bqsfgameの日記

2018-07-06 フォートサムターをソロプレイする

2回目です。

だいぶ視界が効くようになりました。まずイベントカードのカラー配分を見ましたが、両軍とも同枚数なのですね。自軍が引きが良ければ相手も良いし、逆も真なり。どちらに振れるかで、大場になったり、小場になったりする訳です。

それによって、1個のコマの価値が小さくなったり、大きくなったりするので、その状況によって考え方が変わりそう。

今回は2ラウンド目から南軍が先手に変わり、最後まで南軍がリードして逃げ切りました。フォートサムターを軸とした軍備関係で常に主導権を取り続けたのが大きかったです。トークンを消費して先にクライシスに突入すると1VP失うのですが、それでも先に突入して盤面にトークンを大量展開しているメリットの方が大きい気がしますね。

両軍ともにクライシスに突入してしまうと最終ラウンドを待たずしてゲーム終了になるので、後からクライシスに突入するには、逆転できる成算が必要。これが意外と難しい。盤面のコマが足りないのですから当たり前です。それを回避して、クライシスに突入しないようにすると、コマが足りない状況が持続するので非常に辛いのです。

ですので、第一ラウンド開始時点で負けている側は既に詰んでいるパターンが結構ありそうな気もしてきました。そうなると、序盤のスタートダッシュが重要ですが、それはまぁ手札次第。そう言ってしまうと、運のゲームみたいに聞こえますが、力量が十分にある人同士では最後はそういう結論かも知れません。

それが悪いゲームであるかどうかは、まだ対戦していないのでなんとも言えません。

いずれにしても負けているゲームを延々とプレイさせられる苦しみがない短期決戦であることは間違いありません。