bqsfgameの日記

2018-02-11 スペイン副王領

bqsfgame2018-02-11

グエラアムエルテの史実を俯瞰する上で重要な概念として、スペイン副王領があります。スペインは、中南米に広大な植民地を持っていましたが、これは4つの副王領に分かれていました。設立順に見ましょう。

ヌエバ・エスパーニャは、北米から中米に掛けての副王領で、フロリダ、テキサス、カリフォルニアからメキシコを経てグアテマラまで。また、フィリピンもこの範疇に含まれていましたから太平洋を囲んで広大な領土です。首都はメキシコシティに置かれていました。

ペルー副王領は、上記と同じく16世紀に定められたもので、その時点での南米のスペイン領土全てから成ります。後に、下記2つの副王領が分割されて範囲が狭くなりました。首都は、最初はリマではなくクスコでした。

ヌエバグラナダ副王領は、コロンビア、エクアドル、ヴェネズエラにパナマを加えた範囲になります。首都はサンタフェ。後に建国された大コロンビアに相当します。

リオデラプラタ副王領。ゲームのタイトルで聞いた名前です。

http://d.hatena.ne.jp/bqsfgame/20110802

アルゼンチン、ウルグアイ、パラグアイボリビアに相当します。首都は、最初はブエノスアイレスでした。

こうして見ると、おかしなことに気付きます。そうです、チリが抜けているのです。チリは、ラプラタ副王領が分割された時に、ペルー副王領とは地続きでなくなったので、どちらかと言えばラプラタ副王領の一部と見なされたようですが、実体はなかったようです。当時のチリ領土は、マプーチェ人が実効支配しておりスペイン領と呼ぶこと自体に無理があったのだそうです。スペインとマプーチェ人の戦争は、アラウコ戦争として知られています。ウィキペディアを見ると、この戦争は面白そう。でも、ゲームにはならないでしょうね。イギリスが出てくるウォーター・オブリビオーンが発売できないのに、スペイン対マプーチェではね。

最終的に、この戦争が決着した段階で、チリはペルー副王領に再編入されています。この時代から、ペルーとチリの関係は複雑なのですね。硝石戦争(太平洋戦争)に続くという感じでしょうか。

画像は、チリのアラウコ戦争の英雄、ラウタロです。