やへー@チラシの裏 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-12-26 CPUFreq.

[][]Debian再開

最近N810はDiabloにEmacs23+w3mですっかり満足してしまっていたのですがw、

なんとなくDebianをもぅ一度試してみよぅかなぁと。今回はtesting環境を入れてみたぃ所です。

余談ですがMaemoではCPUのクロックを333MHzに調整してやるとかなりレスポンスが改善されて良い感じです、

って周知の事実かもですが。。。下記の方法で最低クロックを333Mhzに固定可能です。

echo '333000' >/sys/devices/system/cpu/cpufreq/scaling_min_freq

2008-08-01 xbindkeys

[][]ランチャー

えーと、何かと便利で素晴らしいxbindkeysですが、Guile抜きのモノもコンパイルしてみました。

http://ephecode.s266.xrea.com/maemo/mypackages/xbindkeys-noguile-1.7.1maemo1.tgz

2008-07-27 あなたなしでゎもぅ。。。www

[][]xbindkeys, guile and lots of love ;)

えーと、ついさっき帰宅したトコロですが、速攻でxbindkyesとguileをビルドしてみましたー。

。。。実はまだ自分でも試していなぃわけでwすいません、これからシャワー浴びるのであがったらスグに試します。

とりあえず下記が今回ビルドしたモノ&必要なモノのURIとなります。

まずはroot権限でguileとxbindkeysのtar玉をルートdir以下に展開すると、

/usr/binや/usr/share以下にxbindkeys及びguile諸々が入りますので、

次にdot.xbindkeysrc.gz を gzip -cd dot.xbindkeysrc.gz>~user/.xbindkeysrc で伸長しその後xbindkeysを実行すれば、

Shiftを押しながらフルスクリーンボタンで、HildonizeされていなぃGtk+アプリでもフルスクリーン化することが可能。。。なハズでつw

http://ephecode.s266.xrea.com/maemo/binary/wmctrl

http://ephecode.s266.xrea.com/maemo/mypackages/guile-core-1.6-20070921maemo1.tgz

http://ephecode.s266.xrea.com/maemo/mypackages/xbindkeys-1.7.1maemo1.tgz

http://ephecode.s266.xrea.com/maemo/dot.xbindkeysrc.gz

2008-07-25 Emacs23をフルスクリーンで使用する!!

[][]Emacs23をフルスクリーン表示で使う;)

ITTに載ってあった方法でGTK+2なEmacs23をフルスクリーンで使うコトが可能に;)

エントリ本文一番下のURIよりwmctrlを落としてきて、Emacs23を起動した後eshellやtermで下記の通りに実行すると。。。フルスクリーンだ!!w

`wmctrl -r :ACTIVE: -b toggle,fullscreen`

f:id:bron84:20080725230357p:image


あ、ちなみにwmctrlはlibxmu6に依存しますので先にlibxmu6をインストールする必要がありました。

。。。実はHWボタンへの割当が出来てからエントリを書こうと思ってたのですが、

keylaunchはエラーが出て上手く動かなぃので、ちゃちゃっと方法だけをまず先に書いてみますた。

んんー取り敢えず今からxbindkeysをビルドしてみよぅかな。

http://ephecode.s266.xrea.com/maemo/binary/wmctrl

2008-07-05 Emacs

[]Emacs23

Diablo環境でEmacs23 with Xftをビルドしてみました、tar+gzで38MByteぐらぃです。

。。。スキルがなぃので勿論Hildonize出来ておりません、でも出来る限り頑張ります??w

あと、Ubuntu Grumpy on N810も試してみたりしてますが、

素のXorgでタッチスクリーンを扱うにはどうするか、とぃう所で止まってたり。。。(・∀・;)