Hatena::ブログ(Diary)

ALORC-Bottle-Craft-512-Logbook このページをアンテナに追加 RSSフィード

AよりRへ。記録を継続する



2018-09-15

《シー・モンスター/Sea Monster》/岡本倫『パラレルパラダイス』第55・56話






 (前回の感想はこちら) (感想記録モーメント2) (eヤングマガジンにて前回無料

 パラレルパラダイス(1): ヤンマガKCSP

 パラレルパラダイス(1) 特装版: プレミアムKC (10Pの描き下ろし漫画、設定資料などを収録した36ページの小冊子が付属)←電子版もあるでよ

 パラレルパラダイス(2) (ヤンマガKCスペシャル)

 パラレルパラダイス(2)特装版 (プレミアムKC ヤングマガジン)

 パラレルパラダイス(3) (ヤンマガKCスペシャル)

 パラレルパラダイス(3)特装版 (プレミアムKC ヤングマガジン)

 パラレルパラダイス(4) (ヤンマガKCスペシャル)

 異世界の救世主。 : 続・黒のノエル / パラレルパラダイス第一巻収録エピソード感想まとめ

 溢れ出る愛欲。 : 続・黒のノエル

 旅の始まり。 : 続・黒のノエル

 浜辺を彷徨う者。 : 続・黒のノエル



                                    ,,
              , -――-.              ,,r-=‐v(   '' 、
       ./⌒ヽ//三三三ヽ ヽy⌒ヽ      .((  /:::::\__ノ丶
       /  /,/ /レヘ  ;ヘi i   |     '' //レヘ::::;ヘ:::::i::::::',
       .〈   〈 l ┃`' ┃`j !   〈       .j::l ┃  ┃`-!::::::ゝ
       .ノ   ,j〈 "  ヮ  "/    |        .l:〈┗┛,┗┛/:::::/
       .ハ  ノV`ゥrr-.rュイ人   ノ       ヾ::`ゥrr-.rュイ~x'
        .VV  ,/(イ 26:) iノ ヾVヾ         j:!'/1::ー:'::! i i::l
        ( ̄) ̄  ̄ ̄i.ノ ̄ ̄><  ..( ̄) ̄ 'J⌒/⌒c ̄ ̄><
         . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄             ⌒ ⌒

「安全な航海は 私たちにおまかせ!!」
「……まぁ…… よろしく頼むよ……」

「では出港準備に取りかかります!!」
「私は応援準備に!!」
「ああ」


「ヨータ  別れる前に キミに謝らなくちゃいけないことがある」

「私は〈黒き夜明け〉に…キミを売ろうとしていたんだ」
「〈黒き夜明け〉?」
「カイが幹部を務めていた 〈嫉妬深い神〉を崇める教団だ それ以上のことは私にもわからないけども
 本当にすまなかった」
「まぁ おれのことなら気にするなよ 妹を人質に取られてたんだろ? 仕方ないさ」


「ヨータさん…  お別れ…なんですね…」
「……そうだな」
「また 戻ってきてくれますよね」
「ああ」


:::::::/:::::::::::::/::::::::|:::|::/  .|:|:i::::::::::|:::::::::::::::::|::|   .i|           .i |:|
::::::::/::::::/::::::::::::|::|/   |::||:::::::::|::::::::::::::::|:::|   |!            |リ
::ム"::::::::/::::::::::::::|::|'    |:|:|::::::::|::::::::::::::::|::|  .|!            .{
/::::::::/::::::::::::::/|::i    |i|:|::::::::|::::::::::::::::|:|  .|!             .>
:::::/::::::::::::::::/ |:l    .|:|i::|::::::|::::::::::::::::|i   |!           ./
/::::::::::::::::/  |:l     || |::|:::::|::::::::::::::::|   i !    _      /
::::::::::::::::/`ヽ、.|:l     || .|:|:::::|::::::::::::::|   {_j    `゙゙‐‐., --ィ
:::::::::::/三三 //ヽ、    || ',:',::::|:::::::::::::|        ./::::::::::|
:::::/三三三//三三`゙ 、 || .ハ:',::::::::::::::::|ヽ、     ィ"::::::::::::::|
/三三三 //三三三三三.||〈 .ヘ:',::::::::::::::|  `ヽ、 / .|:::::::::::::::i
三三三//三三三三三 || }i ヘ:',:::::::::::|       |::::::::::::/
三二-"<三三三三三三 / X|  ヘヽ、::::::|       |::::::::::/
、三三三三三三三三三 ./ /:::|  ヘ::`ヽ::|       .|::::::::/
、ヽ三三三三三三三三__i_j:::::|i_   .ヘ:、:::ヽ、      |::::::/
 ヽヽ三三三三{      ノ)  ヽ  ヽ、:::',      |::::/
三 ヽヽ三三三 .l __,... -イ|.ハ`ヽ、i    ヽ、    /ム"

「私… その時までに… 教えていただいた掛け算や割り算… 使いこなせるようになっておきますね」

「そしたら……褒めてくれますか?」
「……当たり前だ」


「ヨータ  これ……お弁当……」

「日持ちする物は船に積んであるけど…… これはわたしが作ったの
 あなたに 食べて欲しいから……」
「……ありがとう すごく嬉しい」
「……私は……」


        /                    ヽ         ∨三三三三三ニ=-
          /  /   /  ′        /            V三三三三三三三ニ=-
.         /  /    ′ /          ′     }         :.三三三三三三三三三ニ=─ァ
        /  .:′   /  /        /      :}、____        :.三三三ニ=- | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.       /イ  i    .′. ′   .:′  /        /'''"゙"゙`ヾ    :. ≧三三三ニ=-
      |l  |l   l  |l ─‐イ‐- , ィ  .:     /      ミ     }  ≧三三三ニ=-
      |l  |l   |  |l   / -‐/ |l  |   -/─…‐-  ミ    :}   ≧三三三ニ=─ァ
      |l  |l   |  |l  ,ィf气示ミx |l  |   / ‐-      ミ   .:      ̄ ̄| ̄ ̄ ̄
      |l  |l   |  |l 《  ,_)::心 |l  |  ′芹示≧x、 ミ   .:'|         |
.      八  |l   |  |l  ヽとぅ//ソ,八  |/    ,_):し沁 》 ミ ⌒Y :!          |
          ヽ   |  |l  l i!゚¨”"   ヽ|     乂//らっ〃 '^ :/ !          |
.           |l  |  |l  | i!     ,       `゙”¨゚i! /' _/  :|         |
            从  ト  ゝ:                   i!《 ,/イ゙ヽ :!          |
              丶| ヽ| ヽ圦j      __         i!/ ′|   :|         |
                       し、   Y:::::フ       ,j イ   |   :|         |
                                .:<///   |≧.、|         |
                           ヽ  -=≦´//////  _ノ三≧|         |
                          _}//////≫三三三三|         |
                          _ イニ三三三三三三三三|         |
                        _. ≦三三三三三三三三三三|         |
                   _.  ≦三三三三三三三三三三三三|         |

「私は……すごく悲しい……」

「うっ……うっ…… 離れたくない……うっ……」
ティアとは 長い付き合いだけど……」

(泣いてる所なんて 初めてみたよ)ウッ…クッ…

ティア……」

ティアの料理を食べに…… 必ず戻ってくるよ」
「……うん……」


「出航の準備ーーー! 整いましたーーー!」


「〈嫉妬深い神〉を倒して……必ず戻ってくる!!」

「だから 待っててくれ!!」
「……」

「ヨータさん!!」「ヨータ!!」

「絶対…… 絶対戻ってきてくださいね!!」
「当たり前だーー!」

ヨータサマー!!

ヨータ様ーー! ありがとうございましたーー!!
お気をつけてーー!! お元気でーー!!

(ずっと 待ってるから……)


「見えなくなったね」
「ああ」

「必ず〈嫉妬深い神〉を倒して凱旋するさ ミースの町にもリールの町にも」
「うん」

ゴパッ
「おぇえぇええぇ!!」
「ルーミ……船酔いか…… しっかりしろ」
「無理……」
「もったいないだろ ティアがせっかく作ってくれた朝ご飯をゲロにして……」
「え…… 心配するのはそこ?」

「サンドリオの町まで どのくらいかかるんだ?」
「順調に進めば3日ほどであります!!」
「3日!!  死んじゃう……私死んじゃうよ……」ズリズリ

「風は北西!! おもーかーじ!!」
「面舵ガンバレーー!!」
「風は南西!! とーりかーじ!!」
「取舵ガンバレーー」


                               ト、∠ハ
              ∧             .ィh_ニ7
             <⌒マ/∧        .ィニi´  i 7
            \: .∧ . - ─ -<二 f  ̄.Y
               厂`Xレ'´. : : : : : : : :マ:此  l≧x
           /: : :/7: : : : :.ト、: : : : : :.:\   |二ニ>      「ヨーソロー!!」
         /: : :// : :.!: :l: :! ヽ: /ヽ: : :.ヽ .|ニイ
       _ . :斗<:{: : :┼十:|   |:! :j_ハ: : :.|ハ j: i:.|
    〈`ヽ、 ̄    !:.!l: : : :!リノ从 ノル/⌒`:j.  !: : !
.     〉  \__   jN:l: : :l:|x=ミ  . へ""|: : |  |: :.:!        ガンバレーー!!
    乂__ / /⌒ー 从: :从 ""  〈   } |: : |  | :.:.!
         ヒ!     Xルへ   _\_.ノ ィj: :.:|\l: :リ
          ̄ ` <   l: : \「: : :\jN从/:!: : ∨
            /:.`>|: : : : |: : : : : \j人:!: : : i
              /: :/: ::∧: : :l:|: : : : : : : : : : : : : :}
.           ∧:/!: /  \从 : : : : : : : : : : : : :|

応援係のあいつ…… ホントに応援しかしてないな……」

「さっき海獣がどうとかって言ってたよな? 何か出るのか?」
「出るであります!! わんさか出るであります!!」
「え……大丈夫か?」
「ノー問題!!」

リールの町が誇る この歴戦のプレジア号は 幾多の戦闘をくぐり抜けてきた不沈艦なのです!!」
「へぇ…… そんな実績がある船なら 大丈夫なのか……」

「でも このグラコスだけは別であります!! 海が凪いでいるときに現れる化け物であります!
 こいつ出たら 絶命必至なのでありますーー!!」
「……結局 運次第って事かよ」
「……」

「風が 凪いだのです……」
「えっ!?」

(……完全に前振りじゃねーか……)

「ん?」

ドパァッ
「うわ!!」


            -‐…-  ___
           {:;;; . .   ;: . . ⌒  ‐-=ミ-‐- 、
          r!   :: :. . .    ‐-      ヽ   \
         _ノ ::  : :    : :    fぅ、 : : rぅ: : : :.;.. )
        /:;   :;   : :;:      ⌒澄 {{    : ;{、
       _r‐′  ;:   :: : :    ;:       i リ       ; \
     {: :   ;:     : :   . . . . :     ,ハ{  :   :: . .   ヽ
     _}  : :    ;:     : : : :     Y^{ : :   : :.. ::  ハ
     |ハ : :     _r〜^V  : :    {: : {  ::    ; : _   ::}
     |  ',: :    {:{: : :.:/\  -‐ {: : : } ::   / ir'^Y : :{
     |  { ::  ::   {:{: : /: : : ハ    : : :{ { ‐={_ ノ: : { : : }
    ./}八{{ハ: : . .  }: : {: : : : : }  _ .{: : : :} ノ   }: : : :/  i{
    } }: : :\{  :: ::  }: : : : :八 '⌒:{: : : :.i  ー ハ: :/::  リ
     { {: : : : :ハ     }: :i: : : : : :.', {: : : :.:}   /: : :/ : : ,‘
    { {: : : : { ', ;:   {: :|: : : : : : :{  |: : : :.:|  ア: : : ′ {
    ヽ}: : : :.|  ヽ ;: :: }}: |‐----- √}--‐ } ‐}{: : : {  ::ノ
      iハ: : :.|   }: : : : {::ノ     }-{     }__{ハ: : !: :{
      } l : : :} 一|: :   }}      }_j    | {: : :',: :} |
      } |: : ,   }ー  /         }_}    }_}: : : {: :.:} }
     ノ/: :/   {: i  }         } !    |_}: : : }: : :} :{
   ///     厂 /        }.}    .{:{ヘ: : {\八{
  / イ´       / /          }}     }:} ∨}  \:\
  で⌒     _ ′.'             〈{    〈 {  .}小   \`丶、
          { /            ゛    {   ⌒    `¨⌒

「出ました…… グラコスです……!!」
(ほら 見ろ!!)

ゴゴゴゴゴゴ

「……」「……」

「逃げろ!!」
「無理です!! 風が凪いでます!! 動けません!!」

グググググ
「うわーー!!」

ズパッ
「!?」


                                   乂__乂
     ____     /|                      Y乂__乂
   , ' , , `ヽ.//                   X乂__乂
  { i /ヘ.Nl |`{                   X^乂__乂   クルクルクル
   ヘ(!| ゚ ー゚ノ!|. | ,   X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X^乂__乂
   ⊂).芥}ニ○ '  乂__乂__乂__乂__乂__乂__,X
     ,く/_l〉  ヽ`パシッ
    〈ソ ヾ.)
                           __,、==三=-- ..、
                         ,、-:=/ /:, ' ,: :': : _     `丶.、
                    ハ :',:.,' /,.'/,、-―- 、  ` 丶 、: : :`丶.
                     ,x '´,> - ; ;.::; -:―:-:.:、: : :`丶、: : `丶、: : :丶、
                 {/ : ; ' ,.; ; ;ヽー:-:-:-:_:ヽ     .:ヽ: : : :`丶、: \
                    / /, ',. ' ./,' ; ヽ\`:ヽ.    \ : : : :.`丶、: : :.`ヽ.ヽ
                 '/ ; ':, ' .,.' i    ヽヽ  ヽ. . . : : \: : : : : :\丶:、: : \
                /.:,'.:.,'.:.:.:,'.:.:.!: ':, ヽ : \\: :\: \: :\: :\ : :\: j !ヽ:ヽ
                 ;: :l:.:.|:.:.:.|:.:.:.l; ',:.ヽ|\ヽ.\`丶.ヽ: :.ヽ : \: :\ : :.ヽ.j:.リ `\
                   | :.|:.:.| :./|: : | Vヽ:.|  \ヽ \:.:.`丶、l : :\ヽ: :丶 ヽ∨
                    | :.l:.:.:!:.:|__V:| ヽ:.:ヽ.   >≠´ ̄V.:`丶: :ヽ: :ヽ: : ヽ}  ,、 - 、
                   |.:.:|;.:.|.i.| _`!ヽ、 ヽ\ /´ ,.xテテ=、V:i\:\: :\',\ヽ´ _   \         「リノ!!」
                  |.:λ:.:!|:ミYて.  \   .ハらz::リノ .|λ∨i:、ヽ!|ヽ} ヽ}:}   \   \
                     !:| ヽ;\冰_マzム         `¨´  / ヽ !イ }从 ノ二二)>、=ヽ   \ 、
                   ';|. |:\ヽ、::::::  :::::..   ::::::::::::::  |:.!\、! /Y○//=-、(三三三三三|\
                   \.jハ;.ヘヘ`丶、. 丶            |/ `丶、 ゝ-'":::::::/ ○∨三三三 |二\
                    >ヽNへ   丶-   '    ,.イ'´ ,、-====.L.:::::::::ヽ=='' ∨三三ニ!.二ニ\
                     {_!_!_ノゝ′> ,       ,..ィ/ /, 、 '´      `ヽ/    T冖=ニ \二二\
                      ,、 ≦二二二二二.≧.ァ´ 〉' ,、' / }        \:ヽ\   .!:::::::::::::|二=\.二ニ\
                  ,、 ≦二二二二二二 ,.>'"\//./: /            \!:::\  \:::::::::!二=|ニ.\二ニ\
           ,、 ≦二二二二二= ,.> '"\    /./ . .               \::::\  \:::|二ニ|三ニ.\二ニ
         ,、 ≦二二二二=,. > '"        .\. / // : : : : ,' :} ,': :  : :       \/   `|二ニ.!三三ニ.\二
      //二二..,.> ' "           〈\ ∨≦ー┐:,' :.! : : : : : : ― -    ,、--\.    |二ニ.|三三三ニ.\
     / / ,.> '"                     >((\三三l; ; ; ,':ヽ:.      __,.、 '´   ヽ}   .!二二\三三ニニ
.    / / /                      ,イ//{小;∧ ,、-ォ: : : : :ヽ    ,.へ        丶   \二ニ \三三ニ
   /-= ̄                     ,イ///j 〉{ !l.|彡ミλ: ; ; : : ヽ /: : : :.\       丶    \二ニ \三三
                        ` ーソイ.λヽヘ(G)リ : : ` ーゝ===―:.\       ヽ     \二二.\三
                          // .{λ \ミ彡- ― :、: : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.       \    \二二.\
                          // } }:λ /       `丶、:.:.:.:.: : : : :.:.::.ヽ        丶.    \二二.
                       ///  〈 λ:/, '           `ヽ、: : : : : : λ       ゚       \二
                           ,イ//     V:::i.,'                  \:.:.: :ー-.:ヘ.         ゚     \

「リノ!! お前……応援以外にも出来ることがあったのか!!」
「油断は禁物であります!!」

「!?」ジュビジュビジュビ

「……ケートスや カルと同じ……」
「この武器では グラコスを倒せないであります!! 風が吹くまで……凌ぎきるしかないのであります!!」

「マカナ!! 何とか船を動かせないのか!!」


                  ___
         ,-―― ''  ̄ ̄      /
        /, f―- ,,______/
      /, '          ι  ゚
     //        ι    l
    / /               ゚  。
    / r‐、           __,,,....,,,_
  / ヽ ヽ       ,. '"´     ` 。、
  k  ) |     / /     、`ヽヽ゚)
  `iーヘ  < , へ <,. / ,|    / ハ   Y,ハ
  || ゝ'"   ゝ/  | 八.  /_メ、 ヘ、 レ
  ||/  /ι ,' / レ' __ \|´j' 。` |三|
   /  /    |/>,ハ' 。`    `ー´ 」rソ
   \/ ι    /ヽノ ! ー' k ̄`i  ノ( K
     ヽ__  ,ィヘ \>ι ⌒  ィ  ノ 乃
         \/ i \/ !'vイ   ソヽ(。,゚ノ,kf7ー―-、
          V   > ヽ、ハ  ハ//_ノ //、 ィレk  ヽ
             ,'     |:::y::l    , -<´ i  `  ,!
             ',     l:::,'::l   / 、__l  l   ノ
              ヽ   ,':::,'::,'   L_) |  i  /
             /;;`;、_!;;;,';;,'____〉   |  レ´
             >,;;;;;::::::';;;;;;;;l::::::::::::7    `ー'

「かしこみーー!! かしこみーー!! 海にましますリールの神よーー!!」

「この船に風を吹かせたまえーー!!」カーッ
「ダメだあいつ!! 神頼みだ!!」

ズォオォオ

「うわぁあ!! ダメであります!! 全部は切り落とせないであります!!」

ダッ

「でやああぁあぁぁあぁ!!」ズババババッ
キィィエェエェ


                     _  -――- ミ
                   > : : : : : : : : : : : : : `: 、
                  > /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
              /: : /: : : : : : : ‐-  _ : : : : : : : : ヽ : \
            : : : : : : : : : : : : : : : : : ∨: : :.=‐- / ̄`i:∨
              /゙ : : : : : : : : : : : : : : : : : : :∨≧ー彡|\___∧:∨_
          /゙ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :∨, 彡゙|  ヤ ∧:∨ニ∨
.           ′: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :!: ∨ 彡|  'ヤ  ∧:∨ニ∨
.           ′: : : : : : : :!: : : : : : : : : :!: : : :!: : l   豺   ヤ   ∧:!'ニ=|
        ′: : : : l : : : |: : : : : : : :--|―: :l: : :! し ´|  'ヤ_/ !ニ/∨
        ': : : : : : :| : : : !、: : : : :i| : : |、 : /!: : l   !   ヤ  | : |/ニ=\
          | : : : : : : !: /:|ハ : : : : i| : : |il∨ |: :/ u. |__|!  !/ニニニニニ` <
川川川川  |: : : : : :.イ゙ : : |i∧: : : :i|: : /ilixzzz_x      | | |  |ニニニ=/ニニニニニ\
川川川川巛巛: : : : : l\ : |ilil∧: : :i|:.:/ 〃 _ `ヾ u.  | | |  |ニニ/二ニニニニニニニ\
川川川川巛巛巛: : : l : |ヽxzt_x\ル′′ (・)   つ   | | |∧|ニiニニニニニニニニニニニ=丶
川川川川 巛巛彡: : :lヽ{ ‖ _`ヾ       、__ノ  ,/| |ニ二二iニニニニニニニニニニニニニ∨
     _ [][]巛彡:.:!ヘ !! (・)    u    ̄  /=ニ|ハjニニ二iニニニニニニ_ニニニニニニニ∨
 ┌─┘└┐ 彡彡ヽ{`cっ、_ノ       u /=ニニニニニニニニi二ニニニ=/_` <ニニ二二ヤ
 └─ァ' ┌┘  彡彡 :ゝ∧.u ̄    u        ̄¨7T ¬ニニ二i二ニニニ=/=ニニニニ__二ヤ
    </l.」  [][] 彡三: :`¨\ U  u     _ -‐ァ/ !  j__ニニニiニニニニ=/ニニニニニニニニニ\ヤ
    「 ̄ ̄ ̄|  三三: : : :|ニ≧s。 _-‐r ' ´   i |′ .l__≧-、ニニニ=/ニニニニニニニニニニニ`!
‐┐[][]  ̄| | ̄  三三: : : |ニニニニニ/|     | |>< /∧/   ∨ニニ/=ニニニニニニニニニニ二|
‐┘  匚_  ̄|   ミ三 : : |ニニ>''´二|     l_j、 // / 〃 ̄ ∨_/=ニニニニニニニニニニニニ,|V
‐┐        ̄ [][] ミ三: : i ̄: :{ニニ二|  il   | ∧7⌒〈 ,      ∨ニニニニニニニニニニニニ/'|_∨__,. 斗  ‐……‐-  ミ
‐┘ [][] | ̄ ̄ ̄|   ミミミ : : iヽ: :.ヤ≧ -|  il   |/ ハヽ| ∨ ,     ∨ニニニニニニニニニニニ/ニ|iニ∨ニニニニニニニニニニニニニ` <
匚 ̄ ̄|  ̄|  匚  ミミミ : : : i: :ヽ:ヘ=ニニ|  il   | | | | ハ ∨ ,      ∨二ニニニニニニニニ/二|二_∨ニ=ヽニニニニニヽニニニニニニ`
_| 匚  匚__| ミミミヽ : : :i : : ヽ}ニニ|  il   | | | | | ! ∨     ∨ニニニニニニニニ/=二lニニニ∨ニニ∨二ニニニニヽニニニニニ
|____|  [][]   ミミミ i: :ヽ: :.i: : : :.lニ二|  il   | L| | | !   !       ∨二ニニニニニ/ニニニ|ニニニニニニニ.i二ニニニニニ=ヽニニニニ
    匚 ̄ |   ミミミミ|: i : : ヽ: : : : :l=ニニ|  il   |=¬ ┤!」   l         ∨ニニニニニ/=ニニニ|二ニニニニニ=i二ニニニニニニニ∨ニニ
    _| 匚  巛ミミ゙ |: i : : : :ヽ: : :.lニニニ|  il   |   l ├┬-<           |ニニニニ=/ニニニニ|ニニ∨二ニ=}二二ニニニニニニ∨二
    └─‐┘巛巛' |: i : : : : :.ヽ:.:l二二|  il   |   | ! | イ       |ニニニニニニニニニ|二ニ=〉二二i二二ニニニニニニニ∨ニ
川川川川川巛巛  |: i : : : : : : :.:l=ニ二|  il   |   | ! |  ̄ヽ __       |ニニニニニニニニ二|二ニ/ニニiニiニニニニニニニニニニニ∨
川川川川川巛    |: i : : : : : : : !=ニ二|  il   | 、 L _| 二工 __    ノ|ニニニニニニニニ二|ニ=/ニニニiニ.iニニニニニニニニニニニニニ
川川川川川      |: i : : : : : : :.!ニニ二|  il   | >--‐=≦´    ̄ ̄   !ニニニニニニニニニニ|ニ/ニニニニiニiニニニニニニニニニニニニニ

「ルーミ!!」「ルーミ様!!」

(そうだ!! ノアが言ってた……黒の属性とか白の属性とか……
 こいつが ケートスと同じ黒属性なら……白属性のルーミの剣なら倒せる!!)

「あっ!?」
シュワシュワシュワシュワ
(ダメだ…ルーミの剣でも…… こいつ 黒の属性じゃないんだ……)

リールの神よー!! リールの神よー!! 帆に風を!! 帆に風をーー!!」

ドゴン
「うわぁあぁぁあああぁあ!!」

「帆がぁああぁぁあ!! 帆がぁああぁぁあ!!」;;
「大丈夫であります!! このくらいなら後でまだ修理できるであります!!」
(生きてればな……)

(船はもう動けない……こいつを倒すしかない!! ケートスやゴーレムに弱点があったように……
 きっとこいつにも 弱点があるはずなんだ! グラコス…… 思い出せ……思い出せ……)

(ダメだ!! 全く聞き覚えのないモンスターだ!!)

「!?」ガッ

「うわぁああぁぁあ!!」ギュルギュルギュル
「リノ!!」


              l / ゛ ,,/ ._..-'"/  .‐゙ン/"  ./   ,/  / /     ! //  ./  ./ ,/ ./  _..-''/ . /
            ,/゛ ._. '゙,..-'"  / ./ ././   /   /   .ゝ│    ! i|″ ./  / ./ : .'".._..-'"  ./ ./   ,
        / ,ノ'" / |゛   /  ,ン / / |ヾ   / . l   ./ │   ./ ,,゙" ./ . / _i__,..-'"    ./ " -'"..,
      / .,..-' / .- ./   / r'゛/  !  .'、..  ./   !  ノ  l   ./  l ./ . ,/'"゛   .、.`゙'''―- ニiy -ー''"
    /.,/..-″l ./ /    / /./   !  │ /  │    ,!  ,i'゙ ‐' ,,│ / `-..,‘゙.'.''.''''".'へ、 .',゙.._ ,,.._,,..-=
   /  ,/   l .'゙,ゞ   │ /    .!  ..′ !   l ."  ! ./ . / / ″   .`''ー ____   ゛."     .__
  / .,/    ././     ∨      !  !   l    ! / ./ ./   ,/゛     . _.. -'''″ 、/~ア゙゙゙゙ニ广゙ ̄´
  .|/     .´              ! .″  l    !  . / . !-‐'´     ._./ ´ ./ ,    _,../ ,-'ソ'''"´ _..-'"
      .,                l  、 /    |  /         ,/   レ".,..-'"./ ./   ._/´ _..‐ ,i
     /                 /  ″ i′   .|_,/          / ...‐.″ /    / . ,./ ,/゙. .‐´ .,ノ″
  ../                    /     ./                 /   : ゙  ,/    ./   .,.. |″ ,/  ./ ,
. /                   ,/ .,  /                 /     /      ./ ,/゙./ ./   ./  /
゛       ./ . /       ./  ,/                 /  ._./ ./       `゛ /  ,r'"゛ ,./   l .,i'
      /  ,/       / ,..-'"               / .,, ./      _,, ‐'´  .,/''シ'^/ .,r'}./
    ,/  /          ゙‐'″                    {   /  _,,,.. -‐'''". _... _... ‐ / ゛  l / ′ ./
  ,/  /        ,.                      _,,ミメ゙‐'''"゛    . / '".._..-'´    ./ ゙、  /
-"  /        /       ., ‐  _ ‐           ,..-'''゙,゙,,,,,,、....、-‐'.^゛.'''_,ニ-ー''"゛      ./  i  ノ..-
 /        /        /  ,/            /゛ ________ -‐''"        _,, -'"゙/  /  l _/
´       ./     _ ‐ ./  ,/    /       . ̄´                   , '" .. /  "  l゙
      /      / /  ./    /                              ゙'¬― /   / ./

「!?」シュルシュルシュル

                                ___
                               /二__,r-、二ヽ-- 、
                           /二r' ヾヽ-'二,イニニヽ
     _                  〃!ニニヽ、 `=='ノ二二ニヽ
   r_ニヽr ヽ               __' ヽ二二二二二二二二ニi
   レ_^ヽi   !       r'´ ̄ ̄フ'_二二ヽ`ヽ `ヽ、       ノ二二:{
   ! 、>'^ヽ/ニノ   ./   //     ヽ}    `''==‐'´ヽ二ニニヽ
   ヽ、 /二ハ   .i   /=/ ::r;::   ヾ     ____ヽ二二i
    .レ'二ニ/ ヽ   .!  イ= !  "      _ノ‐'´二二二ニニ`ヾミニニ|
    /二ニ/  ヽ. _i    {= ヽ      /二二二二二二二二ニ`ヾ     「いやぁぁあぁあぁ!!」
.   イ二二i   ヽ二`ヽ、 ゝ二:ヽ----‐'´二二._, ===== ミ二二二ヽ
.   !二ニニ.i   ヽ二二.\\二二二ニ._, -‐´二二二二二二ヽ二二二i
...   ヽ二二!   ヽ二二二ヽ`ヽ---/二二二二二二二二二二二ニニ!
...    `ヽ--i    ヽ二二二.ヽ  /二二二二二二二ニニニニ二二二ノ
          i    ヽ二二二.∨二二二二二ニニ./二二ニニ`ヽ、ニ/
         i     i二二二/二二二二二二/二二二二二二\
         \    ノ二二./二二二二二ニ,イ二 , ===、二二二二ヽ
            `7´二二 /二二二二二/ !ニ / _    ヽ二二二二ヽ
           /二二二i二二二二ニ/   lニヽノ}     ヽ二二二ニ i
             /二二ニニ.|二二二二/      ヽ--'       i二二二ニ.i
          /二二二二|二二二ニ/     ,         |二二二ニ|ヽ
           /二二ニニニニ|二二二ニi       i          /二二二ニ| \    _____
           !二二二二ニ.i二二二ニ|      i           /二二二ニニ|   \/二二二二二二\
           !二二二二二ヽ二二二i     ヽ       /二二二ニニ/     \二二二二二二二ヽ
         i二二二二二ニヽ二ニニi         \    /二二二二./        \二二二二二二ニヽ
         ヽ二二二二二二\ニニ!        ` ー./二二二二./          `i二二二二二二二i
          ヽ二二二二二二:  ̄:i          !二二二二ニi             ノ二二二二二二二!
            \二二二二二二=!           |二二二二ニ|          i二二二二二二二ニ!


「やめろであります!! 恥ずかしいであります!! やあああぁぁあ!!」チュルチュルチュルチュル

「やめろ この変態タコ坊主……」
「……タコ坊主……」

「きゃあああぁああぁ!!」ガッ

(名前は違う…… でも……絶対間違いない!!)

「わかったぞ!! こいつの弱点!!」
「えっ?」

バチバチバチ

「火燐石!?」

(こいつは 日本でいう海坊主……凪いだ海に現れる妖怪だ! なら 弱点は……)


          ,.イ
         (_二二  ̄7,イ人           ,ィ ト、
               //(_ノし' ,ィ ト、      ( :し' しイ
      ,.イ    //      ( :し' しイ      ̄7 | ̄   :ト、j7__,ィ
       | 'ー―'´ /          ̄7 | ̄    /,イ :!     >ィr―'   l7l7rァ
      ∠,. -―― '          /,イ |     </ノノ   <_ノ:|」     /'´
                       ∠/ノノ
                                      ノしイ   リ
                                    /⌒)ノ  ノ
                                      (:しイ
                               __,.ィ     ̄´
                               ,ィ ⌒):::_ ヽ
                        ,イ r―'r'  /'´  )ノ
                       (:::::し'::::::ノ      ('´
       |!           ,人ト、     `⌒)f´: : :
    トJ人         ^゙^^'  : : : :ト、: : _ノしイ: : ⌒)!
     ^^"'''"    人ィ   |      : : ::ノ::::|ィ: ::⌒)ノ: :  :レ'       ノ
          ''゙' '' "''  |!     : :(:::::::::ノ: : : '´          ,ィイ(、
              ハ八人          人从         ^''' '' ´
              ´'' '' " ''`        " '' ゙"`
                               `_つ
                        /⌒'´
                       八 ゙
                            { {
                          ヾ,
                          {
                           人
                          _,f´
                        r'⌒乂_   _,_ノ゙
                       (⌒′   `γ´
                   (乂_      乂
                    γ⌒ヽ(     /⌒ ー=      (煙だ!!)
                (゛ ノ゙  `て  ノ   _,. -‐
                  r'⌒ゞ' (_,   `" >'⌒ヾ゛
               /(`)   ノ,. 〜゙  (_    `
             (. (_,`ヾ 〃'" /`ヽ-‐'
          r'⌒( ノ)丿{ 、_ ヽ
            ゝソ )´,. 、γ ヽ )
              ノ y‐-'ノ'´. ´゙  乂
        _,ゝ' /⌒) /    ., ヽ
   r'⌒ー〜'ノ⌒゙ (`´ )゙   y"  、)
.   )'~⌒)'´       ) ノ   (    八
  γ゙ /       //、 __,ノー-‐'
  ノ ,′    /´/⌒´

キィィィエェエェ

           / ⌒ ヽ     〜〜    〜〜
           i   ♀〉ー  -―――-    〜
           /     .i  i.....::::::::::::::::::::::.::::::::::`丶
         ./    ノ  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\  }
          /    /  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. {
        /    / /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
      (__/--'゛:::::::::::::│::::::::::|\:::|\::::|:::::::::::::::::::::::. }
         } /::::::::::::::::::|::::: / | ::|:::::::ト- ::|--∨\ ::::::::::::::::| {
       { /::::::::::::::::::/|::::::|ノ|:八 ::::| _..斗-=ミ\| ::::::::::|::::|
      /::::::::::::::| :: /-匕-=ミ\|\|  〃⌒゙ヾ :::::::: |::::|  }
        ̄ ̄ |::::::|::イ /〃⌒ヾ     {{    }} }|/| ::::::|::::|  {
      {  |:: 八ハ{ {{   }}     ゞ==(⌒) | :: /:::::|
       } |/|::: {. ハ (⌒)==''         ///  |/}:::::|
            |:::: ヽ_| ///              __,ノ :::::|  }
.          { レヘ::八     _.. ‐〜‐-、   イ ::::::::::::/  {
           }   ∨个 .._ (_,,.. ‐〜〜' イヘ:::/|/∨
                 \|  _≧=一ァ  〔/⌒T:iT7ス
                r=Ti:i:i:i:i:i:7____/i:i:i:i:i:i:i/ ∧  }
               {  ∧i:i:i:i:i:i:i:i:|   /i:i:i:i:i:i:i/   / ∧ {
                } / {\/⌒)_∠二二/|    / ∧
              /  ゙T{  二(__ `ヽ        _ヽ
            /   ∨ハ.  {_  /     \/  _〉
.            { /\ _ |  ノ   _) 人._     |_/|/ }
              } \_____,|/  /i:i\     ̄ ̄`ヽ  j  {
             ∨ /   //i:i:i:i|\            |
              /     /.|i|:i:i:ハ  丶 ... ______丿
               〈       |i:i:i/i:i|      |    }
              、___/  .V )ノ      |   {

「帆がぁぁああぁあああぁあ!! 帆がぁぁああぁあああぁあ!!」;;;;


―――涙ながらの再会を約してお別れ旅立ち、のちギャグコメディ風味で海獣エロピンチ……を乗り切れたかと思ったら全然ひと安心とはいかないどころか寧ろ劇中最大のピンチなのではないか?(月曜祝日につき次話土曜刊行済み



 なまじっかモンスターに現代知識神話戦術が通じたりカルが自動で逃げてったり、邪神の呪いが交尾で解けるとかよりも、大自然大海原に対して人間一人一人のできることがどんなにかチッポケかという方がよっぽど困難に思うわけです。きみはいきのこることができるか(白目
 ありゃあもう、船が行先を見失って予定外の土地に漂着するとかそういうレベルじゃなくなってる気がするのだ(脂汗

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/bottle512/20180915/1537014952