Hatena::ブログ(Diary)

ALORC-Bottle-Craft-512-Logbook このページをアンテナに追加 RSSフィード

AよりRへ。記録を継続する



2018-06-10

《ルーンの母/Mother of Runes》/岡本倫『パラレルパラダイス』第46話






 (前回の感想はこちら) (感想記録モーメント2) (eヤングマガジンにて前回無料

 パラレルパラダイス(1): ヤンマガKCSP

 パラレルパラダイス(1) 特装版: プレミアムKC (10Pの描き下ろし漫画、設定資料などを収録した36ページの小冊子が付属)←電子版もあるでよ

 パラレルパラダイス(2) (ヤンマガKCスペシャル)

 パラレルパラダイス(2)特装版 (プレミアムKC ヤングマガジン)

 パラレルパラダイス(3) (ヤンマガKCスペシャル)

 パラレルパラダイス(3)特装版 (プレミアムKC ヤングマガジン)

 異世界の救世主。 : 続・黒のノエル / パラレルパラダイス第一巻収録エピソード感想まとめ

 溢れ出る愛欲。 : 続・黒のノエル



                           i     !
                |                       i     !
                         l
                     i       |! __         |    ,|
                 ,i -─ '''""´ /\`""'''ー- i,、   !
              |/____/ δ \____\ ,|
                /.  \  ξ/  ̄ ̄ ̄ ̄\ σ /  ヘ!       ジジジ ジジジジ
                  |  |  \/   ;゙ ,.'"゙':     \/     |
                  ヘ  i  ,/\    、`,. '゙    /\  !  /
              \|/ ο \i____/ α \i!/
                   ̄ ̄ ̄ ̄\i η / ̄ ̄ ̄ ̄
                  `"'' ‐- ..,_|\/,,.. -‐ ''"´
                ̄ 二イ  :,. -- 、 \   \ \ \ `  、 ヽ、   \
                ,.イ' ,. = |fヘ!`ト:\. ` ー- ______ヽ__丶、  ` - ニ= 、 \ _
               / /:/ ,/、 || }ト,. |ヽ! ー- /:/´ ̄ \`:、 ̄ ̄丁丁 ̄ ̄丁:|
               ,.'  i/  /\ヽ! .|ハ. マ `ー/ /     ヽ:\ く::::::\. 「 ̄::::::\
                 /   / ,'/`ヽ, ヾ;、,.レヘ V7 /         \\ \:::::| |:::「 \::::|
             /   / / ! / ハr:'´:::::::/\\{  __.. -‐  ̄ ̄,\\ ヽ:!.|:::l、  ヽ!
              ,'   | /! { | :i {|r‐'::/:::::/,ヘ\´     \_    \\ ヽ::\
              !.    | | | |. ',.i. |レく:::::::::/j仁. 二´______ー--  ̄,ニ=ヘ,.\ \:::`ー
               |.   | | || ヾ!.|゙仁ニ=1'"〃,ィ" ̄Y!}》}i/  ̄ ̄ _厂{. rヘ、\ ヽ、
            !   | |. !..ト、  ヽ!{_¬!{ 'リイヘ;___,ノ'  'ー=、   ハヽ  トく \: \       ジジジ ジジ ジジ
                ',    ', l ヽト、\ \Yトュ'" ' ヾ≡彡'メ、   三\ ! `|      ノ\
            ヽ   ヽ.{ ヾ \\. }ト、   - = 彳,勿ァァ 、¬ヽ, !     / ,|iiiiiiii!
                   ヾ,  \.\`〈 tx,ヽ  ー - ' ´彡 '^フ`ヽ} ,'   /,イ {iiiiiiii!
                  ヽ.   \`ート、゙い }   -t¬ァ'´__/^Y:1i.   /|! :',iiiiii!
                      \     Y_ヾソ ` ̄ `'_ ノ\__ト-'_ i:|  / :| l  ',iiii!
                     ヽ    ヾ, 、  __ /^Y `!__ノr‐く_ノi:|   1  !   :',ii
                           Y''く  `i |、_,ノrベ!_ } Y! /ハ     }!
                           \ハ___jニr'⌒ト、_}. `′ ハ_八_i〃   /
                              亡「\ `r:J r〜',x'^⌒ヾJ| _, イ! /
                              ヽrヘ┘, _,x:+く    __,比ィイ //::::
                                \.メ^      , ',∠=イ //::::::::::
                                    i.    // lYト,//::::::::::::::::
                                  ヽ -='-:'´   lレ' /..:::::::::::::::::::
                                            入:' ..:.:.::::::::::::::::::
                                          l//ハ ..:.:.:::::::;::::::;
                                         〈//:|:} ..:.::/::/
                                             //:::|:|::/::/

「お母様…… ごめん…… ごめんなさい……」

(そうだ…… ノアは……  海の底で母親が生きているとは一言も言わなかった……)


      !     ヽ:::::ソ    人                            _j|_   !
           ヽ/    `Y´                           ̄|! ̄
     _j|_                                    *         |  +
  +   ̄|! ̄       +.                                __j|__
            .|                                        ̄|「 ̄         「!?」
         __j|__                           *        |!
            ̄|「 ̄                                    |
             |!  人                      __j!__
      十     |   `Y´                        ̄|! ̄   i  *
    __j!__         i                             __人__
       ̄|! ̄        __人__                            `Y´
        +           `Y´                            !
.      +     *     !                       *

「あなたたちは 近づかないで!!」

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,|!;;;;| !;";;;;;;i゙、;;;;;;.!!;;/.!;;;;;;‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;l|;;;;;;;;;;;;l.|;;;;;;|,!;;;;;;;;;;;;;;!.l゙;;;;!!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i、;;;;;;
!;;;|l;;;;;;;;;ケ;;;;;;;;;;;;;;;;;.! .!;;;;;;;;;;;;;;;;;,!|;;;;;|:!;;;;;;;;;;.!.!;;;;;;;l|;;;| l;;;;;;;;;;;.;;;;;;;;;|!;;;;,!;;;;;;;;;;;;|.|;;;;;;;;;;;;';.;;;;;;;;!l;;;;;;|!;;,l|;;;;;;;;;;、;;; ネ;;;;;;;
;;;;;|.!;;;;;;|l;;;;;;;;;;;;;;;;i、! l;;;;;;r‐i;;;;;;! !;;;;゙|;;;;;;;;;;/ |;;l゙};|!;;;! !;;;;;;;;;;||;;;;;;;;ll;;;;;li;;;;;‖;.!,!;;;;;;;;;;;;i!|;;;;;; ネ;;;;;;"/.|;;;;;;;;ili.!;;;";i;;;;
;;;;;}l;;;;/.|;;;;;;;;;;;;;;;|i.! .!;;;;;| l;;;;;;! l;;;;;|!ノ.!;;;;.! |;/,!;|.!;;.l|;;;;;;;;;;| !;;;;;;l゙|;;;.!|;;;;l゙|;;;;!.!;;;;;;;;;;;.! |;;;;;;;";;;;;;;l゙ .l;;;;;;iリ;||;;;;;;l!;;;
;;;;;.!.l;;;l゙ |;;;;;;;;;;;;;/.|;.l .|;;;;| .|;;;;;;!.|;;;;;;! .|;;;;;} !;|,!;;;l !;;;lv、;;;;;l !;;;,! .!;l|/;;;;|:!;;;|.l;;;;;;;;;;;;| .|;;;;;;;;;;;;.;;;;|, ,!;;;;;|.!;||;;;;;;ミ;;;       ジュルジュル ジュル
;;;;;/.l;;,! .|;;;;;/l,;;;{ .!;;.! !;;;.! |;;;;;;| |;;;;;;l  ,!;;;! !;l.!;;;;}!;;.! .|;;;;;l゙ !;l  '".|;;;;;[|!;;l |;;;;;;;;;;;;.! .l;;;;|L;;;l|;;;;'ヘ;;;/!;,l!;;;;;;;;;;;;
;;;/ l;;l .:!;;r;{ .!;;.! |_;l゙|;;;;} |;;;;;l゙.l;;;;;;;.! !;;;;{ .゙.!;;;;;l l;;;} |;;;;;| .!,!   l;;;;;;;|:ゞ .!;;;;;;、;;;;} l;;;|.|;;;;.!.!;;;;;;;;;;;l゙|;;l";;;;;;;;;l
;;;| .|;;} |;;;;;} .!;;.!  !;;;;| .|;;;/ .!;;;;;;;;.l..!;;;;} !;;;;;.!.!;;;} .!;;;;;.! /.!   !;;;,;;;;|  .|;;;;/ .!;;".!;;.! !;;;;.! l;;;;;;;;;l |;;./ ;;;;;;;;|
;;;! |";| |;;;;;;.! |;;;;!  .|;;;;;|  l;;l゙ /;;;;;;;]、゙";;;;! |;;;;;;.!.!;;;l ,!.!!;;}/;;.!  !;;;l゙''"  .|;;;} !;;! !;;;! |;;;;;}/.i|;;;;| .!;,ll;、;;_;;;;}
;;;.! l;;;;l.!;;;;;;;! |;;;|  .ト;;;;;.!  !.! .!;;;;;;;;;! l;;;;;;;! l;;;;;;゙l.|;;;.!l;.!.!;;|.l;;;;;|  !;;;!   l;;;;|  l;;.!.!;;,! .!;;;;|l゙/l;;;;,! :!;.!T` !;;;.!
;;;;.! !;;;||;;;;;;;| ,!;;l  l;;;;;;;} !;! l;;;;;;;;;;! l;;;;;l゙ ゝ./ .l;;;,!!;! l;;.!|;;;;;.!  |;;;;|   !;;;l゙  .!;;|`゛ .l;;;;;;/ .!;;;;! .|;;{  .!;;;;|
;;;、| l;;;〔;;;;;;;! |;;,!  |;;;;;;;| l;,!.!;;;;;;;;;;|  !;;;;.!    `. l;}.|;;;゙;;;;;;} .|;;;;!   .|;;;;|  |;;;|  !;;;;;| l;;;;,! .|;;.!  .l゙;;;;|
;;;;゙;| !;;;;;;;;;;;! .!;;l  .!;;;;;;l ,!,!.|;;;;;;;;;;.!  !;;;;;.!     .彳|;;;;;;;;;;;l  .!; !   .|;;;;}  .|;;;.!  .|;;;;;;l !;;;} .|;;}  |;;;;;l
、;;;;;| :!;;;;;;;;;;;l .|;;.l  ヽノ゛./.! .l;;;;;;;;;;}  |;;;;;|      !;| |;;;i.l;;;;;}  ″   |;;;;|  l;;;;,!  |;;;;;;;| .ゞゞ |;;;l  .|;;;;;|
l;;;;;/ l、;;;;;;;;}.!;;.!    .l゙;.! |;;;;;;;;;;|  .|;;;;.!      !;| |;;;| `'"      .|;;;;|  |;;;;l゙  !;;;;;;.!   l;;;,!  .!;;;;;!
.゙‐'  l、;;;;;|゛.|;;;.!    .i!;;l゙ .|;;;;;;;;;,!  .|,,/      .|;;! l;;;|        ヽ!  l;;;;.!  l;;;;;;;l゙   /;;;,!  ゙ー'゙
     !;;;;;l l;;;;l    l;;;l゙  .l.;;;;;;;,!          l;;! .!;/              !;;;;l  .!;;;;;;}   ,!;;;;l
     .゙'i;;.! l;;/   .l;;;;l   `'''″          !;|                |;;;;|  l゙;;;;;;;!   .l;;;;,!
      `'゙ .!;;.!、  l;;;;|                |;.!                ゙''"  .!;;;;;;;l   `"
        l;;;;l   ゙''"                  l;;;!                 l;;;;;l゙
        `'"                   :!;;.!                 `''"
                             !./
    ;

    ;'.,            ;'
 ,,;::'" ;,:;
'";. ,;: :;, , :;         ;:';  ;
,;' ;: .; ;:;'";:,       ,;:' ;:  :
 ;':,.,;; ;:' ,;:,;'      /⌒i   .:'  .:'
,;:' ; ,:;' ィ  ,;:',  /  ハ ;'. .; ;  ;.
  ,;: '/./ ,;: .:; ./i   / } ;,,.::..;   :,
  / / i,:; ,:;. '/ ! /  リ ;:.. ;:; ,.:'.,.:;'
/ゝ-' /  ./ / ゝ' { / ,;:...:::;:;'',.,.;:;'
 ,;:''':.,,/''":,. ,'      / ,:;.., ,;:;'"_
,.:;  /;:;, , !'     { ,  .:;:' / ト、
 '";/ ;  ;:. |       | ,:;'" ,.:; { 人_i          「ちょっ……」
  {.:;'" .;' |     ,'   .;:::::., i/    }  ,;
 /}\  |   ,.;::;   :;;;..:;;,:}   / ,:
   \ \ |  ,..::;;;';{   ,;: ':;;'/  :./ i´\,.;.:
`ヽ   \ `!.;:''   ∧_;:'___/    / ;.ヽ / `ヽ
  }        / ;' /     / ,;:'":;,/  /,
--へ_   |i  /  /      ./--一 ;:;  i      ,
 ';:,.,,;:`丶__        __/     _;.; _!     ;
;,..::.,  '':i ̄\     //  -― / ;:;'" ;'
 ゙':;..,,:;/   \  ゙:;.,,.    __/ .:;' ,:;  ,:;'" ,:;' ,
   /        ヾ:,,,.:/  ,,.::''" ,;:;'" ,.:;   ;;
  /           /:.,.:.,,,      ,,.:  ,:;:'
                 ''" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`''〜、
                //         ヾY     、
             /.::::j          _ l: !     \
              l :::/              ミl: l     、
              l :;    ____   l: l      i
             l lx'"~ ̄         ̄ l: l l      l
             l l     _____   l: l l     l
            |lr'" ̄      ___ ̄l:          }
             i l'" ̄     _,,,,二二l:_         l
             |Y汽芹ミヽ   " ̄{茫リ j'"         l
              :l ゙'''".:::}         l:       j
            ノ :l、  .::〈          l:       {
              /  :l::、    _       l:      l::ヘ
              {   :l::::\  ` ''''"  /リ.     l l::::ヘ
           ノ   :l:::::::::::::...    ィ   / /  j:::  l l:::::∧
              /    :l:::::::::::::::: ̄::}   /     ;::::  j::::::::::::〉
          {   l l  V:::::::::::::;;;;ノ  /     /:::::  .:::::::::/
          /い   l  V  ̄    /      /:::::/ .::::::::/^l
         /  癶   、  V   /  ..::::/  ...::::/ ..::::::/l  }
       { /   へ    ∨/ .....:::::/...::::::/....:::彡f  }/
       /\/  /`〜-  Y_ _ _ ,,,,,, r‐冖l  | / ヽ
      厂_ ><   /  /  /   }  |  }   j /\   、
     /''"       `''ーL_/__/_ j_ j__ 斗-冖'"l   ヽ }
    /         /           ::::::::ヽ ::::   l:::l      {
  /            //:::/          ::::::::::;:::::   l::       八
  V介x、     /:::/::::'               :::: :::l::::  l:         ヘ
  {ニニニニミx、  /::::;::::'              ::::::::l::      ___ Y
   、ニニニニニ\/〜{::::___,,,,,,.............,,,,,,,..:::::::::ト〜ニここニ7::::;;;;;;/

「お母様……」

ノア……  元気だった?】
「…… うん」

【あらあら 沢山の人間  何事かしら】

「この人達に…… 水晶の欠片を探すのを手伝ってもらったの
 でも…… 見つからなかった…… ごめんなさい……」
【そう  あれからもう20年経ったのね】


                        ´ ̄ ̄ ̄  `
                  /   ´ ̄ ̄ `   \
                 '  /        ',  ',
                   }   {_________}    l
                   }   l-―-    -―- |    |
                   } ィf=ぅハ  ィf=ぅー
                   }   |^^^^ }  ^^^^^l   |
          .        /}  ',   .___,   /   |
                 / ', 个s。  ー   ィ    l !
               ,   ',  \ ≧=≦/   / |
               人   ',     、_/   /   ,
              /{^ 、  \        /    /
             /  \ノ≧==―――――‐=≦ア^\
          .  /      \/  |   |  \ /   \
           ,          、  |   |  __/      ',
          ./     /     ̄ /{ ̄ ̄    \     ',
          {__   _ /__      /={             ',
          {ア{アニニニニ=‐≧s。_/ニニ',__  -―――- ___}   ,
           /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ=ハ⌒ ̄}
              {ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ}^⌒^^
              {、ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニノ
              {/≧=┬―――――-  __ニニニニニニ= /

【うふふ あっという間だったわ】

(……人間じゃないから 時間の感じ方が早いのか……  それともノアを気遣って そう言っているのか…)


「ヨータさん……」


::::::::::::::::::::::::::::: :... :.:. .:   -‐-  : :. .: .:: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::...... .. :, ´       .`'ヽ : .. :.....::::::.:..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::.:... ...:.......: :;'           ';;::::...: :.. :. ::.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::: :... :.i            i .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::......::.:. .:  、         ..::,' .: :.. :.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::............: .: ..: :ヽ .....  ...:::: , : :.. :.......:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::.:..: :.. ... `' ‐ - ‐ ''": .:..: ..:: .::::::::::::::::::::.::::::::::::::::::.::::::.:::::.::::::.:::::::.::::::.:::::
:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: .. .. :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: : :: :: ::
________________________________________________________________________________________

                            ^^^
          ^^^        ^^^^              ^^^
       / ̄ヽ
       |  ヽ \             ^^^
 ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,/ ,     ヽ,,,
''''''__ /        |_'''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''',,,,,,,,,,,,,,,,,,,
  |  /          \   ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ー―――'''''''''''''
    /           \
__/ ,    '     ヽ  |__
  /              |    ̄ ̄ ̄ ̄ー――――
' '''' ''' ' '''' '''''''' '' '' '''''''' '' '' ''''''' ''

「青い月が天頂に登りました 今が大干潮の瞬間です  これから すぐに潮が満ちます
「もう?」

(そんなに早く 潮が満ちるのか? 異世界は訳がわからん……)

(この人には 聞かなきゃいけないことがある  でも……20年ぶりに出会えた親子の 数瞬の再会……
 割り込む資格なんて おれにあるのか?)

「ねぇ あなた お母様に聞きたいことがあるんでしょう?」
「!?」
「いいわ 水晶を探すのを手伝ってくれたお礼 貴重な時間を あなたにあげる」
ノア……」

【あら あなた……人間のオスね  そう そういうこと だからノアは人間と話が出来たのね】
「あなたに 聞きたいことがある!」

「この世界の人間のことだ! この世界の人間は どうして20歳で死ぬんだ?
 死なない方法はないのか!?」



【人間が成体になる前に死ぬのは 〈嫉妬深い神〉の呪いよ 〈嫉妬深い神〉を殺せば呪いが解ける】

【人間のオスと交尾しても 呪いが解けるわ】
「……」
ジーニアスと同じことを言っている……)

「でも…… イルカの地縛神のリルが それは間違いだって……」
イルカの地縛神?】

【ウフフフフ ひょっとして…… あの 嘘つきイルカのこと?】


【私がリルドール この街の地縛神よ  今は……こんなザマだけどね】
「……あなたが 地縛神?」

【『黒き夜明け』 それが 〈嫉妬深い神〉を崇める教団の名】

【そして「カイ」と呼ばれる教団の司教の一人が この街を支配している】
「カイ?」
【3千年前に 男と交尾した人間よ】

【さらに彼女は 〈嫉妬深い神〉の力で永遠の命さえ手に入れた 今は 人の胆嚢を喰らい生き続ける化物よ


                    , -―  ーへ __
          __   --  _ //        ヽ \ _ __  --  __
        二ア   _ -‐ ./   i  |  i   ヘ   `ヽ _    ´- _
       /  _ -‐    /   l  .{   l    ハ   ハ    ̄    \
     / _ -        {   .∧ lL  |_  ハ    }        \ヽ
    //          察,斗七「此l 此`ト、   i          \ヾ
   / /        _    察 l _」_ |  __ l ! ` / ヽ  、ー _      ヽ \
  //    _ -‐ /_ -‐ 7次,jf斥ハ 察 '灯示ミ  /、 ハ \ ヽ  `ー _    \
//   _ -   /-   / / iと乂ソ  v  辷乂っ / i 此  l     \   ハ
. /  _ -‐          { / | ハ´ ,,,,   '    ,,,, `∨ | V!          \  ハ
//             レ  |  ハ    t-っ    ,イ }  |  v            \ |
                  {  | -.:>  __.  <:.ー l   }                v
                γl l |.:.:.:.:.L  ._i_ __/.:.:.:.:.:|  l、
               /  vヘ l.:.:.:.:.:.`i `f 、ir 、.:.:.:.:.:} / ヽ
              /|   |.v.:.:.:.:.:.:.:.l,∧ i.l .l.:.r┐レ   ト、
              l l l   |.:.:.:.:.__.:.<.! { l! ∨ .{,-|   | }     【そしていつも この街のガーディアンを騙して操ってるの】
              〉ヽ_  ,|.:.:.:.:.| i'.:.:.:ハト-ーヘ  i|`ー-- ´/
             {`   ̄〈.:.:_| |_.:.:.:.:.|ヾ  ヽ ヽ、   ∧           【永遠の命をエサにしてね】
             ∨    l`ヾ  \.:.:.||.:..\´   ` _  ノ
              ∨   |\|`ー i´-t==┐-‐\    |
              l   /.:.:.:|  |_゚__ll_゚_ll_゚_ 》`ー--┘
              l   /.:.:.:.:|   |.:.:.:.:||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
             l   /.:.:.:.:.L_|.:.:.:.:.||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
             l   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
            ∧   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧
            / Y 〈.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
   |  i   |                     !
   i  i  i                      マ
',  i  i  .i                         ヽ
    i   i  i                       丶、
  、 i  i i      マヽ ̄丶               /
   `.i  i .i       `丶`ヽ.\        _  ィ
.    i  ', i          ` < 、_    (
    i  .',i            `' r.f==´      【あの女に……そんなこと出来るわけないのに……】
\   ',  ',i\             __  j i
::::::\/ ',  'i  丶      ,.'  「  i
:::::::::::/ ∨ . ',    >   __ /   .i   i
:::::/\   ∨ ',              i   i
:/::::::::::::`ヽ .∨ ',            i   i
                       。  。
                    。っつっっつっつ゚
                 __っ゚ー==っ。つ つ。っっつ
              ,,r'"~  __。っつっっつつ゚っっつ。            「!?」
             /    ,,r'"彡三三。ヽ っ。つ っ。つ
           /  //彡≡≡≡ミミ   っ。つ。っつつ            . . . . : : : : :::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
         /  /////     ヾヾヾ っ。っっっ            . . . . : : : : :::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
       / //////       ヾヾヾヾっっ。っ。っ         . . . . : : : : :::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      /  /////////         i i i彡っっ。つ゚っ        . . . . : : : : :::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
彡彡ミ/   ////////// / 彡彡ミミ===彡彡っ。。つ っ。彡彡ミミ彡彡ミミ彡彡ミミ彡彡ミミ彡彡ミミ彡ミミ
彡 /    /////////////彡彡ミミ ≡≡≡彡。つ っ。≡≡彡彡ミミ≡彡彡ミミ彡ミミ≡彡彡ミミ彡彡ミミ
/     /// i i i i i i i i i 彡彡ミミ彡彡ミミ⊂彡。彡ミ≡彡彡ミミ≡≡゚彡。ミミ≡≡≡彡彡ミミ彡彡ミミ彡ミミ
彡彡// i i i ヽヾヾヾヾ。ヾヾヾ゚つっっ。三彡彡ミミ三三三三彡彡ミミ三三三三三彡彡ミミ三彡ミ。っつっ。彡ミミ

(もう…… 水がこんな所まで……)

「お母様!!」

バチン
「きゃあ!!」

ノア もう水晶の欠片を探さなくて いいわ】

【あなたは 人間の中で 人間として暮らしなさい】


「イヤだ!!」
「下がりなさい 溺れるわ」


  \ヽ、,| ,:: {l|::::::|:::ハ:::::|:|:::::::: |.     |::::::≧≦:l `¨¨¨¨¨ヘニニニ〉
.    ヽ、| l::::|{}l:::;;斗セV::ハ :::::::|       |::::::::::::::::::l: : : : : |   {   }
      |. |:::::|0 :/ ,,、zァ''::::::|      |、::::::::::::::::l: : : : :.|   {   }
.     | |:::::ヘ   ィ彡'´ |::::::: |      | }::::::::::::::::l.: : :. :.|  〔ニニニ〕        【私は大丈夫よ】
.      |  ',:::::冬      |:ハ::::|.       |'::::::::::::::::: l.: : : :.|   |   |
.      |.  ト、::/      / ,|:::|.      |::::::::::::::::::::l: : : : |   |   |
     |   |: :ヽ      /::::/       |::::::::::::::::::::l: : : :.|   |   |     【また水の中で… 死なないように力を抜いているから】
     |   |.: : ハ _ ′,::::/|.   |    |:::::::::::::::::::::l.:. :.:.|V  |   |
     |   |: :/:::::::ゝ.  /::::{ |.  | /.   }i:::::::::::::::::::::l: : : |. V. |   |
     |   | :{:::::::乂ヘ {:::::::v|   l/   八:::::::::::::::::: }: : :.|  V|   |
     |   |: 乂::(  |≦〕::::|  /.   ,イ:/::::::::::::::::::::l.: : :.|   |   |
     |   |:(:::::::`¨¨ヽ/:::::|>/  ,イ:::/:::/:::::::::}::::::{.: :. :.|   |   |
      |   |: : `¨¨¨ソ'´:>'___/:::::/: /:::::::::: }::::::{.: :. :.|   |   |
    /   |: : : : : >''´       ` {::/::::::::::::::}::::::{.: :. :.|   |   |
.   /.    |: : : : :/           从:::::::::::::/:::::::{.: :. :.|   |   |
   /    |.: : : :.{                {:::::::::::::/:::::::::',.: : :.|   |   |
.  /.     |: : : :. !            {:::::::::::/:::::::::::::',: : :|   |   |
                   .. -‐ァ´  .  ´           ` 、
                  -= ´ -‐ァ'   ´, /             ヽ
.          -‐=        //  ,:/ /   /     /        、
                    //  // /   /{  /   '          \
                  /  //{ l{ {{ / { i{         /        ヽ
             ..  -‐, / , / //y{ ヾ、 { i{   i {   /
        . -=     ̄//{/__' .ノ {/ -、 \⊂ニニ⊃   ,    {
     /         {{/'  {      ..tぅ汽、ヽ{ {   { i{   {    {/    i         「イヤだ!! イヤだ!!」
    {            /   /{     〃´   ゙t. { ⊂ニニ⊃   :  /     { il
              /  ,/ i ト   :'       ゚。V{   :. }{   :  :   ! { {l
              /  ,| ト...ヽ、       :゚ ト{i、  :. i}ヽ  : { { }  } }l ;        「お母様!!」
           /  ィ  / | |'¨¨  \    .  ハ{l \ :.i} \  { {! }  ' /}/
              // {  { } !     }  .'  ' У ∧ハ  }\{ }} }/':/ ,'  }
        `ー={'    {  { il      }  .' /,/ イ ' }!  }  } }} }〃ノ  /
.            ヽ   \{l八`ー-  _ノ . ' /, /, / /  }} / / 〃ム-=ニ二
        o           {{  ` ‐- .. __///彡/ /  /}j ム-=ニ´      -‐
                  {  ー=ニニ.. _..ィ,'/==/ , __ノ-‐ 二ニ=‐   -‐
                       -=ニ彡{{ \{/ / . -ァ'´   -‐
                    {j     {!  { / ィ/ -‐
            ゜         O    {   ∨彡


「お母様ーーーーーー!!」


「おかぁ…… さまっ……!! おか……」

「うっ……  うわーーーーーん!!」


ノアはまた…… 探し続けるのか)

(この後20年間も この砂浜で水晶の欠片を……)

                  .....----........
              .ィ升i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i≧:.、
          /i:i:i:i:i:i:i/i:i:i:i:i:i:、:i:、i:i:i:i:i:、i:i:iヽ
         .:i:i:i:i:i:/i:i:i:{i:i:i:i:i{:i:i:i\:Vi:i:i:∧:i:i:i:i:.
        /i:i/i:i:i/:i:i,イ|i:i:i:i从i:i:i:i:i:ヽvi:i:i:∧i:i:i:i:
        .i:i:/i:i:i:i{:i:/ 从:i:、:i:∧、i:i:i:i:i:iYi:i:i:i∧:i:i:i:
.         ;i:i/i:i:i:从i:|斗‐ ゞ:ゝi:i:\弍ミ:i}:i:i:i:i:∧i:i:i
        {:i:{:i:i:i:i:i:iハ{ィ笊ミ `ヽ  乂rリ 》:i:i:i:i:i∧:i:i
       今:i:/i:i:i;《乂rノ       ニ´ ' Vi:i:i:i∧:|
.         Уi:i/:i; ゝ - '            i:i:i:i∧
        :i:i:i:i:{:i:i;      ヽ      }i:V:、i:i:∧
         {i:i:i从i:人     r っ     , :i:i:i:i:i:i\i:iヽ
           vi:i:i∧i:i:i>       イi:∧i:i:i:i:i:i}:iヽ:iハ
           入i:i:i∧i:i:i:i:i:i:i:i〕 - ´  |i:i:i:∧i:i:i:i:|i:i:iハ:i}
          .i:i:i:i:\i:i乂i:i:i:i:i:i:|      |i:i:i:i:i∧i:i:i|i:i:i:i:}リ
       /i:i:i:i:i:i:i:i\i:iヽ:i:i:i:i|       {:i:i:i:i:i:ハ:i:|i:i:i:i/′
        /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽ:ハ>′    ` < i:i:i}:ノi:i:i/ 
       :i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}i:}、\、 __    __,ト _,rく
.      {i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ノi:リ...ヽ \  `  ´  j| ノ.....\

「一体…… 何が起こっているの?」

 ___―===―___   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄―‐―― _
 ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___ =―   ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―
 ――――    ==  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ――   _――_━ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―=
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄   ,.rーァ   __ ̄ ̄―――  ___――‐ ̄ ̄_  ,. ´
―― ̄ ̄  __ ̄―‐===━ー  ,. '" ,;;:. /  ――      ==  ̄―― ̄ ̄_ ,.   /
__  ,. ‐-  ._        ,. -  / ,,;;;;;;;;;;;./  ―_‐==‐  ̄ ̄ ̄ ――_――  ィ'77/( ,ーァ _,.ィ7
    {   ; 、 、 ̄ー   >‐'" ,,,,/ ,,;;;;;;;;;/                         ゞ//////'////
.    ',  ' ヾ ,;;;;;,      ,;;/,;;.,,;;;;;;::::: / ` ー  _                   ,./)//////////
   ,.' {    、.,';;;;;;;;;;  ,,,::  ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /             ー-  _         ,. '"/ '"ィ/////////
  /  .!     ヽ;;;;;;;;;;.,;;;;;;;;,,.. ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::          -  .._....ィ'".,;;;;;/ ,ィ/////////,ィ/
. 〈   ヾ!     ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,;;;;;;;;;;;;;;;;;:/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::......,,,,,,;;;;;;;;;;;;;, ,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ/ー'";;;;;)/
.  、 ,: !     ':;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:'"/
.   }ヽ'  l   ,,,,,,,, \;;;;;;;;;;;;;:::,r''";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''"´ ::::'''"-‐''':::;;;;;::''",.  '"
  ; ヽ 、 ヽ .;;;;;;;;;;;;;;,,.ヽ'";;:ノ´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::'''"´``''''''''"   -‐   ´    ̄  ´
  {;;;;l \';;;;;,、:;;;;;;;;;;;;::..∨""'''''''――--=== ._`"''""´´_   - ー "
.   ヾ', ';;;;;;,,、;;;;;;;;ー‐ァ- ;                 ̄ ̄
    `'マ;;;;;;;;ヾ;:'"´   _ ̄― -━━━――    -==‐  ̄ ̄ ̄ ――_―― ̄___ ̄―
 ̄ ̄ ._   ``マ;,  =━___ ̄― ==  ̄ ̄ ̄  ――_――__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐
 ___==__―___   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄―‐―― __
 ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___ =―   ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―
 ――――    ==  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ―― __――_━ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―=
            :,:              (/)
            ノ霜斧ミx,゜      '´          _ノ(
           (圭圭圭{!'                (圭{
           寸圭圭イ :';'''                 '´⌒
           τ'{{7⌒∴:
            )/
         。∴{!                       _,ィ(。
        _,ィ(                       `'''´⌒'・
     ,ィ圭||ア '’    __                 ,ィ(____,ィ∵               ,ィ(_
     炸圭(       ,ィ升彡               ノ圭圭圭圭そ          。  佳圭心、_
      ⌒`寸ト、   ,{抄'⌒    ノ斧ミ、 o    ∴炸圭圭圭|iて ',∴ ・         _ノ佳佳佳て。
       ゜     ノ/        ⌒∴   ・ ノ(_ノ圭斥⌒',寸ミ、        ',.:,:・'`¨∵¨¨⌒´
     ,,、    //   ノ(          /少'⌒ `       ..,, _,.。x≦少"・       ,ィ(_∴_,:・・
  π_ノ心、_ノ(,炸||(   ,,.,⌒ ・っ  ∴ ・                 ;,,ィ炒⌒;.    c=≠二,ィ炸圭圭(;''
   )圭圭圭圭圭ア  ∴:¨'`   `                     ',∴ ・     ⌒ 寸筵τ'⌒``
 τ`:圭圭圭圭(_ノ廴 τミx。、∴__            ノ廴_,ィ炸廴ィ
   )}圭圭圭圭圭そ `⌒'・    __,ィ圭掛x、∵      ,ィ炸圭少⌒'・
 _,ィ炸圭圭才寸圭廴。x:≦少"´⌒''''⌒¨∵¨´      ⌒¨¨∵:・
   ⌒`寸ト、∴`寸ミ、 ∵:・
      `寸そ:¨'`沁っ

                     __   / |
                    // /| /.  |/ /|
              ー=ー-、./|/.// '´ /// /
             , -‐\. |/    ゙、` <´  /      (`ー‐--、___
            , ´ , -‐、V| ; |  ゙、 i ゙、 ´Z -‐ァ     `ー<,ノ´  , `、
           / / //`| ! ハ  i ハィ`i   、'´         '┬'´|〕  _レー、
         / /   , /  ゙、ソ-‐,二_  |ミ 、 |          ゙、 ゙、 /   |゙、__
       / /   ///ー‐-   '´'゛'   〉r‐ 、|          |   / ./ ソ `i_
     _, ´ /  /, イノl゙、<_;;i             }|    r'`ヽ     |  トュ/  /  ,  ゙、
    //_, -‐ ´/ / N゙、.l  ノ    _,    ノ|    ゙、  )、__,ノ     /  /'´  ゙、
    ̄ ̄          ゙、  , -ァ'´ ノ   / i |     !、´       /  /    ト、
                   ゙、 `-'‐ ´    ' | l lハ      `ー-、     ト,/     | `、
                   \     ,  , -‐ ´ !、     __  `ー-、_  __,!、__   ノ   ゙、
                      >-‐ ´ | ̄|    〉‐/´ ̄ / `ー-、__   ̄  \ `"´    `、
                     __/   |  |  >、    |/    / _, -‐ ´ `>、_   \       \
             _, -‐'/\  ,イ\// /\. /    / __, --―‐'´  `ヽ、  ゙、        \
           /_, -‐'´,<´)/ | / /   `    /             >―゙、          ゙、
          ´ ̄_, -‐ ´\ / / /       /          _, -‐ ´  _,  〉         ゙、
           /|       __|//_/         |    _, ---―‐'´     <´  / |         |
   _       / //   /  >'´             |_, -‐ ´            \/  |         |
-‐'´  ` ー - 、/ /    /ィ /            -‐'´|           _,     |   |           |
-‐'`ー-、_    `ー‐--'´// |              ! __, -ァ―――-- 、_     |   /|            |
      `ー-、____/ / /                / /          ̄`ー- !  |          |
     / /       / /      ..         /  /              `ー┴-、_____ノ
      //|   _, -‐ ´ /       :::       /   /
.   /   ! -‐'´ , -‐' ´        :::.          /
 ┌'´ / / ̄               ::::.        /

「ったく あの女…… 余計なこと ペラペラしゃべりやがって……」

「面倒くせぇ…… 全員 殺さなきゃなんねぇじゃねぇかよ……」



―――改めて、誰の何を、どこまでどれだけ信じるのか。「お母様」こと地縛神リルドールが色々教えてくれた直後にカイが口封じにきたので信憑性は高まったけど……内心どこかでお母様も何か隠してる部分があるんじゃないか(時間感覚以外も人間と隔絶している面があるんじゃないか)という疑念そのものは消せない。ノアが母親思いで一生懸命な娘なのは信じているけれど、リルドールこそが〈嫉妬深い神〉ではないのかという疑問……あるいは祠そのものは〈嫉妬深い神〉の物だったけど、そこに邪神の身代わりにお母様をぶち込んで「それでも人間は何も変わらなかったきゅ」ということにしたのかな五百年前は。でも水晶が割られたのは百年前……同時期にに祠が沈んでいるというから違うかも。
 ともかくも、リルドールの言を真とすれば一つありがたいかもしれない事実。陽太と交尾したことがイコールで逆に何千年と生きる運命を背負うわけではないらしいこと(更に「神の力」を受ける必要がある。どのようにしてだろうか)。少なくとも交尾で崩月の呪いは回避できる、という情報確度の快復……リリアとハナハナはどうか、まだまだわからんけれども。

 一方で割と当初に思った、リール担当の地縛神は代替わりしている(すり替わってた)説。人間の寿命が約20年だし文字記録が残せないわ、他の地縛神は干渉できないわで誤魔化し放題だったんだろうなあ……邪神教団の司教カイとどういう経緯で協力してるのか知らないが、「海の魔物」をノアにおっ被せていたりとながーい付き合いなのは確実と見るが……リール一般住民からすると本当わけがわからんだろうな、人生に一度あるかないかの大干潮を前に人海戦術で欠片探しを手伝ってる段からずっと。
 陽太視点だとミースに戻るかまた別の街に行くかに関わらず、彼女らがどう受け止めこれからをどう生きるかはあんまり掘り下げられないかもなのが残念。ま、陽太が現れたからこっち、この異世界の娘たちにとってこれまでにない事柄ばかりが起きてるのも事実だが。そこら辺、ノアもそうなんだけどリール編が決着した後の去就……というか陽太たちに同行する人間が増えるかどうかで変わるかもしれない皮算用。まずは自分から出てきてくれた「海の魔物」を「ガーディアンに依頼された」通りに退治しないとなあ?(なお主人公の個人戦闘力

 はたして、決戦は明日。ピナコからすればよくも騙してくれたな案件だしティアもそれに気づいてるっぽいし(その気になれば一瞬で街全滅させられるらしい)ノアからすれば怨敵もいいところだが……どれほどのものか。ピナコって陽太と交尾したしカイについてって邪神教団で出世すれば同様に不死化できるんじゃないか? という邪推。



 神々、カル、城、巫女、教団。何処の何が、どのように? いまだに、霧は深い。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/bottle512/20180610/1528625484