bqsfgameの日記

2014-10-19 大戦略・南北戦争のルールを読む

bqsfgame2014-10-19

ビクトリーゲームズの最初の3作品の1つである「大戦略・南北戦争」です。

SPI末期に完成に近い状態だったと思われる作品群は、TSR−SPIと、VGに分裂して発表されましたが、そのVG側作品。他には「ガルフストライク」と「ヘルズハイウェイ」がありました。

南北戦争キャンペーンゲームの決定版で、これを和訳付きで流通したのはHJのグッドジョブだったと改めて思います。

南北戦争キャンペーンゲームとしては、AH末期のハーマンのカードドリブン「フォーザピープル」が出ました。これによって置換されたと言う意見もありますが、AH危機の関係で完成度が低く、結局、GMT版、さらにGMTの第2版(実質的な第3版)まで行かないと完成形に至りません。ですので、本ゲームは20年以上に渡って南北戦争キャンペーンの孤高の存在だったと言えます。結局、その頃には「大戦略・南北戦争」の入手はもちろん、存在すら忘れられていたかも知れません(苦笑)。

南北戦争のキャンペーンとしては、他にも「ウォーフォーザユニオン」とか、「ウォービトウィーンザステイツ」とかもありましたし、日本では旧版GJに国産作品がありました。その意味では、ライヴァルはいたのですが、やはりビクトリーが格上だった印象です。もっとも他をプレイしていないのですが‥(^_^;

東部戦線重視と、マクレラン軽視

「大戦略南北戦争」の問題点としては、こちらの記事が興味深いです。

http://www.geocities.jp/aokigaryou/zakki/tcwmac.html

南北戦争では、東部戦線の激闘が著名で、中でも序盤戦のマクレランの臆病癖が問題視されています。本ゲームでは、そうした世間的な印象に沿った評価になっているのですが、実際に戦闘システムで検証すると過剰に弱くレーティングされていると言うのです。

実は、「フォーザピープル」では、逆に南軍最強トリオ(ボビー、ジャクソン、ロングストリート)の能力が過剰に強くレーティングされている印象があり、その結果、ワシントンが落ちちゃうと言うのが発売当時に激論になりました。

マクレランが弱いにせよ、ボビーたちが強いにせよ、二大南北戦争ゲームの両方で、東部戦線でワシントンが危機にあり、結果として北軍は動員兵を東部に集中して守らざるを得ず、その帰結として西部戦線が軽視されたと言うのが80年代から20年間くらいの南北戦争ゲーム観だったと思います。

この東部重視史観に楔を打ち込んだのが、コンパスゲームズの「プライスオブフリーダム」だと言う話しは、去年さかんにアピールした通りです。

ただ、今回ルールを読んでみると、「大戦略・南北戦争」のルールには、ミシシッピ川の北軍支配による南部の東西分断ペナルティが厳しく設定されており、漠然と記憶していたイメージ程に東部重視でもないかと思い直している所です。実際にプレイした時に、北軍がミシシッピにリソースを投入できる時期がどの辺になるか検証してみないといけませんが‥。