ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

ぼてねこの徒゛然草(づれづれぐさ)〜Drifted talks by fatty cat. このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-08-18

活字中毒:世界の涯ての夏 つかいまこと (ハヤカワ文庫 JA ツ 4-1) 21:14 活字中毒:世界の涯ての夏 つかいまこと (ハヤカワ文庫 JA ツ 4-1)を含むブックマーク

地球上に半球の「涯て」と呼ばれる黒球が出現、周囲を巻き込み拡大。
これによる混乱で戦争も発生するが、「涯て」からの信号に、人の脳に「祈素」と呼ばれる素子を装着し演算結果を返すことで拡大を抑えられるとわかった。
物語は、「祈素」の開発段階での被検体として離島に隔離された孤児と、その孤児が老人となっても「祈素」演算に参加している状況、同じ時期の3Dデザイナーの3つの状況を切り替えながら語られる。
「涯て」の中では時間の進み方が一方通行ではないらしい。
キーとなるのは「ミウ」と呼ばれる少女。
不思議かつ爽やかな作品。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/boteneko/20180818

2018-08-17

活字中毒サライ 2018年 09 月号 [雑誌] 20:44 活字中毒:サライ 2018年 09 月号 [雑誌]を含むブックマーク

サライ 2018年 09 月号 [雑誌]

サライ 2018年 09 月号 [雑誌]

同じ小学館ビッグコミック50周年に連動して漫画特集。
なので、比重は劇画に偏っているし、古くからの作品紹介に偏っている。
ま、購入の動機は付録の「カムイ外伝」(単行本未収録)なのですが。
養老先生の漫画の利点は興味深かった。
他の記事では歌丸師匠への追悼記事が良かった。
藤田画伯も没後50年なのですね。
五木寛之氏の「方言指導師のすすめ」もよい。
やっぱり方言もあって良いと思います。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/boteneko/20180817

2018-08-16

活字中毒:夢印 浦沢 直樹 (ビッグコミックススペシャル) 20:28 活字中毒:夢印 浦沢 直樹 (ビッグコミックススペシャル)を含むブックマーク

夢印 (ビッグコミックススペシャル)

夢印 (ビッグコミックススペシャル)

最初、漢字を読み間違えて「夢卵/ムーラン」かと思ってた。
帯には「浦沢直樹×ルーヴル」とあったが、実際は「浦沢直樹×ルーヴル×フジオプロ」ですね。
騙されて借金を背負った親子、母親は駆け落ち。
どうしようもなくなった父と娘の前、カラスがいざなった先には、、、「イヤミ」ざんす。
ルーブル絵画を一時期隠すことでボロ儲けしようとの提案にのり父と娘はパリに。
現地では「キョーコ」という日本人に関係するシャンソン狂いのおばあさんと、人助け命の消防士。
いい感じにまとまってます。
無印ではなく夢印ですが良品です。
最後の一言も良い。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/boteneko/20180816

2018-08-10

活字中毒人魚姫水族館 2巻 伊藤正臣 (ヤングアニマルコミックス) 22:12 活字中毒:人魚姫の水族館 2巻 伊藤正臣 (ヤングアニマルコミックス)を含むブックマーク

2巻目で完結。
弱小水族館の経営と、人魚のファンタジーを組み合わせて、なのだが、最終的に若干尻切れトンボ(昆虫モノじゃないけど)になってる。
これ以降は各自脳内補完してほしいということか。
人魚姫の生成原因となるものの処理とか保管とかはちょっと書きづらいのだろうがさらっと流されている。
ちょっと気になるぞ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/boteneko/20180810

2018-08-09

活字中毒人魚姫水族館 1巻 伊藤正臣 (ヤングアニマルコミックス) 22:01 活字中毒:人魚姫の水族館 1巻 伊藤正臣 (ヤングアニマルコミックス)を含むブックマーク

小さな水族館の館長が行方不明になった。
館長の姪でイルカの新米トレーナーだった海島海は突然イルカショーを任されることになった。
パートナーとなる夕凪潮は館長の息子で引きこもりだったとのことだが、常識を知らなすぎてちょっと変。
実は、、、。
そして深夜のイルカプールに人魚が出現する。
普通の水族館のお話と思ったら、ファンタジー系だった。
人魚の発生原因もちょっと無理やり。
舞台を水族館に限定することで押し通している感じもある。
しかし行方不明になったはずの館長は可愛い。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/boteneko/20180809