Hatena::ブログ(Diary)

だえもんだもん

2018-01-17

サーバ更新その3

22:46

foltiaインストール先/home/foltiaはまるごとrestoreしたけど、周りがいろいろ足りてない。。次にやるときのメモ。

pkg

# pkg install apache24 php72 php72-extensions mod_php72 
# pkg install ja-p5-jcode p5-dbd-sqlite p5-schedule-at p5-libwww

smartyは、php56と紐づいちゃってたので、portsからインストール

# cd /usr/ports/www/smarty ; make install

epgdump

# pkg install cmake

$ git clone https://github.com/Piro77/epgdump.git
$ cd epgdump
$ cmake .
$ gmake

mediainfo

なぜかpkg/portsは、MediaInfoDLL_Static.hをインストールしてくれないので、手で叩く。

# cd /usr/ports/multimedia/libmediainfo
# make
# cd work/MediaInfo_CLI_GNU_FromSource/MediaInfoLib/Project/GNU/Library
# game install
# cd /usr/ports/multimedia/libmediainfo
# make install

at

起動間隔を1分ごとに

# vi /etc/crontab

*/1     *       *       *       *       root    /usr/libexec/at-run

2018-01-16

サーバ更新その3

22:29

recpt1で録画いけたー。しかしこれ、ぐぐると出てくる手順だけでは、configureでlibarib25、gmakeでpt1_ioctl.hが見つからんがな。。。一応貼っとく。

$ fetch http://hgotoh.jp/wiki/lib/exe/fetch.php/documents/freebsd/freebsd-019-recpt1_20170514.tar.gz
$ tar xzf freebsd-019-recpt1_20170514.tar.gz
$ cd recpt1
$ ./autogen.sh
Generating configure script and Makefiles for recpt1.
Running aclocal ...
Running autoheader ...
Running autoconf ...
$ LDFLAGS=-L/usr/local/lib ./configure --enable-b25
checking for gcc... no
checking for cc... cc
checking whether the C compiler works... yes
checking for C compiler default output file name... a.out
checking for suffix of executables... 
checking whether we are cross compiling... no
checking for suffix of object files... o
checking whether we are using the GNU C compiler... yes
checking whether cc accepts -g... yes
checking for cc option to accept ISO C89... none needed
checking for create_arib_std_b25 in -larib25... yes
checking for log10 in -lm... yes
checking for pthread_kill in -lpthread... yes
configure: creating ./config.status
config.status: creating Makefile
config.status: creating config.h
$ gmake CPPFLAGS='-I../driver -I/usr/local/include' LDFLAGS=-L/usr/local/lib
revh="`git rev-list HEAD | wc -l 2> /dev/null`"; \
if [ -n "$revh" ] && [ "$revh" != "0" ] ; then \
        echo "const char *version = \"rev.$revh by stz2012\";" > version.h; \
else \
        echo "const char *version = \""c8688d7d6382_with_http_server_RC4 by stz2012"\";" > version.h; \
fi
fatal: Not a git repository (or any parent up to mount point /)
Stopping at filesystem boundary (GIT_DISCOVERY_ACROSS_FILESYSTEM not set).
cc -MM recpt1.c decoder.c mkpath.c tssplitter_lite.c recpt1core.c recpt1ctl.c recpt1core.c -I../driver -I/usr/local/include > .deps
cc -O2 -g -pthread -I../driver -I/usr/local/include  -c -o recpt1.o recpt1.c
cc -O2 -g -pthread -I../driver -I/usr/local/include  -c -o decoder.o decoder.c
cc -O2 -g -pthread -I../driver -I/usr/local/include  -c -o mkpath.o mkpath.c
cc -O2 -g -pthread -I../driver -I/usr/local/include  -c -o tssplitter_lite.o tssplitter_lite.c
cc -O2 -g -pthread -I../driver -I/usr/local/include  -c -o recpt1core.o recpt1core.c
cc -L/usr/local/lib -o recpt1 recpt1.o decoder.o mkpath.o tssplitter_lite.o recpt1core.o -lpthread -lm -larib25 
cc -O2 -g -pthread -I../driver -I/usr/local/include  -c -o recpt1ctl.o recpt1ctl.c
recpt1ctl.c:86:43: warning: format specifies type 'int' but the argument has type 'key_t'
      (aka 'long') [-Wformat]
            fprintf(stderr, "Pid = %d\n", key);
                                   ~~     ^~~
                                   %ld
1 warning generated.
cc -L/usr/local/lib -o recpt1ctl recpt1ctl.o recpt1core.o -lm
cc -O2 -g -pthread -I../driver -I/usr/local/include  -c -o checksignal.o checksignal.c
cc -L/usr/local/lib -o checksignal checksignal.o recpt1core.o -lpthread -lm
$

2018-01-15

サーバ更新その2

00:49

元のHDD 2.5TBをzfs send/recvするのに、25時間くらいかかったか。最後はsingle user modeにしといて、差分転送しておしまい。

そして本題のpt3ドライバ、導入は問題なかったけど、できた録画ファイルをb25するとエラーが出る??

clangと相性悪いのか?と、gcc47を入れてb25を作り直してみたけど変わらず。

試行錯誤してるうちに、recptx.plで録画するとダメ、手でsysctl & catしたファイルは問題なさそう。なんだこりゃ。

recpt1のFreeBSD版もあるようなので、明日はそれいってみよう。。

2018-01-13

サーバ更新

21:41

録画サーバとして使い始めると、なかなか止められなくて、ハードもOSも変えずに使い続けてたわけですが、

例の年末セールの安鯖TX1310M1を手に入れて、お引越し中です。

ようやくOSを更新できるよ。。9.1-STABLE(2013-05-27)から、11.1-RELEASEへ。

インストーラZFS rootできるやん。。なんて優しい世界。

HDDの移行が大変。。nfs mountしてcprsync+ssh より、たぶんzfs recv/send+netcatが最速じゃないかということで、

新サーバ# nc -w 120 -l 12345 | zfs recv -v zroot/home

元サーバ# zfs snapshot ztank/home@export
元サーバ# zfs send ztank/home@export | nc 新サーバ 12345

さて、一晩で終わるか?。。

問題は、PCIがないのよね。。入手してから数年?使ってなかったPT3が、ついに日の目を見る時がきた。。Piro77さんのドライバ使わせていただきます。なにはなくとも録画が動かないと、引っ越しどころではない。

2017-10-29

recptx.pl その2

11:41

半年経ってしまった。。自分でスターチャンネル使うことがないので気づかなかったけど、そもそもこのテーブル、なんでこんな面倒な形にしたんだっけな。。kmod側の周波数テーブルのインデックスのはずだが。。

あと、ウィキペディアの記述と見比べると、チャンネルもいろいろ変わってる。BS-17は空っぽなのね。

あとあと、2チャンネル同時録画が失敗する、というのをどこかで見て、どうやらうちでも発生してる模様。なんで今まで気づかなかったんだろう。。ptx.t0を開けてみて、失敗したらptx.t1を開けてみて、っていう実装がアレだなあ。

次の半年でいろいろ直そう。。