Hatena::ブログ(Diary)

甲子大黒天本山のブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-12-15 商店街の活性化

 全国各地で地元の中心商店街が大手スーパーや家電量販店などの大企業の進出で、俗にいうシャッター街となっている所が多いようです。私はご縁があり、地元の中心商店街活性化の会議に参加しました。商店街の活性化といった場合に思い描くのは、20数年前に活気のあった商店街です。ですが、現在はほとんどの店舗で重いシャッターがあがることはないのです。

 

 すでに中心商店街とは記憶のなかにだけ存在し、大多数の人は外から出店してきた大型店舗で買い物をしているのが現実なのです。市民はたくさんの品揃えと低価格を求め大型店舗を選択したのです。取り残された商店街が再生繁栄していくのは難しいのが現状です。大型店舗は雇用も創出しますが、支払われた給料のほとんどは大型店舗での消費にまわされ、最終的には本社へと流れていきます。そのため地元でお金がまわらなくなり、地域が活性化しなくなってしまうのです。ですが、過去の商店街と現在の商店街を比べれば、逆らうことのできない流れというものを実感させられます。

 

 何事もそうですが、「あの頃は良かった」という過去を復活させようとしても難しいのです。時間が経過すればするほど、すべてのものが移り変わり、同じようにはいかないものです。いかに回顧しようとも、過去の世界から新しいものは生まれてはこないのです。大切なことは、「ここから」新しいものを創造していくことなのです。それは「できることからしていく」と言ってもいいかもしれません。過去に囚われ「今」や「これから」が見えないと、現状を打破することはできないのです。

 

 「今、できること」とは、そんなに大きなことではありません。ですが、とても大切な一歩だと思うのです。ところが、自分のなかに「巨大な遺跡」があると、小さなものから作りはじめる気力が出なくなってしまうのです。私達は過去を切り捨てるからこそ、新しい一歩を踏み出すことができる時もあるのです。「過去から学び、未来を見据え、今を生きる」のが理想ですが、かえって邪魔になるならば大事に抱えていることはないのです。「今、ここから」という気持ちを大切にして、新しいものを創造していきたいものです。 


応援クリックをお願いします

にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ
にほんブログ村

 

通りすがり通りすがり 2010/12/15 14:14 私の町も商店街がさびれています。昔は活気があったのですが。みんなで考え元気な町にしたいですね。

通りすがり通りすがり 2010/12/15 14:14 私の町も商店街がさびれています。昔は活気があったのですが。みんなで考え元気な町にしたいですね。

通りすがり通りすがり 2010/12/16 07:38 商店街活化の会議とは、誰の為に行われているのですか?
その商店街の店主は、本当にやる気があるのですか?
単に国から補助金がもらえるから、うわべだけ活動している議員の為ですか?

buddhistbuddhist 2010/12/16 08:26 通りすがりさんコメントありがとうございます。やはりどこの町も商店街は元気がないようですね。今回の会議は市が主催するものでした。おっしゃるように第三者がいくら話し合っても、そこで商売をしている人や住んでいる人に危機感がなければ、活性化はあり得ないように思います。すでに補助金で施設を造っても、効果は期待できない時代です。いかに知恵をしぼって住民が頑張るかが求められています。それで成功しているところもあります。ですが、多くの商店街は連携するのも難しく、新しい企画や行動をおこせないようです。ですが、行政を頼る時代でもありません。自分たちで動き出さなければ、未来はありません。自己責任の厳しい時代だと思います。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/buddhist/20101215