Hatena::ブログ(Diary)

新くだもの日記

2014-06-02

ラオスに来ました。ビエンチャンでカウンターパートとの打合せなどの業務を済ませて、3日前から農村に入っています。ここでは果樹の剪定講習会や、試験樹の生育調査などをしています。今日は農村のさらに山の方に入り、傾斜部の見学などをしてきました。夜は、剪定講習会をやってくれた技術専門職員と、傾斜部を案内してくれた研究員と一緒に夕食を取りました。たらふく食べていっぱい喋って、とっても満足な夜でした。

今日の写真は、「マークンゲオ」というラオスでよく見るフルーツの樹と、その果実を採るアシスタントのウェル君。「マークンゲオ」の樹は、葉はロンガンに、果皮はライチに、種子ランブータンに似ているという、面白い果実です。味は酸味が強く果肉も少ないのですが、暑い中作業をした後に食べるととっても美味しく感じます。経済栽培はされておらず、こうして家の裏に1本だけ植えているのをよく見かけます。樹も高いので、果実を採るのも一苦労です。でも、これが自然の在り方なのかなぁとも思います。樹は高く、果実も十分高い位置に成らます。だから、人間の手が届かない位置になっている果実は、鳥や動物が食べる分として残るんですよね。それにこの樹は、2〜3年ごとくらいにしか実を着けません。樹としては、こうして時々実を成らせて、人間や動物たちに少しずつ食べてもらって種子を落としてもらえれば、自然界で十分に生き残れるんですよね。そう思うと、果樹園で完全に人間の支配下に置かれて低樹高栽培されているマンゴードリアンは、少し気の毒な気もします。

f:id:buabuahan:20140603000424j:image

2014-05-21

今週の月曜日からチャンタブリに来ています。最近このブログは、「外国出張日記」のようになりつつあります・・・。

チャンタブリは今、ドリアンのシーズンを迎えています。さっき街の食堂で晩ご飯を食べていた時、やたらとドリアンの匂いがするなぁーと思ったら、斜め前のおじさんが、カオニヤオドリアンココナツミルク味の餅米にドリアン果肉とココナツミルクをかけて食べるデザート)をもりもり食べてました(笑)チャンタブリの町中が「ドリアンカフェ」と化す季節です(笑)

さて、写真のピックアップ車。荷台にはドリアンを載せているのですが、荷台をのぞき込む男が2人。実はこの交差点を曲がったところにドリアン市場があり、この車の運転手(たいていは農家本人ですが)は、そこに収穫物を売りに来てるんですね。市場は多数のブースに区切られていて、それぞれ違う業者が入っています。収穫物を持ち込んだ農家がどの業者に売り込むかは、値段次第です。が、市場の敷地に入る前から、こうして交渉を仕掛けてくる業者も多いのです。この男達はその業者の関係者。ドリアンを載せた車が交差点で信号待ちにひっかかろうものなら、こうして業者達がわらわらと集まり、いきなり値段交渉が始まるのです。信号待ちの間に売り手が決まってしまうパターンもあります。あれまー、って感じです。こういう売り方は、道路脇でも見られます。市場でブースの契約をしていない業者や、地方から自家用トラックで買い付けに来ている小規模業者などは、道ばたでこのような交渉を繰り広げます。この季節、ピックアップ車には道路脇から熱いまなざしが送られ、行く先々でモテモテの気分になります(笑)。

f:id:buabuahan:20140522005650j:image

2014-03-06

九州の特急列車って、ななつ星だけじゃないんですね。昼休みに九州列車のウェブサイトを見ていたら、どれもカッコ良くて、いつか乗ってみたい!って思いました。そして「SL人吉」を「SLじんきち」と読んで、大笑いされた私。うちの研究室では、一日に一回は何らかの話で大爆笑して(大笑いされて?)います(笑)

今日の午後、私のこれまでの経歴や業績を書類にまとめる作業をしてました。作業しながら、私は色々な人に支えられながらここまで来ることができたんだと、改めて思いました。これまでは、仕事として研究する中で、何かと制限があってやりたいことができなかったり、順調に進んでいたはずのものを中止せざるを得なかったり(そんな経験誰でもしてることとは思いますが)、そういう「できなかったこと」を、理由を付けて正当化しようとしていました。周りには同情してくれる人もいましたが、けれど今日、「何をやってきたか」「どういう環境だったか」ということを整理していたら、自分が「持っていたもの」や「与えられていた環境」というのは確実にあったんだという事がよく分かりました。そんな状況だったのに「できなかった」のは、結局、自分の責任なんですよね。「アレが無いからできなかった」ではなくて、「こんな環境があったのに、できなかった」なんです。いや違う、「こんな環境があったから、こういうことができた」と言うように心がけるべきですね。ないものを数えるよりも、あるものを数えながら生きる方が、きっとワクワクした人生になるはず!竹内まりや受け売りです(笑)、「幸せものさし」は私の好きな歌のひとつです。

さて、今日の写真はマンゴスチンです。バンコクの空港で売られていました。・・・が!空港で売るにしては、見かけが悪すぎます・・・。ガクは茶色く枯れちゃってるし、果皮もアザミウマの食害痕でバリバリに。これで250バーツ(約780円)かぁ。本来のマンゴスチンのシーズンよりも2ヶ月も早い時期なので、しょうがないんでしょうけれども。だったら、もっとキレイなやつが出るシーズンになってから売ろうよー、マンゴスチンを始めて食べる外国人だっているんだしさー

f:id:buabuahan:20140306000346j:image

2014-03-04

昨日、所内のパートさんに、タイで買ってきたドリアンのお菓子をお裾分けしました。果肉を甘露煮みたいに煮たお菓子なのですが、彼女たちにとって珍しかったようで、戸惑いながらも喜んでくれました(笑)。彼女たちの部屋の研究員は私のことを、「あの人はドリアンのことを愛してるからねぇ」と言ってるそうです(笑)えぇ、その通り。愛してるんです(笑)

昨日ドリアンの花の写真を載せましたが、あれを見たとき本当に気持ちがざわつきましたね。まるで、昔の恋人に再会したような(笑)なので今回の滞在中、ランブータンの実験の合間に足繁くドリアンほ場に通ってました。以前は好きなだけドリアンと向き合って実験していたんですけどね。色々と都合があり、今はドリアンから少し離れて仕事をしています。今は、あの頃のことを思い出しながら、あの頃取ったデータで論文を書いて過ごしています。でも、ドリアンの花に出会えたら、ひとつだけ、どうしても確かめたいことがあったんです。・・・・・・。私がドリアンの話をし出すと、「何の話をしてたんだっけ?」と時々言われます(笑)

ドリアンの話をしたので、今日はその果実の写真を載せましょう。といっても、これは去年、市場で撮ったものなんですけどね。今年のシーズンはこれからですが、今年タイでは11月〜1月に寒波が押し寄せ、その影響で3月(シーズン出だし)のドリアンは不作なんだそうです。なんとか収穫の見込みがある農家では、中間業者との間で出荷価格100バーツ(約310円)/kgで売約済みの人も居るのだとか。通常は40〜50バーツ/kgほどで「良し」とされている中で、これはものすごい金額です。そしてこれは「農家が出荷する価格」ですからね。皆さん、今年のドリアン(とくに早出し)は高いですよ〜!

f:id:buabuahan:20140305000638j:image

2014-03-02

今日は日曜日でした。そしてもう夜。あぁ、もう日曜が終わってしまう・・・

といっても、特別なにをしたわけでもない日曜だったのですが(笑)。強いて言えば、宿舎のゴミ捨て場の掃除をしたくらいですかねぇ。

うちのゴミ捨て場はいつも汚いんです。分別せずに出している人が居るようなんですよね。うちの宿舎の住民だか、外から捨てに来ている人が居るんだかは分かりませんが。とにかく常に汚いんですよ。で、たまに掃除してるんです。定期的にやってるわけではないので、一向にきれいにはならないですけどね(笑)

今日の写真は、ドリアンの花です。先月チャンタブリに行ったとき、満開でした。タイは今年ものすごく寒くて、花芽が着いては落ち、着いては落ちを繰り返して、開花がものすごく遅れたようです。いつもは12月か1月頃がドリアンの開花期なのに、2月中旬に満開の花を見ました。久しぶりにドリアンの開花を見て、心がざわつきました(笑)

f:id:buabuahan:20140302232331j:image