やへー@チラシの裏 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-11-21 あ、接続切れてた。。。

[][]AngstromのXを借り

Xサーバビルドするのは流石に面倒だったので、

Angstromのバイナリを借りてきて、Fedora Core環境で試してみることに。

kexecでリブート後にFedora Core環境へ移って、

諸々の設定を適当にw済ませ、startx。。。おーちゃんと行けました。

これからrxvt-unicodeをどうにかするつもりです

2007-11-16 うええ。。。

[][]普通に運用できそな予感。。。

AngstromでSD上のFedora Coreにchrootして使ってみましたが、

うん、そんなにヤヴァイことも無さそうなので、

いよいよFedora単体で使ってみよぅかと、ドキドキするけどw

kernelは。。。とりあえずDebian時のモノを使おうかな、

1.3MBぐらぃあったので書き込むのはムリだから、

kexecでロードするしかなぃけど、不安だなぁ。。。w

[][]フツーに使うw

yum使ってみましたが、なんとぃうか。。。まぁフツーな感じ?w

ホントに最小構成のroot-fsで、viさえ入ってなかったりしますが、

勝手に色々入れられるとハラが立つ自分には逆にイイカモw

2007-11-15 chroot

[][]chrootで

with-gccのrootfsをtarで展開するも、

なぜかchrootするとエラーが出る。。。

ファイル壊れてるのかなと考えるも、結局壊れてるのはtarの方でしたorz

んで、ちょとワクワクwしながらchrootすると、

うん、yumもちゃんと動いてるようですー。

ArmプロジェクトのレポジトリにはUIMAnthyまであるので嬉しぃ、

後はDebianでのapt-getと同様、yumしまくるwだけですねー

2007-11-12 半ドン♪

[][]作業開始

http://fedora-arm.wantstofly.org/

まずは↑からwith-gccroot-fsのアーカイブをもらってきて、

bzcat -cd hoge.tar.bz2 | tar -xvpf - -C /media/card

で、SD上に展開。。。って膨れる膨れる、まDebianよりはマシですが。

んで、hosts, resolv.confを書き換え、

さぁchrootしてからyumで色々インスコだ、とぃうトコで電話。。。orz

んー明日はyum使って一気にXサーバ導入まで。。。行けたらいいですねw

[][]Xserver-kdrive with W100

C3200ではXサーバが起動したトコロで中断してしまいましたが、

今回はそれなりに続けるつもり、rpmディストリを学ぶためってのが目的。

。。。Gentooで言うトコロのstage3からの構築となるので、

初っぱなからソレはどうよって話もありますが。。。w

とりあえずW100を利用したXサーバを動かすとぃうのが目標でしょうか、

Angstromで速くて感激しちゃったモノでしてw