Hatena::ブログ(Diary)

結城聡のブログ/株式会社ブレイクオンスルー【bot】 RSSフィード Twitter

2012-06-17

中華Padがやって来たヤァ!ヤァ!ヤァ!

バックナンバー⇒http://www.breakonthrough.biz/newsletter-1/


『中華Padがやって来たヤァ!ヤァ!ヤァ!』
(bot_vol.46)








タブレット端末市場の今】

アップルのiPad(42,800〜58,800円)の独壇場と言われるタブレット市場。

Androidタブレットでひとり気を吐くのはAmazonのKindleFire(199ドル≒16,000円)。
http://www.amazon.com/Kindle-Fire-Amazon-Tablet/dp/B0051VVOB2


今後のタブレット端末の出荷予測は、
・2112年:1億740万台
・2013年:1億4280万台
・2016年:2億2210万台

これを現状、
・Pad1機種で60%
・有象無象のAndroidタブレットがよってたかって40%
(そのほとんどが前述のKindleFireとサムスン

で分けあってる感じです。


[参考]
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-M5N3936JIJUO01.html
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/35189





そんな伸びゆくタブレット市場で上記のような統計には含まれていないのではないかと勘ぐってしまうような商品群があります。

それが、、、、、




●中華Pad(ちゅうかぱっど)

です( ー`дー´)キリッ




【中華Padとは???】

Lenovo(レノボ)やASUS(アスース)、Acer(エイサー)などの一流メーカーではない、
まったく無名の中華系メーカーが製造する廉価なAndroidタブレットのこと。

パッケージの写真がiPadで中身が全然違うとか、品名がiPedだったりoPadだったりするのは日常茶飯事。

本家iPadと違って形状もサイズも様々で選び放題。
値段は15,000〜20,000円がボリュームゾーン。





個人的に、
一般人としてはボチボチ早い時期にAndroid端末を持ったけど、まったくOSのアップデートしないとか対応しないアプリが多過ぎるとかSDカードにアプリを退避させられるけどロードができないのでアップデートのために本体に戻すという作業が必要など、

アップルのiOSの世界と比べてあまりにもカオスであることを身を持って体験し、
再びディズニーランドばりの行き届いたおもてなしをしてくれるiPhoneに戻ってきています。



ところがどっこいドッコイダー、

あまりにも快適なiPhone/iPadというアップル〜iOSの世界に浸っていると、世界の半分がAndroidでできていることを忘れてしまうのです。


【世界のスマートフォンOSシェア】

Android:59%
iOS:23%
その他:18%

http://wirelesswire.jp/Watching_World/201205251134.html






けど儲かっているのは、
アップルとサムスンだけ!!


世界スマホ収益の9割以上 サムスンとアップルが上げる
http://japanese.joins.com/article/836/153836.html?servcode=300&sectcode=300






と、いうことでAndroidのバージョンも4系とかは全く知らないので、
一応体験しておいた方がいいだろうということで導入を検討しました。



しかしながら、
かつてAndroidのキビシイ洗礼を受けたものとして、
Android端末に大きな投資をする気は起きない・・・・・・・・。


そこで(;゜д゜)ゴクリ…





テケテケン♪

ちゅうかぱっど〜〜〜(ドラえもん風)






現状、結城の装備は、

1)iPhone
2)MacBook Air
3)iPad

なのですが、

AirとiPadを一緒にカバンに突っ込むと重い、ってかiPadは机に置かずに手で持ち続ける端末としては重過ぎだろう!ってことで

より軽量な7インチのタブレットを物色したところ、

Amazonでなかなか良いレビューを集めていた端末がありました。






●アンドロイド タブレット PC MOMO9 加強版 Android 4.0 AllWinner A10 タブレット 7インチ CPU 1.5GHz ANDROID TABLET 静電式
http://goo.gl/Ox0Ny


気になるプライスはずばり!!

8,100円( ー`дー´)キリッ
8,100円( ー`дー´)キリッ
8,100円( ー`дー´)キリッ


それに値段の割にはしっかりしたカバーケース250円!

送料を入れても9,000円でお釣りがくるAndroid7インチタブレットです。




【本中華パッドの良い点】

・7inchだから軽い!373gでiPadの半分強
・最新のAndroid4.0.3搭載 ※これを体験するのが本来の目的
・動画視聴で6時間持つバッテリー
・ブラウザをOpera miniにした場合のみサクサク
・YouTubeやVemeoなどの動画視聴は快適



個人的には中華だAndroidだとかいう以前に7インチ端末の使い勝手の良さに感動しています。昔から薄々気づいていたけどiPad(9.7インチ)は重すぎるよね(笑)

・長辺がiPadの短辺と全く同じ
・短辺がiPhoneの長辺より1cmほど長い

そんなサイズ感です。



僕は人を見るときでもモノを見るときでも努めて良い点を探そうとするマインドの持ち主ですから好意的なレビューですけど、
当然のことながら悪い点もいっぱいありますよ Ψ(`∀´)Ψケケケ




【こんな人にはオススメ】 ※優先順

・好奇心が旺盛
・1時間で壊れても許せる度量がある
・ググってあれこれ設定できる程度の知識とガッツ

まずこれらが必須


その上で、

・iPhoneやスマートフォンの文字が小さくて読めない
(Androidのブラウザはどれも画像よりもテキストの表示を優先しているようで、テキストサイズの変更は自由自在。その代わり画像は幅からハミ出たりするけど)

・とにかくウェブからの情報収集が必須なお仕事(私など)

・子供にiPadを取られた人(泣)



とまあそんな感じです。
最初から日本語は使えますがフォントが中華フォント(微妙におかしいヤツ)でそれを入れ替えるとかに3時間かかったりなどなかなか手強かったです。


またiPadと違ってPDF化した書類や書籍(自炊)をさくさく展開できるほどのパワーはないかな〜。
(これで自炊したマンガを読んでいるというレビューもあるので相性の良いアプリがあるかも)



いずれにせよ、
全てが価格なりの機能です。

とはいえ15,000〜20,000円程度までは許せるような感じです。




「ほう、そんな安くでAndroidタブレットが買えるんか〜」

と興味を持った方は、

『中華Pad』で検索してください。


購入はくれぐれも自己責任でお願いしますね・・・・(笑)






で、こんな商品を見て毎度思うのが、


・高コスト体質の日本の家電メーカーは今後もシンドそうだな〜

って件と、



これだけ情報端末が安価になれば、
今までちゃんとした教育を受けられなかった層や地域の人々もこんなデバイスを通じて

『世界中の”知”』

にアクセスができるんだろうな、と、

嬉しくなるとともに、
先進国民としてはやはり焦ります(^_^;)


●小学生にタブレット支給 タイ政府、中国メーカーに40万台発注
http://www.newsclip.be/news/2012511_034478.html


●アフリカで激安アンドロイド端末が急速に普及中
http://www.advertimes.com/20110902/article28129/






我々ビジネスパーソンとしては、

世界の人々(が)にインターネットとソーシャルネットで24時間365日つながれる時代になにをすべきかをゼロベース考える必要がありますね〜〜。





そんなこんなで、
8,000円ソコソコで買えるソコソコ使えるタブレット端末のご紹介でした!








以下、バックナンバーです。


【vol.1】韓国でわしも考えた
http://goo.gl/GPEM8
2010年1月
・スマートフォン時代のフラット化する世界を具体的にイメージした時の話。



【vol.25】iPhoneにしようかAndroidにしようか迷っている人のためのニュースレター
http://goo.gl/2pRNG
2010年10月
・Androidって結構いいじゃん、という話










■おまけの話


2001年頃のブロードバンド黎明期(ADSL)にはまだまだ、

ハリウッド映画をストリーミングで流す的なサービスはなく、

各プロバイダが小さく動画配信サービスをやっていたりしていたのですが、
その時に知ったジャンルが、

Short Film(ショートフィルム)です。


つまりは短編映画。


近年はそれらがYouTubeで、

しかも高画質で見られるのでこの中華Pad導入を機に
時間を見つけていろいろと見ていこうかなと思っています。



オススメを2つほどご紹介します。



1)Validation(承認)日本語字幕付きフルバージョン

"Validation(承認)" は無料駐車場の係員である青年が、人々を褒め称えることで、世界を変えていく寓話です。
全米各地の映画祭で8冠を獲得した大絶賛のショートムービー。
16分間の映像を見れ­ば、あなたも、きっと優しい気持ちになれるはず。

http://www.youtube.com/watch?v=IIBzU9V_p8w




2)The Jubilee Project
アジア系アメリカ人グループが、
人の行動をポジティブに変えられるような動画をたくさん作っています。

ポジティブかつ甘酸っぱい感じです(´∀`*)ポッ

http://www.youtube.com/user/jubileeProject?feature=g-user-s




ぜひ、皆さんも中華パッドで見てくださいね(笑)






以上、最近ちょっとずつ痩せていっていて、

今では高校時代の体重に戻ったけど、

逆に考えると高校時代からデカかったなー(笑)、

というブレイクオンスルー結城でした!


ちなみにここ1年2ヶ月くらいで、

86?→77.7kgですYO!





今後ともよろしくお願いいたしますm(__)m