bqsfgameの日記

2012-01-31 B級SFゲーム検定 前編

「最近、B級SFゲーム分科会らしいことしてませんね」と、とある方に言われたので‥(^_^;

第1問

このゲームは、最初はSPIから出版されました。好評だったため、AH社がライセンスを取得してマップをハードボードにして再版しました。有名なSF映画を題材にしていますが、高額のライセンス料を払えず独自設定と言うことになっています。もっとも有名な古典SFゲームの一つです。

第2問

このゲームは、巨大な銀河帝国と遭遇した新興勢力である地球が何次にも渡る戦争を戦い抜きます。銀河帝国側は強大な勢力ですが、帝国プレイヤーの立場は辺境司令官なので、中央の帝国のご機嫌を伺いながら戦争を進めていくことになります。これも、もっとも有名な古典SFゲームの一つです。

第3問

このゲームは、闇社会から世界支配を目論む諸勢力の戦いを描いたゲームです。幾度も再版を繰り返し、トレーディングカードゲームブームの時にはトレーディングカードゲーム版も登場しました。SFマガジンで紹介されたことからSF小説ファンの間では古くから有名なゲームでした。

第4問

このゲームは、ゲームルールの前提を破壊するほど強力な特殊ルールを持つエイリアン同士が戦う当時としては極めて斬新なメタルールを持ったゲームでした。最初は小メーカーから発売され、英語版だけでも多くの会社から発売されました。日本語版も発売されたことがあります。

第5問

このゲームは、非常に有名なSF小説を原作にしています。この原作小説は日本の非常に有名なアニメーションにも大きな影響を与えたことで知られています。戦術級ゲームなのでルールが複雑で、そのため段階的に学習する方式になっていました。これは後の「スコードリーダー」に受け継がれています。