくれ、頼む。。。

レンタルじゃなくて、買うから。。。