Hatena::ブログ(Diary)

ALORC-Bottle-Craft-512-Logbook このページをアンテナに追加 RSSフィード

AよりRへ。記録を継続する



2018-04-15

《ジュワー島の小走り/Jwari Scuttler》/岡本倫『パラレルパラダイス』第39・40話





 (前回の感想はこちら) (感想記録モーメント2) (eヤングマガジンにて前回無料

 パラレルパラダイス(1): ヤンマガKCSP

 パラレルパラダイス(1) 特装版: プレミアムKC (10Pの描き下ろし漫画、設定資料などを収録した36ページの小冊子が付属)←電子版もあるでよ

 パラレルパラダイス(2) (ヤンマガKCスペシャル)

 パラレルパラダイス(2)特装版 (プレミアムKC ヤングマガジン)

 パラレルパラダイス(3) (ヤンマガKCスペシャル)

 パラレルパラダイス(3)特装版 (プレミアムKC ヤングマガジン)

 異世界の救世主。 : 続・黒のノエル / パラレルパラダイス第一巻収録エピソード感想まとめ

 溢れ出る愛欲。 : 続・黒のノエル




                      ,.-、   ,-、
                        }  }   ノ  }
                  f^ヽ {  {   '   '
                       {  } ',  ', } : :{
                     {  ', }   `'  : :{
                    {`ヽ  ',  `'     : : ',
               ヽ \}         : : : :ヽ
                   \          : : : : :`ー-―-、
                      }  ,         : : : : : : : : :__ノ       トン  ゴロッ
                . -'‐'´       . : : : : : : , ''´
              ... -‐''´           ヽ : : : : : , '´
       ... -‐'''´            . . : : : : ,r‐'´
.-― '''´                 . . . : : : : : : :/
                   . . : : : : : : : : : : /
           . : : : : : : : : : : : : : /

「!? !?」
「いや どの程度で非処女の首輪が出るのかなと思ってさ」

「お 首輪出てる  一旦差し込めばそれで非処女認定されるのか 精子とかは特に関係ないんだな
 良かったな これでノアと話もできるしバイコーンに乗れるぞ  おめでとう


               ノ∧
                 `ミ、
                   ゛ー-===ー―--
                  ______
              Zニ===ニ三三:=x、
                  x≠¨¨¨ミx =三:心
              〃  z=ミx. ヾ,  .マ_ハ
             ,,′ /   l!  }}   }.刈
     ι        {{  .l ・ .′ .リ  .リ//
         O。  }}  ゝ.._ノ ,,"   ///
  ///     〃つ==z ,〃   //,イ
     ///  i{     と⌒~ ) /´
             じ      `i 「"ι゚。
(                υ  оノ (
 ヽ ⌒             )ノヽ)
             。 ノ,′ (
              ( 。゚  o゚。
                        ,.ノ''"´``ヽァ‐-イ
                        /      ヽ、           r'⌒ヽ
                   ′u          `¨¨`'ー‐-:    .ノ   )
                     /       u        `:゙',   (     ノ  O
                       /             u     }   ``ー'
                   /               ヽ、    ノ
                     /         ,イヽ       ` ー イ
                 /       / lヘ    _,,,,,,,,,__ }
                    /       ,イ  >''"´ ̄      ̄ヽニミー--=ニ _
                 /   ,.  -‐'''¨                  ``ヽ、      ヽ¨`''ー--::
              /  /                    ヽ. ‐- 、__)    \::::::::::::::
            /                              \  u      ∨::::::::
              l                             r .、  \           Y::::::::
               ゝ_________,. -‐'''¨フ ̄ ̄ ̄',       \. `ヽ \.         l::::::::
                        , '        ',  .r、  l\  \. \ ヽ        !:::::::
                      /        ', .| ヽ ヽ \  \  `′      .l::::::::
                          / u   i     ', !. \ \ \ ヽ    u   /:::::::::
                      /     '.      ヽノ   \ )   `´  、   ノノ>''"´

「何やってんだ おれは…… 結局おれにも 大義名分なんてないじゃないか……
 また洗わないと……」


「そういやおれ ティアの部屋知らないぞ 困ったな」

「ん?」


    /: : : : : : :/: :/: : : : ::/: : : : : : : :/!: : ::/!: : : : : : : : :l::l: : : ::}:ヽ: : : : ::ヽ
    /: : : : : : :j:: ::/: : : : ::/: : : : : : : /.j: : :/.j: : : : : : : : : l::l: : : : }::ヽ: : : : : ヽ
   /: : : : : : ::j: : l: : : : : /: : : : : : ::/ /: ::/ j: : : : : : : :/!:ll:::l: : : : :l: :}: : : l: : :
   /: : : : : : : j: : j: : : : : j: : : /: : ノ ./: ::ノ /: : : : : : : :/!:j.|::|!: : : : !: :!: : ::|: : ::
  /: : : : : : : :l: :/l: : : : ::jr‐ナ:フ─.メ-ノ-フ: : : : : : : :/j:j .}/|: : : : }: ::!: : ::|: : : :|
  .l: : : : : : : : :!/::|: : : : : |彡/  //ヽ./:/ノ: : : : ::/.メ/_j:j .!: : : /|: j: : : :!: : : :|
  l: : : : : : : : :|: : |: : : : : |r=チテ心ミ、 /' /: : : : /.// /`メ、j: :/j: j: : : :|: : : : |
  l: : : : : : : : {:/!: : : : ::| ん‖:::::: リ  ノ_: :/ ノ' ./' .j:/j`Xj::/: : : }: : : }!::|
  !: : : : : : : ::|r' Y: : : : ::| つ::::::::o'::メ        rチテミ、/./' .//: : : : j: : : jl: l
 .!: : : : : : : : |  |: : : : : | ゝミ :::乂        .ん/:::::::リ ヽ./: : : : : ::j: : ::ノ!:j
 .!: : : : : : : : |  |: : : : : |        ::::::::::::::  {っ:::::o::メ 〉/: : : : : :/: :ノ.j/
´ !: : : : : : : : |_ .|: : : : ::|.  ' ' '    :::::::::::::::::::: ゝ:::__ソ  /!: : : : : :l:/
 |: : : : l: : : : | ` |: : : : ::| U                  ./:l: : : : : :Y!
 |: : : : ゝ: : : |  .|: : : : :ト、               ' ' '  /::j: : : : : : !:!
 |: : : : ::ヽ: : :|  .|: : : : :|  `ヽ、  r─-‐、_        ./ ::l: : : : : :j::!
 |: : : : : :ヽ: : :!  .!: : : : !、    ` `─- 、_ )      ./:j: l: : : : : :}::}
 |: : : : : : :ヽ: :!  !: : : : ! \    ` ヽ、       .ノ`ゝ}: : : : ::/:j
 .{: : : : : : : :ヽ:!  {: : : : {          \---‐' ´ _.ノ: : : : :/::j
 .ゝ: : : : : : : :ヽ{.  ゝ: : : ヽ           ` ヽ、   j: : : : :/: /
  : : : : : : : : : : ゝ  ヽゝ: :\              `ゝ/: : : ::/: 〈
、 __ ヽ: : : : : : : : : ゝ 、   ゝ::\           _ ,,,ノ: : :,r.〈ノ. ヽ
             V: : i  .{.}      l i: : i i     /   .V: : /
               /: : :l  .l     .l V:.:}.ト     /    V: i
      ______l: : :l.l   ',     ',  V/    /i     .V
    /ニ    ィ.、 V: :i.    ト、    ノゝ,./     /ノ      '、
    に          ハ:l     l ゞ,イ´ ゝ./    /        .'、
    '--‐'´`}    {.   }   .}    .._//    /-‐       '、
        /    ',  l    ir‐ ' ¨´ /    /            ',
         /     .}._,、|.    ',     ./    .,'            i
        .i    /´ .l     l   .,'     ,' /´            }
        i   /    .l    l    i    /´           ノ  r ' ¨ヽ、
       .i          .i    .i    i   ィ'´            /  /    `' ‐ ‐ ‐、
      .',           ',   .i_.,、イi   /              /  /¨'‐           ゝ、
        .ゝ、_ _ _ 、-}   l   .i  ./               / ,.イ    ,、、、,     .ニ}
           r.ニニ¨¨¨´   .l  /  ,'             ,イ、イ´      /   ¨ ' ー ニニ}
          ./ニニ      /,、‐'  .{        .,、‐ '´        ./
          (ニィ‐コ  _/,、 .     |      /          /
                {_イ(_ク' ,ノ     .l    /         /
                /./ .ィl /} /l             /
                   `´l_/. f_/f_/ .',            ,、 '´
                            ゝ、 _ 、 - '`

「すみません……すみません…… 覗くつもりじゃなかったんです……
 お風呂に入ろうと思ったら…… 立てなくなりました……  あっ……」ビュビュッ

「ううっ…… 見ないでください…… 見ないでください……」
「……」



「とりあえず ティアの服着せるの手伝ってくれないか?」
「えっ?」
「あと ティアの部屋も教えてくれ」


    ゝ::.:.:; -一'´ ̄.::.::l:ヽ.   ´       .:/:/´   _,. ' ´ ̄  .. . .
::.:.:..:.._._,.  ̄     .._...:ヘ::':,. -─-- ..__,. -─-、/_,:.:' ´   ._..:.:..:.::.:.:::.::.::.:.
¨  ̄     ____'´  _;:ィ´ .:.:::.::.: :.      , 丶::`ヽ;.__   ` ¨ ー- -
 _.. -一'¨´  . .:.; ̄´.::/ ,'::.::.:..       .:;',:  `:.、::.::.:. . ̄``ー─---
´ .. .: .:_;:.::'´.::.;:.: '´  .::; '.:,:'::.;: '´_,. '´ .;:'´.::.;:.:' !::.   .:丶::.:.. .
.::.:.:::.::::.: .:;.: '´..:.;  .; '.:.;:'::::;' ,.'´     ' ' ´  i::.:     .:丶::.:.:.. 、.
::.:.:::.::.;. '´.:..:,: '´   ..:.::.::.::.:;' .;    _,. -     i::.::.`、      `丶::.:.丶、
:::.::.:.´.::.::;. '  . .:.::;. - .:´;':: ,'.. - ´       ヽ::.:..丶:..      `丶::.:`:
:::.:::::.:;. '   ,.:.- '´ ..:.::.;::': ';'.:' .. .. _,. .: .: ..:.:;:'´ '、 、ヽ:..丶:..        ` `
::;.: '´  _,:.'´  ..:.::.::::;: '.;:' ,'_,.::.:_:,.ニ. _,. -.: '´   丶 ヽ::.:... ヽ::.:...
' ..:.;:.'´.. ..:.:;. - .:´;' ,:' .,:'::.:`::.:='´          `、 `:、:::.:::`::.:.: .:.:.:..:..:. ..
.:_::.:.- ‐ ¨  .,:. '..,:' '´ _,. ‐- 、丶::.:.. ..     . ';.  `' 、::.:::.:`::.:.、
        ..:.:;. '  ,.' .,.::-‐- 、丶:..`.: ´`,. - '´、ヽi::..     `丶`丶::._::.:.. .
     . ..:.::.;. '  ..:,:' ..;/:.    \丶::.::.:.'.    ヽ !::.:.. .   :,._    `丶
  . ..:.::.::::;:.'´   .:.:;' .:;:':!:        ヽ丶:._::..、     ', `丶、:..   ` ‐ :.::_::.::
:_:;.: - ' ´    .:.:::;'.::;'.::j|:.       :/` ー-、丶::.  i.   丶、      `¨
      ..,.'.::;:':;:'::/.::;ハ::.:.    ..:/:     \ヽ:.  !:、::.:..    、. _
::'´ ..:.:;: '´.::;': .,' .;'::.::j::.:.:V:   ...:.::j::.       :ヽ`、 !. ` .::.:_::.:.:.. .. . `.:、::.:
.:.:::.::; '   ,::' ,.' :/;/.;.:/   .:.::,:イ:.        :ハ .:';. !:.   _ ¨  ‐- ::.:.:..
::.::;.'   ,'  , ' /_,.:'´/    .::' .:j:      :j`ーゝ;`:、::.:.. .  `丶:.;_::.:.. . .
::;:'   ' ., '/ ´ . :.:.:!        .:ノ:      .;' :.:..::.:\:.:_::.::.::.:.::.::.:..:..`:.::.::
;'   ,' /   . .:..:.:.!       .:/:!.     .:/   : .:.:..:`:.:ー- ::_;.::.::.::.::.:.::::
     /:. .: .:..:..:..:.:.:.:|      .:/:.:|:.:..  ,' :{       . :`:、:.:.:`:.:、` ー‐--
   /      .:..:.:.:|     .:/.:.:.ヽ.:.:.:..′ :丶         :丶:.:.:.:.丶 : : .: :
. /       .:..:..:.:|     .:/ .:.:.:.ヽ.:.:    \        :`: .、: .:ヽ.

「あの……すみません…… さっきは取り乱してしまって……」
「いや…… 落ち着いて良かったよ」
「家畜の交尾は見たことありますが…… 人間の交尾なんて初めてで…… もう頭の中が真っ白になっちゃって……」
「……そうか」


「でも……これでスッキリしました」
「スッキリ?」
「ずっと不思議だったんです」


                〃
.                .′
.                {_ --------- 、
              /.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ::..:\
.             /:.:.:.:.:.:.:.::.:.:..:.::..:.:.:.:.: 、.:.:.:.:.:'..
            .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、.:.:.:.:.:.'..:.:.:.::.:从
           .′.:.:.:.:.:.:ト、.:.:.:.:..| \.:. . ′:.:i|.:.:.:`:...
            ト、. .:.:.:.:ト:|  、.:.:.:{ ィ斧ミ、|.:.:.:i|.:.、___
            | |i|.:.:.:.: x斧ミ、.:.:..、 Vり j{.:.:.:|}.:.:ト、{
           /∧.:.:〃 Vり      从.:.'.:.:.:.:.:.:'.
       {、_/.:.:.:ム.:.:.:八    ' ,   ′:.:从.:.:.:.:iハ
       `ー――‐イ.:.:.:.:>  `_ イ.:.:.:. ;.:.:j{.:.:.:从}
            /.:.:.{i.:.、:.:.'..:.:., 〕    、.:.:./.:.イ.:/イ
           八.:.:.:.`_r-、:.∨/    /.:/ニ}¨|‐‐ 、
            .´ /.ムノ、\{ ` r-y }イ.:. . : 、|  ハ
            ′.'ニ/.:.:.:.}ニ.{  7ノ、 }.、.:.:.:. `  ′
           ,  {.7.:.:.:./ニニ`¨´   7ニ \.:.:. ∨ }
           ノ -从.:./ニニニニ∨  /ニニニ. \ . '. |
         ,   ⌒.:/{ニニニニ∨. /ニニニニニ ム.:} |
        /    7 ′  __`ー‐、.Y__。o≦⌒`¨.|从λ
.        /{  -<. {.:.|   {     }::::{´    l   | / |
       、 `¨´ニ /.′ 、  |    从::|.    八 /イ ′
        Y---.′へ-> 、___. - イ:::::≧o。_ イ.  /
       八   /  {ニニ{    ∧:::::::∨      |
         `ー__ム  '.ニニ.,    |:::::: : ′     /
          { , --`¨¨`ー‐、   ___|:::::::::::}___./
          7 / i|八   `¨¨.  \/  / '. }
        「 ̄ ̄′. i|  \  、    ´.  /  ∨⌒Y
.          | , --{.  i|     \        }  ヽー‐、
      /ヽ  ̄へ 从             / 八   从

「どうして私 ヨータさんのこと好きなんだろうなって」

「私 今までこんなに誰かのことが気になった事なんてなかったんです
 なのに ヨータさんと一緒にいると 胸がドキドキして……」

「ヨータさんは異世界から来た人で 色んな事知ってるから 私すごくヨータさんのこと尊敬してて……
 だからそれをきっと好きだっていう感情に置き換えてるんだろうなって 思ってたんですけど……」

「まさかヨータさんが男の人だったなんて…… そりゃ ヨータさんのこと好きになっちゃいますよね

「家畜だってオスとメスを一緒にしたら交尾し始めますし」
「ハナハナ………」
「ってやだ…… 私 何言ってるんだろ……」
「……」

「……それじゃ また明日」
「また頑張って水晶を探して ノアちゃんのお母さん助けなきゃですもんね」

「おやすみなさい」

 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ::::::::::::::::::::::::::::_ ,,,,,,, --- ―‐ ''''''''''' """  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ """ ''''''''''' ―‐ --- ,,,,,,, _:::::::::::::::::::::::::::::
 -‐ ''''' ""  ̄                                              ̄ "" ''''' ‐-







 ‐- ,,,,, _                                                _ ,,,,, -‐
 :::::::::::::::::::::::: ̄ """" ''''''''''''' ――――― -------------- ――――― ''''''''''''' """"  ̄::::::::::::::::::::::::
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

  /  | |        / | |: : : |   チ          __
/  /| |      /   | |: : : |   ュ          |l __l  ||
  /  | |┐  /  / | |: : : |  ン            ||   ||
/    | |┘/  /   | | : : :|    チ           ̄ ̄
      | |/  /     |〉==:|     ュ
      | |  /       | |: : : |   ン
    /| |/       -‐……‐-ミ
_//| |___/             \
___|__./    /'´        `ヽ
           /  /,  i    i  ', ',
       i    i .∧|\|\/|/i,ハ }
       |    l、_{ rt:::テ   t::テ jイ{
       |    | ixwx   c  xwハ.i           ,.@@@@.、
       |.ト--ヘ. |≧=‐- -‐=≦! /イ           i(@@a@@:)i
._______|:.`Z::::::Y´ .  ヽ  ヽY::::〈_______| `¨¨¨¨¨¨´ |_
       } , ´¨∧   ',  ノ  ノ il}`「        |  ゴミ箱 |@
_..-─--‐="´⌒i´ ',   ',  /!  |,{リ ‐-、    @ ヽ、___ノ
             ヽ、 {   ヽ∠{   Y´   ヽ     _,,..i'"':,  @@
                `ヾ^^´  `^^´\     ',、   |\`、: i'、
                  }          `` ‐-‐′\  \\`_',..-i
=================================
       , - 、       ___         , -―-_、____
      /⌒ヽ \  ,  ´       `ヽ、 / _///////////////\
      , -  ̄  ´           - \,ィ///\ ////////// ̄ \
     /,  ´ /    ,       ,..  --- {/////∧ ̄ ̄ ̄ ̄
    //,:'  /    /  ,..ィ/ 、__ /,     /∨////∧     |
  / / /  ///    / /      `ヽィ     ∧/////∧ i  |
    { /  / { |   / /} ` ー- .. _   彡/,- 、 ∧/////∧  |
    | {! {i | |.  イ //  ,ィ==ミ、っ / イ/ ) } / }\////∧l |
    | ハ | {,ハ / | /    :.:.:.:.:.   { /l/_,ン '   |  \///∧ |
    |'  , ! |从{j `           リ |/   //   j \//∧!
      ヽ\{ 此  r―-、      /  / / |   /  \/ハ
        \ 人  ∨  ヽ     { /_イ_ /  ,     \!
         /!    ヽ  ノ    /     `ヽ/     /
           {(    >  |i   イ/        \     /
          ヾゝ      ` ゞ ´\ ,'          ヽ  /
             ,  ̄ `ヽ、   {            ,  ∨
            /       ` ̄ |          /
          ___{_       ___ |          {
=================================

腋ブシュッ

ギャーーーーーーーーーー!!

「!?」
「えっ!? ティア様!?」


             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ > | ̄| | ̄|
            <______     /   |_| |_|
                    /    /             / ̄ ̄/  | ̄| | ̄|
                   /    /                /    /    ̄    ̄
                    /      <            ____/    /____
                   /         \         |                /
                 /     /\    \       |___     __    /
           /    /   \    \          /    /   /    /
    _     く____/      \  \\      /    /   /    /      _____
   /Υ]            〈_]      \__\、>     /    /   /    /        |        |
    !::::!<             \ 、     \、   \ 、  / \、/、  /    /          ̄ ̄ ̄ ̄|  /
   ヽ/      く>    \\ 、 、  ヾ;.、   ヽ\ ̄ )\_)::、──<             | ̄| |/
     :  .  ・ .  ; :   ; \: .\):.、  }::..\  } :.、゙ー':;.:彡:三=::;.ヾ、 \、           |  |
   <7      _:   .  ' . 、 \ : :.、\/:::.::...:\/: : : :./ミ:::..   ..:.:ミミ:、 )\ ):、      |/   □□┌┐
         / レ:ヘ:.   : .  \  〉: : : ::::\:::.:.:: : : : : :;:'::...:.:.. ∵   ..::-=ミv二三ミミ:て            ││
       / /::::::lノ  ___>、_)>': : ::.::: : :::::::.. : : : ::..::.:..::.::.. ;     ...:.::-=ソ:ノ:=:::.・. :.::三ミ:、          |_/
─ = 二  ー'──'  ̄      . . : : : : : : : : : ::::::: : : : : ::..:::.:..    ・ .:.:-=彡;’=-  ..:.:-=彡、
       ̄ ̄__ ̄ ̄_ ≡=─     /\:::.:.. : :..:::゙:、::;;.:.. .   ..:.::-=彡'=-  : ..:.:-=彡
=二 __ ̄ ̄           ・    /  __>、: :..:,: :..:ミ=:.. :._.:-::=彡'::ミ=-:.._ ..:.:::-=彡;
         ̄ ̄__二≡=─  - /__/:::::::::::::>: ,':=-:.:..::=::._.: ::三ミ:、:r ─── 、:=_:彡'::{、     ,.;r ─── 、
─ = 二  ̄ ̄   く>          レ'::::::::::::/  ̄. :.::{=-::. :. >' ̄ ̄ ̄|::|        |:: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::|        |:: ̄ ̄ ̄
                        ◇   ̄ ̄ . . : : : :::.::ミへ/         |::|        |::            |::|        |::
─  = ── = 二__        . . . . : : : ::::::::::l:!______!_|       !::______!_|       !::___
  ,  .・ .  ;  . :   '    ̄ =二_. . . : : : : : ::::::::::::: /|________|        |::________|        |::___
.    ,   ' .  :,rへ、 , .  ’  ' _>: : : : : ::::::::::::__}/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::|        |:: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::|        |:: ̄ ̄ ̄
 :   . ' :  .; /:|  く__ ;  '  ̄ ̄`ヽ,へ::::::::::://.::: |______|::|        |::______|::|        |::___
 ∠フ   ; '   ヾ!   _/        !:::::::)::__l/::::::://|:::::::::::::::::::::::: |::|        |::::::::::::::::::::::::::::::::::|::|        |::::::::::::::::::
    __     \厂           | :: //.:::: //! :|:::::::::::::::::::::::: |::|        |::::::::::::::::::::::::::::::::::|::|        |::::::::::::::::::
   ∧::::/く          く>     l//::::::://;';';|  ! :::::::::::::::::::::: |::|        |::::::::::::::::::::::::::::::::::|::|        |::::::::::::::::::
    ∨/                  l/ .:::://;';';';/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |        l::  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |        i:: ̄ ̄ ̄
                        !::::://! ;';'/ .: |            !         l::            !         l::

ゴロゴロ
「きゃーーーー!!」

ティア様!!」「大丈夫ですか!?」

バァアァァアァァアァァ!!
「えっ!?」

「ああああああああああ!!」ダダダダダダダダ
「ちょっ……」「ティア様!!」


> ,
ニニニ> ,
ニニニニニ> ,
ニニニニニ{{ニ> ,
ニニニニニVニニニニ丶
ニニニニニニVニニニニ=,
ニニニニニニニVニニニニ=,
 ̄` <ニニニニ}}ニニニニ=,
      ` <ニ='ニ丶ニニニニ=,
       ` <ニニ\ニニニ=-r、 ___
             ` <ニ丶ニニニ}}ニ}∧__
              ` <V  ̄ >、V∧≧=-_
                -=V丶  },}//}ニニニ',     /
                   {∧___\|///ニニニ∧   ′
                 `<//>{ ̄ ヽニニニ} / ′
        ___ __ __ -== ̄V∧.:.:.:.:.VニニV / / 三二ニ/=‐
          ―=ニニニ二二三三三\ニ≧≠ニニニV / ′三 /  /ニ=-
           ―=ニニニ二二三三三 Lニニ=- -=ニニV / /三/  /ニ=-
            ―=ニニニニ二二三三三Vニ=- -=ニニ}' /ニニ'  /ニ=- ─
           ―=丶  、ニニ二三三}ニ=- -=ニニ{/  ̄/ ' , ‘
             ―=ニ\ \ニニ|i三_ノニ=- -=ニニ,  //  __ ,  ̄
                    -=丶 丶 |iN{ニ=- -=ニニ/    '  て ̄ ̄
                   -=\ ИilV=- -=ニイ  ___   ̄
                   -=\i|i  ̄ ̄ ´   ̄

「ああぁあああぁ あぁあぁあああ!!」

(もうダメだ!! あんな生き恥を晒して……)

「あぁあぁぁああああぁあぁああ!!」

(エビしかない!! もう エビしかない!!)


バッタリ


「…… ヨータ……」
「ああ……ティア……」

「お前 今日も叫んでんのな」


              , '
             〆
           //
           ノ /
          /  i
          ,i  |i
         ,'  |i
         i|   |i
        i|   .|i
        |    .i、
        ゝ     i、
        .i|      ゝ
         .i|      丶
         .i|       \
          .i|        丶
          .i|        丶丶、、,,
           i|         \ゞ`
            i|、       `\ 、、,
             ゝ       `丶`\ゞ
               \  ,.   ミ\丶 `
                 `;丶\丶  、`丶
                       \ 丶
                           \
           . ´               ` .   ,イ三三三ニ=-
        /          `ヽ           丶イ三三三三三三ニ=-
          '                       ∨三三三三三三三ニ=─ァ
      /                 ,j}、_,,__,,_       V≧三三ニ=-  ̄ ̄ ̄
.      ′  ′ /  ′/    ' /'''"゙"゙`ミ       :. `≧三三ニ=-
.          /   ′/  ′   / / _, -─ ミ      :}   `≧三三ニ=─ァ
     i   ′ / / ,イ     / /x≦≠ミ、 ミ     ,      ̄| ̄ ̄ ̄
     |      ‐-/ _/ {   / /〃〃 c }}  }}'⌒Y   ;      |
     |:  {   /ィ≦笊  /j/   ゞ-=彡 〃 '^ }          |
     |i  |:   〃:{{ c }丶(            〈( 〉 .'   ′       |
     |i  |i  |:::::ゝ=彡           }〉_/  '         |
     |l  |l  |::::::::::::::′            /′ィ /:|          |
.     从 |l  |ハ::::::::::..   __       /  / |"  |          |
        )八  弦、::::::::...‘ー`         .イ :|   :|          |
         丶|从  i :::::::::::...       ゚   :|   :|          |
               丶| 丶::::::::...    イ/    |   :|          |
                      ー=r7´///      {、 |       :|
                   }//// ___, 斗=ニx :|          |
                      ,xrノ_,.≦//////////∧!        :|
                 ///ニ//////////////∧x _     :|
.                  ///:::::∧//////////≦/////\     :|
                   ,イ//{:::::::::∧////≦////////////\  |

「うわぁ!!」

「なんなんだよ!?」
「気づいたんだ……」

「ヨータの記憶ごと…… 私の痴態を葬り去ればいい……」

「そこを動くな」
「あの……」

「私も見ちゃいましたけど…… ティアの交尾……」

「すっごい大きな声でイグイグ叫んでました……」
「……」腋ダラダラ
(ハナハナって 結構空気読まないよな……)
「ごめんなさい……」

orzガクッ

「…… もう……  もう エビしかない……」
「は?」
「私はもう…… エビになるしかない……」

「そして誰かに…… おいしく食べられたい……」
「……死にたいってことか……?」

「まぁまぁまぁまぁ そんなに落ち込まずに 仕方ないですよ三千年ぶりの男の人なんですから」

そんなことより朝ご飯にしましょう!! ティア 準備お願いします!!」
「……」
「こいつ……」

            ,. . . -−-. . . .,
        _,,,,.  '.: : : : : : : : : : : : :`゙'. ,   _
       i/              ._,./::iヽ,
     i'"~::/ . .; .i: : ; : : : : : : : : : : : ィ´::::`v":::ィ
     i: :./: :.i : l: :l: : il: : : : i: : :.li: : ; i: ヽ::::;;:::i::i:::::|
    冫/:./i: : li: i: : i:.|: : : |: : :|: |: :|i: i: :冫:::::/iヽ,l
    !,::i: :i:.|: : |:| |: :.i|:.|: : :|i: :.|: :.|: |:|: |; iゝイ:::i;::::\
    ./|:.|i:.|: : |:i`'トム.;:.|: : ! l: | ,;:lィ ''l|´l ||: リ::;,!l__/
    く;;;|:|'|:.l: :.||'ャii;;;;;;;iィソ !'ィ'ヤi;;;;;;i;'ヤl|_,.! '´:|: :l: |       ムッスー
     l! l!,\l !:ヽ辷ソ    ヽ==ソ .! |: : :.|: :|: |
      /|: |: :|i ::::::::  、   :::::::::: .;ィ'| : : :|i: :i: |
       / |: |: :|:ゝ     _      /" | : :.|:|: :|:.|
.     / /| |: :|: ||`ヽ 、.´ `   , イヾ  |  : :|i |: :|:|
    / ./:|:l: : |: || |  _,`,iー "´ ィ冫、.|i  : |:| |: :.i';
    ;´ /:.i|i : :l_,..-‐'''´:/:イ   /:::::::::::|:| . i|.,| |: : ハ
   ; /: :i:|: : :|:::::::::::::::iニ-ー,/::::::::::::::::|:| . :.l|;´ヽ,: : ハ
    i /: :.l/|: : |::\::::::::|   /:::::::::::_,.‐'_;i ; : : l; /`il: :i: :',
   ,': : :/.l: : |i.\;;:`ヽl /;;;.:-::':;´‐''~/;': : //   :|i: :l: : i
.   iil: :.i .l: : i .'._ .゙''.‐.,y,._≠'' ´,,..‐//: : / i    |:l: :i :i: l
    l!i :i; lil! l  `゙''ー;-'‐;:-‐ ''´  //: : .;'`;.|.    |::|i:|: .i |
   ', / l:!l:l l     トーィ;"    ;'/i:.i .i   i|     |::||:l: | l!
    ;' li l:l i    / .i ,!    ;' l:li :l  ';  i   |::|: i:| !

「仕方ないだろ…… ティアがノアに会いたいって言うんだから……」
「うっさい!!」

「別に怒ってない!!」
(めんどくせぇな こいつ……)


ティア?」


                                  _,.,.,,,,.,._
                       r''''─‐'''""'''‐-<,.-ニ_~゙゙`
                     ,,.-';;'':::.:.:.:.::::::::::::::::::::.:.\::::.:.:゙ヽ、
            ,,. -‐''"~"'''‐.(⌒);;:::::::::::::::::::::::::::::::::::゙ヽ、::ヽ、_;;;;:;::ヽ
           /,,.-'''"フ´:::::ヽ;゙''";;:::::::::::ハ:、:::ヽ:、ヽ、::::.:.::\;::゙、゙ヽ、::゙:、
          /''´  /:::::::::,,./;;;;゚;:/.:.:i'.:.:/ ゙i:゙、:.:.゙、ヽ、゙ヽ、:::、:゙、;:゙i,  ヽ;:゙i,
         /     /::;::;;;;/i';;/;;;;::l;;::::|;;:.i'  ゙、゙i、;::゙、ヾ、_、;:゙、:゙i;:i゙i:lヾ.  ヾ;i
              /::;:;;;/ i;;/i;;;;;;;i;;::::i;;::l _,,,.-‐`、ヾ:ゝr'''iヽ;ヽ;::i i! i!   l;i
            i'::;:;;/   i;i' 'i,;;;;;;i;;;;;゙i,;:l´/i´:::iヽ   i::::l_ |;゙i,!'i|  .!    !
             |:;:;/    i!  ゙、;;;;i´rl゙、:i, 、i;;;.'-    ´  |;;::i,
            |;;i'      !   \ヽi、;゙、i,     _,....'   ノ;;;:::i
            i;i           >,;i,;:::'i,.    ゙、ノ /'i;i、;;:l
               i!         /'  ゙i、゙、;:゙、: ゙'' ,- '´  .!l i;;|
            !         ,r─‐゙、-ヾ;::、. ド、、    l;i'
                      /=ヽ、     ヾ<´i, ゙'ヽ 、 !
                   /   ヽヽ、   ,.-、 >、ヽr、゙、
                  _」: : : .   \ヽ '"∧ ゙"/゙'`ヾ‐丶
                  ノ   : : : . .,; ;ヽ/ `''´     ヽ|ヽ
                /    . : : : /:ノ: :           : ノノ_
             ,.-''"    ゙、. : : r‐k'. . . . :.         〉: :i、
              i'   =ニ、: :ヽ__/、:゙i,: :  . :          ゙、 ヽ
               |: .  `ー一、:)  ゙i: ゙i: : ./ : :           ゙、:. ヽ

「一体 どうしたんだい? その首輪……」*1

「……」腋ダラダラ


―――いざおっぱじめたら速攻、鬼畜ぞんざいにも程がある(翌日の煽りもナチュラルに酷い)THE SUNが返す刀でハナハナまで……かと思ったらそんなことはなかったぜ(安心して良いのか悪いのか)。一方でピナコの反応は端々からティアが一等特別なのか妹に関わる問題だからなのか判断つきかねるね。そもそも初日人海戦術作戦してた日から大干潮まで1日2日しか残ってないらしい今まで、彼女がどこで何してたのかって疑問がある。また当初、ルーミと共にバイコーンに乗ってきた時点で「ヨータ」が男性だと気づいていたピナコが表向きとしては彼を「異世界人」としか扱っておらず今となってはトライデントで一人だけそれを知らないはず……という錯綜があったり。そこらのところ、次回どうなるか。
 あと、本当にティアがノアと触れ合え会話できるようになるかという点も。この件、ティアが見聞きできないなりにノアに母性・優しさを現していたことの尊みの一方それに配慮したのか「ルーミがノアと」会話する場面もここまでないのだよな。


 ところで前にも疑問に思ったことがあったかなかったか、カイの存在を思うに改めて感じることだが……交尾によって寿命(崩月)の縛りから解放されるということは、あるいはその逆に……何百何千年も生きる存在になってしまう可能性があるんではないかということ。以前ルーミは陽太に「ヨータのいない60年よりもヨータと一緒にいる1年の方がずっと嬉しい」と言い、陽太は「60年 ずっとおれと一緒にいればいい」と返している。これ自体は劇中屈指の告白シーンなのだが、もしかすると六十年より先……陽太が老いて死んだ後もルーミは(現状ミサキモモにティアも)そのままずっと生き続けるさだめにあるのではないかという危惧。カイはあるいは、ルーミ達の未来にありうる姿なのかもしれないと……また推定カイの犯行である、人の内臓を喰い散らかす食人吸血鬼。それが見た目上の若さを保つためのエリザベートバートリ的行為で、しなくても「生きられる」としたら……同じように昔の男性と交わり、しかし若さは留めずにいる物凄い老婆が異世界のどこかにいるのではと想像が飛躍したり。
 ああでも、既に肉体・実体を失っているパターンもあるかもしれない。現人神と、地縛神。ジーニアスにしろリルにしろ「人成り」と見るには違和感があるがノアの見た目からするに母親はそうである……以前に嫉妬深い神(として封じられた)疑惑もあるんだが。でもこの場合「娘」ってどう作るんだ……実は血が繋がってないというかノア(当然というか首輪はついてない。常人に視認性が低く実体がないようで一応ある)とお母様が別の種族で養子的なものなら……でもお母様は人間に関わったせいで騙され封じられたともいう。ああこんがらかる。少なくとも、1話で陽太が「テルテル坊主に突き落とされた際に干渉した女性」はオーバーロードでいながら人間の姿をしていた。彼女の正体は根幹に近すぎて当分明らかにならないだろうし、謎&謎。


 ぐっちょんぐっちょんに恥じ入り暴走したティア(記憶を消すネタは2話ルーミ、あと極黒で佳奈もやってる)、それを慰めてるんだか慰めてないんだかなハナハナはハナハナで「告白されると同時に振られる(失恋される?)」なんて妙なケースに。クインテットで言えばミサキに近い……かなー? でも交尾自体は(まだ)してないわけで。ハルを思えば皆が皆ビュルビュル交尾とは限らないしそれぞれの経過があるのだろう。ただクインテットがそうであるように、各自に守るべき持ち場があり民がいる以上は手がかり求めシーザー王国の各地を巡ることになると推定されるヨータとずっと一緒に旅するわけにはいかないという。ルーミ以外は。リールは三人しかガーディアンいないしミースと同じ手続きは難しい……か? でも崩月が来ることを考えれば一年二年で新しいガーディアン申請しないとならんのだ。それを踏まえるとガーディアンって個人差込みでもある程度年齢バラけさせるほうが安全、かどうか。そうでなくてもカル(天敵のくせに現状存在を忘れられ気味)やそれ以外で死の危険はあるのだし。脱線脱線、しつつまた明日。

*1:普段どおりの格好であればティアは三叉戟の飾り……そう、ノアの服にも小さく描かれてるやつ……がついたチョーカーを首に巻いてるのだが、風呂場の脱衣所に置き去られたか動転のあまり装着を忘れたか。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/bottle512/20180415/1523781368