Hatena::ブログ(Diary)

だえもんだもん

2010-04-19

foltiaいじり

| 01:19

はまったところをいくつか。そもそもFreeBSDだし、recpt1もどきだし、サポート外の野良環境なので、好きではまってるんです。はい。

録画ファイルディレクトリがない

ないので、録画失敗していた。

foltia$ mkdir ~foltia/php/tv
foltia$ mkdir ~foltia/php/tv/mita

SVNからチェックアウトしたツリーに含まれてないので、そのままコピーした実行ディレクトリにも存在しない。でもこれ、以前は気にした覚えがない。何か手順をミスったか?

NHK-BS1が録画できない

recpt1はあるが、recfriioはない、という状態で、BS(bandtype=1)だと、digitaltvrecording.plのcalldigitalrecorderで、recfriioではないのにチャンネル番号がb10に変更されてしまう。

ひょっとしたら、Linuxのrecpt1は、b10ってチャンネルを受け付けるのかもしれないが。。。自前の似非recpt1では対応してない。

friioは持ってないので、#recfriiobs用チャンネルリマップ と書いてあるあたりをばっさりコメントアウトした。

ipodtranscode.plが暴走する

ipodtranscode.plで、なんらかの原因でトラコンが失敗すると、counttranscodefilesの数が減らないので無限ループするんだと思う。今回は、MP4Boxを入れていなかったので、失敗→また失敗、の繰り返し。たまたまdebuglogがものすごい勢いで増えていくのに気づいたのでkillした。

そもそもトラコンフラグってどこで設定するんだっけ、と思ったら、getxml2db.2 で、その番組が初めて出てきた時に固定値1で設定されるのね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/bsdaemon/20100419/1271693976