Hatena::ブログ(Diary)

ALORC-Bottle-Craft-512-Logbook このページをアンテナに追加 RSSフィード

AよりRへ。記録を継続する



2013-08-03

《残響する真実/Echoing Truth》/『極黒のブリュンヒルデ』第68話

(前回感想はこちら)
(第1〜3話の無料閲覧はこちら)


知れば知るほどに 重く圧し掛かる ゲンジツ


前回の粗筋

              /:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ヽ
           . ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゚。
          . ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゚。
           . ':.:.:.:.:.:.:.:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.::::./:.:.:.:.:.:. /:.:.:::::.:.: i:.:.:.:.:.:.::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::.:.゚
       . ':.:.:.:.:.:.:.:..::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::' :.:. /:.:.:.:.:.:::/:.:.:.:.:.:i:.: ,|: i:.:.:.:.::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::.:.:゚
      . ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.::.:.:.::::::':.:.:::.′:.:.:.:::/i :.:.:.:. ,|ノ |: ト、 :.:::: i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::.:.:.:゚
       /:.:.:.:.:.:.:.:.::::::i:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::.:.:.:..::::' .:.:: |:.:.:.:.:.: ':::|:.:.:. / | :: |: |:::ヽ:.:. ト、_:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:::.:.:.:.:゚
      ./ :.:.:.:.:.:.:::::::::::|::.:.:.:.:.:.:::.:.:.:.:.:::.:.:.:::::::':.:.:::::|:.:.:.:.:: '::::|:.:.:. |:::| :: |_」::-|:.:.Τ:丶:::i::|:.:.:.:.::::.:.:.:.::ハ
     /:.:.:.:.:.::::::::::::/|:.:.:.:.:.:.::::.:.:.:.:::::.:.:.::::::':.:.:.::::|:.:.:.:.: ':::::|:.:.:. |:::|/|:,′ |:.:./:::::::: |:.:.:.:. i:.:.:.:./∧
   ./:.:.:.:::::::::::. 'フ:.::::|:.:.:.:.:.:.:::.:.:.:.:::::.:.::::::::i.:.:.:.::::|:.:.:.:. '::::::|:.:.:.:.i::'| :: |':::.:.:」ィ芹丐:::|:.:.:: ∧:.://:.:.i   心の準備の有る無しは
   /:.:.::::::::. '´ /:.: :::∧:.:.:.:.:.:::.:.:.:.::::.:. :::.:: |.:.:.::::∧:.;.::′:::|:.:. /:: |':.:.x豕刋: 芍⌒マ:.:::∧ V:.'i:.:. |
  ./:.::::. '´  ' :.:.:::/:∧:.:.:.:.:::.:.:.:::::.:.:::::: /|.:.:.::::':::V::;|::::::::|:.:/:::.:.:.:,狄i[_ o -i| :.:. }! |:::/ i i:. |:.: ′    待ってくれない
 / . '´    .i:.:::::/i/ ∧:.:.::::::.:.:.::::.:.::: /:::|:.:.:.:.':::::∨|::::::::|:/:::::.:.:.:.:.:.汽,.  、汐:.:.: リ .|イ / /:.:.:|:.:′
./'´       .|:.::/ .| / ∧:.:::::::.:.:::::.:.:.:i′:|:.:.:.;'::::::::V|::::::::|':::::::::.:.:.:.:.:.:.:.`¨¨´   ' ' / |_/ /:.:.:. |/
         .|:/ |:./ ∧:..:::::.:.:::.:.:: |::::::|:. /:::::::::: ゙|:::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:,  '´       .| /:.: ∧|
         .|'  .|:/:./:.∧:.:::::.:.::::.:: |::::::|:/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.; ´        |イ:.:.:./ .|
         .|  |:/:.:/:∧:.::::.:.:. ::::::|':::::::::::::::::::::::::: -‐--- '´           '::::/i/
             .|:/:.:/:/i:.:\:::.:.:.|:iム:::::::::::::::::::::::::/      、          イ:::/|
             .|:.:./:/ .|:.:.:.:.\:.从_ムー---‐ ´                 .イ '!:/
             .|:/:./ .|:.:.:.:. 厂:´ト、. ヽ            _..     /:/ |′
             .|':./  |:.:.:.:∧:. /|:.:`¨¨へ          '´      ./ iル′
             .|/'  |: / ∨: !、:.::/ |>o。_          /  .!-ー--  .._
           {.     |:./   ∨{. Y/ |:.:.:.:./i:.:¨7 T¨¨¨¨¨¨´    ^ー 、     ` ̄

―――しかし襲い来るまでもなく全滅の岐路という。前回、イチジク所長&真子の最凶コンビがさっくり急襲し小鳥を攫いに来ないのは何かを「待ち」に入っているのではと考え、結局今回も二人の出番は無かったわけだが……何を以て介入の機会と考えているのかが不明瞭。いや極黒において明瞭な事の方が少ないのは常のことだが。

 このまま放っておくと、寧子達の内一人を残して他は全滅、または一週間後に皆全滅。前者にしても残るのが目的の……どういう狙いでかは定かでないが目標である1107番こと小鳥でないかも知れず、“天文台を常時監視できる魔法”*1でも持ってない事には良太達の選択に対し後手に回る事になる。そもそも「一人救うか全員死なせるか」という問題を“知らない筈の”*2イチジク所長が「現在何らかの準備をしている所で、それを終えたら此方の状況に関係なく襲撃する」つもりならまた別の話に……なるか? ならぬか? どうにも件の孵卵云々グラーネ云々、その重要性に反し放置した結果どうなろうとも問題ない(予定通りに行動できる)目算があるような気がしていたり。それとも此方がどう動き何を選ぶかを知っている/読んでいる、のか? 影すら踏めずに堂々巡り。


「恋スル気持チ」

「なぁ村上 うちらの寿命も残り1週間や だからひとつだけ・・・本当のことを教えて欲しいんや」

「村上は本当に好きな子おらへんのか?」「は・・・?」
「お前さ……なんで今際の際にそんなことが気になるんだよ」

「え・・・ 何でて言われても・・・」
「……初菜に聞かれた時はいないと言ったけど・・・本当は1人いるんだ」
「!?」
「え? それは・・・ だだだ誰なんや?」

「それは……幼なじみクロネコだ おれが子供の頃に殺してしまった・・・」「は?」
「彼女はおれを助けようと 自分の命を犠牲に*3したんだ」
「ああ・・・寧子と似てるっていう・・・」
「そうだ でも寧子はクロネコじゃなかった クロネコにあるはずのワキの横にある三角形のホクロがなかったんだ」
「三角形のホクロ?」
「おれはクロネコが好きだったのに・・・自分の手で殺してしまった もしクロネコが生きていたら・・・おれは彼女のためになんでもするよ おれの人生を捧げても・・・どんな汚名だってかぶってもいい」「……」
「あんな・・・私が聞きたいんは そんな子供の頃の話とちゃうんやけど」


「今のあんたは 誰が好きなんや? 私とキスしてもなんとも思わんかったんか?」「……」
「そりゃ・・・2回もキスしたんだ 気にならないわけないだろ・・・」


「……」 「……」 「……」

「だったらもっとチューしよチュー!!」ガバッ「バカ!!」ペロペロ
「うわああぁ!! やめろ!! なめるな!!」



『寧子 どこ行ってたの? なんだか村上が探してたよ』「え……」
「……そう 他のみんなは?」
『小鳥と初菜は下の階にいる カズミはどこかに出かけたまま』

「佳奈ちゃんどうしよう 私 病気かもしれない」『えっ?』

「私 村上くんの事を考えると苦しいの 胸がドキドキして・・・苦しくなって・・・それに村上くんがカズミちゃんや初菜ちゃんと仲良くしているのを見ると涙が出るほど辛いの・・・ みんなが仲良くすることはいいことなのに・・・どうしてだろう・・・」『……』
『冗談でしょ? あんたそれマジで言ってんの? 中学生*4の私にだってわかるわよ』

「私 死ぬ病気なの!?」
『死なないけど治すことも出来ないわ』

どう考えても それ 恋でしょ? 寧子は村上のことが好きなのよ

「はぁ〜 しかし今日はあっついなぁ〜」ドキッ
「村上も今日はしばらく戻ってけぇへんし まっ裸でもええかな」
『村上はどうしたの?』
「なんやまた小五郎の所へ行くんやとさ 薬の残りがあと一週間分しかないからな 尻に火がついたみたいや」「……」ズキッ

「さぁ寧子も・・・」「えっ?」「そんな格好してたら暑いやろ!!」「!!」

「なんや寧子ノーブラやん ノーブラ終業式かいな」
「だって着替えがなかったから・・・ 寒い・・・」

「やっぱりか・・・なんか見たような気がしたと思ったんや・・・」「何を?」
「何でもない」カズミちゃん!?」

「やっぱり間違いない・・・寧子は村上の幼なじみクロネコ・・・」

「このことを・・・村上に伝えるべきなんかな・・・
せっかくキスして・・・両想いのまま死ねると思ったんやけど・・・」



―――そう。今がそれなりに幸せなのだから、本当の事なんて知らなくてもいいんじゃないか? なんて思っていたのだな、多分。今更そんな事に気付いたわけで。乙女心というものを甘く見てたというのか。「今際の際でも気になる」「辛くて涙が出る」ほど、なあなあのままにして置けない逝けない。確かめずにおけばすっきりせず、確かめてしまうとまた別の問題が生じる……メインヒロインを空気化するほどの大連続(良太の男心を)狩猟クエストを重ねにかさね、とうとう「異性として気になる」発言・言質を捥ぎ取り大金星カズミに祝辞……を述べる暇も無く真実の一端に。温泉混浴に海水浴ポロリとワザとかというほど確かめ損ねる良太が「再び」気づくより先に彼女が、というのは予想外。寧子に自覚を促したのが佳奈だったのは初菜と二択から順当に思うが―――ホクロの話といいまた寧子の過去といい、最重要案件である鎮死剤に関してや対刺客戦に先立っての魔法能力把握は別にしても、良太側にしても脱走魔女側にしても情報公開共有が逐次的な面が否めないな。まあ最初から何ひとつ隠さず詳らかになんて無理があるのも事実だけども。

 はたして後述の問題も絡め、カズミは知ってしまった事を言うや言わざるや、「恋」と知らされた寧子は何かしら動くか否や。正直イヌ科ネコ科なんて名に反し逆だと思っていたら変質著しいカズミが犬犬しくて和む、なんて軟着陸で済ませる岡本倫ドSではなかろうとは思っちゃいたが。「もしクロネコが生きてたら」って仮定も嫌なフラグ臭。


『The Cold Equations』

「黒羽のことは心配だけど・・・今はキスを見られた言い訳をしてる場合じゃない この夏休みを超えて・・・あいつらを二学期の始業式に出させる それが今 おれがすべき事の全てだ

「結局 この間のハッカー娘との筆下ろしは済ませたのかね」「そんなことはどうでもいい!!」
「こないだ発見したって言う天才の書いた論文はどうだったんだ? 鎮死剤を作る役には立ったのか?」
「……」
「結論から言えば・・・この論文でかなり鎮死剤に近づけた」
「えっ!? 本当か!?」「ああ」
「今学生達が解析している結果と構造がかなり近い 鎮死剤はこの論文の成分の延長線上にある 補い合えば期間を劇的に短縮できる見込みが立った」

「……それじゃ・・・」

「あと1ヶ月あれば完成できる」「……は? 1ヶ月?」

「それじゃ意味がない・・・薬はあと42個なんだ…… 5人で1週間分しかないのに・・・」
「なら・・・ 取捨選択が必要だ」「小五郎・・・ お前 まさか・・・」

「そうだ 誰か1人を選んで全ての薬を使わせれば 40日も生きられるということだ」

今すぐ4人を死なせて1人だけ命を助けるか
それとも1週間後に全員死なせるか

どちらでも好きな方を選べばいい」


                            |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/ |:i:i:i:i:i:i:i:i
                            |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/ |:i:i:i:i:i:i:i:i
                            |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/  .|:i:i:i:i:i:i:i:i
                 ___              |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/   |i:i:i:i:i:i:i:i
            γ    `ヽ            |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/\i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:, /    /:i:i:i:i:i:i:i:i
.                    }          .|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/  `''ー―' "         /:i:i:i:i:i:i:i:i:i
                i!                .|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/'  ''"⌒ヽ    -‐-   /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
             乂      ノ            |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\/i:i:i:i:i:i:\/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
               `¨¨ ´              |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
                            |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
                          . . -‐…・・・…‐-  :i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
                        . : ´            ` i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
                   /       (i:i:i:i:)         \i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
                            |           i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
                  /            |            ‘,i:i:i:i:i:i:i:i:/ |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
                   |             |             |i:i:i:i:i:i:i:/  |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
                            |            i:i:i:i:/ | .|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
                   \             |            /i:i:i:i:,/   | /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
                          .,____. .人. .____,.    ''"  |  ./:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
                   | |          |     |     |    |/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
                   \\        .|     |     |  ,/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
                     \\      .|     |    ___,x ':i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
                      \\ _ . | ___.|_/}:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
                        ヽ―――――― ー''´i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
                            |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i::i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
.   '//////////////l'///////////////////// //////////////////// !//
.   ,'//////////////!'//////////////////// //////// ,'///'/////// .!//
   l//////////////,!'///////////////////  /,'////// '///,/////// !//
   !'/////////////,l//////.///////////  //////./  '///,'//////  '//
.  l'/!//////'ヽ////l'/////-////_///'゙ /'   /"/////  ,"// '//////  '//
.  l! l/i////' ヽ \//!'////-////-//'‐-/'_   ,'゙/////   !// !' !////   '//
.  ! !! ゙,//   ,\ ヾl////_////,,.l'/_ ̄"''==ェ///./    l// !.l'///   /'/
   _.l!-此押 ''''"" ̄ー ' !//ヽ l/   マ了,示ァl///=z、.__l'/  .!l///  //,.-z=
_.-ニ/        ̄""'''''''' ¬== ヽ ` 、 __゙ー‐'" !'//` 、 ̄l'! ̄ '.!// ヽ/'゙´
ニ/  _  _         ,..∠______i//__  |!- - !'/_,.  '   __
´  /      ̄ "''''' i―‐/二二二二ニニニニl'/ニニニ‐ 、 _!'___ , '"ニニ
.,/            ̄ |ニニニニニニニニニニニニニニ二二二二二ニニニ
    _./丁 今T ''''' "´ l二二二二二ニニニニニニニニニニ/ ̄ ̄ヽニニニニ
  /   ー- _V/,!    .! .l二二二ニニニニニニニニニニニニ! i  ::::!ニニニニ
/       ( _.)   i l二二二ニニニニニニニニニニニニl  |  :::::!ニニニニ
    , ー- ..,, __ .ノ  ' 、 .!二二二ニニニニニニニニニニニl  l  ::::::!二二二
  /     .:     .{/,ヽ!二ニニニニニニニニニニニニニl   !   :::::::!ニニニ
 ´      ::.     V//lヽニニニニニニニニニニニ=‐"   l  ::::::::ヾニニニ
. '  ヽ      :.      lヾ'∧  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        l  ::::::::::::: ̄ ̄
/   、           l l'/∧
      ヽ        l  l//∧


……希望ヶ峰学園(ダンガンロンパ)ノーマンズランド(トライガン)に帰って、どうぞ。

 リミットは最大で2日。一ヶ月というのが30・31日きっかりとは限らないし、余裕を持たせたければ出来る限り早く決断すべき状況。誰か一人だけを確実に生かそうと思うなら、の話。

 魔女5人を1ヶ月先まで持たせるには150錠前後、不足は100強。これを何処から調達するかとなれば、初菜が持ってた「ごっそり」をそのまま奪い取った真子(+イチジク)を探し出した上で薬(だけ)を奪還……なんて無理ゲー。相手は対魔女レーダーがついているのに。逆に誘き出すのは簡単、かもしれないが無茶には変わりない。

 となると最後の希望は瑞花の言葉がイチジク論文を指しておらず、良太の(伏字)なり小鳥の【検閲】なり別に鎮死剤と成分を同じくするものが存在しているかという事になるが……良太または小五郎が気付けるか、最悪の選択肢を突きつけられ逃避でなくその可能性に目を向けられるか……合併号は来週だというのに、既に次々週次々次週が生殺される気しかしない。


―――嗚呼。俺が生きている内は絶対にお前らを死なせない、という言葉を破ってしまう良太も、ようやく幸いを感じ未来を欲し出した自己犠牲娘たちが先を争って死のうとするのも。見たくない、見たくないな……。

*1:魔女の位置を探査する魔法が魔女の数をも把握できるというなら近い効果は出せるが詳細な状況を知る事は出来ない、はず。

*2:二週目良太ループ、タイムリープ説の場合、少なくとも鎮死剤の残量は近似すると思われる。ただそう考えると“1週目”にはイチジクチサトが存在せず製造期間を短縮する論文も当然無いことになり、「自分が用意した論文による短縮期間」をも読み切った上で、とかどんだけ且つ複雑極まる。

*3結果論的。落下した良太を助けようと伸ばした手を良太が取ったことで諸共に転落、で良太のみ生き残った事になっているがために。自分で自分をそう言い聞かせないことには収まらない按配でもあるか。

*4:前回にしたってそうだが、学齢のみならず本当に中学生やってた期間がある……魔女3年未満? 秘匿している過去含めて? そもそも10年物の寧子が突出して古株過ぎるのか。

アカネアカネ 2013/08/05 04:44 >良太の(伏字)
まさか、小五郎の筆おろし発言が複線だったとは…という展開ですね分かります
>小鳥の【検閲】
【検閲】ではないにせよ、そう言われるとたしかに、特別な存在である小鳥が
鎮死剤生成の元になる可能性はあるかもしれないですね!
しかし何にしても、同時にヴァルキュリア襲来の危機でもあるので安心はできないですけど…

鎮死剤から鎮死剤から 2013/08/06 18:28 記憶と言えば、小鳥ちゃんの記憶がウソを書き込まれている?
小鳥ちゃん登場時から書いていた事だ。『埋服の毒』

記憶は良太でさえ、ダムに落ちて、『ネコさん死んだ』
と聞いた後から『間違いの無い、ライトワンス』になったし。

記録のデータは『書類のメモ』『パソコンのデータ』
『脳内の記憶』の3系統が主である。
ハッキングされてないパソコンデータと、
小学校からの記憶の確かな良太の記憶と、
比較的ウソが書き込みにくい書類(日記など)、
これなどが正しい可能性の高い情報である。
学校の職員室の書類もウソを書き込みにくい。(転校)


鎮死剤で『誰か1人選べ』は初菜が一番問題だ。
これが4人であれば良太は誰を生かしたくても・・・

まず南の国の女王、仁に篤い将にして勇将のヒロイン。
ネコさんは選ばれることを受け入れるはずが無い。
(別マンガの密輸ゲームの南の国ではない。)
(脱北者ナナミは語る。南へ行きたい、北に戻りたくない。)
ネコさんが海を見るためにカナは
「ネコさん1人で鎮死剤を使えば海へいける」と言った。
こんな鎮死剤を分け合う友情の2人が、
1人だけ生き残る役になるとは思えない。
他人の命を使って生き延びたくない『高潔の士』
である小鳥ちゃんも生き残る役を選べないだろう。

本能のリビドーに生きるカズミは逆に『死ぬのはイヤや!!』
こいつは生かすしかないのだが、4人だとちょうど良い。

初菜がカズミに鎮死剤を差し出して死んでくれる?
そんな訳無い。!!


九と小五郎はお互いに合流する情報が無く合流できない。
天文台で偶然出くわして作戦会議になると良いのだが。

だいたい『みんなで助け合ってみんなで生き延びよう』
とするからナナミを除く5人も生き延びて、
その代わり鎮死剤があと一週間になってしまうのだ。
死んでからでは生き返らない。
インド哲学的に言うと『シュゥードラ』(一般庶民奴隷)
日本的に言うと『まともな一般の普通人』『良き家畜、社畜』
ギリギリまで、1人でも多く生かす、利点は、確かにある。
『いのちだいじに』作戦コマンドは間違っていない。

ここで状況を変化させないと本当にどうしようもない。
ヴァルキリアを引き連れた九と小五郎と天文部、
良太と全ての脱走魔女一同が揃って天文台で『作戦会議』

決断と情報を考えれば、マンガ内時間で当日、
連載で次回『作戦発動』前の『決起集会』
『三銃士』や『クレイモア』でよくやる、
剣先を掲げて交叉して決起の誓いするヤツ、
もう『逃げ』と『延命』をする段階じゃない。

或 犬良或 犬良 2013/08/07 01:01 >鎮死剤は、良太の精子か、小鳥の母乳か(あえて検閲無しでw)
まぁ、ネタすれすれの説ではあるものの、良太も小鳥も普通の存在じゃ
ないのは確かなので、小鳥が鎮死剤の原料になりうるのであれば、
少なくとも初菜の予知通りに事が進んだルートでは『研究所に連れ
去られてしまって不在』だから、矛盾が生じてしまう。

となると、やっぱり良太が普通の人間じゃない説かなぁ。
ライトワンスのアレと相まって、人型ソーサリアンなのか?
所長との容姿の類似も気になるところだが、所長が研究所で
自分をソーサリアンボディに脳移植とかしてたとしたら、同タイプの
人型ソーサリアンの良太が、よく似た姿というのはあり得る話。

だとすると、殆ど登場しないであろう良太の母上が、ガッツリと
研究所の幹部だった、ということも……うーむ。個人的には、
あのバイオレンスな母上は、何があっても良太の味方であって
欲しいところなのだけども。

とりあえず、瑞花の予言が『イチジク論文ではない』としたら、
身内で不自然なところを漁っていくと……ライトワンスの外部記憶に
依存している、不自然な記憶欠落持ちの良太なんだよなぁ。奈波さんの
脳内遺言、ついに発動なるか??けど、これはこれで、良太自身がダメージ
受けかねない衝撃の事実であるからして、妄想の段階で留めておきたいところだがw

>カズミの大金星と、死亡フラグ
職場の先輩とイロイロと話し合ったけど、これ、逆に死亡フラグじゃ
なくて、寧子さんがみんなを助けるために真子さんと同行して、
小鳥ともども拉致られる布石なんじゃねぇかなぁ、とw

自己犠牲精神豊富な寧子さんなら、それを承知しかねないし、
寧子&小鳥が天文台から去った後で、カズミが『実は寧子には
ホクロがあって…』と真相を打ち明け、良太、ショックで逆上の
流れ、みたいな。

まぁ、いずれにせよ、明後日か。たぶん、真子さんが天文台に
到着した辺りで、次回に続く!!続きはお盆休載に付き二週後!!
とかなんだろうな。おれの占いは当たる(嘘

bottle512bottle512 2013/08/13 11:46 せめて69話記事を挙げた頃には返信すべきでしたが、どうにも諸兄すいませぬ

>アカネさん
>鎮死剤から さん
>或 犬良さん

犬良氏の記事にコメント書きながら気づき、また氏がこちらにも書いている通り、「小鳥が鎮死剤に繋がるキーである」ならば、
カズミが瑞花の予言教唆に従った場合天文台には小鳥が居ない事になるので矛盾が生じる……「その場に居なくても関係なく同胞
達の運命を解放できる」なんて超展開でなければね。僕と契約して魔法少女になってよ()
となると良太の方がまだしも可能性としては上だけども、本人にそういう自覚はとんと無い。ライトワンスという言葉や「長生き
できない」を掘り下げてもいないし指摘できる人間は「脳内で眠ってる」という取っ掛かりの無さ。あるいはイチジク所長と接触
があれば、そこで血を見なければ、いやかなり無茶な希望的観測だけども

あーしかし、よしんば良太が只人でない(確定)どころか純粋人類でもなく(推定)おまけに鎮死剤の「材料になる」ような存在
で……「彼を殺さなければ」……魔女に劣らず(寧子達の為の)犠牲精神旺盛な本人は結構受け容れそうだが、寧子らは勿論の事
カズミも―――「子供が産める」なら即死ではない、かな? かな?

>もう『逃げ』と『延命』をする段階じゃない。
「誰を殺すか生かすか」という議題はある意味妥当ある意味先送り……でもないか。口を挟めない良太と生き残る算段を立てる
初菜を他所にそんな風に収束、したかと思ったらホクロ露見。口に出せずクジ引き提案するわ速攻良太が知ってしまうわ、カズミ
がちょっとどころじゃなく自己嫌悪に陥りそうで不安だ……

さておき、もう「逃げられない」という点には賛同。来たる70話、想像範囲で良太は逆上詰めより問い詰めか、超速理解でその場
を濁し、カズミをほったらかして他3名を殺す算段を始めてしまう(暗黒路線)か自分一人で薬を手に入れようと奔走(暴走路線)
することになるか……その線では69話で誰かを直ぐ殺すという選択にならなかったのは猶予期間と言えはする、があくまで妄想の
ゆえにどう転ぶか……

あと「埋伏の毒」とまではいかなくとも、小鳥のみならず魔女の記憶が奈波以外の【視憶】【操憶】使いに干渉されているケース
ひいては時限式キーワード発動式で行動促すマインドセットがされてる可能性は無くはないとも。まあ「小鳥ならありえる」
話だけどもあのタイミングでノーブラ寧子のシャツに水ぶっかけ、は些か唐突に見えなくもない……いや、誰が何の目的でそんな
ピンポイントな仕込みをする必要があるかと考えるとかなり意味不明ではありますが。論理飛躍徒然

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証