ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

caguirofie このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018/07/18 (Wed)

[][]faith (n.) faith (n.)を含むブックマーク

https://www.etymonline.com/word/faith

mid-13c., faith, feith, fei, fai "faithfulness to a trust or promise;

loyalty to a person; honesty, truthfulness,"

from Anglo-French and Old French feid, foi "faith, belief, trust, con-

fidence; pledge" (11c.),

from Latin fides "trust, faith, confidence, reliance, credence, belief,"

from root of fidere "to trust,"


from PIE root *bheidh- "to trust, confide, persuade."




From early 14c. as "assent of the mind to the truth of a statement for

which there is incomplete evidence," especially "belief in religious

matters" (matched with hope and charity).

Since mid-14c. in reference to the Christian church or religion;

from late 14c. in reference to any religious persuasion.


And faith is neither the submission of the reason, nor is it the accep-

tance, simply and absolutely upon testimony, of what reason cannot reach.

Faith is: the being able to cleave to a power of goodness appealing to

our higher and real self, not to our lower and apparent self.

[Matthew Arnold, "Literature & Dogma," 1873]


From late 14c. as "confidence in a person or thing with reference to

truthfulness or reliability,"

also "fidelity of one spouse to another."

Also in Middle English "a sworn oath,"

hence its frequent use in Middle English oaths and asseverations

(par ma fay, mid-13c.; bi my fay, c. 1300).

belief (n.)

https://www.etymonline.com/word/belief?ref=etymonline_crossreference

続きを読む

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/bragelone/20180718

2018/07/15 (Sun)

[]Cetacea Cetaceaを含むブックマーク

Cétacés

https://fr.wikipedia.org/wiki/Cetacea

Classification

Règne Animalia

Embranchement Chordata

Sous-embr. Vertebrata

Classe Mammalia

Infra-classe Placentalia

Super-ordre Laurasiatheria

Ordre Cetartiodactyla

Sous-ordre Cetancodonta

Ordre ou Infra-ordre


Les cétacés (Cetacea) forment un infra-ordre de mammifères aquatiques nocturnes.

(Zoologie) Qui a la forme de poissons, en parlant de grands mammifères, tels que les baleines, les dauphins, etc.


Étymologie

Du latin cetus avec le suffixe -acé.

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/bragelone/20180715

2018/07/12 (Thu)

f:id:bragelone:20170922060306j:image:w640:right

[][]終身刑ではなぜダメなのか ある無期懲役囚の主張 終身刑ではなぜダメなのか ある無期懲役囚の主張を含むブックマーク

7/12(木) 7:31配信 デイリー新潮

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180712-00545231-shincho-soci

終身刑では反省しない

死刑が反省のきっかけに

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/bragelone/20180712

2018/07/10 (Tue)

* 
*を含むブックマーク


「落ちる」ってどういうこと(・・? [ひとこと言わねば]

https://nekodamashi-math.blog.so-net.ne.jp/2018-07-08-2

ブラゲロから次のような質問をいただいた。

☆ 人工衛星が 地球の周りを回るときは 自然の落下に任せているのではないですか?

もしそうなら その中で 石も衛星と同じように 落ちているのでは?


「落ちるとは何か、どのような現象か」という非常に難しい質問だな〜。

普通、物理などでは、

人工衛星にはたらく遠心力地球人工衛星を引っ張る力、すなわち、万有引力釣り合っているから、人工衛星地球に落ちることがなく、いつまでも、円軌道をえがきつづける

と答えるんだろうが・・・。

続きを読む

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/bragelone/20180710

2018/07/09 (Mon)

[]stock stockを含むブックマーク

Meaning "broth made by boiling meat or vegetables" is from 1764

煮汁;だし汁= broth

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/bragelone/20180709

2018/07/06 (Fri)

[]*pau- (1) *pau- (1)を含むブックマーク

https://www.etymonline.com/word/*pau-?ref=etymonline_crossreference


Proto-Indo-European root meaning "few, little."

It forms all or part of:

catchpoll;

encyclopedia;

filly;

foal;

few;

hypnopedia;

impoverish;

続きを読む

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/bragelone/20180706

2018/07/04 (Wed)

[][]イエス・キリストは 特異点である。か? イエス・キリストは 特異点である。か?を含むブックマーク

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/10590956.html

タトへの問題ですが 尋ねて見ます。

 

はりつけの姿が 生死あるいは因果律から自由である。か?

経験合理性といった判断の基準から自由であり それによる

認識を超える一点を成している。か?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/bragelone/20180704

2018/07/03 (Tue)

[][]論理的と合理的は違うと思います。 どう違うか説明してもらえますか? 論理的と合理的は違うと思います。 どう違うか説明してもらえますか?を含むブックマーク

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/10588172.html

Q&Aのもくじ:2011-03-26 - caguirofie

A№3

1. それほどの違いはないと思います。次のように 合理性のもとに論理

性が成り立っているはずです。


2. 合理性とは いま超経験の場――つまり 神――の問題を措いておく

なら 経験事象についての認識において用いられる物指しです。

3. 経験的なモノ・コトについて 間違いがなく・互いの認識内容に矛盾

がなくととのった見方と成っているとき それは 理性(感性をも含めよ)

に合っていると見なされます。



4. この合理性は――つまり 経験合理性のことですが―― 矛盾がない

と言うためには 差し詰め ふたつの条件を満たすことが求められます。

4−1. 或るモノ・コトである A について 《 A は A である》という

自己同一性をまもること。

4−2. A は 経験世界つまり時空間の中に(あるいは それ自体が 部

分的な時空間として)あるが このとき 因果関係を成しており また ほ

かのモノ・コトである B や C その他その他との相互影響の関係にある。

4−3. モノ・コトどうしの影響関係も 因果関係(縁起)と呼ぶとすれ

ば それについての法則性が認識され それは 因果律を成すと見られてい

る。

4−4. つまり 自同律と因果律とが 経験合理性の内容を成す。




5. 論理とは 世界のあらゆる事象について捉え 捉えた認識(情報)を

用いて人間が思考するとき なおもその認識や思惟の過程に 経験合理性が

つらぬかれていることを言う。

5−1. もし世界事象の中に 経験合理性なる物指しで捉えられないも

のがあったとしたら そのことの例外性について 合理的な理由を明らかに

すること。これも 論理性である。



6. 保留しておいた《超経験の場》をめぐっては どうか?

7. つまり 神論であるが 経験合理性を超えているのであるから その

神を捉えるときには 論理に飛躍が出ることをまぬかれないと考えられる。

8. 言いかえると 飛躍の出る前に合理性のゆるすかぎりで 神が何であ

るかについてあらかじめ《想定する》という方法を哲学は 用いる。

9. 仮説法(アブダクション)と言う。

10. つまり 神論を始める前に それは 《超経験の場》であるという

――合理的な――想定をおこなうということ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/bragelone/20180703

2018/07/01 (Sun)

[][]神のデザイン――絶対なる神が 相対なる人間に負けている?―― 神のデザイン――絶対なる神が 相対なる人間に負けている?――を含むブックマーク

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/10586490.html


1. 《場》が生まれる。(あるいは 元からある)。時空間として動いている。

2. 場が揺らぎ コトとしてある。

3. コトなる場が揺らぎ過ぎて 別の部分的な場が生じた。モノとして分かれる。

4. コトを起こしている場が 元の場とそこから分かれたモノとから成るように

なった。



5. 場も言ってみれば存在であるが のちに人間は そこから分かれているモノ

のほうに《有るか無い》の存在を見ようとする。

6. 人間は 場についても その知性を当てはめてそのモノとコトから成る世界

を捉える。



7. 場がゆらぐ。場が場する。世界世界する。というとき 初めの場や世界を 

《記憶》と呼ぶ。

続きを読む

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/bragelone/20180701

2018/06/28 (Thu)

[][]如是我聞:カルヴァリーのイエスとアクマ 如是我聞:カルヴァリーのイエスとアクマを含むブックマーク

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/10580274.html


1. キリスト・イエスは 要するに 人間のチカラで戦わなかった

のだと考えられます。

2. だから 十字架上に去って行ったあと 人びとの心に復活した。





3. 話の都合じょう悪魔という言葉を持ち出すなら 悪魔は イエ

スの十字架じょうの死の淵までは よう ついて来なかった。

4. それまでは イエスと同じ足取りで同じ軌跡をたどっていた。

5. イエスが何をするか 寄り添うようにしてしっかりとその行動

を追跡していたのだ。

6. ハリツケの寸前にまで影のごとく寄り添って来ていた。



7. ところが 死の淵にまでは そのみづからの能力によって つ

いて行くことが出来なかった。



8. それでこそ悪魔であった。

9. すでに死んでおり あらゆるものを否定し死にみちびく親分で

ある悪魔も 自分がふたたび死ぬことは 出来ない相談であった。

10. もしそうすれば 即座に一たんよみがえって ふつうのまと

もな存在となる。と思ったとたん 中から炉心溶融を起こして溶けて

行ってしまうとちゃんと知っていた。

続きを読む

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/bragelone/20180628

2018/06/25 (Mon)

[][] を含むブックマーク

 ◇ ねむりねこ 2018/06/27 18:32

こんばんは。

以下のサイトに、古代ギリシアにおける愛を表す語とその意味、ならびに、その解説が出ているようです。

古代ギリシアにおける四つの愛の概念の違い、エロスとフィリアとアガペーとストルゲー

https://information-station.xyz/5589.html = ▲

 ☆ bragelone

▲ アガペーもストルゲーも共に、もともとはそうした血縁関係のある肉親や

兄弟姉妹に対する愛情、すなわち、家族愛のことを示す概念であったと考えら

れることになるのです。

☆ アガペーが 家族愛を意味する概念からその意味を変化させた――と言っ

ているんですかね。

これは 初耳でした。


▲ 古代ローマにおいてキリスト教が広く浸透していくにつれて、父なる神の

子である一人一人の人間すべてに対する愛、すなわち、親が子を愛するように

深く思いやる慈悲深い神の無限なる無償の愛のことを表す概念として捉え直さ

れていくことになるのです。

☆ と。


そして:

▲ 一般的な意味では男女の間の愛として捉えられることが多いエロスの概念

についても、それは、アガペーとの対比といった哲学的・神学的文脈において

は、単なる男女の間の情愛にはとどまらない神秘的であり論理的でもある概念

として捉え直されていくことになるのです。

☆ エロースに深い意味すなわちたとえば 生命力のような内容を託すといっ

た議論は聞いていますが 一般化はしていないと思っていました。ふうーむ。

 ◇ ねむりねこ

エロスとアガペーの違いとは?哲学におけるエロスの意味

https://information-station.xyz/5681.html = ▼

 ☆ bragelone

▼ 神から人間へと向けられる愛としてのアガペーは、能力においても、善性

においても限りなく上位にある存在である神から、下位にある人間へと下降し

ていく形でもたらされる愛であるという意味において、

それは言わば、下り道の愛、下降の愛であると捉えられることになるのです。

☆ これは そうでしょうね。



▼ 哲学的・神学的文脈におけるエロスの概念は、そうした有限で不完全な存

在である人間から、無限で完全なる存在である神へと向けられる憧れのまなざ

し、

すなわち、不完全な存在である人間が、自らの努力と修練によって、神のよう

な完全な存在を目指して上昇していこうとする上り道の愛、上昇の愛として捉

えられることになります。

☆ うむ。これは どうなんですかね。すべて 人間の能力と努力とで成就す

ると思っているんでしょうか。


自性清浄心というとき どこまで人間は どのように努力して実現させようと

思っているのか? 



▼ 神やイデア界(プラトン哲学において、現実の世界の背後にあり、すべて

の事物の原型となる真なる実在の世界、叡智界や天上界とも呼ばれる)といっ

た完全な存在、完全なる知のあり方へと自らの精神を限りなく上昇させていこ

うとする魂のあり方にこそ哲学におけるエロスの概念の本質があると考えられ

ることになるのです。

☆ これは 人間の能力をみづからが買い被っていはしないか?

つまり パウロ-アウグスティヌスの筋では 言うまでもなく《恩恵第一》と

いう説明になると思いますから。

◇ ねむりねこ

プラトンエロース論が展開されているのは、たしか、『饗宴』だったように記憶しておりますが・・・。

 アガペー(神からヒトへ、下に向かう愛)

 エロース(ヒトから神へ、上に向かう愛)

こんな話をどこかで読んだ記憶があります。



仏教でいう渇愛は「エロース」だと思いますよ。渇愛は、「満たされない」、欠乏を前提とし、この不足を満たそうという衝動ですから。

 ☆ bragelone

渇愛は けっきょく無明のことで あるいは煩悩であり 何とかいう仏教学者

は 《根本的な生存欲》だと言っていました。


エロースとどう同じでどう違うか?


もしエロースが すでに神のほうを向いているとしたら つまりは 神のこと

をともかく知っているとしたら 《無明》の場合は そのような志向性を持た

ず 方向を知らない状態にある。――のではないかと考えられるのですが ど

うでしょうか?

ヘブル語およびギリシャ語の《愛》を表わす語についてです。

 ヘブル語を調べてみると 三つ四つあるのですが どうも《アハブ》という語が主に使われていて これがおよそ《愛》一般を広く表わすようなのです。しかもこのアハブなる語に 旧約聖書ではギリシャ語は多くの場合《アガペー》で対応しているようなのです。

 となると どうなるのか。ギリシャ語におけるアガペーとフィリアとの比較対照が ヘブル語における《愛》の語と照らし合わせることによっては あまりはっきりした意味合いは明確にならないのではないか。

 こういう〔中間報告としての〕結論を得ました。

続きを読む

ねむりねこねむりねこ 2018/06/27 18:32 こんばんは。

以下のサイトに、古代ギリシアにおける愛を表す語とその意味、ならびに、その解説が出ているようです。
古代ギリシアにおける四つの愛の概念の違い、エロスとフィリアとアガペーとストルゲー
https://information-station.xyz/5589.html

エロスとアガペーの違いとは?哲学におけるエロスの意味
https://information-station.xyz/5681.html

プラトンのエロース論が展開されているのは、たしか、『饗宴』だったように記憶しておりますが・・・。

 アガペー(神からヒトへ、下に向かう愛)
 エロース(ヒトから神へ、上に向かう愛)
こんな話をどこかで読んだ記憶があります。

仏教でいう渇愛は「エロース」だと思いますよ。渇愛は、「満たされない」、欠乏を前提とし、この不足を満たそうという衝動ですから。

bragelonebragelone 2018/06/27 22:31 こんばんは。コメントをありがとうございます。

ダイアリのほうで考えました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/bragelone/20180625

2018/06/24 (Sun)

[][] を含むブックマーク

Ps.7:4-5


Psa 7:4

7:4 אִם־גָּמַלְתִּי שֹֽׁולְמִי רָע וָאֲחַלְּצָה צֹורְרִי רֵיקָֽם׃


7:4 εἰ ἀνταπέδωκα τοῖς ἀνταποδιδοῦσίν μοι κακά ἀποπέσοιν ἄρα ἀπὸ τῶν ἐχθρῶν μου κενός



If I have rewarded evil unto him that was at peace with me; (yea,

I have delivered him that without cause is mine enemy:)


Psa 7:5

7:5 יִֽרַדֹּף אֹויֵב נַפְשִׁי וְיַשֵּׂג וְיִרְמֹס לָאָרֶץ חַיָּי וּכְבֹודִי לֶעָפָר יַשְׁכֵּן סֶֽלָה׃


7:5 καταδιώξαι ἄρα ὁ ἐχθρὸς τὴν ψυχήν μου καὶ καταλάβοι καὶ καταπατήσαι εἰς γῆν τὴν ζωήν μου καὶ τὴν δόξαν μου εἰς χοῦν κατασκηνώσαι διάψαλμα



Let the enemy persecute my soul, and take it; yea, let him tread

down my life upon the earth, and lay mine honour in the dust.




詩編/ 007編 003節

獅子のようにわたしの魂を餌食とする者から/だれも奪い返し、助けてくれないのです。

詩編/ 007編 004節

わたしの神、主よ/もしわたしがこのようなことをしたのなら/わたしの手に不正があり

詩編/ 007編 005節

仲間に災いをこうむらせ/敵をいたずらに見逃したなら

詩編/ 007編 006節

敵がわたしの魂に追い迫り、追いつき/わたしの命を地に踏みにじり/わたしの誉れを塵に伏せさせても当然です。〔セラ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/bragelone/20180624

2018/06/19 (Tue) このエントリーを含むブックマーク













Q&Aのもくじ:2011-03-26 - caguirofie

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/bragelone/20180619

2018/06/15 (Fri)

[][]《わたし》は 基本として数では《一》だと思われるが 《わたし》は 基本として数では《一》だと思われるが を含むブックマーク

ひょっとしたら 複素数として成り立っているか?

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/10553768.html

1. そして 虚数とは その名のとおりに想像力の世界なのか?

2. まづ すべては 推測がゆるされるとしたらのお話です。

3. ( あ ) 虚数は 現実とどうかかわっているのか?

この問いから出た考え(推測)ですが その名のとおりに:

4. ( い ) 虚数とは 《想像をめぐらしたその観念の世界》である。

と言えるものであるのか? 

5. (う) しかも 《わたし》は この想像なる虚数世界を持つとすれば

全体として 複素数なるかたちで生きている・・・のだろうか?

        *

6. 背景事情に触れて 趣旨説明を述べていきます。

7. まづ ことは ひとの意志行為です。これに注目します。

8. たとえば実数であれば 意志のあり方は――その表明にまで到ればなおさ

らですが―― イエスかノーかあるいはその中間でまだ決められないか この二

つないし三つに分かれると思われます。まづほかにはないでしょう。

9. ところが 虚数の概念を仮りに導入したら どうなるか?

続きを読む

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/bragelone/20180615

2018/06/11 (Mon)

[][]ひとに強姦欲望があるとしたら セクハラ行為の前に ひとに強姦欲望があるとしたら セクハラ行為の前にを含むブックマーク

セクハラ誘導行為があることになるかも知れない

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/10548754.html


1. もし普遍的にあるとしたら 何も言わずコトにおよぶとき 多かれ

少なかれ・或る程度は 被害者となる人も言わず語らずに そのコトに合

意していたという可能性が 出て来ませんか?

2. いやいやながらでも合意しているという場合があるとすら考えられ

ます。

3. 合意があれば 違法行為にはならないと考えられています。法律に

おいてもです。両性のあいだのツイ(対)関係における強姦プレーでしか

ないことになるそうです。

4. 思いと初動の振る舞いは 相手の意志や心をないがしろにしてしま

っており さらにコトに及ぶことは 意志を踏みにじることになります。

不法行為です。ひとつの基本的な考えです。

5. 意志を踏みにじることが 人権の侵害です。

6. ところが この《初動における意志の無視》が じつはその前に意

志の無視でよいからというかたちで相手が誘っていた結果だとしたら ど

うなるか?

続きを読む

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/bragelone/20180611