やへー@チラシの裏 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-01-05 stage4

[][]kernelsw

bitWarp PDAも使いたぃので、何とかしよぅと。

まずはC3000のQtopia環境をtarで固めてSDに展開してみる、

今やろぅとしているのはkexecかkernelswで最低限のシステムをroot-fsに指定し、

起動したらSD上のQtopiachrootしてやろぅという感じ。

pdaXrom on SDは遅いながらもうまく行ってますが、Qtopiaはちとおかしぃです。。。

ちゃんと動くようになれば、内蔵CF全てはGentooに割り当てているものの、

Qtopiaでビトワを使いたければ、SD刺せばOKとぃう素晴らしい環境になりますなw

2007-10-05 orz

[][]librt.so.1

とりあえずFedora Coreのtarballを展開しよぅとしたら、

busybox tarはjオプション使えないのね。。。で、Focvさんとこからtarインスコ

で、もう一回やってみると今度はlibrt.so.1がないとtarが文句を吐きますorz

どっかからlibrt-2.2.2を落としてきてようやく解決。

tar.bz2にして80MB強だから、展開に一晩はかかりそぅ。。。バナナバック呑んで寝ようw

2007-09-29 一応

[][]コンソール環境

んーQtopia落としてからjfbtermってな環境ですが、

わりと大丈夫とぃうか、むしろ軽くてこっちの方がいいかもw

さて、AngstromとpdaXrom r197のどっちを入れるか決めないと。

2007-09-28 試験的にごりごりw

[][]zgcc34-2

まずはzgcc34-2のcramfsイメージを適当にmountして、色々設定する。

んで、kernelswのソースを落としてきて、

Makefile中の"2.4.20"を"2.4.18-rmk7"に変更。

いざmake。。。"asm-generic/pgtable.h"がなぃやんけと怒られますた。

んーまぁいいや、kernelswは後回しにしよw

今からはDebian/armelを入れるための準備しよぅかなと。

Pocket Workstation環境でdebootstrapするつもり、oldstableなので不安。。。

2007-09-24 QuantumSTEPを整備したい

[][]QuantumSTEP

先日実際に動かしてみて初めてわかったんですが、

QuantumSTEPはX/QT上でしか動かないとぃうわけではなく、

Qtopiaを落としコンソールからXfbdevを使用して動かすことも可能です、

Pocketworkstationも確か同じ手法だったかと。

Firefox2 on X/QT2が意外にも早く済んでしまったのでw、

今はQuantumSTEPをX/QTではなくX/QT2で動かそうと試行中、

でもいかんせん情報が少なぃため中々一筋縄ではいかなそぅ。。。