Hatena::ブログ(Diary)

月の砂漠


Diary top 【ネタバレ警報】 ご注意ください。映画やドラマのネタバレには留意していません。

2015-10-06

spooks : THE GREATER GOOD

| spooks : THE GREATER GOODを含むブックマーク

英国密林に注文していた「spooks : THE GREATER GOOD」が届きました。

f:id:bs313:20151006124840g:image:w360:left見終わってから最初に出てきたのは「もしかして最強の男ってマルコムじゃ?」というものでした。
何しろ、マルコムってば、誘拐もされないし、命の危険に遭う事も滅多にないし、当然、今回も何事もなし。さらりとハリーからの頼まれごとをやってのける。凄過ぎるよ。不死身の男、マルコム。

映画になって、クレーンショットや空撮、CGではない爆発とか、スパイ映画らしい距離を感じさせる絵作りがされています。何しろ、MI5の本部ビルはお馴染みのフリーメイソン・グランドロッジではなくて本物のテムズハウスを空から撮影してあります。でも、あの威圧的なエントランスがないとspooksって気がしないのも確かで・・・。オフィスもとても広いし、人員も豊富で、映画になると何もかもが大きくなるんだなーと(笑)。いやなんか、あの狭いオフィスで仕事してるところが好きだったんで。

私の好きなティム・マッキナニー演じるオリバー・メイスが再登場するのもお楽しみの一つだったわけですが、一歩間違うとただのサイコ野郎なティムの存在感は圧倒的です。で、意外と良い奴なのかも、というのが分かったりして。あんなにこっぴどく失脚したのにハリーより昇進できるのは、やはり政治屋なんだよなー。

ルースの事を無視したらどうしてくれようと思ったのですが、ハリーの行動原理=ルースという見解がMI5内での共通認識になっていたので、ま、良しとします(笑)。ルースも一瞬、写真で登場するシーンもあります。ハリーがルースの墓参りをするのが習慣になっているのも切ない。ただね、墓に刻まれたルースの生まれ年が1971年になっていたのはどうなんだかねー。

お話としてはどこまでも「spooks」らしい。誰にも容赦がなくてすぐ殺されますが、映画の主役を演じたキット・ハリントンは死なないのでそこらへんはちょっと驚きました。主役は死ぬはずなのにね(笑)。良くも悪くもTVシリーズの延長上にある作品で、映画化する必要はあったのか・・・、ちょっと疑問。ハリー・ピアースをまた見る事が出来ただけで満足していますが、必要以上に期待しちゃった事を反省(笑)。公共の利益を最優先するハリー・ピアースが描かれているのですが、そこにはやはり数学がものを言う。5人殺されても100人救うためには5人には犠牲になってもらう覚悟をハリー・ピアースには出来る!と言う事が描かれています。ハリーの背中にはどんどこ命が乗っかっていく。それを一人で耐えるのがハリー。キツイねー。ルースの墓も監視されちゃって、もう行けなくなったりとか。

なんだかんだいちゃもん付けてますが、ハリー・ピアースのファンならば十分に楽しめます。日本での公開はないと思いますが、DVDくらい発売になるんですかね。日本語字幕で見ないと意味が分かんない事がかなりあるので。

yuriyuri 2015/10/09 10:29 ご覧になったんですね!!字幕なしで観られるなんてさすがです。うらやましかー。
マルコム最強ですか。確かに、ニコの見張りを非暴力で撃退してましたしね(笑)。

>誰にも容赦がなくてすぐ殺されますが
>主役は死ぬはずなのにね
ですよね。これが私がspooksを好きな理由です。だって、一瞬たりとも気が抜けない緊張感がありますから。だから最近の海外ドラマがぬるくって、つまらないことったらありません。
「クロッシングライン」のキャストが好きで観ていましたが、spooksだったら絶対死んでるような状況であっさり助かってしまうことが多くて、だんだん物足りなくなってきました(汗)。

望みは薄そうですが、日本で発売されるのを祈ります。

bs313bs313 2015/10/09 13:15 最初の15分くらいは英語字幕で意味が分からない単語は調べていたんですが、面倒くさくなってしまいました(笑)。オリバーの強烈な皮肉とか、後で見直してから、そんなキツイことを言ってたのかと大笑いしたり。ジェニファー・イーリーがおっさん達相手に一歩も引かず天晴れでしたよ。

オープニングロールでピーターが最初にクレジットされているのでピーターが主役なわけですが、視点人物はあくまでもキット・ハリントンなんですよ。キット・ハリントンの出演は資金集めの為に人気がある役者を使う必要があったからだと思うんですが、クレジットの順番は単にギャラが高い順かもしれません(笑)。

「クロッシングライン」はですね、最初の3話くらいを見ていたんです。ドナドナを見たかったからなんですが、主役のウィリアム・フィクナーも良い役者ですしね。でも録画予約するのを忘れて気が付いたら2話くらい飛ばしていたので続きを見てないんですよ。CIAの金髪ビッチこと(笑)、ジュネヴィーヴ・オライリーが2話で殺されたので続きを見る気になっていたのになー。

理珠理珠 2015/11/03 10:40 こんにちは、すっかり秋が深まりましたね。ご無沙汰です(≧∇≦)
bs313さんのレビューを、楽しみにしていました。マルコムを見られて嬉しいです。
ルースは、ハリーの心に永遠なんですね、いえそうでなければ、超切ない、でも、
お墓の前のハリーを見るのも超切ない気分です。でも一人で耐えるのが、ハリーの宿命ですね
メイス、さすがの遊泳術ですね。誰かの言い草ではありませんが、悪い奴ほど、よく眠るのですね〜
iPadからですので、hpの、貼り付けがうまくいっていなかったらごめんなさい。
まだ4日めなんです。

bs313bs313 2015/11/04 06:23 こちらこそご無沙汰しています。iPadデビュー4日目ですか! 色々とお察し致します(笑)。

ルースの墓参りをするハリーは涙無くして見られないのですが、MI5の上層部から心が砕けたと思われているハリーの愛国心に揺らぎはないんですよ。そこがまたハリーらしくて泣けてきます。マルコムがハリーを絶対的に信頼しているのも嬉しいし、メイスが普通にキャリア街道へ復帰しているというのも面白い。メイスが意外といい奴設定なのが更に驚きでした。

oliviaolivia 2016/02/24 08:05 ご無沙汰してます。
つい2〜3日前にspooksが劇場公開されているのを知って、急いで観に行ってきました。
まさか日本のスクリーンでピーターを拝めるとは思っていなかったので感激しました(泣)。
観客の入りは半分弱くらいで一人で来てる人が多かったです。ここにいる人は皆spooks好きの人達なのかと思うと何だか嬉しくなりました。
ちなみにパンフレットはなく、チラシだけでした(笑)。

bs313bs313 2016/02/24 15:29 ご無沙汰しておりますって、挨拶なんかしてる場合じゃあああああ。
とにかく、おめでとうございます。銀幕でハリー・ピアースを見る機会を得るなんて、なんて目出度いんでしょう。

東京でも公開していたんですね(悔泣)。日本での公開は諦めて今年になってからは調べもせずにこの有様でございます。今日と明日、まだ大阪で上映するみたいですが、明日は予定があるので行けないし、今日は夜の上映だから新幹線で帰ってこれない。悔やみ切れない・・・。修行して出直します(苦笑)。

oliviaolivia 2016/02/25 08:08 残念でしたね…
bs313さんのように、日本公開はないと諦めてて情報を知らなかった人が多いと思いますよ。
私もたまたま映画館のHPを見ていて知ったので。
見つけた時は信じられず「え、ええぇーっ?なんでーっ?」って感じでした(笑)。
映画を見終わって、このメンバーで新シリーズが始まるんじゃないかと淡い期待を抱いてしまいました。ハリーやマルコムが年を取り過ぎないうちに実現してほしいなー。

bs313bs313 2016/02/25 21:44 ほんっとに残念でした。見す見すハリーを逃していたなんて・・・。
ミニシアターのHPを定期的にチェックするって大切なことだと胸に刻みましたわ(笑)。
ハリーとマルコムの二人で「spooks@シルバー人材センター」としてスピンオフ作ると面白そうですね!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/bs313/20151006/p1