bqsfgameの日記

2018-05-22 茨城会:アイアンデブリシステムを対戦プレイする:1

takeshiさんと、シナリオ1:冥王星会戦です。

当方は地球艦隊を担当しました。

射程、装甲に勝るガミラス艦隊との対決です。

ガミラス艦隊は、まず足の速い雪風に攻撃を集中します。雪風が損傷した所で、雪風は反転撤退に掛かります。

雪風を囮にしておいて、残りの艦は左反転してガミラス艦の右側を突破しに掛かります。ガミラス艦隊は、これに対応して旋回反転、沖田艦に砲撃を集中、沖田艦はついに沈没します。沖田艦が3VPあるので、投了しようと思ったのですが、takeshiさんがまだ判りませんと言います。そんなにたくさんの辺で待ち伏せしているのでしょうか?

待伏せ気配が濃厚になったので、雪風は盤端を航行して外には出ません。残る軽巡2隻が盤外に突破し、VPを計算すると1点だけ地球艦隊の勝利でした。

うーん、練習シナリオではあるのですが、ガミラスの盤端待伏せを巡る綾が、やはりありました。沖田艦が沈み、雪風が漂流状態で、これで勝ちだと言われても納得が行きませんが、競技ゲーム上はそういうことになりました(笑)。