空き箱

 | 

2008-10-04 University Press of Mississippiとアメリカのコミックス研究

海外のコミックス研究を知る必要性 海外のコミックス研究を知る必要性のブックマークコメント

今夏フランスのコミックス研究者、ティエリ・グルンステンの著書『線が顔になるとき―バンドデシネとグラフィックアート』(古永真一訳、人文書院刊)の翻訳が発売され、続いて近い将来同じ著者によるより包括的な研究書『マンガのシステム』の翻訳も刊行が予定されている。まだかすかな兆しのようなものに過ぎないが、これはたいへん喜ばしいことである。

私はこれまでこのような海外におけるコミックス研究や批評の水位や情報、あるいは海外のコミックスそのものを無視して成り立ってきた日本のマンガ研究・批評の現状がおかしいのだと考えている。

伊藤剛から毎度説教しているようなことをいわれて大変不本意なので再度はっきり書いておくが、そもそも具体的な実体を把握しようともせずに1、2冊本を見かけたりした程度で「日本マンガの独自性」とか「海外のコミックスが日本マンガの影響を受けている」とか本来その辺を知らなきゃいえないようなことを断言しまくってきたのは伊藤自身も含めた日本のマンガ評論家や研究者であって(具体例を挙げろといわれればいくらでも挙げられるが、夏目房之介大塚英志岡田斗司夫宮本大人米澤嘉博他、たいていの論者がやってきたことなので例示自体がほとんど無意味である)自分たちが「すでにいってきた」ことなんだから、現在知らないことが問題なのは当たり前である。オレが彼にいったことなど問題ではないのだ。

そもそも私は日本マンガ学会が設立時に「マンガを総合的に研究する学会は世界初だ」などという戯けたことをいっていた事実に対して深い不信感を持っている。私の知る限りでは70年代末にはフランスにコミックス研究組織は存在していたし(しかもこの事実に関してはマンガ学会理事である小野耕世が当時ちゃんとテキストを書いている)、アメリカでは80年代から草の根レベルで立ち上がり、90年代はじめにはアカデミックにオーソライズされた組織が活動をはじめている。韓国でも90年代半ばにはマンガ学会が立ち上がっていた。

つまり、フランスから約20年、アメリカから10年、韓国からも5年は遅い2001年設立の学会を「世界初」と謳っていたわけで、これを恥としないのは厚顔というべきである。その後実際に学会運営をはじめて具体的な海外との交流ができてからはさすがにこのバカな言明はやめたらしいが、いっていた事実は残る。

 

要するに私が日本の研究者や批評家全般(ブログ論壇みたいな在野のものを含む)に対して求めているのは

「どうこういいたいなら(そのいいたいことについて)最低限知るべきことを知ってからいってくれ」

という以上でも以下でもない。

つまり「日本マンガの独自性」なり「優越性」なりを説きたいなら具体的に海外のコミックスなりBDなりマンファなりと比べたうえで語るべきだし、影響関係を検証したいなら影響を与えたものと与えられたものを特定したうえで傍証を提示しないと検証にならない。

仮にこれを過大な要求だというのなら、私はそのようにいう人物の発言を聞く必要性を単に感じない。事実をもとにせず思い込みを語るだけでは仮にいってることが意見としては妥当だったとしても実際にはテキトーにデタラメをいってるのと大差ないからだ。

 

では、私は「自分は知っている」と主張したいのかといえば、それも微妙に違う。なぜなら私は自分がアメリカに限ったとしても「コミックス研究」の動向や実態について包括的に語れるほど知っているとは思っていないからだ。

知識も情報もゼロの人間と比較して多少知っていたからといってそれはイコール語れるほど「知っている」ことにはならない。

具体的にいえば英米のコミックス研究には大雑把にいって美術史系の流れとカルチャラルスタディーズの影響を受けたメディア論などの社会学系の流れがある。これらの研究を研究として把握するのなら本来その背後にある美術史やカルチャラルスタディーズに関する知見が必要とされるが、私自身にはそうした専門研究の訓練や知識が不足している。

特に社会学系の流れに関しては国内のマンガやアニメについては自身の社会学系の知見を根拠に論じてみせる論者がいくたりもいる(例としては上野俊哉金田淳子森川嘉一郎など)にもかかわらず欧米のこうした動きに対しては興味を持つ気配すらないのはどう考えてもおかしな話である(特にカルチャラルスタディーズの日本への紹介者である上野俊哉が『新現実』の座談会にマンガ研究とは縁もゆかりもないジャパノロジストを呼んで「欧米にはマンガ研究は存在しない」といわせていたのに対しては呆れるのを通り越して怒りを感じた)。

そもそも彼らのような職業研究者が私のような在野の人間より欧米の研究動向について知らないのはそれ自体恥とすべきことではないのか。

英米の研究動向の整理 英米の研究動向の整理のブックマークコメント

で、本来それをやっていてしかるべき人間が欧米の研究の存在すら知ろうともしないから仕方なく個人で試行錯誤を続けてきたわけだが、最近ようやく英米のコミックス研究の流れについて少しずつ目鼻がついてきた。

その重要な成果のひとつが論文での引用頻度などからアメリカでコミックス研究が本格化した90年前後に発表され、以後の研究の流れを決定付けたと思われる重要論文と目していた三冊の研究書

Joseph Witek『Comic Books as History』(University Press of Mississippi刊、1989年)

M. Thomas Inge『Comics as Culture』(University Press of Mississippi刊、1990年)

Martin Barker『Comics: ideology, power & the critics』(Manchester University Press刊、1989年)

がようやく手許に揃ったことで、これで90年ごろにアメリカでなにが起こっていたかについてようやくきちんと検討することができる。

 

アメリカのコミックス研究はコミックストリップ研究とコミックブック研究がはっきり分かれている。もちろん本によっては両方扱っているのだが、このふたつのメディアは文化的な位置付けが異なるため研究の対象と考えられはじめた時期そのものが異なっているからだ。コミックストリップに関しての研究は古くは40年代から存在し、Coulton Waughの『The Comics』などその頃からまじめなアートフォームとして研究の対象とされてきた。いっぽうコミックブックの研究は50年代半ばのコミックスファンダム形成とともにファン主導ではじまったものであり、現実問題として90年代も後半になるまでコミックステーマの「Book」として出版されるものの主流は批評や研究書ではなく、Mike BentonやRon Goulartのようなコレクターやマニアがコミックスファン向けに書いたガイドブックの類だった。現在ではコミックブック論の先駆とされるJules Feifferの『The Great Comic Book Heroes』(1965年)も基本的にはノスタルジックなファン向けのエッセイである。私見ではコミックブックをおもな対象とする「Comics」をテーマにしたアカデミックな研究書が急増したのは98年ごろからで、以降Amy Nyberg『Seal of Approval』、Matt Pustz『Fanboy and True Believers』、Jeffrey Brown『Black Super Heroes』辺りを皮切りに2000年代に入るとアカデミックな研究書の出版が急増する。

以後のこうした動きを準備したと個人的に目しているのが先に挙げた三冊であり、こういうものが出てきた背景としては1986年からのコミックスブーム、イギリスでのカルチャラルスタディーズの流行とそのアメリカへの輸入、アメリカンスタディーズへの関心の高まり、インターネットの普及などに伴うメディア論と新しいコミュニティー論への社会学方向での需要辺りがあるんじゃないか、という仮説を個人的には立てている。まあ、その辺専門知識がないので仮説以上のものになるとも思っていないのは上記した通り。

そしてここに挙げた90年代アメリカのアカデミックなコミックス研究のメルクマールになったと思われるほとんどのものがじつは同じ出版社から発売されたものなのである。

それが現在のアメリカのコミックス研究の礎を築いたともいえる出版社University Press of Mississippi(UPM)だ。

最近得た重要な知見のもうひとつがこのUPMにおけるコミックス研究ラインの成り立ちを当事者が語ってくれたJeet Heerのブログエントリ「The Rise of Comics Scholarship: the Role of University Press of Mississippi」だった。

コミックス研究の誕生 コミックス研究の誕生のブックマークコメント

このブログの作者Jeet Heerは新聞や雑誌などに発表されたマクルーハンウンベルト・エーコといった著名な言論人によるコミックス論を集めたアンソロジー『Arguing Comics』の編者のひとりであり、12月に発売予定の『A Comics Studies Reader』の編著者のひとりでもある研究者、ジャーナリストであり、このエントリはUniversity Press of Mississippiでコミックス研究ラインを立ち上げたacquisition editor、Seetha Srinivasanにインタビューしたもの。先に述べた90年ごろのアメリカにおけるコミックス研究ルネッサンスについての貴重な傍証となる証言である。

Heer自身より翻訳の許可をもらったため、以下に全訳を公開する。

「コミックス研究の誕生:University Press of Mississippiが果たした役割」

研究は離れた街や大学の片隅など、しばしば思いもかけないところに花開くものだ。いくつかの理由からセントルイストマス・アクィナス研究のメッカとなり、ノヴァスコシア州ハリファックスは現代のヘーゲル研究者たちの故郷となっている。1960年代のサンディエゴは西側マルクス研究のかつてない母体だった(ジャン・ボードリヤール、マンフレッド・タフーリ、フレデリック・ジェームソン、ヘルベルト・マルクーゼらがそこで暮していた)。

同様にコミックス研究の歴史が書かれる際にはミシシッピ州ジャクソンの何人かの編集者たちの仕事に対してその紙幅が割かれることになるだろう。そこはUniversity Press of Mississippi (UPM)のホームタウンであり、この二十年近くのあいだコミックス研究の最前線であり続けてきた。1990年代以前にはコミックス研究はいまあるような形では存在していなかった、そのかわり多くの異なった方法論(美術史、メディア論、そして心理学)で書かれたいくつもの本があちらこちらにただ点在していた。UPMの達成はただコミックスに関する多くの本を出版したというだけではなく、それらをひとつに集めてコミックス研究という実体を与え、研究者たちがそのアイディアや議論を参照し合い共有できる一貫した方法論を確立したことにある。(もっとも私自身、UPMからケント・ワーセスターとの二冊の共編著『Arguing Comics: Literary Masters on a Popular Medium』と出版予定の『Comics Studies Reader』を出しているため公正中立なオブザーバーの立場ではないという点はつけ加えておく)

最近になって他の大学出版局(特にイェール、シカゴ、そしてトロント)もコミックスに関する研究書の出版をはじめたが、依然としてUPMがその最前線に位置し続けていることには疑問の余地がない。UPMの貢献度を測るには彼らの出版物の多くがアカデミズムを超え、メインストリームメディアの注目を集めている点を見ればいい、デヴィッド・クンズルのルドルフ・テプフェールの伝記(この本には多くのテプフェールの作品が翻訳され、収録されている)は『New Yorker』、『Bookforum』、『Harper's』の各誌で好意的な書評が掲載され、『New Yorker』はまたバート・ビーティーの『Frederic Wertham and Critique of Mass Culture』にも言及している。『Arguing Comics』は『New York Review of Books』で取り上げられた。

ではUPMによるこのコミックス研究のかがり火はいかにして掲げられたのだろうか? 1980年代半ばUPMの公募編集者のひとりだったシーサ・スリニヴァサンは「South Atlantic Modern Language Association」のミーティングに赴き、彼女はそこでコミックス研究に関心を持つ英語教授M.トーマス・インゲと出会った。インゲは彼女にUPM は出版社としての方向性を明確化すべきだと語り、アメリカンポピュラーカルチャーをカバーするように示唆した。1987年にはインゲのコミックスへの強い情熱に動かされスリニヴァサンは彼とともに同社のコミックス研究書ラインを築きはじめる、まずジョセフ・ウィテックの先駆的な論文『Comic Books as History』、そしてインゲ自身のコミックス関連エッセイを集めた『Comics as Culture』がスタートラインナップだった。

スリニヴァサンとインゲはラインを継続していくにあたって多面的なアプローチをとることにした。彼らは古典的なテキストの再販をおこない(コールトン・ウォーの『The Comics』、様々な論者によるコミックス論を集めた『Arguing Comics』など)、若手研究者たちの単独論文を出版した。それまではファンジンでしか書いていなかったが理論的に重要な書き手に著作を公表する機会を与え(R.C.ハーヴェイ)、他国の研究の翻訳をおこなった(たとえばテプフェールのコミックスがそれだ)。そして特定のキークリエイターに焦点を当てた研究 (代表的なのはアート・スピーゲルマン、ロバート・クラム、スタン・リーといったクリエイターたちへの単独インタビューをそれぞれ書籍化した「Conversations」シリーズ)。スリニヴァサンとインゲはこうした将来を見据えた多様なアプローチでUPMの出版リストを構築し、それまでは実体のはっきりしなかったコミックス研究のありかたに一貫したすじみちを与えた。

シーサ・スリニヴァサンは先ごろ長かったUPMでのつとめから退いた。私はこれは彼女にUPMでの仕事についてちょっとした質問をするにはいい機会ではないかと考えた。

ジート:最近はいくつかの出版社がコミックスに首を突っ込んでくるようになったけれど、UPMはこの分野のパイオニアでありもっとも強力なコミックスに関する研究文献の刊行リストを築き上げてきた出版社だと思います。カタログを見る限りではもともとUPMはアメリカのフォークカルチャーとポピュラーカルチャー(特にアメリカ南部とアフリカンアメリカンのそれ)に主要な興味があったのだと思いますが、このフォークおよびポップカルチャーへの関心を拡大したものがコミックス研究のホームとしてのUPMをつくりあげたのでしょうか?

シーサ:UPMがポピュラーカルチャーシリーズを立ち上げたときは誰も彼もがポップカルチャー研究の話をするのに夢中になっていた時期だったの。私たちの叢書はそのカテゴリーの中に音楽、ユーモア、旅なんてものまでを含めていました。コミックス研究が強調されることになったのはトム・インゲの「コミックスはその価値に見合ったまじめな関心を払われてこなかったポピュラーカルチャーの重要な一部である」という長年に渡る強固な確信に由来するものです。トムは同じような関心を持つ研究者たちを知っていて、私たちがこの企画をはじめたとき彼らをUPMに向かわせてくれました。刊行点数が増えていくにつれ、UPMのポピュラーカルチャータイトルは地方文化の研究など他の分野のタイトルとテーマ的な交錯を起こすようになりました。そしてそうしたすべてが互いにサポートし合い素晴らしいシナジー効果を生んでくれているのです。たとえばUPMの映画論と映画作家の伝記を集めたシリーズはファン的な愛情を込めて書かれていますが、同時にそれらをポピュラーカルチャーとして対象化しています。『Voodoo Queen: The Spirited Lives of Marie Laveau』のような本はどうでしょう、あれはポピュラーカルチャーの本でしょうか、それともフォークロア、地方文化論? そのすべてでありながらそれ以上であるような本、そういうものが私たちがミシシッピで出版しようと試みたものです。

ジート:トム・インゲの役割についてもう少し話してもらえますか?

シーサ:私の考えではトム・インゲこそ私たちの叢書をつくりあげてくれたひとだと思います。私にはアイディアがありましたが、彼の知識と人脈がなければそれを実現することはできなかったでしょう。トムは自分と同世代のコミックスに関心の高い研究者を知っていただけではなく、より若い世代の研究者たちの指導者でもありました。彼はそれらを私たちの会社と結び付けてくれたのです、そのおかげで私たちは彼らの仕事を出版することができました。

ジート:UPMがおもしろいのはそれが先駆的なものだったところです、当時(1990年)のコミックスに関する出版物としてはコミックス研究はまだ生れたばかりの雛鳥のようなものにすぎませんでした。この最初の時期にあなたとトムはアカデミー外部の書き手を用いたり(私はここでR.C.ハーヴェイのいくつかのすぐれた仕事のことを考えていた)、古典的な研究書(バーガーのアル・キャップ論、ウォーの初期コミックス論)の復刻をおこなったりした。このためUPMは文学研究がすでに癒着していたその出発時にコミックス研究に健全なプラットフォームを築こうとしていたように思えます。これは当時の状況とあなたがたの考えに対する妥当な解釈でしょうか?

シーサ:コミックス研究の出版を決めると同時に、たしかに私たちは自分たちの刊行予定リストに入手可能な絶版書籍を含めることを試みました。おわかりのようにこれは特定分野に力を入れ、自分たちのブランドを構築しようとしている出版社としては珍しい試みでした。またUPMではアカデミー外の書き手の本の出版にも門戸を開きました。すべての原稿は私たちの標準的な査定と承認手続きによって審査され、それをパスすれば書き手の立場は問いません。

ジート:あなたのお書きになった『International Journal of Comic Art』の記事によれば、コミックス研究に対しては抵抗もあったとのことですが、出版にまつわる困難と実際にこの分野の書き手と接してみた感想に即してその部分をもう少し教えていただけますか? この分野に関してはコピーライトとアートや記事の引用の難しさもあると思いますが。

シーサ:私たちの著者ひとりから彼の学位論文の課題が卒業式で発表されると出席者のあいだから嘲笑の声があがったと聞きました、彼はその後自分のテーマを受け入れてもらうためにひどい苦労をしなければなりませんでした。かつて原稿に関する会議の席で私はその本の著者になぜ彼の分析でコミックスの要素は理論的な解析部分のみに結びつけれれ、主題そのものと関連付けて論じられていないのかと尋ねたことがあります。彼は私にその本の原稿ではそうした要素は「よけて」おかないと彼の主題自体が研究にはふさわしくないと考えられ研究論文としては扱ってもらえなくなると確信していると語りました。けれど、私の観点ではこうした障害はコミックス研究者の増加によって取り払われつつあると思います。また、私はUPMの編集委員の何人かからも「UPMがコミックスに関する本の版元としてしられていいのか?」といった疑念があがり、抵抗があったこともいっておきます。しかし、そこでいわれる「研究出版としてのふさわしさ」とはなんでしょうか? 最初のタイトルを出版するためには、彼らの信ずるところにしたがってコミックスが持つ文化における中心的な役割を納得してもらい、リスクを背負うことを納得してもらわねばなりませんでした。その後彼らもまた自分たちのこの分野の研究の価値に関する思い込みが間違いだったことを認めてくれるようになったのです。

いままでのところ私たちは図版等の引用に関しては深刻なトラブルになっていません。ディズニーでさえ、返答待ちの長い時間とそれなりの支払いをしたうえとはいえ許可をしてくれています。私たちは著者に対しては図版の使用は議論のうえでどうしても必要なものに限り、見た目を飾るためのものにしないようにとアドバイスすることにしています。この方針は私たちと権利保持者の関係を良好に保つための助けになってくれているでしょう。

ジート:いっぽうUPMのコミックス分野の出版物が興味深いのはそれらの多くがメインストリームの、アカデミズム外のメディアで取り上げられていることです(『The New Yorker』、『Bookforum』、そしてコミックスプレス)。アカデミックコミュニティー外の関心を引き起こすためにどのような挑戦をし、結果としてどういう反響がありましたか?

シーサ:UPMのコミックス研究書に対してメインストリームメディアが反応してくれるようになったのは最近のことです。ウチの本はやはり主としてコミックス研究に関連したメディアで論じられています。おもしろいのはコミックス自体がメインストリームメディアで取り上げられるようになったことで、それでもやはり『New York Times』の日曜版別冊付録で毎週コミックスが取り上げられるようなことにはなっていない。メインストリームメディアがUPMのコミックス研究書を取り上げてくれるのはなんらかの努力の結果というよりそれ自体がその研究の重要性の証明であり、最高のご褒美だと思っています。私たちの挑戦は自分たちの本がちゃんと手に入るようにすること、ほとんどの研究書が適切な値引率で書店の店頭に置かれ、インターネット書店でもちゃんと手に入るようにすること、もちろんレビューは歓迎します。だけど自分たちの本が『Harper’s』やなにかでレビューされるにはどうすればいいかなんて、別な話じゃないかしら?

(「The Rise of Comics Scholarship: the Role of University Press of Mississippi」、Jeet Heer、http://sanseverything.wordpress.com/2008/08/02/the-rise-of-comics-scholarship-the-role-of-university-press-of-mississippi/

文中で述べられるトーマス・インゲは現在のアメリカでもっとも活発にコミックス研究活動をおこなっている学会PCA/ACA「Comic Art & Comics」部会設立の中心メンバーで研究助成金制度「M. Thomas Inge Award」にも名を使われているアメリカコミックス研究の最大の功労者のひとり。文中でも述べられているように先に挙げた『Comics as Culture』の著者である。

前述したアメリカコミック研究史の傍証としてのみならず、このテキストは研究や批評における出版社の役割などさまざまなことを考えさせてくれるものだと思う。

 Toshiya the tribal Toshiya the tribal 2008/10/04 12:57 上野俊哉です。
日本のマンガとコミックスはとりあえず分けて考えています。マンガとコミックスは同じではないし、コミックス研究があるから、欧米の文化研究にすでにマンガ研究があるということにもなりません。日本の、あるいは日本的スタイルのマンガが、文化研究、地域研究、東アジア研究、映画研究などで、どのようにあつかわれているか、ということをふまえたのがラマールさんたちの発言で、とくに「欧米にマンガ研究は存在しない」というわけではない。それほど知的に怠慢なことをしていることにはならないかと存じます。コミックス研究の蓄積については勉強になります。時間の限界上、またマンガについて論じはしますが、マンガ研究者でもないので、全てをフォローはできませんし、する気もありません。伊藤さんの本などは、あっちの大学でマンガのことを英語でしゃべるときには重宝してます。それ以外の細かい論争には介入しませんが。

boxmanboxman 2008/10/04 13:25 返答ありがとうございます。
ただ、残念ですが、
>それほど知的に怠慢なことをしていることにはならない
というのには首肯できません。すでにフレッド・ショットの『ニッポンマンガ論』の翻訳が出版されている状況で「欧米の文化研究にすでにマンガ研究があるということにもなりません」というのははっきり認識がおかしいと思います。また文化、東アジア、映画研究でマンガ研究が存在するのはジョン・レントに関するリンク先で提示しており、私は事実認識として単に間違っていると考えます。
ついでに私の論点はたとえば「日本マンガ・アニメの独自性」を論じるためには「海外の状況を知っていること」は単に必要条件だ、というものですので、そういう類の議論さえなされなければ個人的にはまったく問題を感じません。

 Toshiya the tribal Toshiya the tribal 2008/10/04 13:56 マンガ研究が学派やシーンとしては層がうすい、あるいは東アジア研究で目立たないということと、欧米における個々のマンガ研究の存在は別のことがらですね。その意味で、ラマールさんらが責められる謂れはないだろう、という意味でした。
「日本のマンガやアニメの独自性」については、そんなものはない、あるいそれを明らかにすることに意義を感じないので、そもそもこちらもそうした議論には関係ないですね。ということで、互いに何も迷惑はかけずに、遠隔共生できるということで。

boxmanboxman 2008/10/04 14:55 >ラマールさんらが責められる謂れはないだろう
私があの座談会に対して批判してるのはラマール氏たちではなく、彼らをチョイスした上野さんと大塚さんです。そもそもマンガ研究に詳しくない人たちを呼んで「いわせている」から問題だといっているのであって、ショットなりスーザン・ネイピアなり、ジャクリーヌ・ベルントなりと話していればおのずと違ったはずです。
>「日本のマンガやアニメの独自性」については、そんなものはない、あるいそれを明らかにすることに意義を感じない
これは若干意外でしたが、そう言明していただけるのは大変助かります。

Toshiya the tribalToshiya the tribal 2008/10/04 15:55 わたしにとって問題は、(1)研究対象としてのみならず、自分もマンガやアニメがすきでよく見たり、集めたりしているオタク的要素のある研究者に、北米大陸でのマンガやアニメをめぐる言説状況を語ってもらうこと。(2)マンガやアニメの物語やナラティヴ形式を批判理論や思想との横断性において理論的に語る者、およびその研究領域を知っている、あるいは担っている者、という基準が、大事でした。スーザンは知り合いで、なかなかのオタクでもありますが、イデオロギー分析は弱い、あるいは問題にしていない。ベルントさんの最近の仕事は知りません。いいですか? ポイントはマンガ研究でもアニメ研究でもなく、「新現実」でのあの特集では、どのような言説状況やイデオロギーが、日本研究や東アジア研究の理論や概念、スクールやシーンと分節しあっているか、ということの分析でした。マンガ研究とかコミックス研究という学問のナワバリはオハナシの外だし、大塚さんもぼくも関心がない。日本のアニメやマンガが独自だと言ったことも、書いたこともありません。ですので、そもそも批判される謂れがないのです。

boxmanboxman 2008/10/04 17:08 事実に即してお答えしますが、すでに02年から「MANGA」がブームになっており新聞記事レベルでもマンガが論じられる状況になっていた07年の状況で北米の言説状況についてああした返答をしている時点で彼らは(1)については失格していますし、(2)については慣れ親しんでいる(はず)の自国のコミックス研究にすら関心がなさげな彼らが「マンガやアニメの物語やナラティヴ形式を批判理論や思想との横断性において理論的に語る者」だという判断は解せない、といっておきます。私は「学問のナワバリ」の話などいっさいしていません。単に「知らないことは語れない」といっているだけです。

Toshiya the tribalToshiya the tribal 2008/10/04 21:35 なるほど、初手から論点も関心もずれている理由、誤解されてお怒りの根拠がすこし見えました。「知らないことをいつのまにかいっている」、これがアルチュセールを模範とするわたしのイデオロギー分析のカギであり、そこらのサヨとか、イデオロギー的、政治的、左翼的にサブカルやポピュラー文化を論じるゴミのようなカルスタとわたしがとっぱずれている点でもあります。マンガとアニメの物質性には関心をもちます。しかし言説ジャンル内の歴史的事実や、ジャンルの表現の形式ではなく、「知らないことをいつのまにか語って表現してしまう」イデオロギーたナラティヴの次元から、アニメを見たり、マンガを読んだりする視点からは、ラマールさんたちの発言や発想は、わたしにとっては過去に知るベルントさんの仕事や、知人でもあるスーザンの研究よりも、この次元では有益だったということです。この態度が、何か、マンガ研究やコミックス研究やそれに従事する方々を傷つけ、冒涜し、舐めていると見られるとしたら、致し方ありません。あまり、有益な議論は成立しないと思います。まあ、あとは理論のモードについての好き嫌いでしかない。

横レス申し訳ない横レス申し訳ない 2008/10/04 22:27 横からですが気になったので失礼します。
>日本のマンガとコミックスはとりあえず分けて考えています。
>マンガとコミックスは同じではないし、コミックス研究があるから、欧米の文化研究にすでにマンガ研究があるということにもなりません。
マンガは日本のコミックスではないし、コミックスは欧米のマンガではない、と考えている

>「日本のマンガやアニメの独自性」については、そんなものはない、あるいそれを明らかにすることに意義を感じない
>日本のアニメやマンガが独自だと言ったことも、書いたこともありません。
日本のマンガは世界のマンガの中で独自だとは主張していない

よく意味がわかりません

MDMD 2008/10/05 09:15 うーん実は『戦争はいかに「マンガ」を変えるか』も同じ穴の狢って気が前からします。
「サブカルに政治を持ち込むな」というメッセージがあの本で訴えられていましたが
その根拠がなぜか手塚治虫なんですよね。
著者そのひとが日本的思考枠に縛られているのです。
ここがあの本の限界だと思いました。(何でみんなもっとココを突っ込まないんだろう)

それからこれまでの日本のマンガ研究者を名指しで批判していますが
小田切さんご自身が「日本の戦後マンガと戦前マンガの断絶と連結」という視点を
宮本さんの論考から得たのではないのですか。
こういう断罪の仕方をすると、今度は

>自分たちが「すでにいってきた」ことなんだから、現在知らないことが問題なのは当たり前である。オレが彼にいったことなど問題ではないのだ。

という発言に返ってくるように思います。
小田切さんご自身が

>じつは私は『戦争はいかに「マンガ」を変えるか』を「これはマンガ批評として書かざるを得ない」と
決めるまでたいしてマンガ批評を読んでいなかった。
書くのに必要だと思ったから2002年辺りから体系的にこの分野のテキストを読んだのであって、
それまでは夏目さんの『手塚治虫はどこにいる』すら
読んでいなかったのだ。

と述べておられますね。(2008年6月8日)
学術的批判と断罪は違います。ご自分の論考が世に出る前の研究を
「無知」と切り倒すのは「あとだしジャンケン」と言います。
まず先行研究に対する敬意はきちんと払うべきです。

だいたい伊藤さんのブログも拝見しましが、どこにお怒りなのか分かりません。
フランスの事情についてよく知らないという点では
(今日のエントリではっきり宣言していますね)
小田切さんも日本の他のマンガ研究者と大差ありませんよ。
海外との比較研究の重要性をずっと以前から主張してきたという矜持は理解しますが
「海外目線という問題意識を口にする資格があるのは俺だけだ!」と言わんばかりの
大仰さは傍から眺めていて薄気味悪いです。

boxmanboxman 2008/10/05 09:37 >MDさん
なにをおっしゃりたいのかわかりません。
私は国内の批評研究について
「必要だから読んだ」
といっているのであって、これはむしろ国内の研究者が海外の状況を
「必要なのに参照しない」
ことを批判する根拠としていっています。
単に必要なら調べればいいのです。
私は国内の先行研究に対しては知る必要を感じたし、敬意を払っているので自分で調べました。
対して小野耕世のテキストすらまともに参照されていないこれまでのマンガ批評の現状を批判するのは私の感覚では自然なことです。

>「サブカルに政治を持ち込むな」
私はあの本にそんなことは書いていません。それはあなたの解釈です。
これとと同様に
「海外目線という問題意識を口にする資格があるのは俺だけだ!」
というのもあなたの解釈にすぎません。
解釈はご自由になさってけっこうですが、テキストとしてはそれと真逆のことしか書いてありません。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/boxman/20081004
 |