Hatena::ブログ(Diary)

ALORC-Bottle-Craft-512-Logbook このページをアンテナに追加 RSSフィード

AよりRへ。記録を継続する



2018-03-11

《涙の神/Teardrop Kami》/岡本倫『パラレルパラダイス』第36話


 (前回の感想はこちら) (感想記録モーメント) (eヤングマガジンにて前回無料

 パラレルパラダイス(1): ヤンマガKCSP

 パラレルパラダイス(1) 特装版: プレミアムKC (10Pの描き下ろし漫画、設定資料などを収録した36ページの小冊子が付属)←電子版もあるでよ

 パラレルパラダイス(2) (ヤンマガKCスペシャル)

 パラレルパラダイス(2)特装版 (プレミアムKC ヤングマガジン)

 君は淫らな僕の女王 2 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 異世界の救世主。 : 続・黒のノエル / パラレルパラダイス第一巻収録エピソード感想まとめ

 溢れ出る愛欲。 : 続・黒のノエル




「お願い 手伝って……  お母さんを 助けて……」

「…… 話してくれるか」
「……」

「私のお母さんが…… この海に沈んでるの……」

「悪い人間に騙されて……私のために…… 海の底の祠に繋がれているの……」

「一体 どうすれば助けられるんだ?」ゴソゴソ


           . . .-‐….:.:.:.:.…‐-.....,
         . . :´: : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`: . 、
     / ⌒ヽ: : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .: .: .: :.:.:.\
    , :      : : }:::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.: .: .: .: .: .:.:.: :丶
    . :      : :.:::::::::::::::::::::::ヽ:.:.:.:.: .: .: .: .: .:.:.:.: : .
  ∧: . .    . : /::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.: .: .: .: .:.:.:.:.: : :.
  .: .: :、: : : : : :ィ(::::::::::::::::::::::::::::::::::}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : .
 . :.:.:.:.:.:.:.:.:{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : i
 i: :.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .: .:|
 |: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .: : !
 l : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .: : :
  : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .: .:.:.:.:.:.:.: .: : : :,
  : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .: .: .: .: .: .: : : : : /
   、: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .: .: : : : : : : : : ;
   \: : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .: .: : : : : : : /
     丶: : : .: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .: : : : : : : /
      ` .,: : : : : : .: .: .: .: .: .: .: : : : : : ;. ´
         ≧s。:_: : : : : : : : : : 。s≦
 〔`寸⌒Y冖 - 、 >‐┐ __ ┌‐<  ,. - ¬“¨¨ア了
  i  i  乂   |「 ̄`i Y:.:.:.:.Y !  ̄ ]i   ノ  i  |
  l_|    i  |{   l  !:.:.:.:.:.! |   ]l   i    !___l
     `¨¨¨廴,_   i! 乂:.:乂 l!   髻_j¨¨¨´
            乂__rヘ     ィ{__ノ
            `l   ー=彡 l´
            乂       ノ
                 `¨¨¨¨´

「この水晶玉が お母様を海底に繋いでいる枷を外す鍵」

「破片を全部集めれて 水晶玉を元に戻せば……お母様を助けられる……
 あと もうひとかけらなのに…… それが見つけられないの……」

「わわっ!」
「どうした?」
水晶玉が ぷかぷか浮かんでますっ……!!」
「……お前らからは そう見えるのか」
「……」


「私は海に潜れない でも1週間後に起こる20年に1度の大干潮で…… 海の底の祠に繋がれたお母様が水面に現れるの
 だから それまでにこの水晶玉を完成させないとお母様は……また海に沈んでしまう……次の20年後の大干潮まで……」

「なのに 最後の一つがどうしても見つからない…… もう……100年も探しているのに……」
(100年…… ホントに この子は人間じゃないのか……)

「この砂浜にあることは間違いないのか?」
「間違いない 100年前に割られて ばらまかれるところを見たから

「いいだろう なんとなく事情はわかった」

「海の底に沈んだ母親を助けるため 1週間後の大干潮までにこの砂浜のどこかにある水晶のかけらを探せばいいってことだ」

「君の名前は?」
「……ノア
ノア 俺たちに任せておけ」

        ,.ィ' """ ''丶、
      /、 i ,.,.i ' -'__ヽ__ ,、,、
      ,' _,  ,'::::::::',    'ト、、:.:.li,i,i,i,il
      ! '"  '、:::::,:' -  l 丶ヾiヾi,i,i,ilヽ  ,. -――- 、
      ', 〃  ,i  ー   ,ソ __ ',/ニi,i,i,iリ ,}:'"  i,.,.,! /_,,丶
      /丶、  '^' リ _,,∠二、 l-z―'" / ヽ ,:':.:.:.':,  - ゙トミ丶、,i, ,iw,
___/`ー- ,ニi:=:Z´    ,/lヽニ  /! ='  ':,:.:.:.:.,' ‐-  ,} `丶ヒi,i,i,i,i,iト、
   /  ‐ ''" くミ>'- 、`>‐-':.:.ヽ_,ラi'" ', ,ィi,  , ,  w、  ,ソ  'i, ゞi,i,i,i,i,! l,――- 、
   >-‐rr‐'":.:(_,_ノ:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ  /ヽ、  '^'  ト  /ニ二 l {,i,i,i,i,ツ l    ,il|
   f-‐' l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〉,/ヽ、二>--,ァ''"    /ヾニ=  ノ    ゙''′
   ヾ/7ノ `ーr―v―'"ヾ、__,: イ/  -‐'"/トli、Zニ,`丶、_,ノヽ_>r‐ '′ W/
   /二フ丶┴-┴    __ヽ-‐ト-r―r‐'":.゙'く_,ノ"´ ̄:.:.:.:.:.:.:./   ,ili
www'’  ';,wwwwwwwwwww,/__:./ l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ  '″ W
                 f^i=しノ  ヾ-r―-r‐ '^丶:.:.:.:.:.:.:, ィ'′      ,i||i
                 ヽj     (__L_/_   ` ̄ヾ~´,ゝ
wwwwwwwwwwwwwwww,;'   ',wwwwwwwwwwwwwwwww
◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ
/∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__

◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ
/∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__

◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ
/∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__

◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ  ◯ーァ
/∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__  /∠__

「行き当たりばったりで掘り返しても非効率だからな 範囲を区切って探す場所を移動していく
 人海戦術だ くまなく砂浜を掘り返してやる」


「私たち ガーディアンを飛び越して仕切ってるのは不愉快だけど…… その子はあなたやルーミにしか見えないから仕方ない」*1

「でもヨータ 案外頼りになるのね」
「………どうも」

「ねぇ その女の子は 今ここにいるの?」
「ああ」
「あなた 水晶のかけらを100年も一人で探していたなんて……本当に辛かったわね」⇒
ノアはこっちだ」↓


                _
          , ィ' ´ ̄  ̄`、 '<、   ___
        ≦ ´ ̄` ` 丶、  ヽ、'i ヽ≦////\
      /        __,  \ヽ》´イ'i|/ ̄\//∧
      /   , -‐ ''-~、 ,   ̄ /// |i|i|  i ', ヽ//ゝ,
    ///  ,ィ=‐- 、,,  `ヾi、. //// |i|i|   ': ヽ∨i/
.   イ  .i  /, 、   \` 、 `::i///l ,|i|i|i   :.  |',ヽ
   i'  |  {!i |,∧    ヽ \ .|///| .|i|iト|!   :  i. }∧
   iゝ、 从x∧, i{l圦    \ `|///}//:i∧ { :  | :|/∧
   | 、r'` `" ヾ|! ∧   }:、 ヽ_|///∧/|i|i! l ::   |∨/l
   .i iミ'        ヾ ',  トハ  ∨`'--‐‐}i|i| i :::.   | ∨
    ∨i´     __ュ、  'i  :|ィ'i¨}´ ト_. | :::|i|i|乂.  i.  |!
     ヾ{  ,≠¨ -‐、    |,ュョ、|ヽ圦 .ト,  テヘ '  |: /
     'i、 _ィ≦=ミォ、  ',}´  }/)'¨ |ノ|  |' |:  |:| /三ィ"¨ヽ
        ハ ヾ´弋_,ソ   !  '///i/:|  |:ヾ}!  i:|/   : : ::::::}
       ゝ 、 `=‐´    、  '´ '´´":i /::::i  /}'l    : : ::::::{
      ./:::::..、 ///    __    _,イ}|ノ-‐/ / |    : : :::::ノ- 、
     / - ,__≧ ,,_,,  `` -‐" ̄ | ,//        イ λ ヽ、
     ∨                 /      _,, /  /,,i ヽ、
      ',                __     < /   /"
     /ハゝ、__  _     -‐''¨ ̄         ,-‐~   \
     /  }!~`ヾ‐- ,,__             イ´ /

水晶は 必ず私たちが探し出してあげる お母さんを助けてあげるから
 心配しなくていいわ」*2
「………」


「私……間違ってたのかな……」
「は?  まだ探し始めたばかりだ 諦めるのは早い」
「違う」


                             ,:′    ',
.  r‐-  ..__                     . '′      :
   `、      ̄¨¨" ''  ‐- .           /        i
.   `、                 ` 、     ,:'゙            |
.    ゙:,             : . `、  ,:′  . -;      :i
        、      ‐===‐- :, : ',__/. : ,.:'´. :./      ,′
       \        ``丶 `Yn{: .ノ.:_,. :'゙        /
.          ` .          `フ乂{'´ ̄        ,.:'゜
            `>: ... ____,,.:'゙、` 、` ー-=ニ...,,____,,. :く
         ..,,___,,.:'’ ./.,:'´.:'´:i|: . \ \ `:、: . `、`、: . :、
         フ'゙ ,:'゙ . / .;′ 八: : . `  /.>':,  `、`、. `、
     ___,..:'´ /,:′. :′:!. :/-‐ \ : . //__. :゙,    ゙:,:   ':,
   ..___,,二ニ='゙ ,://. : /  :|:/      `く/ . :/> i:    ',:  `:、
   ``  ..___,..:'゙// :,.:'゙  . :i′-‐- 、  `` -≠=-}::   :i  i:`、   `彡ァ
  --‐=ァ=≠キ{,{.:'゙,  , . : jィだj¨゙ik    ィだj¨゙ik:.  :l  |:, `、 ミメ、(
    //,:'´.:'´./ /. :/:} 弋辷ツ       弋辷ツ:,:i:  :l: . |: ':、:.、\)、
    {( :{{/ // :/. :/'j7''ニ⌒ヽ   '     ,:゙/,′: i|:. :|: :i\`¨⌒`
       /,:'{:,.:′,:'_ア′  ‐-、``i 、   _,  厶'/ . :,.:':}i: |:、{
      {(/ ,:イ¨´   j:、`i i_ノ      ,.ィア'゙ :/:,:/:}iハ:.\、
.     ,:'゙ア'´i |  __,,.::'゙てノ,_ノハi`  -  '"i ノ゙ /:///},ハi⌒\
.     {,:' . :| | /-i l    _,..ィリ      {t:く(∠/´ ノ′
.      /  . : | l:'二l├=''" . : i{      .′ `丶、
.     {{ . : : :、∨-| |  . : : : : :{       ,′. : : : : .` 、
    ,i{{ . : : .:`、マリ | . : : : : : :',´ ̄ ゙̄ア . : : : : : : :   >、
.    /: :{ : : .: :: ::`;ァ''゙\.: : : : : : :',   / . : : : : : : : : : ,.:゙∨
  r'{: :    : .: ::/    }iト .;_:_: : :':,  / . : : : . : : : :,,'’   .
  ,i| {: :  . : ,::}′    j;/   ,>'´ ゙̄7V廴:_:_:_:_;,:. '゙i|     i
. { : :  . : :/,:′  . ´.′/   ,.:´f⌒i,  `` 、  ∨   |
  V, . :/:/ . '゙  ,'/   /.:/:Π:.\    \ i    |
  {`'ー‐''" . '゙   /    __,..:'゙ .:/:| :.、\    ';:l     |
.   ゝ-‐ ´   _.. '´     ¨~゜  .:/. キ  ``ヽ:,   :;!   :

「人間は…… 悪いやつばかりじゃなかったのかもしれない……」

「………」
「当ったり前じゃなーい!」(≧▽≦)*3

異世界人 ちょっといいかい?」
「なんだ?」
「魔物は なんて言っているんだ?」
「魔物? ああ……ノアのことか」

「襲っていたのは その魔物じゃないのかい?
「ああ  悪い人間が 食べるために殺していると言っていた」
「……人間が?」

「別に…… その魔物が 本当のことを言っているとは限らないんじゃないか?」
「ん? そりゃまぁ……そうだけど……」


,...-‐'':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ̄::::...-....,...‐''::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`...、           /
-――――――――――‐,.―:.:,:.:.':.:.,:.:.:':.,:.:.:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:!:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、       /:.:.
             ,...‐'":.:,:.:.':.:.,:.:.':.:,:.:.':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,ィ:.:l!:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.ヽ、   ,...':.:.:.:.:.:.
             ,....'; ‐''"´ ̄7:.:./,...':.:.:.:.:.:.:.:.:.,. ' !:.:l.!:.:.:l、:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽr‐‐く:.:.:.:.:.:.:.:.
         ∠‐'"       /:/ /:.:.:.:.:.:.:.:.:./iiiiiii!:.:l !:.:.:lヽ:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`、  ):.:.:.:.:.:.:
                 ,.'ン'  /:.:.:.:.:.:.:.:∠ --、iiiil:.:| `、:!iiヽ、ト、:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:レく:.:.:.:.:.:.:.:.
                  /'   /:.:.:.:.:.:/ii,...-、`ヽiil:.:!iiiヽ:!ii_,,,ヽ-‐、:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト、!:.:.:.:.:.:.:.
                       |:.:.:.:.:./`Y'  ,ィ、ヽiii.ヽ!iiii,ヘ´、, --、`、:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:∧:.:!´  ̄ ̄``
                   /|:.:.:.:/ ノ  ト':::! iiiiiiiiil!iiiiiiiii〉'/ ,.ィ.、`ヘヽ:.:.:/ヽ:.:.:.:.:.:l:.:|:.:!
               , --/. ヽ:./ ,クiiiく. `ー'iiiii''''''''iiiiiiiii ト':::リ  ヽ1/:!:.:!:.:.:.:.:∧:.:/
            -‐''"  ̄.|  V / ,,,,,,, ̄'''' ,     `iiiiiiii、`ー'  /´}:.:.N1:.:.:./ |/
                   |    !       _________   ''''i(ー'ヽ、  レ'./ |:.:.:/  ト、
                   __」     !      l´`ー―‐ヘ     ヽ、. ヽ、/ レ' ,/ |
  __.... ┬┬― ''  ̄   !    !     !  , ‐―ヘ     ヽ  `      /ヽ、
 ̄      l:.:.l             `.、     !./     !    ,ノ        '7´ヽ:.`、
       /:.:/            _ |:/!`!、   !      ノ    /        √   ヽ:.ヽ
       |:.:.|__, --―'''  ̄/:/}:.!.!├へ. ヽ. __/    |     ___/     ヽ:.:!
          !:.:.!:.:./   7   /:/ /i/`´:.:.:.:.:.\    _  -‐ヘ   ー'   ` 、      `
        !:.:l:.:.i!、 ./  /:/ /:.:.:.:.:.:.:.:.:./.   〉 ̄ ̄      ト、       `ヽ/:>、
        l:.:.!:./ l / ./:.:./   ,':.:.:.:.:.:.:.:.:./   __   ,r‐――‐‐/:.:.:\       //  ` 、
__     __!:.V  ! | /:.:./___  ̄`7:.:.:.:/-‐''":.:.:.`ヽ/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:,:.` 、  /:.:/       ヽ、
 ` ̄ ̄´   ヽ  ヽく:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /:.:.:.:.ト-イ ̄ `>'":.:.:.:.:.:.r―‐'ー―‐' /:.入_/:.:/
___  ヽ、 ヽ、 !.  ̄ ̄/:./ ー―‐|ー': ̄`ソ:.:.:.:.:.:.:.:./ / ̄`ー―‐':.:.:/ /:.:/
      ̄ ̄ヽ、 ヽ !   /:.:.ニニニヽ.!ー'`>'" ̄ ̄`ー' /:.r――----‐'  /:.:/
          `ヽ;y'    ̄     ヽi_/ ̄ ̄`−---':.:/    !  /.  ヽく
            /             ' ̄´` ‐- 、:.:.:.:./     ! !      ` 、
           /                    ̄`     ! l         `  _
            /                            i    _         ``
          /                            ヽ    , `ー――――――
         /                              ヽ  /

「ひょっとして ピナコに 何か心当たりがあるのか?」
「!? ない!!」

「……なんだよ……」


(浜辺に現れる人喰いの魔物は 何十年も……何百年も前からいたんだ! その魔物が 人間だとするなら……)

(そんな人間……1人しかいない!!)

「あっ!!  ありましたーーーー!!
「マジか!!」

ノア!! これ!!」


パチッ

「あっ……」


そんな…… まだ足りない…… 残りひとかけらだと思ったのに…… まだ……足りないなんて……」;;
「……」

「落ち込むのは早すぎる 探し始めて数時間で一つ見つかったんだ 1週間あれば絶対見つかる」


`<::::::::::::::::\     }::::::::/___
   ` <:::::::::::\ _ -ァ':::/       `  、
      ` <::::::\ //__            \
      ./ `>≠´ ̄ ̄ ̄`     \    ヽ
     ./  /´             ',  ヽ ヽ   ハ
     /         |   ',   ',  ', ヽ   ハ
    .'  / .!  | | |   ! | ! i!   | | ', ',  ',  ハ
    .′ i  |  .! ! !  .! i! ハ |i-―-イ、! i! |.  ハ  .ハ
    ||  | .! !  |_|_ト.   i! i!{ }ハ  / }/!メ| !   |  ハ
    |i!  ! ヽv'´!.从ヘ  iトヘ  /ィ ̄ヾミx ,リ   .|   ',
    |ハ i!ハ  ヘト.,ィ⌒:.\ヘ从.  {o:::::ハ 》イ     .|    ∧
    { ヾヘヘ  ヘ八o:ハ  `\  マ zソ  |   | !    ∧
      ヽ|ヾミ=‐ゝ マノ  ,    ::::::::  i!  .! .l  \  ∧
       ,!/ l  ∧::::          ,.イ!  i! l    \ ハ
      .//  .' / .込、   ‐ '    イ〃  i! l     ハ \
     〃  /./  ||  `≧r- ._,.r ´//'    i! l>―‐<∧. \
    ./'  //  〃_r― ┴ 、/Yヘ´__.//    i! l      ヽヽ   \
    /   〃 ./  !: : : : : : :r‐/: //    i! l        ヽヽ.  \
   ,.'    i! /    }: : : : :こ{_{こ: :| !   / l        ハヾ 、  \

「そうだな!」

       \        /
        \      /
          \    /
           ゙ヽ、..ノ
              ,,ξ
            ,,.‐'"/;;i|
        ι-‐<;;;;;;i!
         !i;;;/;;;\;i!
          i;;;/;;;;;;;;/
         !/;;;;;/
         !;;/
         `

「くっくっくっ…… あの女の娘…… まだ砂浜を掘り返してるのかねぇ
 かけらの一つが ここにあるとも知らず…… 完成しない水晶玉のために……」


                          _,.   ____
                   ____  / /r''´,. -=≦
                   _,..`=-ミ.ii / /,...二._`丶、
                  ,.r;彡‐'" ̄ ヾ.ヾ//-‐   `ヾ、ヽ,
                ブ;彡'´ // / ,r;;、゙:、,.、┬ 、 ` ‐-゙:ミ
                r´'´,ィ//// /,イr'-、;;:::;:;;;;:! i  i 、ヽ ヾ≧
             -‐'-グ, ,ィ'7 ハi! / | !    `゙| ハ l i !ヾ\
               ゞ7'/ |i! l,!|'i=‐:l、     i/ |、ハ | .| i ゙ヾ\
               7ィ./ iハ|+=ミ:、`    -―_''"j゙iノ .! i゙ヾiヾー`
                  /;`゙i ヾヽ.f_}.. ゙      :=ァf‐ミ:、iノ/ ! ト、ト
                  i !-;|       .:::i    └'...ノ77/ハ.i、 ヽ
                ゙、,_.!     .:::::i         '゙ /-i |´`
                /n.i                 />'ン
                 // .l !.   r―- - 、      /'<´
                  | | l ハ.   ゙:, ̄`゙`''‐`ア  ,イ.n l
                  l l,.ノ/ ト、  ヽ.___/  ,.イ i | | !
                  ヽ-'   |. ゙、        / .l. | レ'/
                 _,..|、.__ヽ、 __/  .! ゙ー'
                   / _.i   `Yr--、r‐‐f''"ト、_
                 ノ/r'!ヽ、_,|「  i   |,..ム. ヽ
          _,.. -‐ 'フi´r'´j ゙、   i f ニi´ ̄i! i,ハ  「丶、
        _,.-'´      / | l fi_゙ヽ、_|_r'_i_..レ'  |  ゙:、  `>‐- 、.__

「私は すぐ死ぬバカな処女どもを見下す今の暮らしが気に入ってるんでね」

「最低 あと千年はそうして探してもらうよ」


  • 三千年前から男はおらず交尾は行われていない、はず
  • 百年前、岬の先にある古い祠が海に沈んだ(29話
  • リル「嫉妬深い神は五百年前に死んだ」(30話
  • リル「赤いリボンの魔物を殺せ」(35話

―――誰が誰を何をどれくらい信じるか、何故信じるか。その故にどう行動するか。ピナコがカイを信じていた(玩具扱いを受け入れていた)のは妹を助ける為。幼女ことノアが陽太たち(嫌いな人間)を信じたのは母を助ける為。陽太がノアを信じたのは彼女が怪物に見えなかった(思いたくなかった)という直感の為、また前提としてジーニアスの言葉を信じ神殺しに挑むのはルーミはじめ少女達に死んでほしくないから。それらの是非や行く末はいったん置いといて……はたして、ますますもって森嶋ブチ先生版KANONコミカライズを思い出す人海戦術で成果を引き当てるも、最後のひとかけらが敵の手中というのは……つまるところ幼女ノア(リボンの女の子)を「人食いの魔物」と同一視させてたリルとノア母を騙して鍵を砕いたカイは組んでるって理解でいいんだろうか。
 そしてここまでの情報や傍証を整理するに、ノアの「お母様」がラスボスこと「嫉妬深い神」……“として”既に死んだことに“なっている”神だと類推されるわけだが……これで本当にお母様を殺さないと少女達を呪いから解放できない(世界を変えられない)だとしたらキツイな(人ならず身でも沈められてる間に「死」を迎えていてもエグい)。人間もう一度信じかけてくれてた幼女が目を濁らせて街の住人全滅させるわそれは。転じて、呪いをかけた存在が別に居る……居てほしい希望的観測そもそも人を信じ人に関わっていた(推定神の中では変わり者と思しい)母神が人の寿命に枷を嵌めるというのが腑に落ちないし(震え声


 それにしてもだ。例えばディクロニウス遺伝子に眠る本能(エルフェンリート)、例えば人類の造物主ソーサリアン巨人ロキ(極黒のブリュンヒルデ)。これまで岡本倫作品におけるラスボス的存在はそれ以外の敵役に比べると途轍もなく強大巨大でいて、その内実は描写説明薄目な傾向にあったように思う。そこにきて今作パラパラは仮称「神族」、あるいは地縛神たちという人ならざる存在のありよう、および人間との関係性について盛り込むところが大であるように思う*4。ある意味、極黒の終盤に像を結んだ「アフロディーテ」が実際に居たなら、が僅かなりと実現しているかのようで嬉しく思う側面もあるリフレインそういや水晶玉は現世の物質だし砂を掘る分には(手が血だらけになるほどに)接触可能なんだろうが、陽太がノアに触ったらどうなるんだろうか?
 またノアのように、人の域には居ない存在にも肉親?の情が存在している一方で、カイの物言いは崩月の呪いを脱したどころか明らかに長命種というか吸血鬼ムーブでいて「独りきり」を楽しむ精神性なのが不思議。よっぽど当時五百年だか百年だか前、俺は人間をやめるぞジョジョ―! する前段階で当時の人類社会に嫌気がさしてたか恨みを抱く経過があったのかもしれないが。あるいは彼女のような脱人類(現人神)が他にもいて、その集団が掲げる目標こそが「黒き夜明け」とやらなのかも。


 さてさてリールの街ひとつに限れば真相核心に近づきつつあるものの、憶測に憶測重ねる日々に変わりなし。ともあれ明日以降、ピナコがカイを下手に問い詰めたりするとかえって手詰まりになるか、それとも巡り巡って幸いするか。さしあたって思うのは、期限が一週だからってその間ずっと砂を掘り続けるのは陽太たちとしても過酷だし精神的にキツかろうということ。まして事情に通じてないリール住民をや……母のためでも百年もやってたノアの頑張りは想像を絶するな……どうか母娘の再会が成りますよう、それが悲しいものになりませぬように。

*1リール住人に事情を説明して協力を要請するターンは尺の関係で飛ばすのも仕方ないことかもしれないが、トライデント以外は(ミースから来たヨータの指示で聞いたことも無いだろう手法をすることにも)どういう理解で励んでくれてるのだろうか。犠牲者が出たばかりだし、魔物関係の手掛かり捜索だろうか。願わくば彼女らに疲れ厭いが出る前にケリがついてほしいところだ。そしてこの協力が報われますようにと。鍵はピナコの動向かね。

*2:前回の時分にも思った事だが、この世界の人間にとって「母親」という概念は一応理解できるところなのだな。彼女達の経験上においてそれがどういうものかは未だ不明であるが。そういやティアって「奥さん」も理解できてたね。

*3:せっかく陽太と交尾した首輪の影響でかノアの姿・声を認識できるのにおっぱいのついたイケメンティアの方が心理的距離を縮められてるメインヒロインさん!

*4:ただ「お城」のことといい人間サイドにも未開示情報は多いし、サユリさんのような人以外の種族・知性体についても仄めかされているので、描写量が先行しているだけとも。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/bottle512/20180311/1520778691